01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

安部集団自衛権の3つの問題とウクライナ投票と検証しないSTAP細胞の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  最近物を持つ時にヨッコラショということが増えました、もしや私も年なんですかね、

  昔に比べると体力が落ちているので、ついつい掛け声が出するのでしょうが、それはともかく何か起きているかな、

  一応ネタはあるようだけど、ひとまずは集団的自衛権について書いてみますか、


  最近報道ステーションを見ていたら、私のブログに書いてそうな話があって驚いたのだが、集団自衛権に対して少し世の中の流れが変わってきたのか、批判が強くなっている、
  

  マスコミは政府おべんちゃらを繰り返すかと思ったが、そうでもなかったね、なぜだろうか?、

  一つには公明党が反対しているので、そのあたりの影響かもしれませんけど、


  この問題に対して最近は海外からの批判がある、アメリカの新聞などでは日本の集団自衛権は危険だと社説を出し、この権利を持つと日本は危ない国になるといっている、

  国内でも学者が批判をするようになり、自民党内でも多少批判があるようだ、


  根本的に、安倍のやろうとしている集団自衛権は筋が悪く、非常に不安定なところが多い、

  例えば安倍の周囲が言う日本の防衛上必要だという話には論拠がない、中国が日本に攻めてくると安部は言うが、そんな話は聞いたことがないし、中国にもそんな計画はない、


  そもそも集団自衛権とは集団で外国を攻める権利であって、防衛のための権利ではなく、中国問題は集団自衛権とは関係ない、

  そう考えると安部やその周囲がいう、集団自衛権がないといけない理由が存在せず、なぜ必要なのか説明が出来ない、


  もう一つの問題が、いまの急に必要とされているから、権利を持つべきだという論法だと、いずれそれを解消する必要も出てくる、

  もしくは簡単に解消する機会が生まれやすいわけで、そこら辺の議論が存在しない、

  いまの様な形で集団自衛権を認めた時は、制度上の無理が発生するのに、そのときどうするかが考えられていない、


  根本的には安部が馬鹿なのが悪いのだろうけど、こいつの頭では権利は一度保持したら好き勝手にできると考えているが、急に必要があって得た権利は一時的なものだから、いずれ止めなければいけないことを考えていない、


  安倍のいう集団自衛権の問題は大きく言うと3つある、

  一つが中国が急に攻めてきているという前提の間違い、現場で見る限り中国は日本侵略をする計画は立てていない、

  そして大きな交易相手である日本に軍事侵攻をする可能性も低い、そう考えれば中国が日本を攻めるという、前提が狂っているのがわかるだろう、


  もう一つが、その中国が攻めてくるから集団自衛権が必要だという論法である、

  そもそも自国の防衛は個別自衛権で十分であり集団自衛権は不要である、

  そう考えると外国の脅威があるから、集団自衛権が必要という理論はおかしく、ロジックが異常である、


  最後に、そういう緊急事態だから集団自衛権が必要という形で使うと、緊急事態でなくなれば条件の緩和が必要になり、そのたびに制度の大幅な変更が必要になる問題がある、


  分かりやすくいえば安倍の考えは、原因も理論も結果も間違っていて、全てが破綻した考え方なのである、


  それがこいつの集団自衛権の異常性で、戦前の軍部が既成事実を作って軍事路線に走ったことを真似ているようだが、既成事実が作れない現実を全く見ていない点がおかしい、


  そりゃ昔は普通に戦争を出来たし外国も攻めてきただろう、それを利用して自国を軍国主義をするのもある程度は論拠があった、

  しかし今は普通は戦争をしないし、日本を攻める国もない、それなのに軍国主義にしようとしてもうまくいくはずがない、


  本当自民党ってのアタマが悪いね、昔そうだったから今でもそうなるだろうと考えているが、それは馬鹿の一つ覚えっていうんですけどね、

 
  ともかく、アベのいう集団的自衛権には無理が多すぎる、客観的に見る限り全く意味はない、

  国を滅ぼす犯罪行為と見るしかなく、どうしてこんなアホな考えをやろうとしているのか意味不明である、

  
  もし集団自衛権を行使するならば、それは国家としての必要性、国民の議論と納得、そして運営上の問題が起きないようにする制限の3つが必要だ、

  それがこのアベのやっているのは3つも完全に間違っているのだから、狂っているというしかない、
 
  こんなアホな話を認めていれば国は滅ぶ、問題があるとすればその危険性に国民が気づいていないことでしょうかね、


  次に、ウクライナ情勢について書いてみますか、

  私はウクライナ情勢はプーチン氏の侵攻が起こるのではと思っていましたが、プーチン氏はちょっと手を引いたようだ、

  またタイミングではないと読んでいでいるのかもしれないが、一旦軍隊を引き上げてウクライナへの圧力を避けている、


  ウクライナの東部と南部では一部の市が、連邦制への移行を求め抗議をしている、

  そのため連邦制を求める住民投票を行う予定を立てていて、プーチン氏は反対していたが投票は行われるようだ、

  それに合わせてかロシア軍は手を引き、ロシアは関係ないというアピールをしている、


  このまま行った場合、住民投票がどうなるかが大事だろう、まず住民投票は通ると思うが、その結果を反映する段階でだんだん難しくなる、

  そもそもクリミア半島のロシア編入を決めたのは住民投票だ、その前提があるので他の住民投票の結果もロシアは容認する必要がある、


  そうなればその住民投票の結果をウクライナ政府が認めす、地域住民に軍事的な圧力を加えてきた場合に、ロシア側は支援をする必要が出てくる、

  ただ軍事的に行うのは難しいので外交的な圧力になるだろうが、住民投票の結果によってロシア軍とウクライナ軍が動くことになる、

  そして今月末にはウクライナの大統領選があるが、ロシアとしては大統領選を認めたくはないので、住民投票による混乱を利用する可能性がある、


  ウクライナでこれから起こる流れは、ひとまずは南東部の住民投票の結果になるだろう、

  クリミア半島は住民投票でロシア領になったのだから、この投票の結果を認めないことはロシアの正当性に傷がつくことになる、

  
  その後にウクライナ政府はそれを潰そうとするが、当然ロシアも攻撃をしてくるので、激しい争いになるかもしくは外交的な圧力が強まる、

  そして月末にはウクライナ大統領選があるので、それをロシア側は認める気が無いですから、住民投票からの混乱を利用してくる可能性がある、


  ただここで書いたことは大体の国が想定しているので、ロシア軍が来るだろうという前提で待ち構えていると見ていい、

  だからウクライナ軍がロシア領に向けて兵を集結させているわけで、このレベルまでの話はもうばれている、

  そこを読んでプーチン氏は兵を下げたのだろう、今やウクライナはチェスの盤面ですから、一手一手一進一退があるわけです、


  ウクライナ問題で問われるのは、この問題をどう終結するかで、ウクライナ政府も、これ以上の混乱はまずいと考え始めているから、多少は方向性が変わるでしょう、

  
  ポイントは住民投票が終わった後にウクライナ軍がどう動くか、ここで平和裏な行動をすればロシアは手を出しづらくなる、

  逆に極端な行動をすればロシアは激しく攻撃をしてきて、ついでに大統領選も潰しに来るでしょう、

  
  いまのウクライナは欧米の傀儡政権ですが、逆にいえば傀儡であるので能力は低く、ある以上の危機管理ができない連中です、

  そういう連中があえて渦中に手を突っ込むか、欧米諸国が尻を叩いたとして、それで動くほどの度胸があるか、その辺りが鍵になりそうです、


  後は、小保方氏のSTAP細胞の話が変なことになっているね、検証実験をしないだって?、

  意味不明な話だな、検証をせずに何が間違っていたというのか、理研というのは頭のおかしいヤツの集まりなのかね、  


  高学歴は下らない人間の集まりともいえるわけで、権力が集中すればそれだけ倫理観は薄れる、理研はそういう組織のようだが、


  この件が不思議なのは、誰もSTAP細胞のことを調べないことで、検証実験をしないということは、STAP細胞については調べる気がないわけだ、
  
  では何を持って批判していたのかよく分からず、論文の画像に問題が合ったとしても、実験や理論が間違っていたかは検証していないのだから、理研は批判をする資格はない、


  この問題を見ていて私が思ったのは、なぜそこまでSTAP細胞を否定しなければいけないのかという理由で、

  その理研の対応もまるでSTAPがあったら困るような話し方だし、意図的にSTAP細胞を潰そうとしているようにしか見えない、


  検証をすればもしかすると存在を認めるかもしれない、そうなったら損だから検証実験をしてないわけで、実はSTAP細胞があることを知っているようにみえるね、

  実際、小保方氏の実験データや結果は理研の研究所にあるのだから、もし本当にSTAP細胞があるなら彼らは簡単に知ることができる、検証をする必要は最初からない、


  もし彼らがSTAP細胞があると分かっていたならば、最初の頃検証といっていたのは、STAP細胞の自分で独り占めするために嘘をついていたことになるが、

  今批判に転じてSTAP細胞がないと言い始めたのは、認めた時のリスクが高くなったことと、それ以外の圧力を受けたからになる、


  私は少なくとも小保方氏が嘘を付いているとは思っていない、記者会見でそこに来ていた記者全員の話に答える姿勢は、嘘をつく人には思えなかった、
  
  そして検証を頑なに否定する理研の異常性を考えると、やはり理研が嘘を付いていると考えるしかない、


  STAP細胞があるかどうかはわからないけど、少なくとも理研はなにか嘘をついていて、今回の騒動の犯人なのは間違いがないでしょう、


小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR