01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

自民党を潰せる衆議院選挙の投票方法、貧しくなる日本人の未来について

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



//

    今回の選挙の投票方法について


  今回の選挙では寒波が来ているといわれます、その影響で北海道などの北部の地域では、雪が大量に降る予報が出ています、

  そうなれば投票に行くのは難しくなるので、期日前投票をおすすめします、

  期日前投票とは投票日に何らかの予定があって、投票時にいけない人のためのものですが、実際はそんなに強い制限はないので、誰でも利用することができます、


  投票の方法は各自治体により変わりますが、基本的は自分のいる地域の役所にいけば可能です、

  市に住んでいるなら市役所、区に住んでいるならば区役所と、それぞれ自分の住んでいる地域の役所にいけば利用できます、


  利用する時は簡単な書類を書く必要があリ、また、投票のはがきで貰った券が必要になります、
  
  書類では名前と住所などを記入し、なぜ投票日にいけないかの理由を書きます、

  ただし理由といっても該当する欄に丸を書くだけなので、特にどういう理由なのか書く必要はありません、

  ですから特に理由がなくても、そういう欄に丸をつけておけば利用できます、


  また投票で必要になる券が今回の選挙では、届けられていない地域があります、そのような地域では券がなくても投票をする事ができます、

  もちろん、券が家に届いている人も同じように、券なしで投票ができるので便利です、

  ただ、券がない状態で投票するときは、身分を証明するものが必要です、


  期日前投票を利用すれば、日曜日に出かける用事があったり、家族サービスをしたい時に時間を取られずにすみます、

  折角の日曜日に選挙に行くのが面倒だという方は、期日前投票がオススメです、
 
  詳しくは地方役所、もしくはホームページで確認してください、

  説明のリンク

  説明のリンクその2


//



    どうもこんにちは、


  書こうと思いつつ良いネタが思いつかないのですが、まあ書いてみますか、

  うーん、では結局選挙のことしか書くことがないので、そのことを書いてみると、


  今回の選挙は普通に投票をすれば自民党は壊滅状態になります、
  
  マスコミは自民党が勝つといっているのですが、その条件は非常に低い投票率を条件にしています、

  衆議院選挙は基本的に投票率が60%になることが多く、大体有権者の半分ちょっとの人が投票にいきます、

  また前回の選挙は投票率が低く、55%とよりも少し多いくらいでした、


  そして今マスコミが前提としている投票率は45%です、つまり前回の選挙よりも10%ほど落ちる前提で計算しています、

  しかし衆議院選挙の本来の投票率は60%ですから、それよりも15%下げた特殊な条件で計算しているので、投票率がそれなりにあった場合は、自民党の議席は大幅に減ることになります、

  だからマスコミの言うことは、一種の説にすぎないわけで、当日の投票率がわからない以上、なんともいえないんですね、


  通常の投票率が60%以上ですから、それよりも15%低い時はマスコミのいうとおりになります、

  しかし、それより高い場合、特に55%程度でも自民党は大敗します、

  今の自民党は組織票だよりですが、その組織票もかなりガタが来ているので、それほどたいして得票はしないでしょう、

  ですから、普通に投票をすれば、情勢は大きく変わります、


  ただそうなると、どこに投票をすればわかりづらい、という問題はあります、
 
  何度も書いていますが、今回の選挙は自民党か、それ以外かを選ぶもので、単純な二択の選挙になっています、

  そのため難しく考えることはなく、自民党を気に入るか、気に入らないか、そして自民党が自分にとって得か、損かという基準で選べばOKです、

 
  本来であれば自分の気にいる政党に投票をするのが筋ですけど、今回の選挙ではどの政党も政権を取れないので、実質的に自民党を容認するかどうかの選挙になっています、


  つまり自民党政権で利益を得るならば、自民党系に投票をすればいい、そうでなければ自民党系以外にと票をする、

  気にった政党に投票をするのではなく、自民党が気に入るかどうか、そして損か得かが重要な判断になります、


  そういう基準で考えると、自民党系の政党には自民党と公明党と共産党があります、

  自民党と公明党は連立を組んでいますが、共産党は選挙区で協力関係があります、

  共産党は政府の批判票を削るのが仕事なので、どちらかといえば政府よりです、


  そうでないというのならば、こんなに全国に候補者を立てるワケがないので、共産党は口では政府批判をしていますが、実態は政府の一部に近いところがあると見ていいでしょう、

  少なくとも国民の側に立つ気はないのははっきりしています、

  
  それ以外の政党は一部の宗教団体の政党を除けば、どこに入れても違いはありません、

  反自民、もしくは自民党の批判になる政党は、民主、維新、生活、社民、次世代ですが、次世代以外はどこに入れても問題になることは少ないです、

  次世代はかなり右翼色が強い団体で、石原とか田母神とかかなり極端な人もいるけど、立候補している人はそんなに変でもないです、

  どっちにしろ、この政党は大きく勝つ可能性はないので、反自民の意見があるならば支持をしても問題はありません、


  このように今回の選挙は、アベのやつの評価に対する選挙なので、自民党を支持して利益になる人は、自民党、公明党、共産党にいれれば、政府与党を信任する形になります、

  共産党はいっていることは政府批判ではあるので、比例か共産党しかいない選挙区ならば、政府批判の意味を持つことがあります、

  ただそうでない所で入れてしまうと、実質自民党の得票になるので入れる意味はありません、


  政府批判票を入れる、つまりアベのヤツのせいで自分が損をする、デメリットがあると感じているならば、それ以外の、民主、維新、生活、社民、次世代を支持すればそういう意味を持った票になります、


  選挙の投票は自由すべきですが、今回の選挙はアベのやったことによって、得をしたか、損をしたか、

  もしくはいずれ得をするか、それとも損をするか、それを基準に投票をするといいです、


  支持する政党だから投票をするのではなく、自民党によって損をしたと思ったら、民主、維新、生活などを支持すればいい、

  そうではなく、自民党によって利益を得ることができたら、自民党や公明党を評価すればいい、


  共産党は選挙区で投票をすると、実質自民党の投票になるので、ある意味投票する価値の無い組織であるのだけど、

  自民党と共産党だけしかない所もあるし、そういう所ならば共産党を支持する意味はあるでしょう、

  もしくは共産党が勝てそうな地域や比例ならば問題はないので、その場合は共産党支持が政府批判になります、

  
  今回の選挙は簡単といえば簡単なんですよ、政治的な知識や理解は必要ありません、アベの自民で自分が損をしたか、得をしたかで考えればいい、

  アベの奴がやったのは金持ち優遇だから、金持ちにとってはメリットがあった、しかしお金のない人には、非常に大きな負担になる政権だった、

  その損と得が投票をするときの基準になり、そういう考えて支持する先を決めるのがベターです、


  ではついでに、このまま行くと日本がどうなるかの予測を書いてみましょう、うーむ、選挙結果によるが自民党が有利だと、多分人が住めない国になると思う、

  どうしてかというと、まず景気が急激に悪化する恐れが高いからで、日本の経済は民主党の頃にある程度持ち直していたのだが、それがアベのせいで全滅してしまった、

  特に通貨安によるインフレの影響が強く、これが日本経済をガタガタに破壊している、


  また安倍自民のやっている政策は、金持ち優遇なので急激に貧困層を増やしていて、日本全体の貧困化が進んでいる、

  そういう環境がここ何年か進めば、日本のあちこちにスラム街ができ、日本人は貧しい民族になるでしょう、

  
  別に私は極端なことをいっているわけではなく、例えば日本には年金生活者が多く、また非正規労働者の数も多い、そういう立場の人は収入が増えることがない、

  それでこれからインフレと増税がどんどん来るわけですから、そうなってくるとそういう層は、一気にスラム化します、


  これからの日本ではスラム街で生きる高齢者と、スラム街で働く非正規労働者になる可能性がある、

  なんだか書いていておかしい気もするのだけど、自民党やアベがやろうとしているのは、こういう世界なので高い確率でこうなります、


  大体からしてアベや自民のやっているのは、アメリカの経済理論であり、貧困層を増大させて、その搾取で経済活性を促す、擬似奴隷制度ですから、日本全体がスラム化してくるのは当然である、


  アメリカにもそういうところはあるけど、日本もいずれそうなるでしょう、だってそうなるような経済政策を、アベや自民党がやっているのだから、ならないという理屈はないので、高い確率でそうなる、


 そういう日本全体の貧困化が、これからの経済の中心になり、それを隠ぺいするための金融膨張が、経済学者のよく言う理屈になってくるだろう、

  株価が上がったから景気が良くなったという、アベのアホがよくいうインチキ話があるが、その結果国民の生活はどんどん悪化しているわけで、

  つまり株価が上がる分だけ国民が貧しくなる、貧困スラム化と同時に、金融的な膨張による裕福層の構築が行われる、


  図式的には先進国から途上国に没落をする方向性を強め、経済5流、政治10流くらいのゴミクズみたいな国になるだろうな、

  そして経済もある段階から急激に狂い始めて、どうにもならなくなってきて、一種の経済破綻が起こるだろう、


  そりゃ貧困層を増やすことだけをしている、自民党の体制が続けばいずれ限界が来て、この国の経済は潰れることになる、

  それがこの国の未来だということ、

  もっと分かりやすくいえば、アメリカになるということ、

  アメリカと違うのは自由もなければ権利もなく、人権も廃止され、洗脳された社会で奴隷のような一生を過ごす事が、日本人の一生になるという点だけどね、


  アメリカはいいところもあるが悪いところもある、これから日本はアメリカの悪いところだけを吸収して、それが増幅し拡大していくことになる、

  貧困層の増大を目指すビジネスモデルが、自民党の経済論の中心であるから、連中にとって貧困層を増やすことは重要な事だ、

  立場の弱い人が多ければ、そういう人を利用したビジネスがやりやすくなり、連中の懐が暖かくなる、そういうそろばんを弾いている、


  自民党が有利になったらという前提だけど、もしそうなったら殆どの人が貧困層に入ってくると思う、

  よくアメリカでは富の殆どを、数%の人が握ってそれ以外の人はみんな貧しいという、

  自民党の目指している世界はそういう世界なので、普通に暮らしている人がどんどん貧困祖に入っていくのが、これからの日本人の生き方になるでしょう、


  当然その分国家の世界的な価値も下がるので、相乗効果で一気に日本はだめになります、

  多分日本に住む価値は殆どなくなってくるのでは、というのが私の予測ですけど、残念ながらそうなる可能性は高い、

 
  もちろんお金持ちならば別の可能性もありますが、殆どの人は貧困化が進んで、生活が破綻していくことを覚悟した方がいい、

  (しかしそれでも、日本人はアベマンセー、自民党マンセーですから、日本が共産主義国家だというのは、あたってはいるのでしょう、)


  そして今回の選挙で問われるのもこのポイントで、つまりアベの自民党で得をしたか、損をしたか、

  今の日本政治にはその2つの選択肢しかないので、自分にとってアベやっていることが損か得か、それが日本の政治論の中心になっていることを、重視して慎重に考えて投票先を選んだほうがいいです、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR