03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

沖縄の民主党候補とアメリカシリア空爆と沖縄の軍事メカニズム、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近は気温の変化が大きいですね、暑いのか寒いのかよく分かりません、

  さて今日はなにかネタがあるかな、ひとまずはあまりないようだけど、では沖縄の知事選挙について書いてみますか、


  沖縄の知事選挙では、民主党候補が出てからややこしい話になっている、本来は裏切った現職知事と、それに反発した元自民党市長の対立だったのだが、そこに民主党候補者がでて、根本的な問題が見えてきたといえる、


  沖縄の知事選挙における最大の問題は、実は誰一人として基地問題を止めるスタンスを持っておらず、元市長ですら実は反対というだけで、基地をやめるとは一切いっていないことだった、


  私も最初はその元市長が、基地建設の具体的な反対をしていると思っていたのだが、実は全くしておらず口では反対と言いながら、実態は賛成派に近いと気づいたのはしばらくたってからだった、


  私の見た感じだと、この沖縄の元市長は基地建設を止める気は全くないと思う、

  少し前にこの人か、その関連する団体がいっていたのだが、基地の埋め立て問題に対しては、カードとして利用したいと発言していた、

  つまり、何らかの取引材料としてとっておきたいので、埋め立ての取り消しをするかどうかは発言しないと答えていた、


  このスタンスを見ればわかるが、基本的のこの人物は埋め立てを100%やめるという意志はなく、埋め立てを政治的な道具として利用する考えを持っている、

  つまり基地反対といっているが、基地反対はこの人物の政治的なメリットとして行っているだけだといえる、


  それに、そもそも基地の問題は住民と相談して決めると言いながら、埋め立て許可はカードなので自分でとっておくという発言は詭弁であり、民意を重視すると言いながら、そういう発想がないことを表している、

  そういう人間は自分の利益を重視する姿勢が強いので、最終的には現職知事のように建設を容認して、その利益を懐に入れる可能性が高いと見るべきだろう、


  前回も書いたが重要な事は政治家が責任を負うことであり、基地問題に対して責任負わない政治家は、最終的に国民を裏切る政治家だと考えるべきだ、

  アベを見るがいい、奴が一度でも責任をとったか?、責任取る姿勢のない政治家は、最終的にはその地域の住民を裏切る、その沖縄の元市長もほぼ100%県民の期待を裏切るだろう、

  もしくはマスコミを利用して表面的に誤魔化すか、ともかくまともな意味を持つ可能性はあるまい、


  間違いはどうあがいても間違いであり、それを理屈や権力で覆そうとしても不可能である、

  この元市長を選ぶことは、何をしても間違った結果になると考えるべきだろう、


  ではついでなので、沖縄県知事ででている民主党候補について書いてみると、

  民主党ででたのは喜納氏らしいが、ネット上では誤解があるようだけど、この人物はずっと辺野古移設の反対派である、

  民主党は鳩山氏の失敗によって、辺野古容認になってしまったが、実は沖縄の民主党は、その時も反対派のままで、最初から最後まで反対をしている、
 

  また沖縄の市長選で民主党が、建設賛成派を支持したというのもあるが、あれは党本部のやつがやっただけで、現地の勢力が決めたわけではないらしい、

  更に、辺野古の現場に来ないのはおかしいというが、元々辺野古の反対活動の原型を作ったのは喜納氏であって、辺野古に来なかったから反対していないというのは嘘である、


  民主党につても書いてみると、私の見たところ民主党そのものは、基地建設には積極的な賛成ではないようだ、

  そもそも民主党は沖縄における影響力が低く、ある意味鳩山氏が失敗した理由も、沖縄における民主党の弱さがあったといえる、

  そういうところなので、あまり興味がないというのが本音だと思う、


  今回のことは連合が元市長候補を支持していて、民主党が自主投票をしているが、

  民主党は辺野古移設には多分だけど反対だと思う、少なくとも積極的な賛成はないと思う、

  だから本当は反対に近いスタンスに立ちたいけど、そうする鳩山氏の頃にあった話が蒸し返されるので、黙っていたほうが得だろうというのが、彼らの考えだと思う、


  今回の沖縄の知事選挙ででた民主党の候補者は、色々なふうにいわれることが多いし、民主党そのものの話も強くいわれる、

  ただそれは元々体制が複雑であること、沖縄の民主党と中央の民主党では考えが違うことが原因としてある、


  書いてて思うがこういう所が民主党らしいな、一貫性がないので説明がややこしくなる、相変わらずという感じですが、

  ともかく、この民主党候補者の立候補は色々批判はあるけど、その多くは話のややこしさが原因であり、根本的な問題があるわけではないです、


  後は、沖縄の知事選がアメリカのプロパガンダだという話も考えたのだけど、沖縄の話ばかりなのもなんなので、別のことを書いてみると、

  アメリカがシリアを空爆した、マスコミによるとシリア政府が容認していたと聞くが、少し前批判をしてたのに不思議な所がある、

  以前アメリカは国連に連絡をせずに空爆をしたが、今回は連絡をしたとかどうかはよくわからないらしい、

  
  最初の頃はオバマ氏は空爆は限定的だといっていた、しかしどんどん範囲が拡大していて、以前はイラク国内だったのに、今はシリアのアレッポ周囲まで空爆をしている、

  シリアの主要都市への空爆は、さすがに違法行為だと思うのだが、不思議な話だ、


  この話の根本的な問題としては、ダブルスタンダードがあると思う、

  例えばアメリカは、ウクライナにロシア軍がいっていたというが、今回のことも国連の決議を得ずに、当時国の承認も得ず攻撃しているのだから、ウクライナとやっていること全く同じである、

  しかもウクライナにいるといわれるロシア軍の証拠はないが、アメリカの軍事攻撃は自分で行っているのだから証拠があり、この違いはなんだろうかというのがある、

  
  根っこにあるのは、アメリカやイギリスの人がイスラム国に殺された映像があって、それによる反発が強いらしいが、

  それを言うならばウクライナでも、住民を拷問にかけて殺した例や、住民を部屋に閉じ込めて火をつけて焼き殺したこともあるわけで、もしこの情報が広がっていればウクライナ問題は同情を引いていただろう、

  その結果ロシアは間違いではなかった、という話になっていたはずである、

  
  アメリカのやる軍事行動は正しく、ロシアのやる軍事行動は間違いである、

  その結果アメリカには経済制裁を課されることがなく、ロシアには経済的な制限をしてもいいという、

  今の世の中のほとんどの人間が、この矛盾した考えを当然のごとく考えている、これが異常だなと思う、


  戦争の問題というのは、煎じ詰めていえば正義の問題であり、プロパガンダの問題である、

  人間は正当性を信じれば、その行為による罪を小さなものだと考える、

  人は人を殺せる生き物ではないが、その罪が小さいと思える正当性があれば人を殺すことができる、

  そう考えると、実はイスラム国で外国人の殺害をしたイスラム教徒と、アメリカの空爆を見ている我々は、全く同じ場所に立っているといえる、


  重要な事は根本的な考えと、争いが起きた時は正当性を排除すること、

  特に正当性があるから、小さな問題は目をつむるべきだという考えは、結果的にその小さな問題自体を目的にする、プロパガンダの拡大を招き、小さな問題がどんどん膨らむことになる、


  イスラム国で人が殺害されたことを、正義の衝動と捉え、それに対する空爆を必要悪と考える、その考え方は間違いである、

  正しい、というよりはマシな考えとしては、それが根本的にどのようなことをし、どのような意味を持つのかよく考えること、

  そして大きな正義のための小さな悪ではなく、大きな正義はどうでもいいから、その小さなな悪が拡大しないようにすることが大事だ、


  正義のうちの10%が悪だとして、分かりやすすぎて違う意味になりそうだが、正義が100円でその内10%が悪ならば、その物には10円分の悪がある、

  戦争や争いは、この総量が増えていく現象だから、一億円の正義があって、一千万円の悪があったら、それはかなりの損害になる、

  また抗争における正義とはプロパガンダで決まり、悪とは具体的な損失で決まるので、いくらでも抗争を拡大できるという、性質もよく考えておくべきだろう、


  話がずれてきたけど、今の時代を生きている人が考えなければいけないことは、正義の為に人をを殺すことは間違いでしかないということ、

  なぜならその正義とは、マスコミの報道で決まる正義だからで、本当にそれが正しいかどうかを、一切知る機会がないからだ、

  そしてその正義とはマスコミのプロパガンダなので、いくらでも拡大ができるので、無尽蔵に人が殺せるようになる、その拡大をしているのが今の欧米諸国である、


  ウクライナでロシア軍がいたと以前騒いでいたが、じゃあシリアに勝手にいるアメリカ軍を批判するかといえば、そういう事はしない、

  それが多くの人の頭のなかで共存している、現実がおかしいと理解できなければ、どんどん戦争が拡大していくわけです、


//

  ついでだからちょっと書くと、この話は沖縄のことともつながっていると思う、

  例えばその沖縄知事選挙に出ている元市長は、大きな反対をいっているから、小さな埋め立て反対をしないことは問題がないといっている、

  これは一種のプロパガンダであり、実はこんな話を書こうかと思っていたのだが、


  他でも、根本的な問題への疑問があって、基地埋め立て反対をしない元市長は、大きな正義の中の小さな悪で見過ごされているけど、根本的に考えてみるとこの人物は基地建設を止める気がない、という問題が見えてくる、


  基地建設を反対だからという正義を取り払って、この人物がやっていることだけをみてみるといい、

  埋め立て許可はカードであり、自分の都合で決めるといっている、

  そして埋め立てをどうするかは、住民の意見を聞かないと決められないと答えている、

  いっていることに矛盾がある以上、この人物が考えていることは、一般的なイメージとは違うものである可能性が高い、


  また、支持者の思考の矛盾もよく考えるべきだろう、元市長の支持者はこう考えている、

  1、反対だから、基地建設を容認している所があっても、それを認めるべきだという、

  2、では民主党の候補者が、基地反対をいうと、それは票を減らすから間違いだという、

  この(1)の考えにアメリカのシリア空爆と同じロジックに入っていて、(2)の話がウクライナのロシア批判と似た所がある、


  なんとなくその辺りから、アメリカのプロパガンダの臭いがしていたが、

  ともかく、正当性を信じることによって、現実よりも信仰を重視し、よくわかっていない事を調べもせずに排除する、
  
  その思考のつながりは狂信と暴力への衝動と変わり、アメリカのテロとの戦いと似たような結果を招く可能性がある、


  重要な事は、大儀があるから小事を認めるというスタンスにつかないこと、

  もう一つは、矛盾をしっかり把握すること、沖縄の元市長は建設をやめることいっていない、反対と言っているだけで埋め立ては承認するだろう、

  逆に民主党の候補者は、埋め立てを否定するといっているのだから、少なくともこの人物のほうが埋め立てを拒否する可能性が高い、

  この思考が頭のなかで処理ができす、感情論でごまかそうとしているのが、今の沖縄知事選挙かと思ったのだけど、
  

  結論がどうなるかはわからないが、今の沖縄で起きていることは、アメリカの軍事行動とどこか似た、メカニズムが働いているなという気はします、



日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR