01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

人間は、一致して生きることができない、

    どうもこんにちは


  一週間ぶりですが、先週は色々あったようですね、共謀罪とかそこら辺が色々うるさかったようで、それでその動きを色々見ていて思ったのですが、今の政府与党ってなんか泥棒というか犯罪者というか、人をだまして何かをする事しか考えていないように思うのですけど、この人達って日本にとって、必要性があるのでしょうか?、こういう人達に対して票を入れる人の気持ちが、私にはわからないのですが。 


  さて、それはいいとして、今日は、人間は、一致して生きることができない、ということでも、少し前になんとなく思ったのですが、昔の戦争も少し前の戦後のバブルの時代も、よーく考えてみると、みんなこうなんだという考え方が強まって、わーってやったら実はそこに地獄がまっていた、そんな感じだったような気がするので、そうなると、その原因を探っていくと、みんなが一致した後に大きな失敗がまっている、ということになるので、それは何でだろうかと考えてみたので、ちょっと書いてみようかと。



  それで、人間は、一致して生きることができない、ということで、なんとなくありますよね、みんな一緒だというのって、反論しづらいけど、現実的ではない、ある程度はできるけど、たまたまできることがあるだけで、本質的に、一致して生きるというのは、無理がある。 人間にとってみんな一緒というのは、心地よいものだけど、実際問題としては無理、だからとんでもないうそでもつかない限り、人間は一致して生きることができない、共産主義がいい例だけど、とんでもない嘘でしたよね、共産国家は、嘘の世界で生きていたようなものでしたから。 まあそれで、一致して生きるということは、とことん嘘をつけばできるかもしれないけど、うそをついている時点で不可能なのを認めている訳で、根本的には無理だということはわかっている事だと思います。



  しかし、みんなで一緒に何かをするということや、一致して生きることも、完全に不可能ではなくて、ある程度はできるわけです、つまりある以上やると、危険なんだけど、ある程度ならいい。 なら、どうして人間はそれをコントロールできないのか、ということになるのですが、それはやはり、人間の弱さなんでしょうか、みんな一緒だ、みんなこうだ、そういえば気分がいいが、けどそのあと破綻が来る、そして、その気持ちとまったく逆の現実がおきて、それを容認できず、否定していってどんどん破滅に向かっていく、太平洋戦争も、少し前のバブルも、根本にはこういう考えがあったように思います。



  日本には、和を以て尊しと為す、という言葉がありますが、日本人の和の心、あまり争いをしないよう、みんな仲良くという考え方ですが、ここで日本人はいつも誤るのだと思います、和というものは何かと考えて、みんな争わず、仲良くするのならどうするか?、と考えた時に、みんな争わず、仲良くするのなら、みんな一致して生きればいい、って、やって破滅へ一直線、そのあと今まで言っていたことと、現実とのギャップがありすぎて無茶苦茶になると、そういうことの繰り返しが起きているように、見えるのですけど。 だから私は、和というものは、人間が一致して生きるということの逆、つまり、バラバラで生きることを容認できるような世界、、大きな入れ物のような世界とか、色々なものが入れるような世界を作れ、という意味ではないかと思います。


  人間が一致して生きようとする考え方は、非常に心安く、しかし同時に、一番危険な考え方でもある、悪く言うと詐欺の手法に近いものがあるように感じます、なんとなくですが、今のこの国のおかしさって、この人間は一致するものだ、一致できるのだ、という錯覚と、それを悪用しようとしている考え方が、あまりにひどくなって、無茶苦茶になっているのではないかな、という気がします。 だからまあ、逆に、いろんなものを認めて、人が一致しないで生きるほうが正しい、と考えたら、案外、この国にはいろんな人やものがあって、そういうものが色々出てきて、この国は大きく変わるように思うのですけどね。


  本当の和といいますか、安っぽいみんな一緒でないとだめ、という次元の低い和ではなく、高い意味を持った、寛容や、深い洞察を伴った、大きな意味での和、というものに、もしこの国がたどり着いたら、この国は今の状態から反転して、ぜんぜん違う道が現れるような、そんな気もするのですが。 さてこれから日本人が、人間は一致して生きないことを認め、多種多様な存在を容認し、それでいて全体のバランスをとる、そういう本当の和というものを作れる日が来るのか、そのあたりに日本の将来の可能性の差が、出てくるようにも思います。





関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR