01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベによる人質殺害と、アベの煽動するイスラム国戦争の未来、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  アラブで捕まった方は残念ながら殺されたようですね、なんとなくそんな気もしていたのだけど、

  実は少し前に、人の首がナイフで切られる感覚があって、その夜は人のうめき声がずっとしていました、

  オカルトっぽい話なのだけど、もしかするとあれだったのかなと思う所があります、


  それで亡くなったのは湯川という人物で、ずいぶん前に捕まった人の方が殺され、最近捕まった後藤氏はまだ殺されていない、

  今回の件、アベのアホがイスラエルにいなければ、この二人が殺されることはなかったし、アベが殺したようなものだ、

  それはアベの支持者にも言えることだが、連中はただの人殺しだったということになるけど、


  ともかく情報を整理すると、イスラム国に二人が捕まり、一人は数カ月前、もう一人は2ヶ月前に捕まっていた、
 
  アベや自民党はその二人を放置し、まともな対策をせず、何もしなかった、

  一応対策をするとはいっていたが、今回の件を見る限り連中がまともな対策をしていたようには見えず、最初から助ける気がなかったと見るのが妥当であろう、


  それに業を煮やしたのか、今度はイスラム国から殺害の予告があり、アベや日本人を名指しで批判をして、対策をしなければこの二人は殺すと言ってきた、

  それに対してアベは、これまた何の対策もせずに新年会へ行き、それからイスラム国を空爆している国に連絡をして、支援を求めた、


  なぜイスラム国を空爆している国に、人質開放の支援を求めたのかは謎だが、それが火に油を注いだようで、結局アベが原因で人質の一人が殺された、

  つまりアベが殺したということだ、


  またこうなった原因にはイスラム国の戦略もあり、イスラム国は日本の軍事化と、自国への軍事攻撃を警戒していた、

  今の日本は集団自衛権の行使が可能になっており、実質的に憲法九条は存在しない状態にある、


  そのため他国への軍事侵攻が可能になっており、集団自衛権を使えばイスラム国への軍事侵攻は可能である

  さらにイスラム国は明確な国家ではないので、日本の軍事行動の制限を受けない可能性もあり、それを考えるとイスラム国を一番攻撃しかねないのが日本だった、
 
  そこら辺を考えて日本潰しを計画したのが、今回のプランの根っこにあるのだろう、


  さらにいえば、アベのやつはユダヤ資本に操られていた面があり、今回要求された人質の開放の国は、アベがなぜか中東訪問で回ったところだった、

  今回のアベの中東訪問は、厳密に調べたわけではないのだけど、反イスラム国を中心に回っていて、反イスラム国家への支援を明確にしているところが多くあった、

  そう考えると今回の人質開放の狙いは、反イスラム連合に参加して、イスラム国への攻撃を考えている、新十字軍構想にくさびを打つことに、狙いがあるのかもしれない、


  以前も書いたが、今の日本は軍事化を進めているけれど、その方向性がややこしくなっている、

  私は中国やアジアへの戦争を計画していると思っていたが、最近の日中首脳会談などを見る限りは、その可能性は遠のいた感がある、

  その理由としてあるのが米中の接近で、アメリカの友達である中国に攻撃しづらくなった要素があるのかもしれない、


  そうなった時にアベと軍事利権協賛勢力は、次の軍事的方向を目指した、それがイスラム国ではないかと思う、

  イスラム国ならば国家ではないから、厳密な戦争行為にはならない、

  つまり日本のような曖昧な平和主義の状態でも、かなりのレベルまで軍事行動が出来る相手であり、日本の軍事化を進める良い足場になる相手だった、


  その辺りの利害を考えて、アベと腐った死の商人共はイスラエルへ行き、イスラム国への軍事侵攻について協議をしていた可能性がある、

  最近も自衛隊をアフリカ方面に長期駐留させるプランを出したし、海外に自衛隊用の巨大基地を作るプランも出している、


  アベのアホが考えていた軍事プラン、もしくはノダあたりも関与したアジア軍事プランの最大の失敗点は、国民にわかりやすい形で軍事拡大をしていたことだ、

  その点アフリカやアラブならば隠蔽もしやすく、またイスラム国は国家ではないのだから、かなり極端な軍事侵攻をしてもばれづらい、

  ここら辺のことを考えて、アベを操っている連中はこの間抜けをアラブに送り出し、戦争ビジネスのエサで自民党のバカ連中を釣ったのだろう、


  そこを逆手に取っているのが、今のイスラム国の動きであり、連中の日本やアベに対する攻撃と見ていい、

  イスラム国の声明を見てみれば分かるが、連中は日本の総理ではなく、アベという個人名で批判をしている、つまり連中は日本を批判しているのではなく、アベ自身を批判している点が重要だ、


  それはつまりアベが極端な軍国主義者であり、その軍事利権を得るために活動している事を知っており、

  そいつらが自分らの方へ向かうリスクを、正確に計算していることになる、

  分かりやすくいえば、イスラム国にとってアベの軍事化は脅威であり、アベ自身が害であると考えているのだろう、


  逆にいえばアベを潰せれば、日本はどうでもいいと考えているのかもしれないけど、


  ともかく、今回の件はイスラム国への軍事攻撃が、軍事利権になると踏んだアベと自民党に対する攻撃であり、かなりシビアな考えから生まれたものである、

  その考えの根っこにあるのは日本の軍事化にとって、イスラム国という、国家かどうか曖昧な相手が良いビジネス対象であったことに起因する、

  それを利用して利益をあげようとしたアベのプランに対して、それをわかっていたイスラム国が攻撃していた可能性がある、
  

  しかしアベは馬鹿だ、こいつは自分が何をしていたのか理解できず、ただ間抜けだったので金の勘定だけをして、イスラム国への軍事侵攻を計画していた、それが失敗したという事だろう、


  軍事ビジネスの厄介な所は常に敵を求めるところだ、欧米は歴史的に見て世界で一番人を殺してきた種族だが、その最大の原因としてあるのは、彼らにとって軍事ビジネスが重要だったことである、

  そして日本もそういう軍事ビジネスをするのだから、軍事ビジネスに都合のいい狩場を探し、それが今回の場合はイスラム国だったという事になる、

  だからイスラム国は日本人を脅し、アベを名指しで批判する、


  日本の軍事化の最大の問題は、それが国家の防衛ではなく、軍事ビジネスを目指している所にある、

  何度も書いているが自民党は、公共事業利権を漁る方向に限界を感じ、そこから軍事ビジネスへ方向転換した、

  なぜ軍事ビジネスに転換をしたのかといえば、自民党の半分くらいは戦前の軍部の残党であり、そういう勢力にとって都合が良かったからだ、


  そして、軍事ビジネスをするためにはアメリカのように、定期的な戦闘が必要であり、常に攻撃する対象がいる、

  しかし日本には一応平和憲法があるので、単純に外国を攻撃するのは難しい、
  
 
  以前の自民党は中国との戦争を考えていたようだが、それが難しいと感じたのか、今度はアフリカやアラブなどの攻撃がしやすいポイントに、戦争をする方向を変えてきている、

  そのためにアベのアホは、中東へ行き武器の売買の取引のために、国民の金を数千億現地にばら撒いた、


  というのが現状で、これからどうなるかというと基本的には2つの道がある、

  ひとつはアベの軍事ビジネスの拡大が続くこと、この場合はイスラム国は本腰を入れて、日本人への攻撃を激化してくる可能性がある、

  その時一番狙われやすいのは、海外に住んでいる日本人で、イスラム国はそういう人の拉致を重視してくるだろう、


  そうではなく、アベの軍事ビジネスが批判のせいで止まれば、それによる緩和措置は起こるかもしれないが、

  結局日本の政治的硬直の強さが原因で、方向性は変わらず、遅かれ早かれそういう通へと進むだろう、


  戦前の軍部がなぜ存在したのかといえば、それは権力と金に対する欲望が、軍部に強くあったことが原因である、

  日露戦争で国家権力を強力に得た軍部が、それを手放したくないと起こしたのが太平洋戦争であり、軍事独裁の身の保身のために戦争継続をし続けなければいけない事情が、当時の軍部にはあった、


  そしてそれと同じことをしているのがアベ自民であり、連中の狙いは戦前の軍部と全く同じものである、

  しかしその方向性は憲法などの制限があるので、不完全な形でしか行えず、その不満が、アベのイスラム国への軍事進行という形で現れ、

  その結果人質が殺されたのである、


  こういう図式があって現在があり、そしてこの体制が数年続くことを、国民はよく考えるべきだろう、
  
  このままいけば日本人は海外に住むのが難しくなり、旅行も気楽にはできなくなる、

  もしかすると日本国内におけるテロが起こるかもしれず、それを警戒することによって、国民の生活の自由もほとんど無くなるかもしれない、
  

  平たくいえば、日本はもう平和の道を歩んではおらず、多くの人々(特に外国人)を殺すための民族そして国家に変貌し、それを変える手段がなくなっているのである、

  そういうことの予兆が今回の殺人であり、これから日本人に振りかかる問題だと、認識した方がいいでしょう、


  (これからどうなるかはっきりしない所もありますが、海外に行くときは日本人が行ける所かどうかを調べ、安全確認ができない地域には行くべきではなくなるでしょう、

   特にアベがイスラム国を空爆をしたり、極端な軍事支援をし始めたら、海外に住む日本人は、そのアピールのために殺される可能性が高まります、

   少し前にフランスで起きた殺人のようなことが、これから日本人に対して起こるかもしれないので、そういうリスクは考えておくべきでしょう、)


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR