01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

STAP細胞議論にある不自然な空気とアジアンDoubleDogの話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  なぜ寒いですね、北海道では雪が降っているらしいけど変な天気です、

  それはともかく何か起きているかな、うーむ、ネタがなくはないのだがややこしいのが多いです、書くのが大変そうだな、

  そんなことをいってもしかたがないので、STAP細胞について書いてみますか、


  数日前にこの細胞の研究をしていた人が記者会見をした、私はテレビを見ないので知らなかったのだが騒動になっていたらしい、

  STAP細胞の問題に燃料投下していたようだが、私は見ていないのでよくわからないのです、


  このSTAP細胞の話は正直なところある以上はわからないのだけど、狂信者と基地外の話になってきたなという感想があります、

  だいたい議論している人ってそういうひとしかいませんものね、この問題を騒いでいる人はだいたい頭がおかしい、全員とは言わないが冷静な意見をいう人を見たことがない、

  狂っているのか恐怖なのかわからないが、この件に興味を持っていない人もそう感じていると思いますが、なんというか不気味です、


  私の判断としては利害関係の対立が原因ではないかと見ています、騒動を見れば分かりますけど、まずSTAP細胞の議論をしている人が殆どいない、

  感情論で騒ぎ立てるか、自分の正当性をがなりたてるか、その2つのタイプしかいませんので、何らかの利害関係があるのでしょう、たぶんSTAP細胞とは関係ないことが本質にあるのだと思う、


  その可能性の一つはIPS細胞の利権があって、STAP細胞はIPS細胞より効率が良いといわれていた、

  そしてIPS細胞を見つけた学者は感情的に、STAP細胞の批判をしていたのでその派閥争いが裏にあるように見える、


  もしSTAP細胞が実用化されれば、IPS細胞の存在意義はなくなってしまい、その利害で食っていた関係者の仕事はなくなる、

  その利害関係をSTAP細胞に移すとしても必ずしも利益になるとは限らず、それならSTAPを潰したほうが簡単だと考えた勢力がいたのではないか、そんな気がします、

  
  STAP細胞自体について多くの扇動家が出鱈目なことをいっていますが、STAP細胞の論文そのものには間違いはない、

  捏造だとマスコミは言うけど、あくまで画像を取り違えていただけでマスコミが偏向報道したから、そういうイメージがあるけど別に捏造をしたわけではない、


  画像がおかしかっただけでデータに間違いはないし、理論も別に間違っているわけではない、

  そもそもSTAP細胞は新技術なのだから比較できるものはなく、何かが正しいという論は存在しないのだから、小保方氏が間違っているといえる論拠は存在しない、


  この話は深く考えない人にはわからないだろうが情報操作が入っていて、分析をするといくつかのポイントが見えてくる、

  まず小保方氏の博士論文で序文にコピーがあったこと、それと同人物のSTAP細胞の論文の画像が別の研究のコピーだったこと、この2つを混ぜることによって意図的に人を騙そうとしている、


  いわゆるプロパガンダ的手法で、この辺りの情報はまともではなく、偶然こんな一致が起きるわけがないから誰かがやったのだろうけど、

  情報操作としてみると、ネットでも勘違いしている人が多かったのだが、小保方氏の博士論文でコピーがあったイメージとSTAP細胞の論文での画像コピーが、コピーという言葉の部分が頭のなかで一緒になって、

  博士論文の理論部分のコピーと、ただ画像を取り違えただけのSTAP細胞の間違いが同じものに見えている人が多い、


  しかし博士論文は理論そのものを利用しているが、STAP細胞の論文ではそういうことをしていない、

  つまりSTAP細胞の論文ではデータや理論の間違いがあるわけではない、画像が別のものだっただけである、


  この2つの情報を流して、意図的にSTAP細胞の論文も盗用であると思わせた奴がいるわけだが、それに騙されている人が多い、


  それともう一つがそもそもSTAP細胞の研究は初期段階であり、具体的な事例までは行っていないということ、

  STAP細胞のような現象があるといっているだけで、それを具体的にどうするかは次の段階の話であって、現状ではそこまでは言っていない、


  小保方氏は中心になってやっていたから、そこまで感触を持っていたのだろうけど、論文で書かれていたのはあくまで可能性の話であって、確実にそうなるといっていたわけではない、


  ここでもう一つ難しい問題があるのが、小保方氏以外がSTAP細胞を作れない問題がある、

  これは他の研究者が作れないのだから捏造だということなっているが、これも上の博士論文とSTAP細胞の論文を混ぜて演出する効果の一つになっている、

  
  この話も複雑で、例えば小保方氏といっしょにやっていた研究者は、STAP細胞の初期段階までは実験できていて、ある程度はSTAP細胞があることを証明している、

  そしてあまり詳しくはないのだが、そこまで多くの人がSTAP細胞がないといっているのだから、その初期段階であっても出来た人はいないのだろう、

  そう考えるとSTAP細胞は独特の方法でやらないと作れないもので、更にその技術的な要素は小保方氏しか知らないことになる、


  科学とは理論と実証にかなり離れがあり、例えば理論的にはありうるといわれたものが、100年後に実証されることもあるくらいで、理論として正しいかということと、実際に実験ができるかは全然別の話だったりします、


  そう考えるとSTAP細胞を作るには何らかの特殊な方法が必要で、それを小保方氏は前の記者会見で、その技術は次の段階でやろうと考えているといっていた、

  自分の間違いは技術的な可能性が見えた段階で発表したことで、具体的に詰めていく途中で言ってしまったのが問題だったといっていたが、

  
  私の想像になるけど、ネイチャーに出した論文はあくまで入り口の話であって、そのあと目星がついていて研究を進めれば、ある程度形になると考えていたのではないかと思う、

  それが何故か一般の話になって、科学研究上の意見ではなく全然関係ない方へ進んだことが、そもそもの問題のように見える、


  話が長くなって段々疲れてきましたが、私の見立てだとSTAP細胞が間違いであると見立てたい勢力がいるのだと思う、

  それが非常中傷を繰り返し、科学的がわからない人が引っかかっている、典型的なプロパガンダ状態だといえる、


  この話が異常なのは、例えばSTAP細胞と博士論文の問題の違いを知っている人がどれだけいるかといえば、ほぼいないことで、

  それを同じ問題だと考えてしまって、STAP細胞の論文もデータや理論を盗用したのではと考える人が多い、


  しかしSTAP細胞は新技術だから盗用する先がなく、確かに画像データなら可能かもしれないが、それ以外の理論やデータでは不可能である、

  けどそんなことを考えている人はいない、そこにトリックがあってこの話は小沢氏の事と似た空気を感じます、


  それに博士論文の件はあるが、大学の論文などは粗製乱造であるし、学生が学ぶレベルなら特に問題になるともいえない、

  あくまで学力が付いているかどうかであって、具体的な研究の成果を評価されているわけではないから問題なかろう、

  もちろんその博士論文でSTAP細胞を論じているならば別だが、関係ないんじゃないか、


  正直そういう話が出てくることが意味不明であるが、ともかくこの話はかなり胡散臭い話だと思う、

  ネットを見てみればわかるけど、騒ぎを起こしているのは怪しいやつか、そういう人に騙された人々しかない、

  そういう連中の意見がなにか意味を持つかといえば1%も価値はないし、無意味な連中の無意味な意見にすぎない、


  このSTAP細胞の話は少し引いてみたほうがいいと思います、全体的に不自然な所が多く、まともな人間もいなければまともな意見もないので、


  次に、書ける残りが殆ど無いのだけどどうしたものか、愚痴をいってもしかたがないので書いてみると、

  そういえばアベのやつにオバマ氏が会いに来るようだね、向こうからすれば犬に餌をやる感じだろうな、


  オバマ氏の来日は本来日本だけに行く予定だったが、安部が世界の嫌われ者だったので、オバマ氏は安部に会いに行くよりはと韓国に行く予定を加えた、

  そして韓国に行く予定が入ったので、その分日本の日程が狭まり二泊三日が、一泊二日になってしまった、


  それを安倍一派がリニア技術をただで献上するなどしてとりなし、実際は一泊二日のままなのだけど、日本に来る時間を早めることによって擬似的に二泊三日の予定にした、
  
  ただ迎賓館などに来る予定はなく、国会での演説もなく、通り過ぎるような形で韓国に行くようだ、


  この外交のアメリカの狙いは日本に対する牽制と日韓のの友好親善の狙いもあるが、もう一つの予定として経済交渉がある、

  まず韓国には予定を組んでやったのだからといって、米韓で入っているEPAなどで譲歩しろと圧力をかけている、

  アメリカの犬の安部には圧力をかけるまでもないが、一応TPPで大幅譲歩をしろといっている、


  つまり日本と韓国と天秤にかけて、両国に圧力をかけともに妥協するようにしている、

  その点は安部のやつを利用しようとした韓国も引っかかっているわけだが、日本も韓国もアメリカの奴隷として重課がかかることになるだろう、


  アベによる日本の右翼化はアメリカのいい取引材料になっていて、こいつが生きている限り日本は損をするようになっている、

  しかし戦後世代にはもう現実を見る視力はない、いずれ何も見えなくなるでしょうが、それまではこのままでしょうね、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR