01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

筋の悪いアベ解釈改憲と福島の鼻血問題の原因について

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  最近は暑いですね、もう夏かよって感じですが、あれこれから夏が来るような気もしてきました、

  ということはこれからさらに暑くなるわけですが、それはともかく何か起きているかな、

  ふーむ、そういえば安倍の奴が集団自衛権といっているな、どうせバカの話の過ぎないが一応書いてみると、


  アベが私的な会議を作って、そこで集団自衛権の議論をさせて報告書を作った、

  作ったはいいが議論は全く行われず、アベの言いたい文章をそのまま書いて出しただけだった、


  だいたいその私的会議には公的な権限はなく、法的な意味もない集まりなのだから、そこの報告書には何の意味もない、

  そんな所で作った紙切れに価値や意味はないだろう、


  それでもアベのやつは価値があるといいたいのだろうが、法制局の意見でもあるまいし、国家制度上の意味は一切ないと見るのが妥当だ、

  意味をもたせたければ国会で議論をすればいいし、政治家を集めて報告書を作ればいい、

  何故かそういうことはせずに、自分の都合で集めた会議で議論をしていたが、そんなことをしても意味は無いだろうな、


  それに法制局のトップはガンが原因で辞めるらしいが、その人物はアベの都合のいい人間にしていたけど、

  次の担当が一般常識を持った人だった場合、集団自衛権を否定する意見を言えばそれまでだ、

  国会での議論も全く行われていないし、そんな話が通るのか?、


  アベはアホだから何を考えているのかよくわからないが、私的に作った会議の報告書には公的な意味はない、

  そして国会での議論は全く行われてておらず、担当である法制局のトップは変わることになる、

  そうなれば話が通らない可能性が高いが、どういうことなのだろうか、


  よくわからないけど、言えるのはアベのやったことは私的な騒動に過ぎず、国家制度上の手続きは踏んでいない、

  自民党議員は権力の犬だから諸手を上げて賛成するかもしれないが、それ以外の人々は反対するんじゃないか、

  正直なところチョンボに見えるけど、安部を操っている奴もいるだろうし、ここから何か策があるのかもしれません、


  次にこの話の筋の悪さについて書いてみると、
  
  意図的なのかもしれませんが、このアベのアホ話は筋が悪い、

  何が悪いかといえば私的な会議で勝手に憲法を書き換えたことで、これは誰から見ても批判の対象になる、


  最低限国会で議論するか、政府の委員会で議論すべきだったのに、民間のアベの知り合いを集めた、法的意味のない会議で結論を出してしまった、

  それで憲法を変えますといっても納得する人は少ないだろうし、金を貰えばなんでもする自民党議員以外は納得しないだろう、


  そしてこの話のポイントとして、憲法改正の問題がある、

  公明党もそんなことをいっていたけど、憲法改正をしないならば9条の考えを変えてはいけない、という理論に勝てない問題がある、


  右翼とか保守といわれる人々は自国の防衛だ、誇りだといっていたが、そういう人達がこういうやり方を認める事はない、

  安倍のやっていることは私的独裁に過ぎず日本の誇りとは何の関係もなく、自分が軍事力を持ちたいからいっているだけで、いわゆる保守右翼思想と対立する意味が強くある、


  安倍のいう解釈改憲では、国の制度としての憲法改正という考えがなく、安倍の個人的利益のための軍事化の意味が強い、

  そうなると愛国だ何だといっていた人達は、自分の主人が日本からアベになるわけだから、当然反発はあるだろう、

  そして上で書いたように手続き上の問題が大きいので、その点を指摘されるとまずいことになる、


  これは安倍の操っている奴がわざとやっている可能性もあるが、本来の日本の防衛は憲法制度の変更と、防衛に対する手続きの明確さを求めている、

  保守だ右翼だという人で、まともな意見を持っている人は大体そういう意見で、制度の変更を法的に行うべきだという考えが強い、

  それをすべて踏みにじっているわけで、正直なところ安部は保守や右翼の敵になった可能性が高い、


  この問題が厄介なのは手続き上の問題が多すぎることで、改正をせずに憲法を勝手に書き換える行為はさすがに無理がある、

  つまりその問題を選挙のごとに指摘されれば、自民党はかなり不利になるだろう、

  
  安部はメディアを使ったプロパガンダ戦略を重視しているが、逆にいえば奴のやっている憲法問題は常時影響を持つことになり、誤魔化しが出来ない側面も持つ、

  そしてこの問題を常に選挙のテーマにされるとかなりまずく、これからの選挙のテーマが解釈改憲か否かになってしまえば、自民党は大きな損失を抱えることになる、


  日本の右翼化は強く、右翼的な方向性をすればだれでも人気者になれる、

  例えばブログでも韓国や中国悪く言うだけで多くの人が集まるし、政治家も維新の会のように外国の批判をするだけで、数千万の票を得ることが可能だ、


  ただしそれは諸刃の刃であり、2つの保守論が生まれてしまえば、それ程簡単な利益にはならなくなる、

  今回の件でいえばまっとうな憲法改正を言うべきという論と、安倍のいう解釈改憲の論はどちらも右翼であるが、アベのいっている方が筋が悪い、


  そうなると、日本の右翼には安部は偽物だと映るようになり、自民党も偽右翼だと考える意見が強くなるだろう、

  アベの失敗は右翼的考えを二分したことと、もう一つが自民党にとって不利になる形を作ったことである、

  安部はアホだからこれからも解釈改憲を宣伝するだろう、しかしそのたびにこの憲法改正と解釈改憲の対立問題が出てきて、解釈改憲の側が不利になる、


  公明党が憲法改正をするほうが正しいといったのは、多分この辺りの読みがあったからで、安倍のやったことが憲法改正と解釈改憲の対立を生んだことに気づいたからだろう、

  ただし逆にいえば憲法改正が急激にしやすくなったともいえるわけで、安部を捨て駒にしてそこまで考えていた奴が居ても不思議ではないですが、


  ともかく、安部が自分の知り合いを集めて私的会議を作り、そこで集団自衛権を認める報告書を作った、

  その会議には国家は一切タッチできず、政治家も一切関係ない会議だったので、法的な論拠は全く無いものになった、


  そしてその報告書では解釈改憲を認めるべきと書かれているが、その意味は憲法改正の権限は国民にではなくアベにあると書いているわけで、今までの安全保障論を完全否定する形を持っている、


  そうなれば日本の保守右翼論の多くと違えることになり、更にアベはこの論を盛んに宣伝しなければいけないので、この解釈改憲問題の論を押さえることが不可能になっている、


  アベのやったことはいわば保守右翼の分裂であり、アベ信者と日本信者に層が分かれる結果になった、

  そして論法でいえばアベの言っていることはおかしく、憲法改正の権限が国民になく、アベにあるという意見はさすがに無理がある、

  金を貰えばなんでもする自民党議員なら賛同するだろうが、日本全体に起きてしまった右翼化とは対立する可能性が高い、


  明らかに安倍のやっていることは中国や北朝鮮のような独裁なのだから、反日だ何だと言っていた連中は同じように安部を批判しなければ、嘘つきの烙印を押されることになるので、意見を変えるか発現を抑えるしか手がない、

  
  アベのやったことは完全に間違ったことである以上、間違った結果にしかならない、後はその結果がどうなるかによるでしょう、


  後は、美味しんぼが休刊になったらしい、アベや自民党が犯人だろうな、言論弾圧が趣味のファシスト党だからね、

  情報によると定期的に美味しんぼは休むスタイルらしいから、ファシストアベやファシスト自民党のせいかはわからないが、可能性は十分あるだろう、


  美味しんぼでいわれていたのは鼻血の問題であるが、被曝をして鼻血がでるかというと出ることは確実のようだ、

  実際放射線治療をする時に鼻血がでることがあるらしく、被曝と鼻血の関係は強くあるらしい、


  そして福島で鼻血がでる原因としては、呼吸によるものではという話があります、

  どういう事かというと、人間は息をするときに口か鼻で息をします、

  その時に鼻から空気を取り込んだ時に、鼻の粘膜に放射性物質がくっついて、それが溜まっていく現象があるらしいです、

  花粉症に近いものですが、鼻の中の粘膜に放射性物質が厚く重なっていって、それが重度の被曝を引き起こすことがあるらしい、


  よく被曝の問題では線量が低いから問題にならないという意見がありますけど、それは確かにそういう側面はあります、

  ただしそれは蓄積されなければ問題にならないと言っているだけで、放射性物質が体内で蓄積された時は話が変わってきます、


  上で書いた鼻の粘膜のように、放射性物質がたまりやすいところは、他の場所に比べ重度の被曝になりやすく、それが健康被害を起こすことがあります、

  有名なのは放射性セシウムですが、この物質は心臓の筋肉に蓄積されやすいので、心臓麻痺で亡くなりやすくなるといわれています、


  被曝の問題がややこしいのは、環境の線量やベクレルが小さくても、それが体の一部に蓄積されれば、高い線量やベクレルになる問題で、

  生物濃縮のような事が、人体でも起こることを軽視しているのが問題です、


  鼻血の問題もそういうもので、鼻は放射性物質がよく通る所ですから、

  例えば手のひらが花粉症になることは少なくても、鼻が花粉症に成ることは多いわけで、外にあるものと触れる機会が多いところは、それだけ被害が大きくなりやすいわけです、


  そういう発想で鼻血の問題を考えるべきで、空間の線量が低いからといって安全で問題がないのではなく、
 
  空間線量が低くても害が起こる可能性はあると考えるべきでしょう、




小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR