03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

日本政府の機能停止、

    どうもこんにちは


  最近感じるのですけど、嘘と本当というものが、ずいぶん離れてしまったなあと感じます、なんと言うか、嘘をつくのが当たり前、そういう考えが多い、情報網が発達して、人間どうしが直接的でなくなって、嘘をつく余地が増えたということなでしょうか。 さて、それはいいとして、今日は、日本政府の機能停止、という事でも、昔から書いていることなのですけど、日本政府は借金が多いし、また年金制度等を見ても、破綻しているものが多い、このまま行けば財政崩壊、制度崩壊の、二重崩壊が起こるかもしれない、そうなると、この国に生きている国民にとっては、たまったものではない。 だとしたら、いっそのこと、日本政府がほぼ役に立たないのなら、一回電源を切るというか、止めてしまったほうがいいのではないか、まあ、そんなことを考えてみたので書いてみようかと。


  それで、日本政府の機能停止と言うのは、パソコンの電源を切るように、日本政府を切ってしまう、そうして、必要最低限の機能のみを残し、大きな部分は止めてしまう、パソコンでいうとセーフモードみたいなものですかね、動作が不安定だから、大部分は止めて、必要最低限のみ残す、そうして国民は自主的に生きるようにし、政府と国民の関係を段階的に絶っていく、そうしていけば、政府は、自主再建のための負担軽減と、時間の確保ができ、国民は無能な政府の作ったごたごたから逃れることができる、まあ、うまくいけば、うまくいくかもしれないな、という方法なのですが。


  日本政府の機能の停止と言うと、極端な感じもするのですが、実際のところほかに手がないですから、IMFが来たって同じ事をするのだし、誰がどう考えてもほかに手がない、国際ルール上でもそうなっているのだから、何とかこの方法を探ったほうが現実的ではある、と思うので、やはりこの線で探ってみたほうが、まだこの国の可能性はあると思います。 


  今の日本の状態は、悪くない、政府以外の問題は小さい、逆に言うと政府がこの国の諸悪の問題であり、この問題の解決が、日本の将来の鍵になる。 このポイントをどうにかしないと、日本人の未来は無い。 私のイメージでは、日本政府を形骸化しつつ、日本人は自由に生きるような感じで、そういう、日本政府の存在否定というものを、形作らないとうまくいかないと思う、多分これ以外の選択肢は無いのではないかなという、感じがします。


  日本政府を否定するという方法は、色々あると思いますが、例えばむかし書いた、国家の二重化という文章の内容のように、日本人が日本という国の外を向いて生きるようにして、国家制度自体を段階的に否定して行ったり、もしくは、日本政府自体を、何らかの圧力をかけていって、形骸化させていく、そのあたりがいいのではないかなと思うのですが、それで、日本政府が形骸化し、機能の多くが止まるとして、問題が起こるかと言うと、起こるとは思いますが、日本の防衛は、米国がしていますし、そもそも色々な制度自体が崩壊していますから、あんまり変わらないのではないかなという、感じはします。


  政府の機能停止した状態の、私のイメージとしては、まず、今ある政府を機能停止し、小規模な政府をもう一つ作る、サブシステムみたいなもので、その小規模な政府は、権限規模を大幅に削減し、必要最低限のものとする、そして今まで政府だったところは、年度会計の停止をして、借金の時間停止をし、増加しないようにする、その上で、金融機関の国債の売却の禁止をし、段階的に借金の削減をする、また、崩壊している機能制度の復元のため、制度の再構築をし、ある程度めどの立ったものを、順次小規模な政府のほうに復帰させる。


  つまり、政府の2系統というものを作って、片方で破産処理と制度崩壊処理をさせ、もう片方は必要最低限の機能で運営し、破産処理、制度崩壊処理等が終わったものを元に戻す。 まあ、常識的に見て不可能な面は、多々ありますが、可能性は十分あると思います、なぜかというと、よく言われる事ですが、日本の借金は国内で完結しているわけで、コントロールが可能なわけです、例えばアルゼンチンのような、海外に借金がある場合、この方法は取れない、なぜかというと借金の停止をした時点で、海外からの不信が高まり、政府機能の保全ができなくなる、しかし日本の場合、そうではないので、借金をとめることによる、海外への影響が少ないので、政府信用の低下があまり起きない可能性がある、結果として海外の人にとってのデメリットが小さければ、あまり問題にならない可能性もある。


  欠点としては、そもそも国の借金といっても、根本的には国民の資産であり、それを凍結するのがいい事か、といわれれば問題だと思います、しかし他に方法が無いのでしょうがない、また、機能停止することは結果として、制度崩壊と同じですが、これもしょうがない、制度崩壊して再建できなくなるよりはいい、とにかく問題が連鎖的に発生して、連鎖崩壊のようなものが起こる、そういうことが起こるのを防ぐことと、機能停止をすることにより、権限を停止しますから、制度を変えたり、財政の再建に対し、反発ができないというところがある、なぜなら、権限を持っていないから、そうすればものを変えるのもしやすい。



  全体的に、そういうことができるのかといわれれば、問題は多々ありますが、それについては今回は長くなりすぎたので、次回に書きたいと思います。





関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR