01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

アベはなぜアメリカから嫌われるのかと愛国者はなぜ売国になるのかの話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  何故か寒いですね、また冬が来るのかってくらい寒いです、

  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、ネタはなくはないけど今日は大雑把な話でも書いてみましょうか、

  例えばなぜ安部はアメリカから嫌われているのか、そんなことでも書いてみると、


  なぜ安部がアメリカら嫌われているのか、むかしアベがアメリカに行った時は食事会も開かれず、会談もちょっと会っただけで終わった、  
  
  今週行われるオバマ氏の来日も予定は大幅に削られ、日本によるだけでほとんど何もすることがない、

  その要因はアメリカが日本を嫌いだからで、特に安倍が危険人物だと思われていることに原因がある、


  アベが危険だと思われている原因は、一つには奴がバカだからである、

  右翼的な思想を持った人物には2つのタイプがあり、一つが高い理性を持ってその上で知的に国家像を考える人物、

  最近でいえばプーチン氏はそれに近いだろう、国家そのものをよく考えどのような形を目指すかを考えつタイプ、


  そしてもう一つがバカ右翼みたいなもので、頭がたいして良くないのに右翼思想にハマってしまうタイプ、

  このタイプはどこの国にもいて、アメリカなら茶会などが有名だし、ロシアや中国にもそういう勢力はいる、


  この連中は感情論でしか考えることが出来ず、国家像を想像する知性がないので国の運営をすることができない、

  国民を騙せば一応形としては出来るのだけど、具体的なビジョンや方法論がないので、国を傾ける原因になりやすい、


  少し前の例でいえばアメリカのブッシュ・ジュニア辺りはそうだね、テロとの戦いという911テロを前提にした感情論を煽るだけで、そのテロとの闘いをどうするか計画と立てることができず、アメリカの信頼を大きく落としてしまった、


  アベはブッシュ・ジュニアとよく似たタイプで、例えば安部はよく中国を悪く言うが、じゃあ中国と争ってどう勝負をするのかこいつは何も考えていない、

  なぜかっていえば、そりゃバカだからで、国家戦略を考えるだけの知能がないので、中国が悪いというけど中国と争いになったらどうするかは全く考えていない、


  そして引いてみた時に、アベみたいな奴がいる国がどうなるか想像してみればわかるけど、周囲に問題をまき散らすことになる、

  つまり日本やアベと関わるのはリスクが大きく、直接的な関係をもつことはデメリットでしかない、それがアメリカやオバマ氏の基本的な考えだといえる、


  じゃあどうするかといえばなんとかとハサミは使いようで、安倍の頭の悪さを利用する判断になる、

  例えば今回のオバマ氏の来日では、アメリカ側はできる限り日本に来ないようにしていた、

  最悪来日自体無しになるような形になっていて、そうやって日本を慌てさせて自分が有利になるようにしていた、


  今回の来日ではTPPで日本側が大幅譲歩するといわれている、

  それは来日するかどうかで慌てるアベのような小物を利用して、利益をあげようというアメリカの戦略に引っ掛かった結果だといえよう、


  日本人には分かりづらいだろうけど、アメリカの戦略は安倍のバカさ加減と日本右翼化を前提に組まれている、

  右翼は本当に優れた人物はプーチンみたいに手強いのだけど、アベみたいな無能者は使いやすいので圧力をかけて譲歩を引き出す道具として扱われる、

  
  ただ無能な右翼は時として危険な因子になるので、直接的なかかわり合いは減らしたほうがよく、アメリカは間接圧力をかけることによって利益を得ようとはするが、直接的な関係は持とうとはしていない、


  尖閣諸島問題を見ても、アメリカ側は間接的なアプローチはするが、直接的な行動はしていない、

  アメリカの高官が発言をしても、オバマ氏自身が尖閣問題に手を出したことはなく、ある以上の関係を持とうという発想がない、


  付かず離れず、そして利用はするというのがアメリカの考えで、アベがアメリカから嫌われていることを、オバマ氏の個人的な問題だという声もあるが、

  その可能性も否定はできないのだけど、本質的にあるのは無能な右翼が国家に影響力を持った時への対処法で、

  無能右翼の単純さを利用することはあっても、直接的な関係は出来る限り築かないようにする、そういうスタンダードな方法をとっている可能性が高い、


  この手法論はアラブの春やウクライナの内乱でも見られたが、いわば安部はアラブ地域のイスラム原理主義と同じ扱いで、扇動者としての価値を認めているが危険人物としてのリスクも計算されている、そういう人間である、


  ここら辺が安部がアメリカから嫌われている理由で、嫌われているというよりは利用の方法が特殊というだけで、使役されている奴隷という点では変わらないのですが、


  ともかく、安部が首相になってからアメリカがよそよそしい、前の野田のほうが恩遇していたくらいで、会いもせず交渉も殆しなくなっている、

  それは無能タイプの右翼政治家への対処法であり、利用するが関係をもつメリットがない、このタイプの政治家の特徴が生んだものである、


  そんな奴なので、オバマ氏が日本に来た所で協力をする可能性はないだろう、

  そのかわり利用はするので、ある意味日米間に一番亀裂を入れるのは、こういう無能右翼ではあるのだけど、


  そこら辺が理由でアメリカは安部と日本を否定的に見ている、アメリカが日本に協力をする申し出は重要人物がしないようにし、最終的な結論が出ないように工夫をしている、

  これが今の日米関係であり、安倍を選んだ日本国民の結果だといえるでしょう、


  次は、書くこと自体はあるのだけどややこしいのが多いですが、ではもう一つ大きめの話として、なぜ愛国者は売国奴になるのかを書いてみると、

  安倍にしろ少し前の詐欺師小泉にしろ、愛国だ何だと言っている人間はだいたい売国奴である、


  不思議な話だけど、愛国者を見たら売国奴だと思ったほうがよく、売国奴でない愛国者は残念ながらほとんどいない、

  ではなぜそうなるのか、愛国者と語っている連中は嘘つきなのか、そんなことを書いてみると、


  なぜ愛国者が売国奴になるのかというと、その多くは実力の無さに原因がある、

  愛国とはなんであるか、国家を愛し国の偉大さをアピールしたいと思う事であるが、

  その実態は自己満足の拡大に走った人間であり、国家が正しくそれに関与している自分も正しいと考えている人々にすぎない、


  それがもし本当に正しく、まともなことをしている国ならば成り立つのだけど、現実で起きることは少ない、

  そして特に外交関係で愛国的であろうとする場合、外国に対する優位性を重視する傾向がある、

  日本のネトウヨやアベはそうだが、中国や韓国を悪くいう以外政治思想がなく、外国を悪く行って日本が正しいという発想しかない、

  
  そしてその考えを強めていくためには、外国に対して日本が有利である証拠を作る必要がある

  つまり愛国的発想は外交において、外国より自国が優位である形を作る必要があるのだが、それが非常に難しい、


  そもそも愛国とは自然に発生すべきものであり、まともで優れた国家なら国民は自然に愛国心を持つ、

  しかし愛国心を強要する右翼は、どんな国家であっても愛国心を持つべきだといい、狂った異常な国であっても忠誠を誓うべきだという、  


  それが国内ならば圧力でごまかせる部分があるけど、外交の場合は全てをさらけ出してしまうので上手くいかない、

  例えばアベのやつを見れば分かるが、国内では偉そうにしているのに外交に行くと何もせずヘコヘコ土下座外交をする、それは愛国というものが外国では通用しないからである、


  外交でも通用する愛国とは、真に優れた国家になることを意味し、諸外国からの信頼を得ることが愛国的行為になるのだが、

  残念ながら愛国者の殆どは無能で、国家を諸外国から尊敬される国に変えれる程の能力がないのが普通である、


  そしてそのギャップが国内への圧力や外国への暴言になり、その繰り返しによって国家の対外的信頼が欠落し国家の立場が段々を弱くなる、

  その先にあるのが売国奴で、外交的な信頼を得る手段がないから、その信頼の分だけどんな交渉をしても損をするようになり、

  その損失の累積が売国行為になる、

  安部を見てみればいい、やつは日頃愛国だといっているが、そのせいで国際的な信頼を得ることができず、アメリカからも毛嫌いされている、


  その代償を支払うためにリニア技術をただで渡したり、買う必要のない商品を買ったり、外国に行くたびに数千億の支援を要求される、それはやつに対する信頼のなさによって生まれた損失である、


  愛国者がなぜ売国奴になるのか、理由は難しくはない、

  単純に愛国である事は国内であれば抑圧によって成立するが、国際的な関係で愛国的であろうとすれば、それは真に優れた国家になる必要がある、

  つまり愛国的ならば優れた指導者である必要があって、無能な人間は外交的愛国者になれない現実がある、


  だから無能な愛国者は国内への弾圧と、外交的優位を作るためのバラマキを良くする、

  愛国的=独裁的といってもいいが、そういう国が外国に支援を良くするのは、それだけ信頼のない国だからである、

  そしてそこで起こる損失が売国行為の繰り返しになる、国家の面子を買うために国富を売り渡さなければならず、愛国的といいながらどんどん貧しくなっていく、


  愛国的な方向には2つの道があって、実はその2つの道は全く逆に向かっている、

  ひとつは優れた指導者や人材によって真に意味のある国へと向かうこと、

  もう一つが愛国的な扇動によって権力を握る無能者によって、外交的に不利な状況に追い込まれ、対外的な損失をふくらませていくタイプ


  アベは後者なのだけど、ものを見る時は複雑に考えなければならず、

  真の愛国者は優秀さも問われ、無能な愛国者は売国奴にしかなれない、その違いを冷静に見抜けない国民は天文学的な損失を抱えることになります、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR