01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベによるイスラム国拉致問題について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日も事件があるので書いてみますが、イスラム国に捕まった二人のジャーナリストが殺される時間が迫っています、

  アベのやつは何もせず新年会にいっていたようだが、このアベを拉致ってくれたら国民が新年会をできたのに、まともな人間だけが不幸になる腐った世の中ですけど、


  さてどうなるかだが、現状だと日本政府は助ける気が全く無いようです、

  いくつか条件が揃っていれば可能だったのかもしれませんが、ほぼ不可能でしょうね、


  今回の件はテロとの戦いに日本を巻きこむ意図もあるらしく、欧米諸国は揃って身代金を払うべきではないといっている、

  身代金を払うべきかどうかは、その国が判断すべきことであるし、ヨーロッパでも払っている国は多い、


  それでも払うなとアメリカやイギリスが命令するのは、日本の戦争に巻き込む考えがあると見ていい、

  そういえば最近イスラエルのトップがアメリカに急に来ていたり、アベのやつがイスラエルで金を渡していたのは、そういう大掛かりな意図があったのかもしれない、

  
  人質の人には助かって欲しいのだけど、アベは人間のクズだから、人質が死んだほうがカネになると判断するだろうし、こいつは正直役には立たないだろう、

  それが残念なことだけど、今回の件を大きくみてみると、長期的な計画が合ったような節はある、


  例えば12月の選挙の頃には、その二人が捕まっていたのがはっきりしていたし、それを政府は隠蔽していた、

  つまり、北朝鮮の拉致問題をスライドして、アラブの戦争問題に日本を向けようとする、計画がその頃からあったのかもしれない、

  
  12月の選挙の時も書いたのだけど、あの動きには不自然な所が多く、アベではない誰かが計画を立てているように見えた、
 
  その計画の結論がこれなのかもなという気がしている、


  そう考えるとアベのやつは、人質がいることを把握しておいた上で、その二人をイスラム国に殺させる方向を探っていて、今は好機だと考えているフシがある、

  もしくはアベを支配していた連中には、そういう考えがあっても不思議ではない、

  ただそうなるとイスラム国との関係も不自然にはなるが、、


  はっきりはしないけど、何かを掴まされた感じは強くある、そうでなければ自国の人を救う問題に、アメリカやイギリスが身代金を払うなと、命令してくるはずがない、

  なぜなら、そういう問題は自国で考えるのが筋だからだ、そうでないというのならば、彼らのシナリオでは日本が身代金を払わず、捕まった人が殺されないと困る事情があるとみるべきだろう、


  権力の犬新聞として有名な、読売では事件が起きた直後、欧米ではテロに捕まった時は、身代金を払わないのが普通だと報じていた、

  そういう情報を前提に植え込んだ上で、イギリスやアメリカがなぜか、日本人の身代金に払うなという、不自然な行為に疑問を持てないよう操作をしていた、

  こういう流れがどうもあるっぽくて、もしかすると12月の選挙で、アベのやつは二人のジャーナリストを殺すことを、党内で決めていた可能性がある、


  そういう下地が合った場合、今回の人は助からないかもしれない、

  今回の問題の根本的な問題は、イスラエルの軍事問題に日本が巻き込まれつつあること、

  そのきっかけとして今回のことが起きている可能性があること、そしてそれをアベがしているということ、


  嫌な感じがするのだが、日本にショック・ドクトリンを起こすべく、日本をユダヤが操っている可能性がある、

  ユダヤというよりはイスラエルだけど、日本軍事化を騒いだ馬鹿が沢山いたので、それを利用しようとする外国勢力が近づいてきた、その過程で起きている問題かもしれない、

  これがあっていればかなりマズイだろうね、だって自民党やアベはこの二人をわざと放置しているわけだから、もっと悪質な考えを連中は持っていることになる、


  まだどうなるか結論は出ていないけど、外国との戦争に手を出したアベと、その間抜けを利用しようとしているイスラエル、それに対応したイスラム国という図式はあると思う、


  最近の日本人は、右翼化し中国や韓国が悪いといっている人が多い、

  本屋にもそういう本が沢山売っているし、中国や韓国を口汚く罵る日本人は少なくない、


  そういうことをしていて、日本の愛国だ、中国との軍事競争だといっていたら、いつの間にか日本は、イスラエルが戦争をするための下僕になっていた、というのが本質ではないかと思う、


  軍事力というのは外国からも利用できるもので、自国の防衛にだけ使われるものではない、

  アベのアホと無能な仲間たちの右翼化によって、日本の軍事化の拡張は進んだが、それは同時に日本の軍事力を手駒として利用する、外国勢力の接近を生んでしまったということだろうな、

  それがよりによってイスラエルなのだから、日本は最悪の道に入っていると、覚悟をした方がいいかもしれない、

  
  日本人は平和主義者だといわれていたけど、そういう時代は終わり、日本の右翼化、そして軍事化によって、戦争奴隷の時代が開けてしまった、

  軍事や愛国なんて騒いでいる馬鹿には、国家戦略がない以上、外国から見ればいいカモである、

  そういう状況で軍事化に踏み込んだことが、どれだけ恐ろしいことかというのが、今起きていることだろう、


  日本の軍事化を進めて利用するために、日本人を見せしめに殺そうとする、しかもそれに日本政府が関与している可能性もある、これが日本の愛国心の結果である、

  
  事件がどうなるかまだ分からないけど、アベみたいな基地外を選んだ以上、いい結果になる確率は低いんでしょうね、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR