01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アメリカに利用される日本の弱みと北朝鮮の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  最近暑いです、35度ってことはもう夏だと思うのだけど、まだ梅雨なんですよね、

  いや梅雨にすらなっていなかったか、変な天気ですけど、それで今日は何か起きているかな、

  
  ふーむ、よくわからないが特にはないのかな、ではここで終了としたいところですけど、すこし書いてみますか、

  アベのいっている集団自衛権の話があるね、この馬鹿何をいってるのかよくわからないのだけど、どうしてそんなに拘るのだろうな、


  まあアメリカとの取り決めがあるので、それまでに集団自衛権の決定が必要だといっているが、別に民主党の頃にはそんな話はなかったわけで、こいつが勝手にアメリカと取引をしていたことになる、


  そういえばジャパンパンドラーと呼ばれる、日米間で飯を食っている寄生連中の集まりに、こいつは喜々としていっていたから、その時に約束をしたのだろう、

  他でも尖閣問題を起こした石原も、同じ集まりにいってその後極端な軍事主義政党を作っていたから、集団自衛権の流れはその集まりが犯人と見ていい、


  日本のマスコミだと親日派の云々と紹介されることが多い連中だが、アーミテージとかああいうのだね、

  こいつらは元高官にすぎないからアメリカ国内では影響力がないが、日米間を利用して影響力を持っている奇妙な連中だ、


  この話が不自然なのは、まずオバマ政権は集団自衛権にそれ程興味が無いことだ、

  例えばオバマ氏はアメリカ以外の国における安全保障は自国ですべきと、最近発言している、

  それを考えるならば、オバマ氏は日本の集団自衛権に興味がない事になるし、日本で言われているアメリカより発言とはズレがある、


  その違いが生まれる原因としては、日本は戦争に負けたので日本を支配するアメリカン人グループがいる、

  日本州の代官みたいなやつで、アメリカから派遣され日本を支配し、そのコントロールを専門にする人々がいる、


  そいつらがいっていることがアメリカのガイドラインであり、アベに集団自衛権をさせようとしていることなのだろう、

  それとはオバマ氏は距離があるので、どこか考え方が違う所がある、


  オバマ氏が安部を嫌いだと考えている理由としては、アメリカ国内の勢力と日本を支配しているアメリカグループとの違いがある、

  これは私の想像だけど、日本でいえば昔の軍部の本州にいたグループと、満州の関東軍の関係に近いと思う、

  だから互いに対立するし、あまり関わり合いたくないと考え、オバマ氏が日本にそっけないのはアメリカが一つの国ではないからだと思う、


  アメリカの言い分を見ていると奇妙ところが多い、アベの周囲で日本を喰い物にしている連中は、日本とアメリカの関係や日米安保を強調することが多いが、アメリカ本国の勢力にはその発想はない、


  それはアメリカのメディアを見てみればわかる、アメリカのメディアは安部をヒトラーの再来であり、頭のおかしな人間だとしか報道していない、

  そしてアメリカのメディアは政府広報の意味が強いから、メディアがそういうということは、アメリカ国内では日本を重視する声が殆ど無いことを意味している、

  それと日本国内で聞こえてくるアメリカの声が違い過ぎで、すごく奇妙なところが多い、


  前も書いたけど、いまの世の中は冷戦構造が終わったことによる問題が大きい、

  それは今までの冷戦構造が終わって新しいことが出来る可能性でもあるけど、今までそれで飯を食っていた人が損をする問題でもある、

  その両方が強くでているのが今の時代で、精神分裂をしたパラノイアのような所が世界的に強くある、


  例えばアベみたいな奴がなぜこうも軍事にこだわるのかといえば、それには理由がある、

  元来、自民党の存在意義は実は殆ど無く、冷戦構造に依存して成功したにすぎない勢力であった、

  資本主義、民主主義を重視し、西側諸国にくっついていれば中身はどうでもいい時代だったから、自民党は何の努力をしなくても権力を握ることが出来た、

  なぜかといえば自民党しか選択肢がなかったからで、それは冷戦構造があったから成立していただけで、自民党そのものにそれ程価値があったわけでなかった、


  そして冷戦が終わり、その弱体化がピークに達したのが小泉政権発足時で、こいつが出こなければ自民党は大幅に弱体化していただろう、

  民主党の政権交代も同じ、自民党はあまりに弱い戦いしか出来なかった、

  その原因は冷戦構造が終わって、自民党でなければいけない理由がなくなったことが要因にある、


  考えていくとこういうことがいくらでもあるのだけど、このような冷戦構造が終わったことによって損をする勢力が、構造の崩壊による可能性を潰す行動を強めている、

  言い方は変だけど親が子供を潰すような、そういう異常な衝動が社会を覆っている、


  えーっと何の話でしたかね、そうそうアメリカがなぜ分裂しているのか、

  オバマ氏は日本や日本の集団自衛権には興味はない、そして米メディアを見る限りそういうことを期待している勢力はほぼゼロと見ていい、


  なのに何故か日本のメディアを通してアメリカが語りかけてくる時は、日本は重要な国であり集団自衛権は必要だと行ってくる、

  つまりアメリカは全く逆なことをしている、


  これをオバマ氏が日本を嫌いだからという意見で考える人もいるが、それだけでは米メディアのアベ叩きの理由がわからない、

  アメリカのメディアは権力に近いところが多いから、アメリカのメディアが安部を叩くならば、それはアメリカ政府の意見だと考えた方がいい、


  アメリカは政府は安部が危険だと考えているけど、冷戦構造に依存し日米安保で食べていた勢力、

  そして冷戦構造に依存しアメリカの戦争で利益を得ていた勢力は、その損失を日本に押し付けたい願望が強くある、

  それが集団的自衛権であり、日本がなぜ中国と争わなければいけないかの理由だと思う、

  
  分かりやすくいえば、冷戦構造の歪が解消できていないことによる問題だろう、

  冷戦はひとつの時代の終わりであったが、それはすべての概念の崩壊でもあった、

  ややこしいけれど、東側諸国も西側諸国も等しく一度駄目になる必要があった、


  しかし東側諸国はダメになったのだけど、西側諸国は自分の保持している矛盾を抱えたまま、ずっとやってきてしまった、

  日本もそうでしょ?、冷戦が終わった以上日本の立ち位置をどうするのか、アメリカのと関係をどう変えていくのか、本来であればやるべきことは多くあったのに何もしていなかった、

  だからアメリカとの関係も異常な形にしかならず、中国やアジア都の関係も冷戦構造の維持をする事しか出来ないわけです、


  ただ多分アメリカの内部には頭のいい勢力がいて、現状を正確に把握してアメリカ本土だけはダメージを受けないように配慮しているのだと思う、

  そして冷戦構造に依存した勢力は、周辺諸国に拡散させていって、彼らに損失を補填させようとしているようにも見える、


  前から書いているけど、正直アベのいう集団的自衛権は筋が悪い、

  何のために必要なのか理由が全くわからないし、完全に意味不明な話である、

  中長期的にうまくいく可能性はないし、現実的な対処ができる可能性もない、どこを切っても異常性しか見えない話しである、

  なんというか、ゴミを見ているというかな、誰かが捨てたゴミが日本に来ているような、そんな感じを受ける、


  書くほどに話のまとまりがなくなってきますが、アベは集団自衛権といっているが、それをアメリカにすると約束していたようだ、

  多分その約束は、昔アメリカの民間団体で講演した時に取り決めたのだと思う、


  尖閣問題を起こした石原も、そこで講演をした後で尖閣諸島の購入を言い出していたから、

  アベはアメリカに魂を(二束三文で)売って、首相になれる代わりに尖閣問題と、集団自衛権を容認し戦争による利益を彼らに還元するように、取り決めている可能性が高い、


  そう考えなければ、日米間の勢力とアメリカ本土の勢力の温度差の説明が出来ないし、アベのやつは何らかの日本の利益を売ることによって、影響力の保持をしていると見るしかない、


  そしてこの問題は、最終的に日本の軍事化をアメリカは無視するだろうという結果辿り着く、

  なぜなら日本の軍事化はアメリカの損失でしかなく、日米間で飯を食っている一分勢力の利益にすぎないからだ、

  アメリカはこの問題に対して最終的な協力や責任は負わない、日本は使い捨て国家として扱われるだろう、
  

  だからこそ安部を始末する必要があるわけで、アメリカは日本を支援する気が本質的になく、冷戦構造に依存した利権グループの厄介払いに利用しているだけなのだから、そんな話を信じてはいけない、


  争いには勝者がいるようで実は勝者などはいないということで、日本は冷戦構造の勝者だと考えていたけれど、実際はその弱みを利用されるだけの国だったといえるでしょう、


  次に、北朝鮮と拉致の捜索で協議があったらしいね、

  まあこれは上で書いた話の一種で、冷戦構造に依存したドラマを見せるには北朝鮮という役者が要る、それだけでしょうけど、


  最近アベの支持が落ちているし、ヤツは立場上批判の多い集団自衛権を引っ込めることが出来ないから、別の手を使って支持をアップさせる必要がある、

  このタイミングの取り方は大したものだといえ、その北朝鮮の会談のすぐ後に支持率調査をするあたりも、ろくでもないが鋭い判断だといえる、


  北朝鮮の騒動を利用して国民を騙すとしても、今までそんなことを出来た日本人はいないのだから、それを利用して政権運営できるのならば、大した行為だといえるだろう、


  ということアベは関係ないよね、だって奴は馬鹿だから、

  美しい国だなどと真顔でいう奴にこのレベルの判断は出来ない、詐欺師の小泉のころもそうだったが、情報操作のタイミンが素晴らしい、

  能力そのものは大したものだが、やっていることがろくでもないのはあれですが、


  この北朝鮮の話はアメリカの仕込みだろうから、多少警戒が必要だ、

  自民党には交渉力など1%もないが、最初から仕込まれていた場合は危険性が高まる、

  詐欺師の小泉の時も何度か政権が潰れかけたが、結局北朝鮮のミサイルと拉致被害者を返還したことによって、なんでも出来てしまった、

  ただしそれは外交ではなく茶番であり、北朝鮮に手を回している連中の演出にすぎない、

 
  そのような手をもう一度打ってくる可能性がある、日米安保で食っている連中は日本人を皆殺しにしてでも金がほしい異常者の集まりだ、

  アベはその下僕にすぎないが、そういう連中の影響力がなければ何も出来ない以上、絶対的忠誠を持って従うだろう、

  タイミング的に集団自衛権とこの北朝鮮ネタはリンクしている可能性がある、何らかの手を仕込まれていたら、日本はこのまま終わるでしょう、


  (ふと思ったけど、民主党の野田もこういう理由で動いていたのかもね、首相にならせてやるから選挙に負けろ、尖閣騒動を起こせと下らない契約をしていたのかも)


小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR