01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベ2大臣のクビ、沖縄知事選挙の公約と、安部スキャンダルとレイシストの話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  少しは寒くなってきましたね、冬ってほどじゃないですが、多少寒い気がします、

  それなのに蚊が飛んでいるので、違和感がありますが、

  10月の終わりまで蚊に襲われるとは思いませんでしたけど、それはともかく何か起きているかな、

  そういえばアベの下僕の二人の大臣がやめたね、小渕と松島の2人が辞めたが、小渕の方はアウトだけど、なぜか松島まで首を切った

  
  うーむ、まあ松島はうちわ問題だけだったが、その答弁が問題になっていたことが多く、野党の質問を雑音と表現したり、かなり問題のある発言を繰り返してた、

  それと法務大臣になった時に、夜なのに役人をたたき起こして出迎えさせたことを、役人が根に持っていたのかもしれない、

  夜中に起こされたらそりゃ起こるだろうからな、そんな理由でヤツも首になった、


  今回のダブル辞任は正直なところ、方法論としては筋が悪くはない、私はアベのことだからグタグタするかと思っていたが、2人をすぐに切ったので驚いている、

  また特に小渕の方は、丁寧な説明をしたので、それを見た人から好評を得ていると聞いて、これは厄介だなと感じました、


  何がといえば、それはアベのやつにこんな知能や度胸はないですから、誰かが指示をして動いていると見るしかないので、その動きが厄介だなと感じたのですけど、

  まあただ松島はそうでもないが、小渕の問題は深刻なので、メディアパフォーマンスで、逃げきれるような話には見えない、


  多分安倍を支配している連中は、この二人を切った後でどのような演出をして誤魔化すかを、アベが外国に行っている間に計画を立てていたのだと思う、

  小渕の会見では、私に起きた問題はどんなことでも、誠心誠意調べて明らかにしたいといっていたが、自分で商品を買っていたのだから、その誠心誠意というのは誰かに言わされてしゃべっていただけなのだろう、


  そう言わせるシナリオを誰かが書いていたことになるが、このような形が続いたとして、発生しうるリスクはいくつかある、

  一番大きいのは他の野党の責任問題にすること、特に政治資金規正法などはアバウトな法律なので、その気になればだれでも逮捕をすることが可能だ、

  後は面白い話を作って、野党の批判している人をいきなり逮捕する可能性がある、


  今回のアベの切り返し方はなかなか計算されているが、その分ヤツがやったわけではないという事実もある、

  だから誰かの計画でごまかしをしようとしているならば、これからなにか変化が起こるかもしれない、

  ただ根本的に日本経済の悪化と、消費税問題が今の中心テーマですから、この問題に労力を割けるリソースが政府に少ないことを考えると、どの程度になるかははっきりません、

  
  次に沖縄の知事選挙で候補者が公約を出している、沖縄の知事選挙なんて自分の住んでいる所とは、関係ないと考えがちですが、

  しかし沖縄に大きな基地ができれば、そこからオスプレイが飛んでくるし、自分の住んでいる家の上をあのうるさいヘリが飛ぶことを考えると、沖縄の基地問題だから関係ないともいえない、

 
  そのように案外大きな選挙になっているこの知事選ですが、それぞれが公約を出していて、現職知事で沖縄を国に売って私腹を肥やした奴は、基地建設をどんどん進めるので政府は俺に金をくれ、というような公約を出していた、

  絵に描いたような金権政治家だったが、基地問題は自主投票でといっていた候補者は、今までさんざん嘘をついて人を騙してきた人物なので、どうせやる気などないだろうから考える必要はない、


  それ以外だと、自民党から別れた候補者はずいぶん踏み込んだ発言をしている、辺野古基地の建設は反対であり、場合によっては建設を禁止することを、考えるかもしれないといっていた、

  最初の頃に比べると、ずいぶん発言が変わってきていて、一応反対と口では言うようになった、

  本当にやるはわからない人物ですが、最後に民主党を除名された元民主党候補者は、終始建設の反対をいい、埋め立ての取り止めもするといっている、


  この辺野古基地の埋め立てもしくは建設問題は、実は簡単に解決するようになっている、

  どうしてかというとアベの奴が急いで基地の建設をしようとしたので、手続き上の問題が実はたくさんある、

  本来政府の方針に反するときは、何らかの論拠が必要になり、論拠がない場合は反対活動をしても、国の行動を止めることは難しくなっている、


  実際いままでで沖縄では、政府に対する反対抗議をがよく行われていたが、その声が通らなかったのは法制度上論拠がないと、地方自治体の権限で基地問題を解決することが出来ないからだ、

  しかし今回の場合は、法的な手続きの問題を政府側がしているので、法的な論拠がなくても基地の建設や、埋め立て処理の停止ができるようになっている、
  
  それは役所でも確認済みの事実なので、実は知事が埋立工事の手続き上の問題を指摘すれば、簡単に工事をやめることができる、


  今回の沖縄の選挙ではなぜ民主党系の候補者がでたのか、反対をする候補者がいるのに出るのはおかしいのではという意見が多くあった、

  しかし、実はその民主党系の候補者の言っていることが正しく、安部の奴が強引に辺野古基地の建設を進めたので、その手続き上の問題を指摘すれば、簡単に工事が止まる状態にあった、

  つまりその民主党系の候補者がいっていた、埋め立て中止の申請をすれば工事を止めれるというのが正しくて、それをしないと非常に危ないことになっていた、


  こういう流れがあって、民主党系の候補者が出るようになって、自民党から分裂した候補者は、その問題について発言する必要に迫られた、

  その結果、元自民の候補者は手続き上の瑕疵を利用するというようになり、根本的な批判派に変わりつつある、

  だたしその元自民党候補者は、最近の支持が弱まってきているので、その挽回のために革新的な制作をいっている所がある、


  たとえばその元自民党候補者は、原発の反対や別の軍事基地建設も反対すると言い始めている、軍事基地の建設反対はわかるが、原発を反対するのは不自然だろう、

  そもそも沖縄には原発はないのだから、そういうことを言うというのは沖縄県内の影響力が下がり、特に左翼系の票が弱まったことを気にしての発言なのだろう、

  そういう考えのもとに、その元自民党の候補者がへの基地問題に踏み込んだ発言をしているが、現状ではまだフェイクである可能性がある、

  やはりもう少し踏み込んだ言動や、行動までしないと基地建設が止まるようには見えない、


  選挙までは少し時間があるので、もっと候補者同士が意見交換をして、ベストな解決方法を模索した方がいいと思います、


  うーむ、いま何文字書いているのだろうか、ちょっとよくわからないので少し長くなるかもしれませんが、後は安倍のスキャンダルがこれからどの程度続くか書いてみますか、

  実はアベ自身も政治と金の問題を抱えていて告訴を受けている、

  不自然な資金のやりとりをアベがしていたらしく、その問題についてとある団体が告訴をしたようだ、

  元々アベはダーティな人間で、暴力団に頼んで他の政治家に圧力をかけるなど、まともな事をしてきた人間ではないので探せばいくらも問題は出てくるだろう、


  それ以外では防衛省の防衛大臣と国防副大臣に政治と金の問題が発生している、防衛大臣の方は不鮮明な会計処理の問題がでていて、副大臣はパーティー券の問題があるようだ、

  どちらも胡散くさい金の流れがあるらしく、防衛省だからここの大臣が潰れれば、アベの面目は丸つぶれだろう、


  後は大臣を辞めた小渕の問題もある、最近いわれ始めたのが顔写真付きのワインの問題で、それを無料で配っていたといわれる、

  小渕自身はそういうものがあることは知っているが、自分の住んでいる地域以外で配ったので、選挙活動ではないといっているが、

  有権者によると実際にワインをも貰ったといっているので、これは多分ダメだろう、

  ワインはタダじゃないからね、それをただで配ったら賄賂になるのは明白だ、

  
  ここまでの話はいわゆる政治と金の問題だから、スキャンダル的な興味を引くことはあるが、ある以上の意味を持つことはない、

  そして根本的な問題としては、在特会と自民党の問題がある、自民党議員の多くはネオナチやレイシストと仲がいい、

  実際そういう団体の役員をやっていることもあるらしく、自民党はネオナチやレイシストの巣窟になっている、

  大体からしてアベ自身がネオナチのファシストですから、アベを選ぶ自民党はネオナチ政党というしかありませんが、

 
  問題はそこへどう話が移るかで、アベを支配している既得権にとっても、それは非常に大事なことだと考えているだろう、

  そのせいか最近大阪のコスプレ市長とレイシストの在特会が会談をした、

  そこでコスプレ市長は逆ギレをして、レイシストの在特会も逆ギレをした、

  逆ギレはしたのだが、そのあいだレイシストを賛美する本がずっと、テレビに映る状態が続いていたので、その本の宣伝のために動いていた可能性が高いだろう、


  右翼というのは人々を騙して、金を取ることを仕事にしている、在特会もそういう意味が強く、大体右翼というのはそういうものだ、
  
  ブログでも右翼系だと、ある程度右翼騒動で人気を得た後、自分の書いた本を買わせるビジネスをしているが、

  日本の右翼は、右翼業に過ぎず、右翼的な騒動を起こして、それを金に変えるビジネスをしているに過ぎない、


  そのコスプレ市長との会談はそういう意味があったようだが、もう一つの面として社会的弱者の抹殺を目指すレイシストと、自民党の関係の深さがバレた時の対策も考えていたように思う、

  つまり、これからマスコミを使って在特会の全面広告をし、それを政府が支援するとか、そういうイメージ戦略はしてくるかもしれない、


  そうすれば社会的弱者を叩いて喜ぶレイシストと、自民党が関係が深くても国民は気にしないかもしれない、

  マスコミにはそれだけの力があるから、買収をしてそういう形にする可能性もあるだろう、

  
  長くなってきたのでそろそろ止めますが、何らかの政治転換が起き始めたようだが、既得権はほんとうに重要な所はごまかそうとする、

  そのごまかしが多分異常な形で拡大をすることになり、テレビや新聞には気持ち悪い情報が乗り始めるかもしれない、

  そうやってごまかして権力強化と既得権維持を目指すのが、これからの自民党政治になっていくでしょう、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





//
鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社





関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR