01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

小沢氏の党の話、選挙と世論調査問題と、アベや自民の異常性について

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  選挙が近くなってきましたね、それで今回も少し書く回数を増やす予定ですが、正直どうなるかは分かりません、

  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、まずは小沢氏の党から二人が民主党にいったらしい、


  虚言癖のある産経新聞は、小沢氏の党の人が全員出ていくという、デマを出していたが、そんなことはなく結局幹事長と立場のある人の2人が出て行った、

  この件について小沢氏は、選挙の準備が不十分なので、党を出て当選できそうなら、出て行っても構わないといっている、


  民主党に行くことも、小沢氏と民主党の間で取り決めができていて、事前にそういう話は決まっていたようだ、

  それをウソを付くために生まれてきた産経が、でたらめなガセネタを書いたわけだけど、ほんと右翼系メディアは詐欺師が多い、


  ともかく小沢氏の党から2人出て行くことになったが、それ以外の人がどうなるかはわかっていない、

  また現職ではない候補者は、小沢氏の党から立候補を考えているようだ、


  そのことについて既得権が嫌がらせをしてきているようだけど、今回の流れは民主党を中心にした形にする意味があるのだろう、

  みんなの党も解散をして、民主党に移るらしいし、その影響で動いた人がいたということでしょう、


  次に、みんなの党が解党して、候補者が他の党に移ることになったらしい、元々今回の選挙では勝ち目のないところだったので、そういう形になるだろう、

  移る先は民主党が多いようだが、他の党に行く人もいるらしい、


  何でもこの騒動はみんなの党の民主党系の人が、民主党との協力をいい、それに反発した党首と争いになって、分裂する事になったようだ、

  そのような経緯があるので、民主党との協力を考えていた人は民主党へ、そうでない人は別の党へ行くだろう、党首に近い人は新党でも作るのかもしれない、

 
  この影響だが、みんなの党は地方組織が大きく、その影響をどこが得るのかというのがある、

  上手くいけば数百万の票が手に入るので、潰れたみんなの党の得票を得る政党が気になる所だ、


  みんなの党の人は自民党と対立していたし、自民党は議席が埋まっているので、みんなの党を入れる余裕はない、

  そう考えると、みんなの党の得票は別の所に回るのかもしれない、これがもしかすると、政治的な影響を生むかもしれないと思っています、


  後は、世論調査がでているようだ、何でもアベのやつの支持は不支持よりも低いらしい、

  まあこんなインチキ選挙をしてしまえば、さすがの権力のイヌメディアでも誤魔化せなくなったと見え、問題が表面化してきたようだ、

  特に大きいのが、なぜ今回のような選挙をしたのかよくわからないという声で、確かにそのとおりだろう、


  そもそも年末だからね、色々やらないといけないこともあるし、それを考えるとやるタイミングが悪いといえる、

  選挙活動をすれば、その分イベントも潰れるので、関係者にとっては困った話でしょう、


  それに理由もよくわからないわけで、なぜ解散をするのかといわれても、理解が出来る人はいないだろう、

  アベの言っている理由は消費税の延期をするので、延期をするかどうかの信を問いたいといっている、


  よく分からないよね、延期をするのはそもそも法律上決まった規定だし、信を問う必要は特にないはず、

  それに自民党は多数を持っているのだから、延期を決めれば問題はないだろう、
  
  野党も特に消費税の延期に反対している党はなく、なぜ選挙の理由なのかがよく分からない、


  しいていえば、アベの延命のための選挙という意味はあり、実はアベのやつは数カ月前から解散総選挙をして、自分が有利になろうとしていた、

  少し前の北朝鮮騒動を利用する予定で、北朝鮮の拉致問題が改善したら、それをネタに解散する計画を立てていた、

  しかしそれが失敗した上に、支持率が下がってきたので解散をした、というのが本当の理由らしい、


  つまりアベのやつは、インチキ解散をすることを最初から考えていて、そのタイミングを図っていただけらしい、

  しょうもうないカス人間だけど、こんなバカが大きな顔をしている以上、日本の未来は暗いというしかないでしょう、


  後はあまりネタがないので、経済の話でも書いてみますか、アベのやった経済政策の説明とかね、

  アベのやつは経済政策をしたといっているが、実は何もしていない、

  テレビや新聞を見るとアベノミクスとか書いてありますが、あれはプロパガンダなので実際の意味は全然違います、


  今まで書いてきたことのまとめっぽくなりますが、まずアベのやろうとしていたのは消費税のアップである、

  政治に詳しくないと、そうなのか?、思うかもしれませんが、実際はそういう意味が強いです、


  どういうことかというと、まずアベのやったことは金融膨張と、大規模な公共事業です、

  金融膨張は通貨の下落を使ったペテンを利用し、公共事業は国債の管理に使うお金の、余剰金を利用しています、


  金融の膨張は株高として演出効果を生み、公共事業は実体経済の改善の意味があった、

  しかし、ここでポイントになるのは公共事業の財源で、この財源は国債の管理費を流用して使っている、


  このお金が民主党時代にいわれていた埋蔵金で、いわゆる子ども手当につかう予定のお金だった、

  それが民主党の頃は絶対使うことができなかったのに、自民党になったらすぐに財務省はお金を出してくれた、その違いは何なのかということが重要です、


  アベのやった公共事業に関しては、民主党時代に絶対渡さなかった金を、財務省が簡単に渡している、

  つまり、アベや自民党は財務省と取引をして、公共事業の財源を引き出しているわけで、その最大の理由は消費税である、


  この点からわかるように、アベのやった経済政策は、消費税を上げるためのものである、

  そしてそういう形があるので、アベは何の関係もなく、自分が何をしているのかも理解していない、

  だからアベのやつに経済政策の質問をしても、何もまともに答えることができないわけで、なぜなら、アベは何の関係もないからです、


  アベのやった経済政策は、消費税を上げるために財務省がやらせたものであり、奴はただの駒にすぎない、

  そうでないというのならば、なぜ民主党時代どうやっても出さなかった金を、自民党になったら財務省はすぐに出したのか?、それはそれ以上の利益(税金)を渡す契約を、連中が財務省としていたからと見るのが妥当でしょう、

 
  そして、結局増税をするためにやった、アベの経済政策は増税をした時点で破綻し、ある意味においては仕事を終えたわけです、

  そのような流れがあるので、アベのやった経済政策がなんであったかと聞かれれば、それは税金を上げるために国民をだます方法論だった、と答えるしかないわけです、


  そういう意味では、一番悪質なことをしていたのがアベや自民党で、連中は最初から景気を良くする気もなく、人を騙して金を取ろうとしていたただの物盗りだったことになる、

  そんな連中が大きな顔をしていれば、国は傾き国民は貧しくなるわけです、
  

  ではもう少し書いてみると、今回の選挙で問われるのは、自民党の判断の非現実さがあります、

  今の自民党は30~40年前の世界観で生きていて、最近の世の中のことが全くわかっていません、


  そのため、今の社会や経済に対してどのようなプランを出すのか、考える能力が全くないのです、

  例えばアベのやつがやった政策は輸出重視だけど、そういう経済政策が通じたのは30年以上前までで、日本が輸出で経済をよくできた時代が終わっていることに気づいていない、


  政治判断もそうだろう、冷戦構造に近い古い考えばかりで、中国を敵視したり、アメリカとの関係など、何十年も前の考えにこだわっている、

  特にアベは100年は古い連中で、明治や大正の頃を今に重ね合わせるような、非現実的な妄想で物事を考えている、


  今の自民党の思考は、冷戦や戦後の方法論や社会論をベースに、戦前の軍国主義的を上に重ねようとしている、

  しかしその発想には現在というものがなく、今の社会や国際社会を見る目がない、

  そういう異常性が強くあるので、自民党の言う経済論や社会論が意味と持つ可能性はない


  自民党に対する見方は初手から変えなければいけない、

  自民党の異常性とは連中の懐古主義に要因があり、自民党の考え方は大体30年から100年ほど前の考えでしかない、

  つまり連中にはここ10~20年位の情報や、今の社会に対する理解は一切ない、

  そういう異常性があるので、アベやその周囲がやることを考えるときは、このおかしさをまず考える必要がある、


  例えばアベや自民のいう輸出型経済は、何十年前の考え方であるのか、

  もしくは、アベのいう中国敵視論は、一体いつの時代の考え方なのか、そういうズレをまず考えないといけない、


  自民党のいっていることが意味不明なのはここに原因があり、この問題を理解して、連中の言い分を考える必要がある、

  重要な事は今の自民党は、老いては駑馬に劣る、もしくは生きた化石的なものであり、過去の幻想を追いつつける、現実を見ない組織である事を理解しないといけない、

  自民党の考えは必ず、今の社会とはズレることになり、そのズレがどのように起こるかというのが、自民党という存在のデメリットなのだ、


  そのようなことを考えながら、自民党の異常性を考えるべきで、自民党がまともな組織であると考える方法は、必ず失敗するのでやめた方がいい、

  自民党の問題や罪は、連中の古臭さであり、何十年も前のことしか知らない、浦島状態の頭のおかしさにある、


  そういう異常な思考や判断をする人を、集めたのが自民党であり、そんな連中が人の役に立つかといえば、そういう可能性は最初から全くないのです、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR