03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

アベ解散で起こることと、三党合意の責任者について

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  最近また蚊にさされました、一体どこに生きてたんですかね、もしくは別の生物なのかもしれません、


  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、ネタは色々あるようだが、ひとまずはアベのやつが解散総選挙と言っているね、

  腐ったゴミみたいなやつだから、金や権力が欲しいので選挙をするらしいが、ほぼナチスと一緒だね、


  これからはアベナチスと呼んでも良さそうだが、そんなナチ自民党のアベが解散をするといっていて、来月辺りが時期になると話している、

  安倍のやつの支持は全く上がらなくなったし、奴の唯一のとりえの株価もある以上は上昇しない、


  日本の株価はだいたい一ドル100円の基準で、15000円前後になるようになっているので、過剰な円安にならない限りは、これ以上の株価の上昇はないだろう、

  ある程度は上がるだろうが、その時は円安による経済悪化や、社会の不平が高まるので、株価上昇の意味が薄れる、

  アベの奴がやっているのはペテンにすぎないですから、本質的な意味は全くないので矛盾が発生し、そしていずれは崩壊することになる、


  その手前で逃げるのが今考えている算段のようだが、さて問題はそんなにうまくいくかどうかだろう、


  次に、では解散をしてどうなるかという話を書いてみると、色々な情報が出ているが、野党がまとまればアベや自民党は大敗する恐れがある、

  以前も書きましたがいまの自民党は全く得票が増えておらず、ここ20年自民党の得票は増えたことがない、

  特に地方組織がガタガタで、自民党は地方が強いといわれるが、実態は崩壊寸前の所も多くある、


  それに自民党の支持者は高齢者が多く、主な支持層は70代の人だ、

  そういう人もだんだん歳をとってきているので、以前ほどの力はないだろう、そう考えるとほんの数年の違いで、大幅に支持層が弱っている可能性もある、


  このように自民党の支持層はがたがたなので、実はそんなに強くはない、

  それに急に解散総選挙になったのだから、準備も不十分なところがあるだろうし、アベの人気も落ちてきている、

  そして意味不明な解散の理由を批判する声も大きく、消費税を上げないから解散するという理由を、理解できる人はまずいないだろう、


  そのような条件があるので、自民党に対する支持はかなり弱くなると考えた方がいい、
  
  後はそれに対する野党の勢力がどうなるかだが、基本的に野党は一本化をすれば勝てる状況にある、

  以前は頭のおかしい勢力が多くいたが、最近はずいぶん形が変わってきたようだ、


  まず維新の会はコスプレ市長が意味不明なことをしていたが、やつは大阪構想のペテンが失敗し、その影響でコスプレ市長の影響力が落ちている、

  そのため維新の中では、この市長はだんだん傍流に近くなっていて、一応トップについて入るが、それ程影響力はない、

  また今の維新の会には、みんなの党の穏健派が入っているので、意見がかなりマイルドになったらしい、

  そう考えると以前ほどの危険性はなくなったといえるだろう、


  みんなの党は党首がアホなことをしたので、壊滅状態であり明日にも潰れる恐れがある、

  特に党分裂の被害は大きく、信頼は全く戻ってきていない、

  元々みんなの党は自民党の別働隊として造られ、詐欺師の小泉がやっていた新自由主義のために活動していたが、実質命運は尽きたといえる、

  しかしほぼ崩壊状態であるので、その分他党との協力がしやすくなった面はある、


  民主党は海江田体制になって、ある程度まともになってきた、

  野田みたいな下らないやつがいる組織だが、奴の影響力はもうないらしいので、大した意味はないらしい、

  前原も適当な嘘ばかりついていたので、党内での信頼はもうないようだ、


  民主党は自民党と対立する姿勢を見せ、消費税も凍結することを決めた、

  元々民主党は消費税には反対で、無駄の削減と社会保障への利用がなければ、反対すると決めていたので、結局反対になったようだ、


  今回の選挙で良い所は、民主党の候補者が少ないことで、民主党は全国の議席で候補者をたてることができていない、

  実際半分程度しか擁立できていないので、あと半分は空いている状態にある、

  そこで他の党との協力を考えているらしく、立候補をする場所を譲りあう計画を立てているようだ、


  社民党や生活の党も、民主党と協議をしていて、選挙区の区割りについて話し合いをしている、

  そもそも全ての選挙区に候補者をたてることができないのだから、区割りの協議はかなりしやすくなっているようだ、

  唯一ややこしいのは大阪のコスプレ市長のいる所で、大阪近辺は調整ができていないらしい、


  今回の選挙においては野党の統一候補が重要であり、逆にいえば統一候補さえできれば、自民党に勝つのは難しいことではない、

  そしてたまたま民主党の候補者が少ないので、統一候補に近い形そのものは作りやすくなっているようだ、

  その形がうまくできれば、自民党の議席は大幅に減ることになるだろう、


  そして、他にも同じ意見を持っていた人がいたが、もし今回の選挙で自民党の議席が大幅に減れば、アベは実質的にクビになる、

  もしくは総理をやめることになるだろう、それが解散総選挙をした政治家の責任だからだ、


  ヤツのことだからそれでも止めない可能性はあるし、自民党も腐った組織だから批判もないかもしれない、

  ただそういう流れは強くなるので、自民党の行動はほとんど何もできなくなるだろう、


  とにかく選挙があるかどうかはわからないが、自民党の議席をある程度減らすことができれば、アベを始末することができる、

  そうすれば増税も行われなくなるだろうし、意味不明なインフレ政策も止まるかもしれない、

  選挙がどうなるかは野党の協力次第で、野党の協力した候補が統一できれば、ある程度の変化になるでしょう、


  後はついでなので民主党の三党合意について書いてみますか、あんまり知る人もいないだろうから、

  私もそんなには詳しくはないのだけど、民主党のノダの奴がむかし自民党や公明党と三党合意して、消費税を上げることを決めた、

  社会保障の充実などの条件があったのだけど、自民党はその条件を全く守らなかったので、三党合意はかなり早い段階で潰れていた、


  確か今年の3月くらいには駄目だと民主党が言っていた気がするが、それでどうも三党合意の問題を民主党の問題だという意見があるが、それはじつは違うんですね、

  別に擁護をするわけじゃないんだが、誰も調べた形跡がないので、私が書いているのだけど、


  民主党が三党合意をした時は、すでに民主党は弱体化していて、自民党に有利に立てない状況だった、

  その分実は三党合意は自民党の言い分が強く入っていて、民主党の意見は弱い形でしか入っていなかった、

  つまり三党合意の問題は、どちらかというと自民党の意見の問題であり、民主党が起こした問題ではない、


  三党合意を一から十まで民主党が決めたのだから、民主党がすべての責任を追うべきだという人が多いが、そういうものではない、

  どういう訳けかこういうことを調べていないのに、三党合意の問題をいう人が多いので困るのだけど、


  三党合意の問題は自民党と、民主党と、公明党の問題であり、三党の責任になる、

  そして当時は民主党が弱体化していたので、三党合意の問題はどちらかといえば自民党の問題が強い、

  ノダの奴が勝手に合意した罪はあるが、合意されたものの問題として強くあるのは、自民党の意見が強くでたことある、つまり民主党が原因で起きたわけではない、


  更に、自民党は民主党が入れた三党合意の条文を、一切守っていない、

  民主党は社会保障にお金を使う取り決めにしたが、自民党は社会保障には消費税を使わなかった、

  だったらそれも民主党のせいじゃないかというが、それも民主党が選挙に負けて弱っていたのが原因で、その分民主党の意見が条件に入らなかったことが問題としてある、


  もちろん根本的な原因はノダのバカさにあるが、この財務省の手先が民主党を権力に売ったことがすべての原因だ、

  しかしそうであっても、三党合意で社会保障の方向性を強めたことと、それ以外の部分で自民党の意見が強く反映されたことは、前提として考えておくべきことだといえる、


  日本人が頭がオカシイなと思うのは、なぜ自民党の罪は軽く、民主との罪は重いと考えるのか、

  よくわからないのだが、自民党が何かをしても罪を問わないのに、民主党がなにか問題を起こすと、狂ったように批判をする、


  実はこれは日本人の殆どにある現象で、政権交代で裏切られたから、という見方もあるが、それなら詐欺師の小泉やアベのやつに裏切られた面もある、別に民主党は特別ではない、


  そういう精神的な異常性が、日本人の未来が暗い原因なのだろうけど、

  今回の選挙で問われるとすれば、なぜ日本人は自民党の罪はなんでも認めるのに、民主党のことは罪が小さくても批判をするのか、そこに中立的判断がないのはなぜかだろう、

  小沢氏のことは確かにあるけど、それは自民党も同じだし、どちらかと言えば小沢氏と集中的に攻撃したのは、実態としては自民党のほうであろう、


  そこら辺が変だなという感じがしたのですが、ともかく三党合意はどちらかといえば自民党の問題で、自民党が自分の都合を通したから、おかしくなった取り決めである、


  ノダの頭がオカシイのはどうにもならないが、三党合意の問題は当時の政治状況によるものが強くある、

  民主党が選挙に負けて、自民党が選挙に勝った状態の合意では、当然自民党の意見が強く出る、

  それによる合意の問題は、当然自民党の問題になるのに、なぜか自民党批判にならないのが不自然だな、

 
  以前から感じていたのだけど、やっぱり日本人は頭がおかしいのだろうね、ずっと自民党が与党だったから、自民党を手放しで容認する癖が抜けていない、

  それは誰でもそうで、注意深く物を見れない人は、大体そういう発想に立ってしまう、


  しかしそれは現実ではないので、政治に詳しい人がよく言う三党合意の問題は、自民党の問題が強く、本来批判されるべきは自民党である、

  合意したノダの問題は確かにあるだろう、しかしそう考えれば、合意した自民党の問題も同じようにあるはずで、当時の状況を考えれば、自民党の問題のほうが色濃くあるとみるのが、客観的判断だといえる、


  そう考えることができないならば、頭のなかに何かが取り付いていて、世の中がよく見えなくなっていると、考えたほうがいいです、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR