03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

株の暴落と燃える自民党と沖縄知事選挙とアベのアジアにおける信用の話

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近は寒かったり暑かったりしますね、30度くらいあったと思ったら、次の日は10度になるので、何を着ればいいのか分かりません、


  それはいいとしてなにか書いてみると、株が暴落していますね、そろそろ落ちるかなと思っていましたが、株が落ち始めたようです、

  株下落の要因としては、アメリカの景気回復が原因で、アメリカの景気回復による影響が強くあるようです、


  アメリカ景気が回復してくれば、その分ドル高になるはずですから、円安になるんですよね、何故か円高になっているがなぜだろう、

  ああそうか、これ円キャリートレードですね、日本の円を買ってドルに変える流れが、逆流し始めているのかもしれません、


  少し前国際市場では、日本の株を買うことが流行っていました、

 そのため円を買って日本株を買う動きがあり、その結果大きな株高になっていたのですが、

  その流れが少し前から変わってきて、借りやすい円を利用してドルを買い、どのドルでアメリカ投資をする流れが出ていたらしい、


  その結果アメリカ経済が回復して、回復した分今度は逆の流れが起き始めて、アメリカから資金が出て行って、それが利用していた円の通貨高の原因になった、(ということのはず、)


  専門家ではないので、正確な説明はできないのですが、アメリカ経済の回復によって、円高になりその結果株価が下落している、

  普通に考えると変な話なのだけど、今の経済は世界中つながっていますから、そのつながりが影響を与えてこうなっているようです、


  また、単純に日本経済に対する疑問もあるのでしょう、

  いまの日本は円安による経済悪化が起きていますから、その影響で株価が下落する可能性が出ている、

  しかし円安が続いている限りは、株価は上昇することになるので、その矛盾が強くでていた、


  多分だけど今回の下落は、その矛盾の解消をしているように見えるので、円安による実体経済の悪化と、円安による株価上昇のバランスが崩れて、どこかのシステムが壊れ始めたのではないかという気がします、


  専門家ではないのである以上の判断はできませんが、以前から書いているように、金融を重視するマネタリズム的な発想は、バブルしか生まないので、それが潰れてしまった感じはあります、


  これらかどうなるかですが、アメリカの経済が状態がいいのならば、どこかで持ち直す可能性はあるでしょう、

  ただそこまで行く期間が、どの程度になるかわからないので、それと日本の消費税アップの時期が重なれば、かなりまずいことになるでしょうね、

  (もしくは誰かがまずくなるように、意図的に操作している可能性もありますが)


  次に、今日は急にネタが増えたのだけど、最近に国会が騒がしくなってきた、

  民主党があちこちで攻撃をし始めて、なぜか自民党が袋叩きになっているが、一体何があったのだろうね、


  ネタとしては、防衛省関係者が女性に暴行を振るった話、後は防衛省関係の大臣の不正資金問題と、それ以外では経済産業大臣の小渕もお金の問題を起こしたようだ、

  ついでいにいえば、法務大臣の松島も問題発言を繰り返しており、

  更に総務大臣の高市は、アベがAPECに向かおうとしているのに、靖国神社にいくといっている、


  いやーアベ政権面白いね、見事な火薬庫じゃないか、火をつけたら汚い花火上がりそうだな、

  まあしかしよくここまで民主党は問題を探したね、蓮舫氏のうちわの話もよく調べたなと思っていたけど、こういうのは共産党が得意だと思っていたのだけどな、

  どうしてここまで出来るのか、これが民主党の実力なのか、もしくは誰かが民主党政権に変えようとしているのかは分かりませんが、少なくともアベはピンチだろうな、


  パンとサーカスじゃないけど、人間というのは下らないことのほうが興味をもちやい、

  こういう話でも、何度もいわれると段々イメージが悪化するので、かなり効果的だ、


  よく疑惑のデパートといわれることがあるけど、ああいう表現は人間の心理を捉えていて、次から次へと問題が起こると、人は実はもっと問題があるんじゃないかと考える、

  だからこういうボディーブローは、連続で食らうと大きなダメージになりやすい、



  それがうまくヒットしているようだね、これで株価がガクッと落ちたらアベ一味は終わりだろうな、

  そのことはアベの連中もわかっているようで、今度は年金の資産を株式に投入するといっている、

  
  確かに株式に年金運用資金を投入すれば、それによって株価は上がるかもしれないが、正直なところピーク近くまで来ている、日本の株式に投資をするのはリスクでしかない、

  株式に投資をして利益を上げるならわかるが、株価が下がると政治的に不利になるから、年金の資金を株式に投入するのは、根本的な間違いというしかない、

  というかそれって、年金資金と私的に流用していることと同じなんだが、ほんとアベは馬鹿だな、


  この頃の民主党の攻撃は強く、ヘマさえしなければ自民党がボキッと折れる可能性がある、

  後は民主党の前原のやつが出てこなければ、しばらくアベ政権に対する攻撃は成功するでしょう、


  後は、沖縄の知事選挙が佳境に入ってきた、さっき民主党系の候補者の話を読んだのだが、それなりにしっかりした見方をしていた、

  その人の意見では辺野古基地に自衛隊が入って、それが中国との抗争の種になると指摘ていたのは、よくわかっているなと思いましたが、


  今回の選挙では、自民党の候補者が分裂し、現職の自民党候補と、分裂した元自民党候補の争いになっていた、

  一応、反対か賛成かよく分からない候補者も1人いたが、実質的にはこの二人の候補者の争いだった、


  そこに民主党系の候補者がでて、辺野古基地はやめるべきだといい立候補した、

  実は分裂した自民党候補者は、どちらも完全に基地を否定しているわけではなく、現職知事は基本的に基地を作るべきだといい、反対してい候補者も、基地を作ることになるかもしれないけど、その上で交渉をして変えていくべきだといっている、

  つまり両者とも基地を作ってしまうことは、ある程度容認しているスタンスを持っていて、明確な基地反対派がいない状態だった、

 
  その問題に民主党系の候補者が反発して、基地建設反対を強くいうべきではないかといい、民主党を除名されたが無理やり立候補した、

  民主党は分裂した元自民候補者を支援する計画だったらしく、その候補者と対立するその人物が邪魔なので除名した、

  元々沖縄の民主党団体と、中央の民主党団体では意見が違い、基地建設についても沖縄の団体は反対で、中央の組織はある程度の容認だった、

  その違いが強くでてこういう分裂騒動になったらしい、


  そしてこの結果がどうなるかだが、まだよくわからないようだ、

  現状では自民党の二人の候補が有利で、特に基地建設反対を言っている人は、かなり当選がしやすい状態にある、

  ただこれから選挙が近くなってきて、メディアを使った公開討論などが何度か行われる、

  その時、基地問題についての議論が行われるだろうから、実は民主党系の候補者以外が、基地建設を容認していると分かれば流れが変わるかもしれない、


  選挙結果については、多分分裂した自民党候補になる可能性が高いが、選挙活動を通じて批判を受けて、埋立工事反対の明言をする状況に持っていけば、当選する人は変わらなくても、選挙の結果は変わるかもしれません、


  実際その元自民党の候補者は、当選したらアメリカにいって折衝をするといっているので、そういう考えを持つようになったのは、それだけ批判が強かったからだといえるでしょう、


  このまま沖縄に基地が作られれば、中国への軍事拠点になる可能性が高い、そうなれば中国は沖縄を軍事攻撃してくる、

  しかも今回は日本から仕掛けているので、向こうにも正当防衛の論拠があり、その分激しい争いになる可能性がある、

  そのあたりのことをどう判断するかが、重要だといえます、


  それ以外だと、外交問題を書こうと今思い出しました、もう終わりの方なのにね、

  次回にしてもいいのだけど、簡単に書いてみると、

 
  今の日本の外交問題は中国や韓国との関係を築けるかどうかです、

  それでここ暫くに2回くらい、アジア諸国と会う会議があるので、その時に中国や韓国との関係改善が出来るかが問われています、

    
  現状で見ると、韓国も中国も日本との友好は望んでいません、その理由はアベが極端な右翼思想家であることと、その支配下にある自民党も極右の異常者の集まりになっていて、アジアの敵になっていることが原因です、 


  アベやその周囲の自民党は、戦前の軍部は日本の美しい歴史であり、正当性を持っていると宣伝していますが、

  それは同時に、またアジア諸国を攻めるといっているに等しいので、アジア諸国はまた日本が攻めてくると考えている、


  もしくは軍事的な脅威になると考えているので、基本的に日本との平和的な協力関係を考えている国はありません、

  あるとすれば、金をもらって一時的に協力をする国と、インドなどの間接的な利益を得る国や、アフリカなどの日本がどうなろうがどうでもいい国だけです、


  戦前の軍国主義は日本人とっては加害者の歴史なので、それによるトラウマはありませんが、

  アジア諸国は日本人に殺された歴史があるので、日本が戦前の軍国主義に戻るならば、信頼しようと考える国はひとつもなくなります、


  感覚的には堅気がマフィアになったような感じで、知り合いが暴力団に入ったら付き合いを変えますよね、

  できればあまり関わらないほうがいいと考えてしまいますが、それと似たような考えをアジア諸国は持っている、


  中国や韓国もそういうスタンスなので、日本に対する信頼は全くなく、よほど日本が譲歩しない限りは、協力をすることはないでしょう、

  もしくはアメリカが日本を押さえつけて、安全だという確認ができない限りは、日本側に協力することは、多分ないと思います、


  そういう環境なので、アベがアジア諸国の集まりに行っても、堅気の集まりに来たガラの悪いチンピラ扱いしか受けないので、

  一応礼儀的な対応はしれくれるかもしれませんが、ある以上の協力関係を築くのは、ほぼ不可能だといえます、



日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR