03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

集団自衛権とサッカーの話と、都議セクハラに見えるサディズム社会、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  最近は何故か寒いですね、雪の降る夏を一度体験してみたいものですが、さすがにそこまでは行かないかな、

  それはともかく何か起きているか、色々あるけどネタはほとんど変わらないですね、

  
  結局集団自衛権の話しかないわけですが、自民党やアベのやつは戦争がしたいので集団自衛権が必要だといっている、

  ポイントは自衛をしたいのではなく、戦争をしたいからいっているだけで、実を言うとこいつらは日本を守る気は全くない、

  金になれば日本など滅んでいいというのが、自民党やアベの本心であり連中のやりたいことである、


  その集団自衛権の話ですが、国会の終盤になってややこしい事になっている、

  元々自民党は戦争をするために、集団自衛権を認めるべきだといっているが、公明党はそのような判断をしていない、

  公明党が想定しているのは、あくまで平和的な自衛隊の活動であって、戦争行為まで認める気はない、


  もちろん平和的な活動といっても、軍事行動に近いものにはなるが、直接的に敵の軍隊と争うことは避けたいと考えている、

  もし自衛隊が外国の軍隊と争うことになれば、高い確率で死傷者が出ることになるので、公明党はそれを避けようとしている、

  公明党が気にしているのは平和の党の看板で、自衛隊の活動も平和的でなければ認める気はない、


  ここが今の集団自衛権の分岐点で、政府内で話が進まなくなっている原因である、

  自民党の狙いは直接的な軍事行動で、外国の部隊と殺し合いをすることを想定している、

  そのような形になれば大規模戦争も可能になるし、それによる軍事費の増大は大きな実入りになる、それが自民党の狙い、


  公明党は昔の自衛隊派遣を拡張したようなものか、自衛隊派遣の形を明確にする程度のレベルを想定している、

  だから具体的な軍事行動や、大規模戦争になりうる可能性については否定している、


  これが国会終盤になって表面化していて、自民党としては何とか軍事行動の例を含めたいと考えているが、公明党にはそれができない理由がある、

  このまま進めば平行線になるが、アベはこれから外国に武器の売買をしに行くので、出来れば出国前に集団自衛権を認めたいと考えている、


  そのため、自民党と公明党は早い段階で、集団自衛権の結論を出さなければいけない、

  それがどうなるかですが、自民党の提案しているプランは公明党が飲めるものではないので、かなり公明党よりのものになる可能性がある、

  なぜかといえば、今回の話は内閣の決議に過ぎず、後で改正をする事が可能だからで、ひとまず入口を作るところで妥協するのではないかと思う、


  ただ公明党が大幅譲歩して、極端な軍事路線に進む可能性も否定出来ないので、現状では注意が必要です、


  次に、安倍の支持率が下がっているらしいね、更に不支持率も上がってきている、

  まあマスコミの世論調査などというのは眉唾もので、どの程度精度があるのかは怪しいものだが、

  少なくともテレビや新聞を見ている層は、段々アベ政権を否定的に見るようになっているようだ、


  確かに残業ゼロ法案や、集団自衛権は前のアベ政権でも叩かれたことだし、

  更にアベのいう年金の積立金を、株式に投入する話も前の年金騒動を思い出させているのかもしれない、


  前回のアベ政権では年金の記載ミスの問題が発生し、それを徹底的に調べますといった次の日に、急に首相を辞めた、

  腹がおかしくなったといっていたが、頭がおかしくなって精神が戻らなくなったとも聞く、

  ただしばらくしたらケロッと戻っていた点を見ると、本当に病気であったかも怪しいところだけど、


  ともかく、いまのアベ政権は国民に不人気な政策しかない、安倍人気は株価だよりだが最近の集団自衛権騒動で、外国人投資家の不評を買い株価の下落が続き、

  それを解消するための第三の矢というのを考えたが、その矢が、前の安倍政権で行われていた新自由主義政策と軍国主義の混ぜあわせに過ぎなかったので、国民の批判が強くなっている、

  
  ついでにいえばもうひとつ理由があって、それはサッカーである、

  私は見ていないがワールドカップにおける日本は、何もできずに負けているらしい、

  当然その不平や不満はどこかに向かう、


  安倍としてはワールドカップで日本が勝って、それをカモフラージュにして集団自衛権をしたいと考えていたのだろう、

  問題は日本が全く勝てなかったことで、日本選手が失敗しことが返って政治への関心を生んでいるように思える、

  最近の自民党都議への批判も同じ理由だと思う、ワールドカップの失敗が自民党への不平になっている可能性がある、


  まあ、そんなにうまい話はないということで、将来的にどうなるかはわかりませんが、ワールドカップが全然盛り上がらなかったら、安部はスケープゴートになるでしょう、


  後は、そういえば東京都議のセクハラ話が広がっている、何でも自民党の東京都議が、みんなの党の女性に対して女は子供を産めればいい、みたいなことをいったらしい、

  しかもそれが不妊治療の意見をいっている最終なのだから、余程知能の足りないアホだったのだろう、


  それで自民党としてはこの話題をスルーできると踏んでいたのだが、何故かマスコミが食いついて批判をし始めた、

  一つにはネットのツイッターで情報が広がり、批判の輪ができたことがある、

  それと最近のマスコミはビックデータ報道をしているから、ネット上の情報を伝えなければいけない事情もあったのだろう、


  その辺りの関係でメディアがこの問題を報道し、海外では日本の性犯罪として報道されている、

  まあ普通の国ならあのレベルをやったら、普通に性犯罪者でアウトなのだけど、日本人は甘いので生かしていますが、

 
  ともかく、東京都議のセクハラ話が広がっている、どいつかは判明しているようだが、もともとその人物は差別主義の塊のような人間で、過去にも似た様な発言を繰り返していたらしい、

  つまりセクハラは常習犯であり、一種の精神異常者のようなところもあるようだ、

  
  そのような人間を自民党はかばおうとしているが、マスコミが騒いだので対処に苦慮している、

  一応その問題を指摘している都議に対して、脅迫文を送るなどの対処をしているが、あまり効果はないようだ、

  自民党自信が送ったかはわからないが、自民党関係者から脅迫文がよく送られるらしい、


  自民党がどれだけ抑圧的な組織なのかは、このあたりからも伺えますけど、

  この問題はいわゆる右翼レイシストの問題ともつながっていて、レイシストは人種差別主義者ですが、なぜ彼らが差別をするのかといえば立場の弱い人を叩きたいからである、


  例えば自民党支持者のレイシストは、在日韓国人はこの世から消えろという、
 
  じゃあ連中は韓国まで行って、批判する勇気があるかといえばそんな度胸はなく、ただ単に日本国内では弱い立場の在日の人だからただいているだけで、それ以外の意味はない、


  右翼や保守とはいいますが、結局連中がしたいのは弱い者いじめで、立場の弱い人を叩くことによって快感を得たいと思っている、一種の異常者である、

  もちろんなかにはまともな人もいるが、残念ながらまともな右翼や保守は1%いるかどうかのレベルなので誤差でしかない、

  だから大半の右翼や保守は社会的弱者を叩くことに喜びを感じる、ただのアブナイ人だと思っておいた方がいい、


  大体政治家を見ても右翼に近い人は、頭のおかしなことしかいわない、

  アベ、ASOU、石原、大阪コスプレ市長、後はNHKの右翼経営者とか、まあまともなこと言った人もやった人も、ほぼいないからね、

  右翼とは実際は差別主義の思想に過ぎず、社会的弱者を叩いて気分がイイというのが、基本的な考えである、


  そしていまの自民党は完全に右翼化の進んだ団体であり、自民党議員は全員差別主義者だと考えていい、

  多少のズレはあるかもしれないが、連中は社会的弱者を叩くことを喜びとし、自分のつごうで人が死ぬことも楽しいと考える、


  連中が戦争を好きなのは、社会的弱者を叩きやすい環境を簡単に作れることと、自衛隊員などを自分の都合で殺せることが出来るからだ、

  右翼や保守とは一種のサディズムであり、他社への暴力を根源としたものであるといえる、

  そこに文化や理性や知性が入り込む余地があれば、まだましなのだけど、今の自民党議員は無能で権力欲が強い人間しかいないから、そのような形になることはない、

  
  話がずれてきましたが、今回の都議会の話は日本の右翼政治家の問題を炙りだした話といえる、

  基本的に右翼はレイシストであり、サディストなので、弱者を集団リンチにかけることに喜びを感じる文化が強い、


  だから今回の都議会でも、アホな自民党都議が女性は子供を産んでさっさと消えろみたいなヤジをいっていたが、それを批判する声は議会の中にはなかった、
 
  それは女性を叩くことの多い舛添や、他の自民党議員もみんなそうだった、
  
  これが右翼というもので、立場の弱い人間や叩きやすような人を集団リンチにかけて、誰も悪いと思わない、ある意味日本の村社会の一部ともいえなくはないですが、


  まあ日本の右翼化が進んでいけば、社会的弱者へのリンチが強くなる、

  実際ここ30年ほどの日本の政治や社会の流れを見ればわかるが、日本人は集団リンチ意外なに一つしていない、

  生活保護も、アフガニスタンに行った人も、小沢氏の話もそうだ、


  これは根源的には日本民族の文化的限界でもあるのだが、単純に右翼化によるサディズム社会になってきたと見たほうがいいだろう、

  中国や韓国を悪くいう声は大きい、社会的弱者を叩く声も大きい、

  けどその声の大きい連中が何をしたいのかと考えた方がいい、

  なぜ自民党やアベは社会的弱者への虐待しかしないのか、それが愛国だ保守だというのは異常ではないか、と少しは考えてみるべきだと思う、

  
  今回の東京都議の問題は、日本の右翼化によるサディズム社会の縮図であり、集団リンチを肯定する日本文化の限界であって、

  この問題から発生する渦は誰もが巻き込まれる恐れがある、そういうことではないかと思います、

小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR