04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

女性蔑視プロパガンダ安倍内閣と崩壊するウクライナと政治的自殺の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近急に暑くなってきましたね、また夏になるのかという気がしますけど、エンドレスサマーです、


  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、一応ネタはあるようだけどまずアベのやつが内閣改造をしたらしい、

  内閣改造ね、したところで意味は無いが、どうせ変な右翼の頭のおかしいのがギャーギャー言う、変なもにしかならないだろけど、、

  と思ってざっと見てみたが本当にそうだった、やっぱりアベは馬鹿なんだね、人が考えた通りに動くというのは、知能が低い証拠だから、


  アベの新内閣はポリ袋につまった生ゴミみたいなものだから、これから発酵をして毒キノコがにょきにょき生える、どうしようもない組織になるのだろうけど、


  一応女性の活用といっているが、これは簡単な話で特に深い意味があるわけではない、

  大体からしてアベは馬鹿なのだから難しいことを考える能力はない、単純に女性の支持が低い事へのテコ入れだと見ていい、


  劇場型政治とは、いわゆるB層をあてにしたプロパガンダ政治だけど、この政治システムで重要なのは女性である、

  私がそういっているわけではないのだけど、そういうB層をだますプログラムでは、女性は騙しやすいからその層の支持が大事だいわれている、


  詐欺師の小泉の頃は女性向けのアピールをしていることが多かったが、女性はテレビの影響を受けやすく、あまり政治に興味のない人が多いので騙しやすい、

  そういうことを自民党は考えているので、B層アピールをしたいというのが、今回の改造の意味だろう、


  元々右翼と女性は相性が悪く、右翼思想は女性の権利を踏みにじる考え方なので、右翼的な行動は女性に嫌われやすい、

  アベや自民党への支持が数値上は高くても、あまりパットしないのは連中が右翼であり、女性の敵だからその分支持がないのが原因だ、

  だからそれを変えようと、女性の大臣をおいたのだろうけど全く意味は無いね、


  そもそも女性だからといって女性の味方をするわけではない、中身がおっさんで右翼思想の強い、女性の敵になる女性もいる、

  今回のアベの人事では女性差別主義者の思想を強く持った、中身がおっさんの女性大臣が増えただけだから、女性重視とはいえないな、


  実際今回大臣になっだ女性議員は、女性の権利を制限した方がいいという意見を持っている人が多く、自分が女性だとあまり思っていないらしい、

  だからこういう女性が大臣になったとしても、その根底にあるのは女性蔑視の思想だから、女性の権利を認めるという演出をしつつ、中身は全く逆になる、
  

  今回のアベの内閣改造は、支持率が高ければ中身はどうでもいいという、劇場型政治の典型であり、女性の支持を得ようというプロパガンダの意味が強い、

  大体からしてその女性大臣は、女性は子供を産んでいればいいとか、自分も女性なのにそんなことをいう人達ですから、女性の立場を強める気は全くない、


  日本の貧困問題は女性の貧困問題でもある、家族制度が崩壊した社会では女性の立場が思った以上に弱くなっている、

  それを支えるのが本来の政治の仕事であるが、アベやっているのは演出で騙して支持率を上げることだけである、

  もちろんヤツにはそんなことを考える知能はないから、考えているのは別の人間ではあるが、どちらにしろ中身が無いという点では同じである、

 
  女性重視をすれば人気取りになる、そんな女性に嫌われる右翼が考えた、安っぽい内閣に意味は無い、

  家族制度が弱まったことによる女性の立場の弱体化は、右翼思想を減らすことによってしか挽回できない、

  現実的にいえばそういう判断しかないが、それに気づけるかどうかですかね、


  次に、同じネタを書いてみると今回の人事では、極端な右翼色が強まったといえる、

  バランスがいいとか変なことを書いている人もいるが、その可能性は全くない、


  元々アベは無能な役立たずだ、そいつがまともな人間を周囲に置く可能性はなく、いるのは頭のおかしな犯罪者だけである、

  無能な人間は周りも無能じゃないと納得しない、独裁者に馬鹿な能無しが多いのはこのためだが、アベも同類である、


  今回の人事を見ても、自分の周りに似たような右翼人間を揃えて、靖国バンザイみたいなくだらない人間を揃えている、

  これでは何とかに刃物のような組織にしかならないだろう、


  アベのような無能な奴にできることはないのだから、このような結果になるしかないが、

  ただそういう組織である分、まともに機能することはないだろう、意味不明なことを騒ぐだけの、カルト宗教のような内閣になるでしょう、


  後は、ウクライナの情勢が大きく動いて、ウクライナ軍が壊滅したようだ、

  ウクライナ軍の被害は兵士が45000人にやられて、その内15000人が死亡、更に10000人が逃亡して、残りの兵士は戦える状況にないらしい、


  この問題は、ロシア軍が反政府勢力を支持したのが原因だといっているが、たとえいたとしても大軍ではないのだから、ほとんどはウクライナにいる民兵だろう、

  ロシア系の民兵にここまでやれるとは、ウクライナ軍の弱さが目立つが、かなり大きな争いが起きていたようだ、


  もちろんこの数値があっているかはわからないのですが、数万の兵力がやられたら勝負があったと見ていい、

  その兵力を補充する能力はもうないだろうから、ウクライナは戦争の継続がかなり難しくなるだろう、


  この件についてはNATOが衛星写真を見せて、ロシア軍が侵攻しているといっていたが後にアメリカ政府が否定した、

  否定するなら最初から出すなと言いたいが、現状ではロシア軍がウクライナ内部に入っている証拠はないらしい、

  ただロシアは昔の戦争でも、いきなり戦局をひっくり返したことがあるので、プーチン氏がなにか秘策を行った可能性はありますが、
  

  ともかく、ウクライナ軍が壊滅状態になったことにより、欧米のプランが大きく崩れることになる、

  欧米諸国としてはウクライナに自国の軍を置いて、ロシアへの牽制をする計画だった、


  例えばNATOの核兵器を置くとか、大量の軍事兵器を配備し、ロシアへの牽制をして、そのつけはウクライナに背負わせる予定だった、

  しかしプーチン氏がクリミアを支配して、軍港の利用ができなくなったので、軍隊を配備する計画は頓挫した、


  その後は間接的なウクライナへの支援に切り替わり、その支援を当てにして今度はウクライナ軍が、東部と南部の住民へ攻撃を始めた、

  ウクライナとしては欧米の支援があるし、相手は民兵なので勝てると思っていたのだが、初期の頃から苦戦を強いられていた、


  ウクライナ東部と南部の住民は、ウクライナ軍な来ることを想定して、武装し兵器を揃えていたので、簡単に倒せる相手ではなかった、

  そこでウクライナとしては、大規模な兵力で一気に押しつぶす計画を立て、大量破壊兵器と大軍を持って、民兵を圧倒する計画と立てた、

  それはそれなりに効果があり、少し前ウクライナが領土を取り返したのは、この作戦が成功したからである、


  しかし完全には倒すことが出来なかったので、相手が反撃をするスキを作ってしまった、

  そこでプーチンやロシアが支援をしていたかは定かではないが、包囲を受けていた民兵は、ウクライナ軍の包囲を突破し今度は逆に包囲をし始めた、

  戦略というのは包囲したほうが勝つので、包囲されたウクライナ軍は窮地に陥った、

  それがひと月前に起きたことで、そして今ついに壊滅状態になったわけです、


  これからどうなるかですが、このまま行くと民兵がキエフまで攻める可能性があります、

  実はウクライナ内部の勢力とロシア政府は考えに違いがあり、ロシアは和平路線なのですが、ウクライナ内部の勢力はウクライナを支配したいと考えています、

  そのためロシアの抑制が効かない場合は、内部の民兵が首都まで迫る恐れがあります、


  この問題がややこしいのは、本当かどうかは分かりませんが、立場上ロシアはウクライナに介入していないといっている、

  たしかにロシアがウクライナに介入した証拠はなく、欧米の出したデータは全てデタラメだったので、その可能性は十分あるでしょう、


  ただロシアの立場がそうなので、ウクライナ政府と民兵の和平にロシアが介入すると、ウクライナ内部の民兵は、ロシアが支援をしていたと言われてしまう、

  だからロシアはウクライナ内部の和平に関与することができない、これは欧米のミスといえるのだけど、

  ロシアがウクライナに介入することを批判していたので、ウクライナ内部で民兵が行動することに対して、ロシアは何もできなくなっている、


  このまま行くとかなり厄介なことになる恐れがある、ウクライナ軍が本当に壊滅していたら、民兵からの攻撃を防ぐ手段がウクライナにない、

  そうなればウクライナという国は事実上消滅することになる、


  以前から書いていましたがウクライナ問題は、ロシアにしか対処ができない問題である、

  だからロシアの介入を制限したことが、ウクライナの民兵の行動に自由を与えてしまっている、


  これを止めるにはウクライナへの直接的な軍事支援が必要だが、欧米諸国はそんなことをする気はない、

  ある意味最悪の道に進みつつあるのだけど、欧米諸国がロシア側の意見をある程度認めるスタンスを持たないと、ウクライナは別の国になってしまうでしょう、


  それ以外だと、ニュースステーションの原発担当の人が亡くなった話がある、

  練炭自殺をしたという噂があるが、自殺をするような人間では全くなかったようだ、


  以前もそういう事件が起きて、元警察関係の人が何かを調べていたら、全く同じような自殺をしたことがある、

  その人も新しい事業を始める直前で、自殺をするような状況では全くなかった、

  しかも練炭自殺という手口がよく似ている、

  
  ついでにいえば昔ライブドアに堀江氏がいたころ、沖縄で証券関係の人がホテルで亡くなった、

  部屋には争ったあとがあり、明らかに他殺による犯行であったのだが、その時も自殺として処理をしていた、


  更にいえば前のアベ政権時に、なんとか還元水という賄賂話が出た人が、非常に怪しい形で自殺をした、

  あべの奴がその人物の遺言状を読んでいたが、それは本当なのかという意見が同時あった、

 
  自民党が政権にいる時は不自然な死が多くなる、自民党は権力を掌握することしか考えないから、基本的に連中は人を殺しても悪いと思う人物はいない、

  それが我々の立場だと思っているから、平気でやると思った方がいい、


  そもそも日本の政治制度は近代化をしておらず、制度の多くは江戸時代のままである、

  江戸時代といえば政府に反する人間を、何の論拠もなく火炙りにする時代だった、

  いまの日本政府も基本的には同じ考えを踏襲しているので、連中が自殺に見せかけて人を殺すことは普通にあると思った方がいい、

  
  政治的な変化が適度に起きていれば、そのリスクも下がることになるが、自民党のような一党独裁に使い形を、何十年も続けていれば国家のシステムが狂い、狂気のようなことをして来ても不思議ではない、


  今回の件は原発に対して突っ込んだ報道をしていた、ニュースステーションに対する見せしめの可能性はある、

  ニュースステーションは権力の犬のようなこともしていたが、最近は原発問題に対しては批判的だった、

  その中心人物を潰せば誰にとって有利になるのか、そしてどこかの総理が何かをしている時期と、かぶっていることも気になるだろう、


  内閣改造で心機一転、邪魔者は処刑と、そうなっていないことを祈りますが、

  そういうことをしかねないのので、連中には気をつけたほうがいいです、


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR