01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

安部に殺されるアラブ人と日本人、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近はまた寒くなってきましたね、天気も荒れるらしいけど、やっぱりアベが悪いんですかね、アベが、


  こう書くとそんな気がしてくるのが不思議ですが、それはともかく今日の安倍の犯罪行為を書いてみると、

  一昨日イスラム国で捕まった、日本人ジャーナリストの殺人予告が行われた、

  その予告では日本と安倍を名指しで批判し、お前らのせいで我々が殺されるのたまらない、だから代償として身代金を払え、さもなくば人質を殺すと脅してきた、


  この話は伏線が多いというか、かなりややこしい話なので説明が難しいのだけど、実はイスラム国の言っていることは、それなりに筋が通っている所がある、

  どういうことかというと、まず日本は他国との共同で武器開発をするスタンスに変わっている、


  少し前に武器輸出三原則の撤廃が行われ、アベのやつが勝手にこの条件を緩和して、外国への武器輸出や共同開発が出来るようにした、

  それには一応制限があって、日本と関係の深い国に限るという、制限は存在していたが、効果があるかどうかは不明瞭なものだった、


  これが伏線になっていて、その後アベはイスラエルとの軍事兵器開発の協力関係を結び、イスラエルで使う武器の製造や販売に乗り出していた、

  今回アベが中東訪問をしたのは、そういう武器取引の意味も強くあり、一緒に行った50社ほどの企業の多くは武器開発関連の会社が多く、そんな連中を連れてイスラエルに行ったのは、武器の売り込みのために行動していたと見ていい、

  つまり安倍の中東訪問は、日本製の武器をイスラエルに売って、それでイスラム教徒を殺す目的で行っていた、
 

  武器の開発はたしかに直接的な軍事行動ではないのだが、間接的にいえば非常に大きな問題を生みやすい傾向がある、

  特に日本のような技術力が高い国が、イスラエル向きに武器の開発をした場合、イスラム教徒が大量に殺される恐れがある、

  だから今回のイスラム国の指摘でも、日本が十字軍に参加して、我々を殺そうとすることへの報復だといっているのは、実はイスラム国の言っていることのほうが正しい、


  少なくとも日本政府やアベは、イスラエルの軍事強化に協力をするために、今回中東へ行きそこで武器の取引に関して協議をした、

  そして日本側は、その地域に莫大な経済支援をしたが、これはある意味においては武器を売るための手付金のような意味もあり、

  アベは平和のために資金を出したと言っているが、実際は戦争やイスラム教徒殺害のために、金をばらまいた意味が強くある、


  こういう点を報道するメディアは多分ないだろうけど、トータルでみると今回の件は、完全に日本が悪いといえば悪い、日本が戦争の加害者になって、被害者が文句を言ってきているのが、今起きている問題である、


  いろいろな情報を見ると、今まで日本は中東を攻撃せず、平和的な解決をしていたのだから、それをアピールすればいいという意見もある、

  しかしそういうプランはアベが全て破壊してしまい、今日本がやっているのは中東戦争を利用した、軍事兵器売買のビジネスでしかなく、平和的な方向性は一切持っていない、

  だから平和な日本だから、向こうがわかってくれるということはなく、アベはイスラム教徒を殺すための、武器取引をしにイスラエルに行ったのだから、それは批判されて当然である、
  

  そういう前提があって、今回の事件につながっていくのだけど、

  今回の件ではいくつか大きな間違いがあり、それを起こしているのは自民党とアベである、


  まず根本的な問題として、今回の人質が捕まったのは数ヶ月前であり、その問題を政府が把握していたのに自民党やアベが、イスラエルに武器の売買をしに行ってしまったことがある、


  そうすれれば向こうが報復してくるのは当然であるのに、安倍のバカは何も考えず、イスラエルの国旗のある所で、テロとの闘いのために資金援助をし、

  対イスラム国のために支援をするといってしまった、


  常識的に考えれば人質がいるのを把握しているのだから、そんな馬鹿な行動をするのはおかしいというしかない、

  つまりアベのアホは人質が殺されることを最初から容認していたか、全く考えていなかったかになる、


  アベが今回の件を予見し、人質が殺されることを望んでいた場合、それを戦争のきっかけにして、イスラム国との抗争に参加するプランを持っていたことになる、

  全く考えていなかった場合は、単純にアベは馬鹿で役立たずだった、ということになるだろう、


  アベが人質を殺す計画を持っていたのか、それとも馬鹿なので知らなかったのかはよくわからないが、どっちにしろ人質を助ける気が最初からなかった、という点ははっきりしている、


  (そしてこの問題はじつは根が深く、人質になっている人の内一人は、以前イスラム国から身代金の請求を受けている、

  しかし日本政府はそれに対して何の対策もしておらず、そのタイミングで対処をしておけば、そういう問題が起こることはなかっただろう、

  これは完全に自民党やアベの落ち度だといえる、)
  

  今回の件が深刻な問題を持っているのは、イスラム国の勘違いで起きているわけでもなく、捕まった人に何か問題があるわけでもない、全てにおいて起こるべくして起きていることである、


  以前だったら、日本はアラブへの軍事支援をしていないのに、向こうが勘違いをしていたから、その間違った判断がこういう結果を生んだといえた、

  もしくは捕まった人は、危険な地域に行ったからたまたまおかしくなっただけで、その人だけの問題だということもできた、

  しかし今回に関しては、そういう言い訳が通る状況ではないのである、


  なぜなら、日本はイスラエルと軍事兵器開発の協力をしており、中東戦争に直接関与しているからだ、

  イスラム国の人は、日本人が作った兵器や技術で死ぬことになる、そういう状況を作れば、日本人はみなイスラム教徒を殺した人殺しになる、


  そうなれば向こうは日本人を目の敵にするし、イスラム教徒は日本をイスラエルと同じような、ジハードの対象にしてくる可能性もある、

  彼らからすれば、日本人が一人死ねば同胞のイスラム教徒の命が助かるのだから、海外に住む狙いやすい日本人は、できるだけ殺したほうが良いことになる、

  そうすれイスラム教徒は死なずに済むし、パレスチナ問題を悪化させようとする、憎っくき日本を潰せる口実になる、


  アベのアホは、そういう状況をごまかすために、イスラエルの入植地問題や、パレスチナへの支援をどうこうすると言っているが、そもそもこいつが始めたイスラエルとの軍事兵器開発問題がある以上、口先だけの言い訳にしか聞こえない、


  そういうことをいきなりいう時点で不自然であり、このアホはイスラム国や中東抗争の、軍事兵器売買で利益をあげようとしていたと、自ら認めたようなものだといえる、


  今日本がいる所は、日本人は誰も気づいていないが、外国との戦闘に手を出して、そこの戦争で使う武器を、売って利益を上げる方向性を強めている、

  以前から書いているが、アベや自民党は公共事業ビジネスの限界を感じ、それを軍事ビジネスに転換しようとしている、

  そして軍事ビジネスとして重要なのは、戦争と軍事兵器の売買である、


  戦争はアジア諸国とする計画だろうが、その前に軍事兵器売買で儲けようというのが、今回のアベの中東訪問だといっていい、

  このバカは中東に3000億の金をばらまいたが、当然それは見返りがあってのことで、3000億円分の日本製武器を、その地域で売りたいというのが、この間抜けの考えていることである、


  それが向こうにバレた、というのが今回の根本的な問題であり、実はテロリストよりもアベや日本のほうが悪いという、最悪の結果になっているわけですが、


  今回の件はたまたま起きたことではなく、日本の軍事化によって必然的に発生したものであり、これからも拡大をし、更に多く人が被害にあう時代が来る、そういう幕開けなのだということ、


  これから日本人は、イスラエルと同じようにイスラム教徒を殺す道へと進む、

  日本政府は戦争もしたいけど、まずは軍事兵器の売買をしたいと考えている、そういう死の商人の道に、完全に進んでいるのだから、それを止めたいと考えている現地の人からすれば、日本人を殺すのは正しいことになる、


  戦争とは直接的に関わらなくても、それは戦争なのだということで、武器の売買をするだけでも、それは戦争をしていることと同じなので、

  当然武器の売買を始めた日本人を、殺したいと思う人は世界中に増えることになる、

  しかもそれがイスラム教徒の殺害に偏っているのだから、今回のようなことは起きて当然であろう、


  今回の件が厄介なことは、これが日本の進んでいる道であり、今回起きていることは正しいことである、という面倒な問題である、

  武器売買の軍事ビジネスに踏み込み、紛争地域であるアラブ諸国での商売をこれから始めるのだから、日本人を殺さないとアラブ諸国の平和は来ない、


  武器を売るというスタンスに入った時点で、日本は戦争の当事者であり、もはや日本を平和の国だと思う人は一人もいなくなる、日本の平和はすでに過去のものなのだ、

  そういう状況であれば、日本の売った武器によって殺された人、殺されかねない人々は、正当防衛のために日本に軍事攻撃をするし、日本人を殺しに来る、


  間接であっても戦争は、戦争なのだから、自分は武器を作っただけだといっても、その武器で殺された人が許す可能性はない、

  特に最近のように、軍事兵器の力の差が大きい時代では、戦争をする当事者よりも、高い技術力を持って兵器を作っている国のほうが、大きな恨みを買いやすいことは覚えておくべきだろう、


  今回のことはアベを選んが日本人の罪であり、アベの軍事化によって殺される外国人の、日本への憎悪が早い形で現れたものだといって良く、

  これから日本人への攻撃は、どんどん激しいものに変わるかもしれない、そういう予兆だと思ったほうがいいでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR