01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

安倍自民による国会でのSMプレイ、小渕の政治と金の問題、増税でクビチョンパするアベの首

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  だんだん冬らしくなってきましたね、といってもまだ暑いですが、この分だと急に寒くなりそうな気がします、


  それはともかく何か起きているかな、アベ内閣の大臣が二人やめて、うまく清算したなと思っていたのだけど、今度はSMプレイの話が出てきた、

  といってもアベが国会でSMプレイをした話ではなくて、安倍の大臣がSMプレイをしていた話ですけど、

  (しかし書いていて違和感がある話題で、SMプレイ?なんで?みたいな気持ちになります、事実だから仕方ないんですが、)


  最近小渕の後についた経済産業大臣が、活動費を使ってSMプレイが出来るところへいっていた、ということが分かった、

  やったのは本人ではなく、大臣は俺はSMプレイはしないといっているが、正直なところどうだかはわからない、


  税金でSMプレイをしていたのは、この人物の支援者で、政府の活動費を使ってSMプレイをしていたらしい、

  計上された費用は二万円くらいだったので、回数は少なかったようだが、このようなこと税金でやることには批判がある、

  (やっぱり変な文章だなと思うのだが、これ政治の話じゃないよね、)


  ま、ともかく自民党議員が税金でSMプレイをしていたのは事実なので、その問題に対して野党からの批判が強くある、

  特に、前の小渕がネギを数千本買って、経費として計上していたあとなので、ネギの後はSMプレイかという批判が強くある、
   
  その点は自民党も考えているらしく、政治家としてSMプレイはよくないという談話を出していた、

  
  うーむ、どうしても違和感が消えないのだが、喜劇な小説でこういうネタの話はあるけど、普通はフィクションだよね、

  事実は小説よりも奇なりとはいうが、税金でSMプレイに励む政治家が、経済産業大臣になるとは思わなかったな、


  このまま行くとアベ自民は、日本をポルノ大国へと押し上げて、日本人は全員SMプレイが好きな変態だと思われることでしょう、

  (よく考えるとまずい話のような気がしてきた、、)


  次に、SM経済産業大臣の前に大臣をやっていた、小渕の方も問題が浮上している、

  以前も書きましたが、小渕は自分の顔が書かれたワインを、支援者にただで配っていた、

  知り合いや親戚に配るならば、個人的なものだともいえますけど、支持者に配るのは賄賂といわれてもしかたがないだろう、


  昔の政治では現金を渡して、票を買うことが大っぴらに行われていたが、今はさすがに難しくなっている、

  そしてそういう票をカネで買うことは、厳しく規制されつつあるので、ワインを渡したら今の法律ではアウトだ、
  
  更に小渕は自分の顔写真入りのカレンダーを配っており、カレンダーは商業的価値があるので、これもダメだろうな、


  つまり小渕は完全に違法行為をしており、普通に考えれば議員辞職は避けられない、

  とはいえ、日本の司法制度は賄賂の多寡によって、結果を変える制度ですから、自民党がカネか、権利を渡せば無罪になる可能性もある、


  更にいうとアベも政治と金の問題を取り沙汰されており、それによる告訴も受けているので、それとの関連もあるだろう、

  ありうるのはアベが金銭問題を隠蔽して、小渕の問題だけを切り離しで騒動にして誤魔化すか、

  もう一つが、小渕アベ共に司法に賄賂を渡し、ふたりとも無罪にするかだろう、


  この点については、野党の騒ぎ方によって決まる可能性があり、野党の追及が強ければ、小渕だけは潰せるかもしれない、

  小渕を議員辞職まで持っていければ、アベ政権は大幅に弱体化する、そこまで持っていければ、多少は国民生活もましになるでしょう、


  後は、このような騒動が起きたことの背景を見てみますか、正直ちょっと長くなりそうな話しですが、

  今回の件は2つの意味がある、ひとつは右翼の隠蔽、そしてもうひとつは消費税問題である、

  
  例えばいま騒動になっている連中は、そのほとんどが靖国系ではない政治家である、

  小渕、宮沢(SM経済産業大臣)、松島とも、こいつらは靖国派ではない、どちらかというと中立だから狙われた面もある、


  アベは権力掌握だけを考えている、人間のゴミであるが、その根底にあるのは戦前の軍国主義である、

  戦前の軍国主義は特定の勢力が権力を握り、その中だけで権力をたらい回しにする意味を持っていた、


  そしてアベが考えているのは同じプランであり、やつは自分の内と外を明確に分けている、

  だからある意味このようなスキャンダルが起きたのは、靖国派でない勢力を叩く意味も強く、意図的な派閥争いが内部で起きている可能性がある、


  もっとも何の問題もなければ、そんな内部抗争をするまでもなかったのだが、野党側の追及が強かったので、複数のスキャンダルが一気に吹き出し、その隠蔽のためのスケープゴートを、非靖国派から出す動きが強くなっている、

  だから安倍政権のスキャンダルは、全て非靖国派へ責任転嫁されていて、それによる安定を図ろうという考えが、根っこにあるのだろう、

  
  もちろんそんなことをすればアベや周囲にもダメージがあるが、連中は戦前の軍国主義と同じ考えを持っているので、人のせいにして逃げることしか考えていないし、基本的に自分が悪いと考える発想はない、

  そういう構図があるので、いま安倍政権のスキャンダルが強くでているが、その根本的な原因としてあるのは、非靖国派への抑圧や弾圧という意味もある、


  そのようなことをする理由は自民党が、実はネオナチ的な勢力であることがばれないようにすることを目的にしていて、このスキャンダルが在特会との関連性に広がるのを防いでいる、


  自民党の一番のアキレス腱は、自らがネオナチ的ファシスト政党であることである、

  今までの自民党は穏健な保守であったが、今の自民党は極右の異常者の集まりでしかない、

  つまりそういう実態がバレるとまずく、その隠蔽をどうするか連中は考える必要がある、


  だからこそ、そういう問題がばれないように、身内を人柱にして自民党の靖国派(ファシスト)問題を隠そうとしている、

  それがスキャンダルとして拡大していっている一つの理由であり、それはそれ以上の問題を隠ぺいするための、別の騒ぎなのである、


  そしてもうひとつの消費税の問題もある、
  
  今のアベ政権を作ったのは財務省であり、アベは消費税を上げるために存在している、

  財務省が消費税を上げるために障害になっていたのは民主党であり、そのため民主党は財務省によって潰されることになった、


  一番わかりやすい例が野田のやつだろう、民主党の野田が解散総選挙を予算編成前にしなければ、民主党は選挙である程度勝っていた、そうなれば消費税のアップはかなり難しかったといっていい、

  それを防ぐためにわざわざ財務省は、野田に予算編成前の解散総選挙をやらせ、自民党に政権を渡したのだ、


  そしてその取引の結果、アベや自民党は消費税を上げる義務を背負うことになった、

  アベのやつは、アベノミクスとかいう頭のおかしい経済政策をいっていたが、あれは消費税を上げるために、財務省が用意していたプランにすぎない、


  だから消費税が上がった途端、景気が急激に悪化したわけで、そもそもアベノミクスは景気を回復することを目的にしていたのではなく、

  消費税を上げることだけを目的にしていたのだから、増税をしたら急に景気が悪化するのは、最初からそういう計画だったからである、


  そして消費税は二段階に分けてあげなければいけない、つまりもう一度消費税を上げるためには、何らかの工夫が必要になっている、

  その工夫がアベの首である、


  現状で見ると、アベの奴が12月辺りで首になれば、次を麻生にして3ヶ月ほどは持つ可能性が高い、そうなれば消費税を上げることは可能である、

  消費税を上げれば経済は急激に悪化をするだろうが、その責任は全部自民党のせいにすればいい、


  このまま行くとアベや麻生は、民主党の野田と同じことをするだろう、なぜならこいつらは財務省の犬に過ぎず、主体性を全く持っていないからだ、

  後は飼い主が犬を利用するタイミングの違いだけで、それがどうなるかだろうな、


  いま自民党はSMプレイなどのスキャンダルに見舞われているが、その根本的な理由は2つある、

  ひとつは自民党が、異常なファシズム政党であることを誤魔化すための、民主党でよく見られた内ゲバである、
 
  もう一つが消費税を上げるために作った、アベ内閣をどのように使い潰すかという、財務省の計算だ、


  所詮自民党は過去の遺物に過ぎず、すでに死んでいる戦後の亡霊でしかない、

  だから、まともな意味もなければ価値もない、無能な人間しかいないし、社会の役に立つこともない、

  それがどう潰れるかというのが、日本の政治論であり、それは政権交代時と同じ問題が発生している、


  今の自民党は昔とは違う、異常な考えを持った頭のおかしい連中の集まりだ、

  だからそれを隠ぺいするためのプロパガンダがいる、

  そして財務省は税金がほしいので、国民を騙して税金をちょろまかす方法を編み出したいと考えている、


  そのだますという点では両者の思惑が一致しているので、奇妙な騒動が起きやすいのだが、

  最終的にどうなるかわかないけど、多分最後は財務省が勝って、自民党は増税のための人身御供になるでしょう、


  (いま調べたのですが、首チョンパって今はあまりいわないらしい、しかし「アベの首切断」じゃあ表現がグロいしな、うーむ)


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR