06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

湯川氏と後藤氏を見殺しにしたアベの利益について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)
 

    どうもこんにちは、


  今日もちょっと用があるので早めに書きますが、そうですね何を書きましょうか、、

  ではいつも書いている、アベの見殺し事件について書いてみますか、


  金に目が眩んだアベが、イスラム国で見殺しにした湯川氏と後藤氏ですが、アベがなぜこの二人を殺したのかというと、それにはちゃんとした理由があります、

  アベがなぜこの二人を見殺しにしたのかというと、アメリカにくっつくためだったんですね、


  アベのやつはアメリカと殆ど交渉をすることができず、オバマ氏と会うことすらできていない、世界の孤児というか、鼻つまみ者なので誰も会おうとしない、

  しかしアベが考えているのは、他国を利用する軍事戦略であり、外国の抗争を利用した軍事拡大を考えている、

  そしてそれを行うためには、外国との協力関係が必要になる、


  なぜそのような方向性を持っているのかというと、自分の力で軍事拡張をしていくと、自分自身の責任になるからで、そうした場合法的な問題を抱えやすく、それが原因で軍事的な方向が失敗するおそれがある、

  だからドサクサに紛れやすい、他国間の抗争に首を突っ込んで、軍事拡大をすることを考えている、


  火事場泥棒みたいなもので、このアベのやつは知能も度胸もないやつだから、インチキをして金を盗むことしか出来ないので、権力拡大をする時もそういうプランが強い、


  だから今回のイスラム国の問題でも、奴の頭のなかだと外国の争いに手を突っ込む利益、みたいな発想があったのだと思う、

  アベの馬鹿が考えていたのは、欧米とイスラム国の争いがあるから、その争いが拡大していけば、自分の利益になるのではというのが奴の考えだった、

  つまり人質が殺されることも利益になればいい、そういう考えはあっただろう、


  アベは世界の鼻つまみ者だから、国際社会における評価は全くない、

  右翼の危険人物だとしか思われていないし、国際的な評価では完全にマイナスである、


  ついでにいえば日本もそう見られているわけだが、ともかく、今回の人質事件は、アベの考えと一般の考えには乖離がある、

  一般的には人質がどうするか、可愛そうだという見方が強い、

  しかしアベの馬鹿な頭のなかでは、欧米諸国との関係改善のネタくらいにしか考えていなかった、

  ある意味そのギャップが二人を殺した原因だったわけだけど、
  

  アベが二人を見殺しにしてえた利益は、欧米諸国との協力関係である、

  協力といってもほんの少しだけなのだけど、例えばオバマ氏と少し会話が出来たり、ヨーロッパから連絡が来るとか、そこ程度のことしか起きなかったが、そういう利益をヤツは狙っていた、

  なぜかといえば、アベは世界中の鼻つまみ者だからで、誰もこいつを相手にしないから、それが価値があるとこいつは考えてしまっていたわけだ、

  
  だからといってアベを評価する声は全く上がらなかったが、それでも欧米諸国をコミュニケーションが取れ、始めて外国と会話が出来たわけだから、それがヤツの狙いだったということだろう、


  その程度の理由で人を二人も殺すのが、アベのキチガイじみたところではあるが、

  今回の件は一般的に人質問題といわれているが、アベにとっては欧米諸国と話し合う機会だったわけで、奴にとってはそっちの方が大事だった、

  だから人質が捕まっても何の対策もせず、殺されたことを利用しようとしているのも、最初から興味がなかったからだ、


  奴が考えていたのは欧米諸国と共同で動くことで、捕まっている人質は最初からどうでもよく、そもそも助ける気は1%もなかった、

  だから人質が殺されることはヤツにとってはメリットで、ある意味イスラム国と同じようなスタンス、いや、正確に言えば、イスラム国よりもテロリストに近い存在になっていて、今回のことを契機だとしか思っていなかった、


  アベにとっては人質を助けないのは当然で、見殺しにした後の利益しかこいつは考えていなかった、

  こういう発想はいわばテロリストと同じで、二人を殺害したイスラム国と、殆ど同じ立場にいた、

  二人を殺害してどう利用するかという点では、イスラム国のテロリストと、アベはほぼ同じポジションにいたといえる、


  アベにとっては二人を助けるのではなく、二人が死ぬことの利益のほうが大きくあった、

  二人が殺されれば軍事化の口実になるし、欧米との軍事協力もしやすくなる、

  そう考えると、アベやその周囲は積極的に二人を殺そうとしていた可能性すらあり、正直アベのやつがそう考えていても不思議ではない、


  つまり一般の人は人質が助かる利益を考えていた、

  それに対してアベは、人質が死ぬ利益を考えていた、そこに見解の相違があったわけです、

  
  アベの狙いは人質二人の殺害で、二人が死んでくれれば奴にとってメリットがあった、だから一切助けることをせずに、イスラム国への挑発行為を繰り返していた、

  今までの情報から考えると、アベはイスラム国に早く二人を殺せと圧力をかけていたわけで、二人の殺害にやつは協力をしている、


  安部は軍国主義者であり、基本的には基地外である、

  だから通常の意見が通る人間ではないので、こいつの頭のおかしさを前提に行動を調べる必要がある、

  ある意味安部はサイコパスに近い存在であって、ある種の異常者だから、こいつの考えていることは、テロリストか犯罪者に近いと思った方がいい、
  

  奇妙な意見かもしれないが、実際そう考えるとしっくり来るところが多いし、実際にやっていることはテロリストと何ら変わらない、

  例えばいまイスラム国にいるテロリストは、過去への回帰を法律を無視して、暴力的に行っている、


  そしてアベも同じで、過去への回帰を法律を無視して暴力的に行っている、いわばアベは日本のテロリストといって良い人物である、

  自民党もよく考えるとタリバンやアルカイダに近いし、アベ自民は日本に巣食う原理主義テロリストと考えても、それほど間違いではないだろう、


  今回の件でアベが考えていたことは単純だ、しかし常識で考えると難しい所がある、

  このアベのアホがやっていることを判断する時は、奴が犯罪者であるという見かたが必要だ、つまりアベという犯罪者がどのような利益を得ようとするか、そこにヤツの行動パターンがある、


  こういう図式は詐欺師の小泉の頃もあったが、基本的に小泉もアベも犯罪者基質が強い人間なので、行動パターンには常識が存在せず、良識も全くない、

  あるとすれば物盗りか強盗のような感覚のみで、そこにあるのは犯罪者としての考えである、


  だからアベのやつが今回のことで動いた原因、理由を考える時は、奴の犯罪者としての性質から判断する必要がある、

  犯罪者のアベがなぜ二人を助けなかったのか、こう考えて想像してみるといい、そうすると見えてくるものがあるんじゃないか、


  アベが犯罪者で、テロリストに捕まった二人がいる状況に合う、そこで奴が考えることは何か?、

  アベは犯罪者だから最初から助ける気はない、アベはその二人が生きようが死のうがどうでもいいと考えるから、助ける可能性は最初から一切ない、

 
  じゃあどう動くかで、こいつの犯罪性からすると、二人を殺そうとするだろう、

  なぜかといえば、それを利用できる可能性を考えるからで、生かすか殺すかを考えるならば、最初から生かしておく気がないアベノ考えでは、最初から殺す方法論に傾くだろう、


  そうなった時に、二人を殺す計画を立てて、できるだけイスラム国が殺しやすくなるように圧力をかけ、挑発を繰り返すにはどのようなプランがいいかと考える

  そして殺されたら、それを利用する方法も吟味するだろう、

  まあアベの馬鹿にここまでの知能があるかは疑問だが、アベのやつに詐欺師の小泉と似た犯罪者としての性質があるならば、こういう行動になる可能性はあるな、


  今回の件では、低俗で質の悪いアベがどう動いたかを考える必要がある、

  奴は無能だし、人が生きようが死のうがどうでもいいと考えている、犯罪者気質を持った人間だ、奴にとっては社会も正義も存在しない、あるのは自分にとっての損得勘定だけである、


  ただアベには詐欺師の小泉ほどの才能や能力はない、そう考えるとどの程度までヤツが動いたかはわからないが、

  人質二人を最初から助ける気がなかったのははっきりしている、問題はなぜ助けなかったかという理由であろう、


  常識的にいえば奴が無能だからといえる、しかしヤツの犯罪者気質がもし強いものならば、別の可能性も考えておくべきだろう、

  それはわざと二人を殺そうとしていた、という考えだ、

  実際今回の件はアベが挑発をしなければ起きなかった、アベがイスラエルにいってイスラム国を挑発したことが原因なのだから、アベはわざと二人を殺そうとしていた可能性もある、


  犯罪者の思考パターンは常識が通じるものではない、だたいえるのは何らかの悪意に染まったものであり、そういう思考パターンから考えると、アベは二人を殺害することを目的にしていた可能性が存在する、


  まさかと思うでしょ、まさかと思うならばそこに犯罪行為をする余地があるわけで、犯罪者気質を持った人間ならば、高い確率でそのまさかと思う点に行動しているはずである、


  アベが今回の件で利益を得たかったのは、いつくかあるので箇条書きにすると、

  一つが、無視されている欧米諸国とのコネクション、

  二つ目が、イスラム国を利用した軍事行動の拡大、

  三つ目が、テロとの闘いに参加する大義名分、この辺りはあるだろうな、


  そして今度はアベについて考えてみよう、アベの持っている可能性は二つある、それはアベが馬鹿であること、もうひとつはアベが犯罪者である可能性、実はその両方の可能性がある、


  一つ目のアベが馬鹿だった場合、こっちは非常に単純な行為になる、馬鹿だから失敗したとなるのだが、正直ヤツの軍事化への妙な行動をみると、馬鹿だから失敗したという単純な話ではないように見える、


  そうなると、アベの犯罪者気質が今回のことの原因では、とういう考えが強くなってくる、

  例えばアベのやつは暴力団に、市長選である候補者に在日だと脅すように頼み、その金の支払いが悪かったので、家に火炎瓶を投げつけられたことがある、

  不思議な話だと思うだろうが、実はこれ裁判になっていて、そういうことがあったことははっきりしている、


  またもうひとつのポイントもある、それは12月の選挙だ、

  去年の12月の選挙では、自分が落としたい相手候補者の所に動員をかけて、日の丸を沢山掲げて、在日だなんだと騒ぐパフォーマンスをしていた、

  これも嘘みたいな話だが、実は12月の頃自民党は全国でこういう活動をしていた、テレビは報道していないので知らない人が多いだろうけど、


  そういう馬鹿だけと犯罪者というかな、そういう所がこのアベにはあるような気がする、

  そしてそのような視点で見た時に、今回アベがどう考えていたかというのが、ちとドス黒い感じになる、


  どうなるかといえば、実はアベがイスラエルにいってイスラム国を挑発したのは、人質二人を殺すことが目的だったということ、

  なぜそんなことをするのかといえば、そうすれば軍事化が進むし、色々なメリットがあったからだ、

  つまり、捕まった二人は実はイスラム国ではなく、アベが殺したんじゃないか、そういう判断も成り立つ、


  実際イスラム国が映像を公開してから、アベのやったことはイスラム国への挑発しかしていない、まるで二人をさっさと殺せと言わんばかりの、徹底的な挑発を繰り返していた、

  それをヤツが馬鹿だからと見ることもできるけど同時に、ヤツに犯罪者気質があった場合、意図的に二人を殺そうとしていた可能性も出てくる、


  ほら気持ち悪いでしょ?、考えたくないよね、こんな気が狂った話、

  けど、残念だがこの可能性は結構高い、


  上でも書いたが、選挙の話や火炎瓶のことを見ても、アベはただの馬鹿ではなく、かなり強い犯罪者気質も持っている、

  そうでないならば暴力団に火炎瓶を投げつけられたりはしない、それはアベ自身が犯罪者だから、そういうことが起こるのだ、


  このような犯罪者気質が今回の件に関わっていた場合、今回起こったことはある意味最悪の意味と持つことになる、

  なぜなら、アベは今回の件で犯罪者的な視点から利益を得ようとし、意図的に二人を殺していたことになるからだ、

  これば別に変な話ではなく、アベが馬鹿ではないと考えた時に、成り立つ理論になる、

  
  もしそうだったとするならば、アベは人質の二人をわざと殺すために、アラブ諸国までいったことになる、

  奴がアラブに行く前についているといったのは、二人の人質のことを念頭にいっていたのかもしれない、


  アベはある意味奇妙な人間だ、犯罪者と馬鹿の間をふらふらしているというか、やっていることは犯罪者でしかないのだが、馬鹿なので馬鹿だからしかたがないと思われている、

  しかし本当に馬鹿なのかという点は、よく考えておくべきだろう、


  いつもながら話のまとまりがないけれど、アベは今回の人質事件を自分の利益にすることだけを考えていた、それは後の流れから見てはっきりしている、

  問題はそういう流れを利用するために、二人を殺そうとしていたのかどうかになるが、無能だから失敗しただけという可能性もある、


  無能ならばミスで済むが、二人の命を絶とうとしていたなら、非常に重い罪があるだろうな、

  それがどっちなのかはハッキリしないけど、正直私は両方の可能性があると思っている、

  無能だからたまたま二人の命を奪った、とも言い切れない部分が多い、というのが私が最近考えていることです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




タグ : 安部 戦争

 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR