06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

集団的自衛権公明党と選挙改ざんの証明とアベ自民の主婦に対するSHINE(シネ)戦略

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  最近は変な天気が続きますね、雹が降ることがあるらしい、

  テレビを見たら雹が川のようになっていたけど、あれって雹河っていうのかな、


  そんなダジャレはどうでもいいのですが、何か起きているか、

  うーむ、今のところは特に起きていないようだね、では仕方がないのアベの集団自衛権話でも書いてみますか、


  アベのやつは頭がおかしいのか、やたらと集団自衛権という、

  余程戦争をして国民を殺したいのだろうけど、この集団自衛権の話はあまりうまく行っていない、


  国会はすこし前に終わりましたが、本来であればそこで集団的自衛権の決議をする予定だった、

  しかし公明党内部に反対派が多く、会期内の決議をする事ができなかった、


  それでアベはオーストラリアと武器の売買の取引があるので、それまでに集団自衛権を通したいと考えている、

  集団自衛権は外国を侵略する権利なので、今までのような防衛のための兵器だけではなく、外国を攻める兵器も必要になるので、その為に必要なのだろう、


  現状では公明党が譲歩して集団自衛権に協力する姿勢を見せている、

  ただやはり党内部に反対勢力が多く、それほどうまく行っていないようだ、
  
  その最大の理由が自民党が期待している、具体的な軍事行動を可能にする条件で、例えば機雷の除去なども含めたいと思っていることがネックになっている、


  自民党と公明党の間は何度か合意に近づいたことはあるのだけど、合意に近づいた所で自民党が軍事作戦の文言を入れようとし、そのたびに交渉が決裂している、

  最近の公明党と自民党が合意した文章も、党内に持って帰ったら強い反発があったようだ、


  これがどうなるかだが、前回も書いたように時間的な制限が強くあるので、公明党よりの文章になる可能性は高い、

  例えば厳しい制限をつけるなどの、条件が付く可能性が高いだろう、

  そのため具体的な軍事行動まではできないものになるかもしれない、


  100%そうなるわけではないが、アベが外国との武器売買で利益を得るためには、早期の決着が必要である、

  そして早い段階で結論を得るためには、かなり公明党よりの文章に変える必要がある、


  公明党はどうやらトップダウンのシステムではないらしいので、党内の反発には耳を傾ける必要があり、公明党内の反発に沿った形にはなるだろう、

  とはいえ集団自衛権の行使を認めた上で、適当に書き換えればいいだけなので、公明党が反対をしても、それほど効果はないと思う、

  ただ条件が厳しくなれば安倍の戦争ドリームも、少しは遠くなるので公明党の意見がどの程度入るかによって、結果の流れ変わるでしょう、


  次は、そういえば不正選挙の話が出ているね、なんでも無効票を勝手に増やした事件があったらしい、

  無効票を勝手に増やして何がしたかったのかはわからないのだが、選挙を管理する担当者が勝手に投票用紙を作り、投票の水増しをしていたようだ、


  今まで不正選挙はまず出来ないという人が多かったが、これで不正選挙そのものは可能であることが証明されたといえる、

  つまり今までも投票結果の改ざんは行わていたし、今回のことは氷山の一角にすぎないといえるだろう、


  この件はとある選挙区で不自然な投票が起き、なぜかある議員の得票がゼロになっていて、それはおかしいという話から始まった、

  その問題を調査していた人たちは投票を管理する所から、問題など起こるはずがないと説明をされていた、

  それでも引き下がらずに調べていたら、今回のようなことになったらしい、


  不正選挙についてはムサシという会社が、選挙の得票を調べる機械を一括して導入しているので、怪しいとはいわれていた、

  しかもその会社は自民党と関係が深く、献金などもしている所で何か細工をしているのではといわれていた、

  今回の件は機械を使ったものではなく、人の手によるものだったが、機械を使っても人が管理をしている部分で不正をすれば、票の改ざんは可能だということだろう、


  私は投票の改ざんについては、部分的にやっているのではないかと考えていた、

  票の改ざんはリスクが大きいので、さすが大規模ではやっていないが、小規模ではどこかでやっているだろうと思っていました、


  ただ実際に得票の視察をした方によると、すべて機械で処理をするので不正をする隙はないといっていたのですが、機械による不正はなかったけど、機械以外では不正が行われていたことになる、

  今回の件だって、その疑問を持った団体が調べなければ分からなかったわけだから、他の選挙も調べなければ不正がし放題であるといえる、

  
  どの程度自民党などが選挙の不正をしているのかはわからないけど、その票の書き換えをした人物がいるということは組織的な犯行であったり、誰かが票を書き換えるように頼んだ可能性もあるわけで、


  そう考えると日本では日常的に得票を書き換える作業が行われているといえ、これでは民主主義が成立しないわけだけど、

  少し前の選挙で沢山の人が投票に行ったのに投票率が異常に低かったのは、もしかすると誰かが票を書き換えていたからかもしれません、


  後は、アベが女性の活用といっているね、アベや自民党が豊かに暮らすためには、奴隷は多いほうがいいという意味で「活用」といっているのだろうけど、

  そういえばアベが女性活用のためのサイトを作って、「SHINE」とかいう名前をつけていたが、単純にいえば死ねと言いたいのだろうな、


  本来の意味は光だけど、こいつがいうと死ねとしか読めないのがあれですが、

  ともかく、アベのいう女性の活用というのがあるが、ほとんど意味はないだろうな、

  
  アベがやろうとしているのは、夫婦の場合奥さんが働いた時は、ある程度の額までは税金が免除される制度がある、

  それは100~130万円くらいの範囲だけど、この範囲ならば税金がかからない、

  また、この範囲の収入ならば扶養条件をみたすので、社会保険を払う必要もない、


  この制度が女性労働の制限になっていたのは事実だが、どうやら安倍はこの制度の縮小を考えているらしい、

  例えば50万円までを非課税にし、扶養の範囲も同じようにすれば、それ以上の収入を得ている人は課税対象になるし、社会保険料を自分で払う必要がある、


  そうした場合2つの可能性がある、一つには女性が大幅に萎縮して、50万円までしか稼がなくなること、

  もう一つが50万円を超えて仕事を増やし、税金や社会保険料をペイするほどの収入を得ようとすること、


  アベがいっているのは後者らしいが、そんなことが出来るとは思えないな、

  もしくは出来たとしても国民にとってはメリットがなく、安倍は新しい奴隷の階層がほしいといっているだけで、パート主婦の層にムチを打って働けといっているだけだ、


  そもそも日本の場合給料が安い問題がある、

  海外では場所によるけど日本よりも最低賃金が高いことが多く、日本の倍くらいになることも結構ある、

  確かに日本円でそれなりの額を貰えば利益にはなるけど、日本は物価が高いので最低賃金を大幅に引き上げないと生活ができない環境にある、


  それでいながら自民党やアベは賃金の引き下げを成長戦略にし、そこで女性の税的な補償を削るのだから、

  パートの給料が大きく下がり、働いた分の利益は税金でほとんど消えることになる、


  それと多分だけど、パートの厚生年金加入を強めて、社会保障費を高く負担させようとすると思う、

  つまり、アベのいうSHINE(しね)というのは、今までパートでそれなりの収入を得ていて、家庭の支えをしていた層を更に抑圧するのが狙いだろう、

  
  まずは労働の緩和や最低賃金の引き下げなどを導入し、パート収入を下げる方向性を強める、

  その後、税的な優遇を受けれる上限や、旦那さんの扶養に入れる基準を厳しくし、税金と社会保障費を払ってもらう、

 
  その上で厚生年金などに、パートやアルバイトを強制加入させ、社会保障費を何倍にもとるんじゃないかな、

  パートやアルバイトの厚生年金は、非正規労働に対して強制になるといっていたけど、それをさらに強めるのがアベのいうSHINE(しね)だろうな、


  アベもなかなかいいネーミングセンスをしている、つまりパートの主婦はSHINE(しね)というのが、アベの成長戦略であり新しい奴隷層の構築が、景気回復の原動力になると考えているのだろう、

  さすがアメリカの犬だけあるね、経済政策が奴隷制度しかないあたりがアメリカンですけど、


  この話は本来であれば社会保障の充実で対処すべきことである、

  例えば税金の限度額をあげ、扶養の条件を緩めれば女性はもっと頑張って働くことが出来る、


  よく新自由主義者は、法人税が安くなれば企業の経済活動が活発になるというが、
  
  それは国民も一緒で、国民生活の負担になるものを減らすことが出来れば、国民一人一人の経済活動は活発になる、

  別に経済は企業だけがしているわけではなく、働いている一人ひとりも経済活動をしているのだから、それに対する支援をすることは立派な経済政策なのだけど、


  そんなことを理解できるほど連中は頭が良くないので、全く逆の方向へ進んでいる、

  残念ながらこんなことをすれば女性の自由はなくなるし、少子化は急激に進んでしまうというしかないですね、


  
小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR