08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

311から続く福島の問題、インチキの多い沖縄基地問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日も書いてみますかね、何だか寒いてすけど、

  一応下村のやつがやめらたら、一回休もうと思っているのだけど、なかなかあの利権屋はクビにならないね、


  しかし下村のやったことは完全な犯罪行為だし、普通に捕まる問題だと思うのだけどな、

  まあ検察は権力の犬だからなにもしないだろうが、こいつをクビにできれは効果的だけど、どうなるか、


  そう思って書き始めたのだが、よく考えると書くことがないですね、政治と金の問題はずっと書いていて、ほとんど書くネタがなくなってきているし、さすがに毎日政治のネタを書くのは難しい気がします、


  う~んでは、政治と金の問題ではないのですが、そろそろ3月十一日なので、その問題について書いてみますか、

  以前の3月11日に大きな地震があって、私も正直死ぬんじゃないかという、状況になりました、


  家が壊れそうな感じで、多分運が悪ければ死んでいた可能性があります、

  別に震源に近いところにいるわけじゃないんですが、かなりひどかったのでこれはダメのかもなと思っていました、


  そういえば後の時にメガネを買って、度が進みすぎてこりゃ困ったなと思っていたので、、、あれ?、

  思い出したけどあの時に視力が悪くなったから、ブログ更新を減らそうと思ったら、地震が起きて減らせなかったんだね、おかげで未だによく書いているけど、ある意味においてはこのブログが続いているのは、地震が原因ですね、


  ともかく大規模な震災が起き、特に被害が大きくなったのが福島の原発で、私もそんなに詳しくはなかったのだけど、調べていくうちにこれは危ないということが分かった、


  それであれこれ書いたのですが、結局原発の問題は解消することがなく、いまだに問題の解決はできていない、

  アベのアホはアンダー・コントロールとか、マヌケな妄想を垂れ流していたが、福島の原発は対策は全く取られておらず、どうすればいいのかもわかっていない、


  放射線は最初の数年は大きく下がるのですが、その後はほとんど下がらなくなるので、正直なところ現状のままで100年以上続く可能性が高い、

  その間どのように安定化をさせるのかが重要になりますが、実質的な方法は存在していない、


  チェルノブイリの場合は石棺という形で収束をさせたが、福島原発では水棺という方法を考えている、

  水管とは原発の容器を修復し、その内部を水で満たした上で、クレーンを使って核燃料を取り出す方法である、


  この方法のメリットは核燃料の取り出しがしやすい点だが、欠点として原発が安全な状況でないと利用できない問題がある、

  水棺方式を例えると、コップのそこに核物質があって、そのコップを水で満たし、その水で放射線を遮蔽して、取り出す方法なのだけど、

  その場合コップに穴が空いていれば水がたまらないし、取り出す時も核燃料の形状を把握しておかなければいけない、そういう難しい方法をやろうとしてる、


  それが現実的な方法ではないので、現状では対策は全く行われていない状況にある、

  この水棺の収束方法が難しいのは、原発内部に入って故障箇所を見つけ、それを直さないといけないところにある、


  まず原発内部に入るのがひとには不可能だし、工事をするにしても内部の状況を知る必要がある、

  今のところ内部がなんとなくわかっている程度で、具体的な対策は全く出来ていない状態にある、


  そしてこのような状況なので、実は別のリスク最近は発生しつつある、

  それは福島原発が倒壊するおそれがあることで、チェルノブイリは石棺という覆いを作ったから、内部の原発に問題があっても、それを押さえることができた、

  しかし今の福島原発には、そういう覆いがないので何かあった時は、原発そのものが倒壊することになる、


  原発の倒壊は簡単には起きないといわれるけど、10年単位で考えれば高い確率で起こるだろう、

  爆発事故が起きた大きな建物を、改修もせずに何十年も使うのは不可能だから、現状の収束方法を使っていると、いずれ福島原発は確実に倒壊をする、

  そういう傾向が出るのは直ぐではないかもしれないが、長期的に見ればまずなると見ていい、


  そのようなことをどう考えるかが、今の震災の問題を考えることにつながり、一番被害が大きかったのが福島ですから、その対策をしなければいけない、

  そこで重要になるのは収束方法をどうするかで、現状の水棺方式は時間がかかりすぎるのと、工事が成功する可能性が低い欠点がある、

  そのため中長期的な原発倒壊の可能性を考えると、収束方法を何処かで変える必要がある、


  そこでやることは石棺に近いものなりやすく、チェルノブイリでやったことをするかもしれない、

  そういう形に方向性を変えていかないと、また将来福島原発が倒壊した時に、311と同じように放射性物質が周囲にばら撒かれ、大きな被害を起こすことになる、


  最初の方でも書いたけど、放射性物質は100年位は殆どかわらないので、その途中で福島原発が倒壊する可能性が高いことを考えると、方向性の転換が必要になる、

  しかしアベのアホにそんな考えはないので、福島の周囲にすむ時は、原発の倒壊問題を合わせて考える必要があるでしょう、

  そう考えると、自民党体制が続く限りは、福島の復興が進む可能性はない、そう考えていいと思います、


  次に、沖縄の基地問題について書いてみましょうか、沖縄の基地問題はアベの強引な行動によって、大きな摩擦が発生している

  沖縄の基地建設は米軍のためだといわれているが、実態は自衛隊の基地を作ることを目的にしている、


  アメリカは日本の防衛から手を引きたがっていて、その代わりを自衛隊にさせようとしている、

  そのため沖縄の基地も米軍の基地から、自衛隊の基地への転換をはじめていて、辺野古の基地も実はそういう意味が強くある、


  最近沖縄で強引な基地建設をしているのは、実は米軍がやっているのではなくて、自衛隊が利権を得るためにやっている面が強く、基本的には日本政府の利権問題が強い、


  アメリカは日本と中国を争わせたいと考えていて、そのための戦力として自衛隊を使う気だ、

  当然それは最前線である沖縄でも同じで、沖縄を使った中国への挑発は、自衛隊にやらせる考えが強くある、

  アベの軍事化はこの方向性を悪用している面があるのだが、そういう考えがあるので、沖縄の基地建設を進めている、


  ただ沖縄の世論は、ほぼ基地建設反対で固まっており、基地建設を認めようとするひとはまずいない、

  そのため反対活動が強いのだが、自衛隊やアベはそれを無視して行動をしている、


  特に問題になっているのが辺野古基地建設予定地に、落としたコンクリートブロックで、これが大きな問題になっている、

  前の知事の時にそういうものを利用する権利は認めたのだが、自衛隊が落とした所は認可した場所とは何の関係もない場所で、それが問題ではないかといわれている、


  私は落とした場所の図を見たことがあるのだが、県が認可したところとは何の関係もないところに落としていて、一か所だけそれっぽい所に投下していたが、多分偶然そうしただけなのだろう、


  沖縄の基地建設の問題は、根本的なものが存在し、それは基地建設の設計図が間違っていることである、

  実は辺野古あたりで作ろうとしている基地は、かなり大規模な建設を予定していて、県にはその設計図は渡していない、


  つまり今回のブロックの問題は、実際に建設する基地が、設計上のものとは違うことを表しているといえる、

  ペテン師アベいつもの仕事だが、県に渡した設計とは違うものを作る予定なので、その建設問題が大きな摩擦になりつつある、


  だからアベのやつは強引に基地建設を進めているわけで、そういう問題がバレる前に建設をしてしまおうと、そういう計画を立ててはいる、

  ただ沖縄のメディアはまだ死んでいないので、そのような情報は県内に流れており、多くの人が共有できる環境にある、

  そのため基地建設の反対も強まっていて、そう簡単には行かない状況のようだ、


  沖縄の基地問題は日本の軍事化を進める手先であり、中国との軍事対立を利用したプロパガンダの種になるだろう、

  いずれは北朝鮮の核問題、沖縄の基地問題はアジアの軍事問題として、国際的な批判やリスクの対象に変わってくると見ていい、


  日本はもうすでに平和な国ではないし、平和を愛する国でもなく、平和を目指す国でもなくなっている、

  そういう環境で沖縄に巨大な自衛隊用の基地を作って、中国と対立す意味を日本人はよく考えたほうがいいでしょう、

  それで儲かるのは一体誰なのか、ということを、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR