01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

投票の仕方のおさらい、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  ついに選挙の日が来ましたね、うーむ、なんとも言えない気分ですが、一歩間違うと日本が終わるかもしれません、

  昔から政治ブログを書いていますけど、ホント日本ていつ崩壊するかわからない国ですね、そういう日がまた来たようです、


  それで今日は当日なので軽めに書くつもりです、書くことは今回の選挙で投票する時のおさらいです、
 
  今回の選挙は投票が難しいと考えている人が結構います、たしかにそういう側面はあるでしょう、

  なぜかといえば政権交代が起きない選挙だからです、


  せっかく選挙をするのだから、国民の声を政治に反映させたい、そのためには政権交代が必要だと、国民としては思うのですが、

  今回の選挙ではどの政党が勝っても、政権交代は起きないので、あまり意味がないように思えます、
  
  しかし別の意味は結構あって、アベのやつを評価するかどうか、という選挙にはなっています、


  安部のやつはなんだかよくわからない経済政策をして、日本を壊滅状態にしましたが、その問題がどうであるから今回の選挙の争点です、

  つまりアベのやった経済政策で、損をしたか、得をしたか、で投票をするものです、


  例えば株式などを持っていて、大きな利益を上げることができたならば、それは自民党を支持する理由になるでしょう、

  逆に金融資産を持っておらず、インフレと増税の被害を受けた人は、反自民勢力の支持をするの理由になるかもしれません、


  そのどっちに居るかが自分が投票をするときの、最大の理由になります、

  今までの政治論はイデオロギーや、政策によるものでした、

  しかし今回の選挙で問われているのは、自分にとってその政治が得か損かだけです、


  なぜそのようになるかは以前も書きましたが、アベや自民のやっている経済政策に問題があります、

  こいつらのやっているのはいわゆる1%対99%の政治です、この1%対99%とは一部の裕福層だけが利益を得て、それ以外の人が不利益を受ける政治のことです、

  つまりこいつらのやっている政治には、政策とかイデオロギーというものは存在せず、あるのは損か得かだけなのです、


  そして今回の選挙は、自民党の政治をどう判断するかという意味が強くあるので、今回問われるべき問題は、自民党政治による損失をどう考えるかが重要になります、

  自民党の政治は全ての人に不利益を与えています、景気悪化、物価の上昇、高圧な税、等色々な負担が発生しています、


  問題はその負担以上の利益を得ているといえるのかどうか、例えば株価の上昇で増税やインフレ以上の利益があるならば、それはメリットがあったといえるでしょう、

  そうではなく、金融資産などを持っていないので、インフレと増税で損をした人は、自民党を支持する必要はなくなります、


  自民党の目指している政治は独裁です、ですからそのためには階級的な社会制度を作ろうとします、

  それが貧困層と裕福層の構築なので、アベのやっている経済政策は所属している層によって、損得が大きく変化します、

  ですから、その損得論が実は政治論の中心になり、このポイントから投票先を決めるのが一番簡単なのです、


  そして、自分に得だと考えるならば、自民党や公明党を支持するのもいいでしょう、お金持ちや金融資産のある人ならば、評価できるところもあると思います、

  逆にお金がなくて金融資産を持っていない人ならば、それ以外の、民主、維新、生活、社民、次世代、あたりが評価をする対象になります、

  共産党は自民党の別働隊の意味が強いのに、反自民的というキメラ構造を持っているので、あまり投票する必要はありませんが、比例や共産しかいない選挙区ならば、反自民的な支持も可能になります、


  今回の選挙は非常に単純なもので、以前も書きましたが自民党が得か損かだけで評価すれば良く、はっきりいえばそれ以外の意味は薄いです、

  今日の選挙はどこかの党が与党に変わるわけではないので、難しく考えなければいけない所はありません、

  あるのは、自民党の政策が自分にとって利益を生むかどうかだけで、そういう判断で物事を決めれば上手くいきます、

  
  そしてアベのやっていることが利益になるならば、自民、公明、

  アベのせいで生活が苦しいとか、不利益を得ていると思ったら、民主、維新、生活、社民、次世代あたりから選んで、投票をすればだいたい間違うことはありません、

  共産党はいっていることは悪くないのですが、実質的に自民党の別働隊ですから、評価しづらい所があります、

  共産党の場合は自分の選挙区にそれ以外選択肢がない場合や、当選しそうな地域の時と比例ならば反自民としての評価はできるでしょう、


  このように少々ややこしいですが、アベ自民の政策で利益を上げることができた人は自民や公明を評価し、

  アベ自民の政策で不利益を被ったと思う人は、反自民の、民主、維新、生活などを評価すればいいです、


  このようにシンプルに考えることができるので、今回は投票するのが難しいかもと思っている人は、ここの1~2年の自分の生活を考えて、

  アベのやつの政策で損をしたか得をしたかを考えれば、すぐに自分が支持する先がわかると思います、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





//
鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



関連記事




タグ : 安部 戦争

 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR