03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

広島土石流問題と災害時にゴルフをするアホと沖縄危機による日中戦争の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  そろそろ夏も終わりますね、暑すぎて何も出来ませんでしたが、夏というよりオーブンの中に住んでいるような感じでした、


  それはともかく何か起きているかな、まず広島で土砂災害が起きているらしい、

  いわゆるゲリラ豪雨が山の付近で起きて、それが土石流になって大きな被害を出した、

  今までの想定では起きない規模のものが起きて、対応が出来なかったようだ、


  少し前に書いたのですが、世界で一番たくさん降った雨は、数メートルか10m位降ったという話があります、

  なぜそんなに降ったのかというと、山に湿った空気がぶつかって大量の雨が降ったらしく、今回も似たような感じだと思います、

  つまりゲリラ豪雨の雲が山にぶつかって、雨が降る現象が重なったと思っていますが、


  ともかく大量の雨が降って多くの方が亡くなりました、救助をしていた方も亡くなられたようで、かわいそうなことでしたが、

  で、安倍がその時に問題を起こしていたらしいね、何でも広島で土石流が起きた時にゴルフをしていたと聞く、


  一応20分位指示をした後、ゴルフをやり続けで死傷者が10人以上になったので、慌てて官邸に行った後ゴルフ場の山荘に戻ったらしい、

  この馬鹿は、広島の人が生きようが死のうがどうでも良かったわけで、こいつの人間性のなさがよく現れているけど、


  私も不思議に思っていたのだけど、テレビを見て普通災害があると、官邸が写しだされて、なにか連絡会議みたいなものをするのに、今回は全くなかった、

  むかし原発事故が起きた時は、民主党の管のやつが作業着を着て、記者会見をしていたけど、今回は何もなかった、


  本来であればこういう災害事故は、与党の宣伝材料になるから、災害事故が起きた後で、与党の政治家がでてこうしますよといって、人気をえるのが普通だ、

  私もテレビを見て、またあのアベの野郎がと思っていたのだけど、一向に出てこないのでなぜだろうと思っていた、

  なぜかと思えば、そもそも対策をせずゴルフをしていたとは思わなかったよ、あべはやっぱり馬鹿だね、


  アベの言い分だと、災害の連絡が来た時に指示をして、そのあとゴルフをした、

  その後災害の規模が大きくなったので、ゴルフを1時間で切り上げてやめたのだから、俺は正しいとかいっているが、馬鹿につける薬はないってかんじだな、


  まあゴルフは一時的なものだと言い訳ができるが、その後山荘に戻ったのはさすがに言い訳が出来ないだろう、

  着の身着のままで出てきたから、荷物を取りに戻ったというが、普通は取りに行かせるものだ、

  しかもそのあと、山荘で会議とかをしていたらしいからね、奴にとって広島で人が亡くなったことは、全く価値がなかったのだろうな、


  まあ安部は戦争屋だから、金にならない人間が生きようが死のうがどうでも良かったのだろうけど、

  安部とかその信者はよく自分を愛国者だという、保守だともいう、

  そしてそいつらは災害にあって人がなくなると、ゴルフをするわけだ、

  つまり自然災害で人が亡くなることは、ゴルフの邪魔でしか無いくらいの感覚なのが、自民党周囲にいる愛国者と保守の実態である、


  連中は遊び半分、金儲けで右翼だ保守だといっているだけで、社会や世の中のことを考えている人間は一人もいない、

  そういう連中が権力を握って、日本の未来があるかというのが、今の世の中の現状です、


  次に、この問題をもう少し書いてみると、この広島の災害は大きな問題を含んでいると思う、

  それは危機対応の問題で、今回の件を担当した広島の市長は、マニュアル通りにやったので問題がなかったといっていた、

  つまり特殊な自然災害だったので、私は関係ないといっていた、

  最初から対策をする気もない、それがその担当者のいったことだった、

  
  今回のことはある種の連続性があって、結局災害が起きた時に誰も助ける気がなかった事が、大きな問題になったといえる、

  現地の人がいっていたけど、災害救助への対応が遅すぎるといっていた、

  例えば災害が起きた次の日にやっと救助の人が来たりして、もうみんな亡くなった後で救助の人が来ていた、

  それでは救助とはいえないわけで、なんの役にも立たなかったといえる、


  これは別に現場の人が悪いわけではない、支援する政府の問題であって、今回のことはしっかり対応しておけば、助かった命もあっただろう、

  それが上から下まで全員無責任で、その地域の住民を見殺した、

  現場の人が危ないと思っても行動できるように、対策をしっかりすれば結果は大きく違っただろう、


  こういう急に起きる問題に対しては、臨機応変さが必要で、更に責任意識を持つことも重要だ、

  その両方がなかったから、多くの人が亡くなったわけで、まともな対策をしなかった政府の責任だといえる、


  特にアベの責任は重いだろう、奴が馬鹿じゃなくてまともな人間だったら、無責任な人間でなければ、

  わかりやすくいえば普通の人間なら、何人かは助かっていた可能性がある、

  救助が行われたのが一日あとでは助かるわけがないので、そういう厳しい状況でも対応できるように、具体的なプランを作るのが本来の政治家の仕事であるはず、

  それがアベのバカはゴルフをやっていたのだから、どうしようもないわけです、

 
  今回の件は自民党に投票した人間にも責任はあるだろう、いざとなったら役に立たない人間に投票すればこうなるのだから、間接的に人を殺したようなものだ、

  人は選ぶときはちゃんと選ばないといけない、無能な人間を人の上に置けば、その害は数千倍になって返ってくる、

  今回のことはその一つではないかと思います、


  後は、辺野古の基地問題が大きくなっているようだ、

  アベはアメリカの手先だから、アメリカの犬として中国へけしかけるために、辺野古に基地をつくろうとしている、

  元々は普天間基地の移設問題であったが、今となっては戦争のために辺野古に基地をつくろうとしていると見ていい、
  
  
  その反対運動が激化してきて、沖縄の人も関心をもつようになった、

  地方紙の強い所は自立性が強く、沖縄では地方紙の影響が強いので、連日問題を報道している、

  例えば自衛隊員やその関係者が勝手に人を逮捕していることを、大々的に報道している、


  そのため沖縄では反対論が強まり、大規模な反対集会が開かれることになった、

  こうなることは私も書いていましたが、選挙前で辺野古移設が大きなテーマなのに、その建設を強引に勧めるわけですから、いい宣伝になってしまう、

  その結果沖縄県内での盛り上がりが大きくなり、辺野古移設の問題も明らかになっていくだろう、


  今の沖縄の辺野古移設問題は、私はキューバ危機と似た話だと見ている、

  キューバ危機は、キューバにソ連がミサイルを配備して、キューバはアメリカの首都に近いですから、これが核戦争になるのではという話でした、


  当時の大統領が止めたので、大規模な抗争にはなりませんでしたが、欧米の行動をみると、キューバ危機に近いプランを考えているようなので、沖縄でやろうとしているのもそういう考えである可能性が高い、
 

  そして安倍や自民党が考えているのは、そのプランを多少矮小化したもので、いわゆる人種差別的な発想が根底にある、

  アベやその信者は沖縄の人を土人だと呼ぶ、同じ日本人じゃないというのが連中よく言うことだ、

  だから戦争で沖縄の人が亡くなったのは、日本人が死んだわけではないからいいというのが、自民党やアベの言っていることである、 


  そういう考えと、アメリカのキューバ危機プランと合わさっているのが、今回の辺野古基地建設だと思う、

  アメリカは日本に中国を攻撃する、キューバ危機のような形になってほしいと思っている、


  自民党やアベは民族主義者ですから、沖縄の人は日本人だと思っていないので、中国と争うならば、沖縄の人を犠牲にすればいいと考えている、

  それが辺野古基地問題になっていて、今沖縄では二重のキューバ危機のようになっており、アメリカと日本政府から攻撃を受けている、


  この問題が厄介なのは、全体のプランが中国への戦争であること、
  
  アメリカは日本に中国への攻撃をさせて、それによる中国の不安定化がアメリカの狙いだ、

  だからこそアベみたいなに民族主義者を台頭させ、中国との戦争をさせようとしている、


  そしてアベは民族主義者だから、沖縄に住んでいる人を人間だと認めていない、

  そういう考えなので、沖縄の人が死ぬのは構わないと考えているから、日中戦争の問題を沖縄に押し付ける計画である、

  わかりやすくいえば、沖縄対中国の戦争にして、それによる利益を得たいのがアメリカと日本政府なのである、


  そういう腐った構造があるので、辺野古の基地は根本的に危ないものになっている、

  辺野古の基地が起点になって戦争が起こる可能性があるわけで、戦争屋のアベが辺野古にどうしても基地を作りたいと考えているのは、そういう理由だからだ、


  アメリカの中国への挑発は全て沖縄がすることになり、全責任は沖縄に住む人が背負うことになる、それが辺野古基地の潜在的な意味だとえるでしょう、


  (いうなればキューバ危機のような問題が、将来辺野古で起こる恐れがあるということです)


日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章日本の真実 安倍政権に危うさを感じる人のための十一章
(2014/07/26)
植草一秀

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社





//
鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR