03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

内閣支持率はどのように操作されるのかと異常な法務大臣と間違った欧米の時代、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  今日は寒いですね、昨日は暑かったのになだんこりゃと思っています、

  
  それはいいとしてなにか起きているかな、ふーむ、聞いたところではアベ政権の世論調査がでたようだ、

  政府広報の日経と読売の数値は高く、どちらかといえば中立の毎日は低かった、

  日経と読売では60%近い支持だったが、毎日新聞では支持は全く増えておらず、ほとんど変化がなかったらしい、


  何故そのような違いがでたのかというと、日経と読売の調査と、毎日の調査では設問に違いがあり、それが大きな違いになったようだ、

  日経と読売では支持するかしないかの調査をしていた、それに対して毎日は興味が無いという項目も入れていた、

  そして日経と読売は、どちらともいえない人に圧力を加えて支持するといわせ、内閣支持率をあげていたようだ、
  

  このことは私も書きましたけど、正直なところアベ政権に興味を持っている国民はほとんどいない、

  内閣改造をした所で、殆どの人にとってはどうでもいいことで、興味を持っている人は少ない、


  今まではその興味がない人を、政府批判票をしてカウントしていたのに、それを無理やり賛成票に加えるようになってから、内閣の支持率が下がりづらくなった、

  これが空気の問題で、マスコミが政府を支持していると、そこのアンケートを受けた時は、支持をするといわないといけない気がするので、興味が無い人でも支持をすると言ってしまう、


  昔はマスコミと政府が対立していることがあったから、興味が無い人はどちらかというと政府の批判票になっていたが、今はマスコミの後押しがあるのでそういう人も支持票に入ってくる、


  今回の件は毎日が興味が無いという項目を入れたことで、違いが際立ってきたものだけど、

  本質的な問題としてはそういう興味が無い人を、どう判断するかはマスコミが決めれる問題だといえる、


  多くの人にとって政治はそんなに興味のあるものではない、だから普通に支持率の調査をすれば、大半は興味が無いと答えるだろう、

  後はその興味が無いという人々を、批判票に含めるように細工をするか、賛成票に入れるように工夫をするか、それをマスコミが決めることによって、支持率や評価を勝手に決めていた、


  このシステムの恐ろしい所は、180度違う意見をマスコミの都合で捏造できることで、多く人の意見を意図的に構築できるところにある、

  いうなればマスコミはシェフのようなもので、本来味のない食材を甘いものにしたり辛いものにしたり、勝手に加工ができるのだ、


  今回毎日新聞に多少の良心があったので、実はマスコミの与論調査は興味のない層に圧力をかけて、賛成か反対にマスコミの都合で方向性を決め、それを世論と言っていたことがバレたわけだけど、


  マスコミの世論調査のシステムは色々いわれていましたが、結局のところ興味のない層を勝手に特定の支持層として、捏造して報道していたことになるでしょう、


  昔の民主党時代は、特定の候補者だとマイナスになるような圧力を加えていたが、

  世論調査をすれば一番大きくなるのは興味の無い層なのだから、それを操作できる立場にあるマスコミが、世論調査をする資格は最初からなかったわけです、

  (そういう意味では政党や特定の個人への支持でも、同じ手を使っている可能性がありますね。)


  次に、アベ内閣には一番危険だといわれる、法務大臣がいる、

  この人物は女性なのだけど、いっていることが狂っていてまず国家を守るために法律があるのだから、犯罪者の権利など無い方がいいと発言していた、

  国家に反する人間は権利を無視して処罰するべきだといっている、

  次に、イスラム教徒の受刑者が豚肉を食べないのは差別だから、彼らに強制的に食わせるべきだともいっている、

  後は性犯罪者は頭がオカシイから、問題を起こす可能性があったら、法律や裁判を無視して半永久的に刑務所に入れるのが、本来の法治国家であるといっていた、


  こいつが法務大臣なのだから、アベ政権の異常性がよく分かるものだが、何なんだろうね、この頭のおかしい人物は、


  一つ目の国家に反する人間は人権を無視して処罰するべきで、犯罪者の権利はすべて没収するべきだというのは、こういうことか?、

  つまり裁判は一切せず、国家権力のじゃまになる人間は裁判不要で処罰するということ?、


  そもそも裁判は犯罪者を追求するだけではなく、容疑者の潔白を訴えるところだから、この法務大臣の考え方の場合は最初から犯罪者が決まっているので、

  政府関係者に反する人は全員犯罪者である、だから裁判をする必要もないし、犯罪者の権利があるの間違いだということになる、

  まさか裁判制度を否定する法務大臣が生まれるとは思わなかったが、さすがアベだ、どこまでも頭のおかしいやつだな、


  イスラム教の受刑者は豚肉を食べないのはわがままだから、強制的に食わせろというのも異常だな、

  そもそも犯罪者といっても憲法上の権利は有しているし、信教の自由があるのだから、受刑者であっても宗教の上の権利はある、

  つまりイスラム教徒が犯罪を犯しても、それはイスラム教を信じることとは関係ないのだから、彼らの権利は守る必要がある、


  それがだめだというのがよくわからないね、こいつが言いたいのは信教の自由は廃止するってことか、すごく公明党が怒りそうなことをいっているが、信教の自由の廃止が今回の法相の仕事らしいです、


  最後の、性犯罪者は頭がオカシイから、裁判所を無視して全員終身刑にすべきというのは、これもよく分からないな、

  それだったら別に裁判を受けさせる必要はないし、裁判をしないんだったら、性犯罪者かどうかも調べる必要はないんじゃないか、


  裁判の結果を無視するということは、裁判の取り調べも必要がないということで、その人物が性犯罪者であるかを調べないことと同じだから、最初から性犯罪者を逮捕する気がないことになるが、どういう意味だろうな?、

  つまり性犯罪者っぽい人間がいたら、裁判をせずに適当に逮捕して、終身刑にすればいいということか、ほんとコイツ馬鹿だな、


  馬鹿は馬鹿を呼ぶという感じだね、アベの周りはこんな知能の足りないアホしかいない、

  今回のアベ内閣は、ほかも似たような頭のおかしいやつらしいけど、しかし裁判制度を完全否定して、気に入らない人間を叩くのが正しい司法制度とは、こいつら全員処刑した方がいいような気しかしないな、

  なんでこんな馬鹿が法務大臣になっているのかよくわからないが、アベの周囲には頭のおかしい人間しかいないようです、


  後は、そういえばウクライナで和平調停が行われたらしい、プーチン氏とウクライナ政府との和平の合意の話が出ていたが、それは誤報ということになっていた、

  理由としてはプーチン氏が、自分はウクライナの反政府勢力とは関係がないから、和平の合意は出来ないといって拒否したことが原因だったが、

  
  その後ウクライナ政府と反政府勢力が和平で合意し、ある一定期間の停戦をすることになった、

  一応今の段階では戦闘はほとんど起きておらず、ひとまず平和になったようだ、


  この問題は欧米の問題が大きかったといえ、プーチン氏がそれを修正したところが強くある、

  欧米諸国はアラブの春のような、ウクライナの混乱を引き起こすことを目的にしていた、


  その計画はかなり粗雑で、下手をすれば数百万人の被害が出かねない、危険な騒動を起こしていた、

  連中にとってはウクライナ人がどうなろうがよかったのだろうけど、ロシアにとっては一大事なので、対策をすることになった、


  欧米諸国は毎日のように捏造情報を流して、ロシアを批判していたが結局のところ連中がやりたかったのは、ウクライナの混乱によるロシはへの被害だけだった、

  今回の件でもし欧米諸国が勝っていたら、大量虐殺のジェノサイドが起きていたのはほぼ間違いがないだろう、ウクライナが平和的方向へ進めたのはロシアのおかげである、


  この辺りが世の中の変化だといえ、今までは欧米のスタンダードを信じていれば社会が明るくなった、

  しかし今は欧米スタンダードは人を不幸にする象徴に過ぎず、彼らの言う正当性は大量の殺戮や、多くの人の不幸しか生むことができない、

  テレビや新聞をみると欧米の考え方がよく報道されている、しかしその話を信じだ結果生まれるのは人の不幸でしかない、


  テロとの戦い、アラブの春、シリア紛争、リビアの内乱、ウクライナ問題、

  それ以外でも中国やロシアへの批判が社会を良くしたことはなく、欧米の言うロジックは本質的に誤りしか生まなくなっている、

  それは欧米の今まで言われていた価値観が、間違った形を強く持つようになったからだといえ、間違った欧米という時代がもうすでに始まっていることを意味する、


  日本もその「間違った」の範囲に入っていて、アベみたいな頭のおかしいやつを評価する日本人もまた、「間違った」存在でしかない、


  ウクライナ情勢から見えるのは、欧米の間違いの大きさであり、彼らの言うこと考える事のほぼすべてが間違っているという現実である、

  欧米スタンダードが今までの社会論の基礎であったが、そのスタンダードが間違いの土壌となり、そこから生まれたものは国債紛争の火種になる、

  中国の問題も結局はその土壌を基礎として考えた、日本人の判断ミスが根っこにあるので、一歩間違えれば日本はすぐにウクライナのようになるだろう、


  その辺りの考えをそろそろ変えるべ時期ですが、アベみたいな頭のおかしいやつを生かしておくならば、日本の未来はまずないでしょう、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





//
鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR