01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

御嶽山の事業仕分けと香港の民主化と沖縄知事選挙の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  いまサイトを見たらアマゾンのリンクが変になっていました、表示できないからずっと読込続けています、

  こういうリンクって急に変になるんですよね、仕様の変更でもあったのか、読込が終わらないと面倒です、


  それともたまたまバグっているだけかもしれませんが、それはともかく何か書いてみると、

  今のところネタが有るようなないような、中途半端な感じですね、

  アベの奴が所信表明演説をしたが、何だよく分からない内容だったしな、

  頑張るんだ、努力するんだ、上手くいくんだといっていたが、何を頑張って何を努力して何がうまくいくのか、全くわからない話だった、

  アベは馬鹿なやつだから、何をするべきか理解できないので、結局精神論を言うしかなかったのだろうけど、

  
  というわけでそんな話を書いてもしかたがないので、最近の話題では御嶽山の噴火がありますね、

  最初は被害が少ないのかと思っていたのですが、多く方が亡くなった大変なことになりました、


  30~40人位が亡くなって、しかも人が近づけないらしく、警察や自衛隊も手が出せないらしい、

  そうなった理由として火砕流のようなものが発生して、火口付近で高圧のガスが蔓延し、それが原因で人が亡くなったということのようです、


  今回の件では自民党が民主党の批判をしていて、もうネットでは知れ渡っている話ですけど、自民党議員が民主党の事業仕分けで、御嶽山の監視を怠ったから事故が起きたといっていた、


  民主党が監視体制を弱めなければ、噴火に気づくことができたといっていたが、

  実は監視体制を弱めていたのは自民党政権時で、麻生の頃に予算を減らして監視体制を弱めたらしい、

  民主党政権時はもうすでに予算削減後だったので、それ以上削減が行われることはなく、多少予算が減ることはあったが監視体制の存続はできていたようだ、


  結局その民主党が事業仕分けで予算を削ったので、御嶽山の災害が起きたといった自民党議員は嘘がバレた後、

  事業仕分けで予算が減ったといったのは、一体誰なのかと疑問を呈し、そんなことを言うべきではないと豹変した、

  自民党は思考がカメレオンだから、10分前と後では言っていることが180度違うのが普通ですが、今回もそういう発言だったらしい、


  民主党の事業仕分けの問題はあったが、そもそもあの仕分けは財務省主導のものであり、自民党時代にいわれていた小さな政府論の続きであった、

  そういう意味でいえば自民党も民主党も、財務省の上で踊っていたに過ぎず、どちらも似たようなものだったという面はある、

  鳩山政権まではそうでもなかったのだが、事業仕分けで人気を得た連中が大きな顔をするようになってからは、財務省主導の政党になってしまった、


  話がずれてきましたが、自民党が御嶽山の噴火の原因を、民主党の事業仕分けだと発言した、

  しかし、御嶽山の問題を生んだのは、自民党時代の小さな政府論の政策が原因だった、

  つまり被害の拡大は自民党が原因で起きたことであり、御嶽山の問題は自民党が責任を負うべきことだといえる、


  そもそも福島原発が爆発したのも、自民党が原発の安全費を大幅に削ったのが原因なのだから、今起きている問題の大半は自民党が原因で起きている、

  もっといえば財務省が原因で、御嶽山の安全対策ができず、福島原発の爆発が起きたとも言えるわけですが、


  日本の経済構造は、拡大の時代では効果的に利益できる建設物を作る事が多かったが、日本が斜陽するようになってからは、そのメンテナンスが重要になっていた、

  原発も古くなってきたのだから、利益よりもメンテナンスをどうする考えておけば、爆発することはなかっただろう、


  利益の最大化を望めた時代から、被害の最小化を望むべき社会に変わっているのに、時代錯誤なことをしていたら原発が爆発し、御嶽山の噴火では何の対処もできなかった、


  この辺りは経済や社会に対する見方のロジックを変えるべき問題で、それが出来なかったからダメになったのだろう、

  そういえばアベのやつは、所信表明演説で精神論をいい、人が思うことによって社会は変わるといっていた、


  確かにそのとおりで、重要な事は人が思うことを、今とは違うものに切り替えれるかどうかで、状況が変わったことを認識できるかなのですが、

  その状況変化を否定する象徴のアベが精神論をいい、それを信じる人が多ければ、日本は完全に明後日の方向へ向かうことになるでしょう、
 

  次に、香港の民主化運動が起きているね、あまり調べていないのではっきりとはわからないが、香港で民主化運動か、

  もともと香港はイギリス領で、中国にはない民主的な政治が可能になっていた、

  それが中国に返還されてから、中国政府の締め付けが強くなり、だんだん民主的な行動ができなくなっていた、


  それに対する反発があるようだが、香港の民主化ね、

  実はいまの中国は民主主義国家である、一応ですけど、

  中国にも複数の政党があって、選挙に形だけは出れるようになっており、実際は共産党が勝つのだが、民主主義のまね事のようなことはしている、

  そういう国に支配されているのが今の香港であるから、当然そんな形の体制に変わっていくことになるだろう、


  ただ現状だとどうなのか、中国の経済拡大によって、欧米の発言権は大幅に小さくなっており、香港の行動を彼らが支援するとは思えない、

  中国批判の道具には使うだろうが、根本的な争いには参加しないだろう、

  では日本はどうするかといえば、日本は国際的な信用がほぼゼロなので、そもそも発言権がない、


  アベの奴が余計なことをせずに、こういう時のために国際的な発言権を残しておけばどうにかなったのだが、

  まあそもそも、中国のような独裁国家を目指す、アベ自民が香港の民主化運動を支援するのは、無理といえば無理だけど、


  うーむ、正直言うと私はこの香港のことはあまり詳しくない、起きたばかりで情報がまだ足りず、どう判断すればいいのかわからない所がある、

  ただポイントになる事があるとすれば、一つが純粋な民主化運動としての意味で、もう一つが中国批判の道具としての、香港の民主化活動になるだろう、

  
  これはどちらかではなく、両方の意味が出てくると思う、まあ運動がどの程度拡大するかにもよりますが、

  香港の本質的な民主化問題と、中国を批判するための民主化問題、その2つが混ざった感じになると思います、

  
  (しかしこういう問題こそ日本が対応すべき外交問題なのに、今の中国政府と同じ民主主義を否定しているアベ自民では、何を言った所でおまえがいうなという反論が、返ってくるだけでしょうね、)


  あとは何を書くかな、民主党のことを書いてもいいが、沖縄の話にしますかね、

  沖縄の知事選挙では現職知事と、自民党を離党した候補者との一騎打ちになっている、

  それ以外では亀井氏を裏切った人物と、民主党の知事候補者がいる、


  これがどうなるかだが、今までの情勢では自民党を離党した、元市長が有利らしい、

  しかし現職知事は票を固めているので、低投票率になると結構危ない所がある、つまり投票率によって大きく変わるだろう、


  またその元自民党の候補者は、辺野古建設をはっきり否定していない、
  
  この人物に対しては何度か書いているが、多分実質的には容認だと考えた方がいい、

  前回書いたように辺野古基地建設は、沖縄県内に強い要望がある工事であり、工事をしたいと思っている人が実は多い、


  それは経済的な理由で政治的な話ではないのだけど、そういう人たちがいてその元市長も、辺野古建設の中心人物として長年行動してきたわけだから、当然建設賛成派とのつながりも強いと見るべきだ、


  そこに民主党の基地建設を完全に反対する勢力が出て、その元市長もしぶしぶ建設をやめるかもしれない、ような気がしないでもないけどまだ保留、という程度には反対をし始めた、


  あとはその民主党候補者がある程度有利になるか、選挙中に批判する発言をしていけば、当選はしないだろうけど、その元市長候補を追い込むことができる、

  そうなれば候補者も音を上げて、埋立工事をやめると発言する可能性がある、


  重要な事は今有利といわれている、元自民党の候補者に埋立工事をやめると言わせることで、そうすることによって基地埋め立て派との関係を解消させて、クリーンな候補者にすることである、

  もともとその元市長はグレー色の反対派なのだから、一度綺麗に洗わないと使うことができない、

  汚れをしっかり落としてから、基地反対派の知事になってもらうのが筋だし、それが出来ないなら知事になる資格はない、
 

  重要な事は沖縄県民にとって価値のある知事であることで、政党とかイデオロギーはどうでもいいし、そんなことに拘るのは民主主義ではない、

  だから県民にとって利用価値の高い知事を生み出すことが重要で、そうでないならば政治家を作り替えてでも、そういう人物に仕立て上げる必要がある、


  民主主義は国民が物事を決める政治であり、政治家の都合など聞いてやる義理はないのだから、

  その元市長に対しては厳しく接し、埋め立て反対とはっきり言わせるべきでしょう、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR