04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

日本の税金の問題について、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日は税金の問題について書いてみます、何だか漠然とした話ですが、選挙のことってあまり書くことないなと思って、じゃあ税金のことを書こうと考えたのですが、


  それで日本の政治問題というのは、結局のところ税金の問題になります、

  なぜか?、といえばそれは社会保障などを考えると、どうしても税金が必要だからです、


  例えば新自由主義の自民党でも、こいつら小さな政府といっていたが、結局アベ自民や詐欺師の小泉がやったのは、大きな政府の形だった、

  減税をして国の規模を小さくするのが、小さな政府政策だが、アベや詐欺師の小泉は、増税をドンドンして国の税収を増やす政策をしていた、


  ついでにいえば共産党だって、消費税は上げるべきではないといっているが、その分法人税は上げるべきだといっている、

  つまりどの政治団体も税金を上げるという点では一致していて、どの税金を上げるかの違いしか今の政治論の差はないのである、


  そうなると税金をどうするかが重要になり、以前少し書いたけど貧困税と裕福税のどちらにするかを決める必要がある、

  分かりやすくいえば社会主義か金融主義か、そのどちらかの政治制度を選ぶ必要があり、その形成を生むのが税制度になる、

  税制度によって日本は社会主義にもなるし、極端な金融主義の国にもなりうるということです、


  重要な事は上でも書きましたが、日本では税金をかけないとダメなんですね、何をするにしても税金は必要で、増税をしないと社会は成立しません、

  そしてその増税の形によって、日本という国の意味が変わってきて、国民の選択肢は、どのような増税の方向性が良いかを考えることになります、


  その流れは2つで、一つが裕福層が企業に対する課税を重視する方向性、
 
  もう一つが詐欺師の小泉やアベがやっている、貧困層に税金をかけて絞り上げる、貧困課税を税金の中心にすること、


  貧困層へ課税をすれば、企業業績はその分改善するので、経済指標は良くなり金融資産の膨張は起こる、

  ただし実体経済が良くなることはないので、バブル的なインチキ経済が形成されることになる、


  逆に裕福層に対する課税をすると、今度は経済指標が表面的に悪くなり、金融的な膨張はあまりでなくなる、

  しかし実体経済が改善すること多く、長期的にはこちらのほうがメリットがある、


  今の日本は社会保障費などがあるので、増税そのものはしなければいけないところにある、

  あとはその選択肢で何を選ぶかで、その選択がこの国の未来をつくることになる、

  (また、増税というと財務省のペテンを考えますが、財務省のいう増税は詐欺なので信じなくていいです、

  財務省はよく財政再建のための増税といいますが、連中のやった増税で財政再建ができたことなんて一度もないので、増税をして財政再建という考えを保つ必要はありません、)


  増税をする理由は社会的問題への対処という意味が強く、今の日本で増税しなければいけない理由は、そのほとんどが少子高齢化にあります、

  少子高齢化のような社会問題は、基本的に経済では改善することはありません、

  ある種の国家の老いや衰えを改善するためには、政府が社会問題に対して手を出して、治していく必要があります、

  そのためには税金が必要なので、今のような社会問題が多い世の中では、増税をしないとその問題は解決しません、


  ただ何度も言いますが、財務省のいう財政問題のための増税という話はペテンなので、信じる必要はなく、

  今の世の中で必要とされる増税は、社会問題への費用として、必要性があると考えるべきです


  そしてそういう大きな問題だからこそ、適切な対処が必要なわけで、この問題への対処を間違えば、最悪国家体制の崩壊もありうるでしょう、

  少子高齢化が進めば、日本の人口は数分の一になるわけで、そうなったら経済力を維持することはできないし、国民の生活も維持できなくなります、

  そういう問題があるので、国民の生活を支援する政策を重視して、それを税金で支えて、まともな行動をさせる必要があります、


  日本人は議論が嫌いなので、根本的な問題を考えることをしませんが、今の日本の政治論を考えるならば、まずどのような税金が必要なのかを考え、そしてその使い道にもきちんとした議論をする必要があります、


  増税に賛成か反対か、という単純な意見をいう人もいますが、これだけ社会的なひずみが強い世の中ですから、税金を使って解決すべき問題は多くあります、

  詐欺師の小泉は、小さな政府にするのが正しいといっていたけど、結局やったのは大きな政府にする方向性だけで、小さな政府にすることはできなかった、

  (まあ奴は基本的に詐欺師なので、自分の言っていることができないことが分かった上で、ああいうペテンをしていた可能性もありますが、)


  つまり詐欺師の小泉のやっていたような、極端な新自由主義政策をしても、増税をする必要はあり、課税をしないと社会が成立しなくなっている、

  それは財務省の言い分とは違って、国民の生活のために税金を使う必要性は高まっているので、(財務省の利権増税論とは違いますが)税金をどうするかという考えは必要です、


  ある意味において、日本がもし立て直せるならば、それは国民が税金の問題に目を向けて、税の徴収や利用方法について詳しく考えれるかどうか、そこに大きな要素があります、


  税金の問題は面倒な話ですけど、もしこの問題を国民が理解をし、税金の制度をコントロールするシステムを、国民主導で作ることができれば、日本という国の再生は十分可能になる、


  逆にそれができず、税の問題を理解しないで、財務省の言うままに増税をしていけば、100%日本は崩壊するでしょう、

  なぜかといえば、今は税金の徴収方法と、その利用によって国家の形が大きく変わる時代で、

  その時代において、利権しか考えていない財務省が増税プランを立てても、それは国家を崩壊させるような意味しか生まないからです


  今の消費税もそうでしょ?、この税で日本が崩壊しそうなのは、財務省の税金プランがどうしようもなく低俗で、レベルが低いからだ、

  そんな腐った増税をすれば、増税も失敗するし、税金の使い道でも失敗することになる、


  今の時代に必要なことは適切な税の徴収と、その利用であり、

  更にその方法論を国民が決めれるようにすることである、ここまでできないと日本の未来はない、


  日本は資本主義から社会主義の体制に移行している、社会主義的な体制において重要なのは、税金の利用方法である、

  それが上手くいかない限り、今の日本の情勢で成功することはなく、多分このまま行くと日本は、税金対策の失敗で何らかの崩壊を迎えるか、長期的な凋落を続けることになるでしょう、



日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




タグ : 安部 戦争 税金

 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR