03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アベ利権大臣内閣の問題、アベ自民の拝金主義思想について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日も短く書いてみますかね、なんだか面白くなってきたので、

  最近の政治ネタというと安部献金問題をよくいわれますが、政治と金といえばアベ、そういう見かたが強くなっていますね、

  
  以前は鳩山氏や小沢氏がよくいわれていたが、あれは献金のもらい方だけで、別に利益供与をしていたわけではなかったので、賄賂性はなかったが、

  今回のアベ政権の政治と金は、かなり高い賄賂性を持っている、


  例えばやめた西川は、砂糖関係の業界とつるんでいて、そこに有利になる援助をしていたり、

  TPP交渉でも砂糖関係が免除されるように工作をし、その見返りとして金をもらっていた、


  下村も同じような問題点があり、この人物は塾業界が斜陽になっていた点を利用して、そこから金をせびっていた、

  下村がやっていたのは塾業界に有利になる政策をし、その見返りに献金をもらっていたことだ、
  

  こいつが悪質なのは、そのまま献金をもらうとバレてしまうので、任意団体を全国に作り、そこを通して献金をもらっていたことにある、

  そうすることによって隠蔽工作をしていたつもりが、なんでそんな団体があるんだ?、と疑問を持たれて今度は強い批判を浴びるようになっている、


  全くアベの周りには馬鹿しかいないというしかないけど、他の大臣も違法と言われる献金を受けていて、アベ自身もかなりだ額の献金を受けているようだ、

  更にいえばアベの奴は、以前総理だった時も違法献金を受けており、その反省もなくまた金をもらっていた点で罪が重い、


  ついでにいえば、アベの献金仲間の望月は、もらった金を返さないといい始めた、

  業突く張りの利権屋のゴミらしい話だが、卑しいアベのしもべらしく、ご主人様に似てさもしい人間である、


  そんな下品で人の金を盗むしか能がない、自称愛国者で実際は売国奴のアベ連中ですが、しかしここまで問題が出てくるのは異常というしかないな、

  しかもアベの場合は、以前にも似たようなことをしているし、今回で二回目だ、さすがに違法でないという言い訳も通じないだろう、なんたって前科があり、それはほんの数年前なのだから、


  そしてアベの答弁によると、献金を受け取るときは相手の業者に、法的な問題を説明していると話していたが、説明した上で違法献金をもらっていたとなれば、

  相手業者の犯罪性、もしくはアベの犯罪性のどちらかが成りたち、知らなかったというアベの詭弁も意味がなくなる、


  以前から書いているけど、アベの目指しているのは戦前のような軍事独裁であり、極端な利権政治の方向性を目指している、

  アベが軍事だ愛国だというのは、こういう政治と金の問題が起きた時に、軍事方面ならば隠蔽がしやすく、批判をかわしやすいからそういうことをいってる、

  つまり、金のために愛国だといっているだけで、利権愛国者にすぎないのである、


  そんなゴミアベと、それに類するゴミアベ自民の利権話が拡大しているが、こういうクズ共が生きている限り、日本の未来はまずないでしょう、


  ではもう少しこの情報を詳しく書いてみると、今回の件で一番大きな問題になっているのは、下村文部大臣である、

  こいつは文部大臣でありながら、知性の欠片もない極右の異常者で、昔はまともだったらしいが、最近は異常な考えを持つことが多いらしい、


  右翼だ何だといえばカネになると考えて、理性を捨てせこい人生を選んだ低俗人間のようだが、この下村がやったことにはかなり重い罪がある、

  前も書いたけど、こいつは日本の予備校や塾の経営が難しくなったことを利用して、そこにつけこんで利権を漁っていた、


  この下村は塾や予備校のビジネスがやりやすくなるように便宜を図り、その見返りとして金をもらっていたのだが、それがバレるとまずいと判断して、その金の流れるルートに工夫をした、


  下村の問題で最初のころにいわれていたのは、なぜ任意団体を通して金をもらっていたかで、実は氏のやり方にはからくりがあった、

  そのからくりとは任意団体に便宜を図った企業からの献金を集め、自分がそのような問題に関わっていないと、カモフラージュする事を繰り返していた、

  そういう任意団体を日本中に作り、日本にあるいろいろな団体からかなりの金額を、長期的に集めていた罪がこいつにはある、


  このアホは教育だ、愛国だと、間抜けで無能な妄想を垂れ流していたが、所詮は金の亡者、教育も金になるから関わっていただけで、それ以外の意図は最初からなかったのだろう、


  そしてこいつは、最近自分が関わっていた任意団体に、マスコミとの報道を受けるなとメールを送っていた、

  メールの情報なのではっきりとはしないが、もしそれが事実ならば面識のない任意団体から、金をもらっていたことは嘘になる、


  と言うか嘘でしかないわけですが、この嘘つき下村大臣は金儲けのために、教育を食い物にしていたゴミ人間であり、右翼だ保守だといって人々を騙していた詐欺師である、


  そんなアホがなぜ大臣になれるかといえば、それはこいつがアベと関係が深い人間だからだ、

  アベの狙いは戦前の軍事独裁であり、実はアベ内閣はそういう関係者を集めて作られている、


  今の自民党は元軍部の関係が者中心になっており、議員の殆が戦前の軍事関係者になっている、

  その中で特にアベに近い軍事関係者で、内閣を作っているのが現状であり、その中でも下村は日頃から奇妙な言動を繰り返している、


  そんな頭のおかしい奴が大臣になれるのは、奴が戦前の軍事関係者か、それに近い人間だからである、

  アベのやろうとしているのは、戦前の軍事カルテルの再構築であり、軍事を前提とした利権政治の再来である、


  多くの人は軍事や保守といえば、なにかただでやってくれるイメージがあるが、実際の軍事とは極端な利権システムであり、一番腐敗の激しい分野である、

  当然そういう形を目差す安倍やその周囲も、腐敗が激しく腐りきった考えしかなく、連中のやることは利権の構築のみである、


  今回の下村やそれに類する連中の行為は、アベが大臣に任命するときにはすでにわかっていた話であろう、

  アベ自身の政治と金の問題も知っていて、それなのに金をもらっていたと見るのが妥当である、

  そうなる理由としてあるのは、軍事というものがそもそも腐敗を前提をしたカルテルであり、かなりいびつな利権構造を目指すからというのがある、


  軍事は利権であり腐敗である、軍事とは隠蔽がしやすく、また必要性が確実にあるわけではないので、インチキをいくらでも行うことができる、

  そのためその方向性は、国防や右翼てきなものになることはなく、その殆どは拝金主義に走り、利権構造の構築だけをするようになる、


  一般のイメージとは違うが、右翼や保守思想とは政治的にいえば、完全な拝金主義者の集まりでしかなく、利権構造の構築しか考えていない人々の集まりである、

  そういう人間が政治的な影響を持ち、アベのような頭のおかしい奴が首相になり、それに類する人間が大臣になれば、そこで起こるのは極端な拝金主義と、利権構造の構築にしかならない、


  軍事、右翼、保守とは、現実的にはただの拝金主義思想であり、それ以外の意味を持つことはない、

  そしてそういう思想を根底においている、アベ自民は必ず利権構造の構築に向かうことになる、それが今起きている政治と金の問題なのだ、


  政治と金の問題とは、軍事論の延長上にあるものであり、右翼保守思想が持つ拝金主義の裏側でもある、

  理想を言えば右翼や保守は拝金主義ではない、しかし軍事的方向性を目差す以上、その思想は結局金儲けの道具としての意味しか持つことはない、


  そういう政治を認めることが今の日本の岐路になっており、安易な反中、反韓国論は、国内に巨大な利権構造のカルテルを生み出すだけで、国を傾ける原因にしかならない、


  なぜアベのような極右と、その周囲の極右が金に汚く、利権構造の構築しかする気がないのかといえば、連中の思想に根底にあるのが拝金主義だからである、

  軍事は効率のいい利権であり、右翼だ保守だという思想をいくらいっても、結局のところ軍事利権のための方便にしかならないのが普通だ、


  よって、アベのような右翼は何らかの利権構造の構築だけをし、自民党議員はそういう政治活動しかしなくなる、なぜなら軍事主義と拝金主義は方向性が同じだからだ、

  そして、そういう人間を集めて政治を行えば、政治家は賄賂をもらうために活動をし、大臣は賄賂をもらうために政策を考え、総理は金のために足繁く料亭に通うようになる、これが軍事論の本質である、


  自民党の狙いは戦前の軍事独裁であり、その方向性は拝金主義と、利権構造の構築を目差す考えに根ざしている、

  それがあるから、アベの周囲では政治と金の問題が発生しやすく、連中が金に汚く、人を見るとその財布を盗もうとするのは、それが連中の本来の仕事だからである、


  そういう傾向が強い政治を、日本人は正確に見れているのだろうか、

  右翼だ保守だと安易に考えていないか?、韓国や中国を悪くいうことによって起こる問題を考えたことがあるか?、

  
  そして軍事的な方向性とは権力者の拝金主義にしかならず、極端な利権構造を持った社会になることを理解しているか、

  軍事はただではないのだ、軍事的な方向性を進めれば政治の拝金主義は強まり、政治と金の問題はより悪質なものに変貌する、そのリスクを考えたことがあるのか?、


  とまあ、そんな問題が起きているわけで、今の政治と金の問題や、アベの害については、そういう視点で見たほうがいいでしょう、
 

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR