04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

小泉氏は、ただの犯罪者にすぎない、

    どうもこんにちは


  最近聞いた話では、民主党の小沢代表が、憲法改正の国民投票案の参加から降りたようですね、私の読み通りだったようで、私の考えでは、今の日本で小沢氏に匹敵する政治家はいない、だから、小沢氏としても格下の自民党連中には協力はしないだろうと思っていたのですが、そうなったようですね、後はいかにして小沢氏を国の中心につけるか考え、小沢氏に国の将来を任せるのがラストチャンスでしょう、これ以外この国の助かる可能性はないと思います、後はどうそこへ持っていくか、その辺りが鍵になるのかなと思いますが。 さて、それはいいとして、今日は、小泉氏は、ただの犯罪者にすぎない、ということでも、そのまんまなタイトルですが、たまにはそのまんま思っている事を書くのもいいかなと思ったので、書いてみようかと。


  それで、小泉氏は、ただの犯罪者にすぎない、という事で、具体性をあげるのも手ですが、私が考えているのは、人としての性質、その辺りから見て、この人の犯罪者気質というかな、そういうのを感じるのですね、生粋の犯罪者というか、犯罪をするために生まれてきたようなところがある、もしくはそれ以外で生きる能力がない、私にはそういう人に見えます。  人を、資質や能力によって、階級づけてみて、それを大まかに、一流から、五流まで分けてみると、

     一流   二流   三流   四流   五流

     非凡        普通          無能

  大体こんな感じで分けてみて、この場合小泉氏はどこにはいるか、私だったら、五流に入れますね、間違いなく劣った人間だと思います、常人では理解できないぐらい、劣っている人間、そしてそれがこの人の長所でもある、理解されづらいという点を使って、自分の無能さをごまかせば、一流に見せかける事も可能な人間、私はそう理解しています。


  小泉氏が犯罪者、まあ、犯罪者気質の強い人間、だと思うのは、例えば救いようのない無能な人間はどう生きるか、自分を軸にする事はできない、ならばどうするか?、人を叩く事、人のせいにする事ばかりを、一日中考えるわけですね、それしか自分の生きる道がないから、それで、小泉氏がここ何年かでやった事を思い返してみればいい、人を叩く事、人のせいにする事以外何かしましたか?、何一つしていないですよね、本当に、つまりこの人の最大現にできる事は、二つだけ、人を叩く事、そして、人のせいにする事、この二つがこの人の最大限にできる事だと思います、逆に言うとこれ以上のことは何もできない人物といっていい、そして、そういう人間は最終的に犯罪者のようにしか生きれない、だから、政治家になっても最終的には、犯罪者的な方向性しかもてない、なぜならそもそも、それ以外の生き方ができないくらい無能だから。


  原始的生物は、時に特化した能力をもち、進化した生物にとっても侮れないような能力を持つ事がある、私は、小泉氏を見ていて、いつも感じるのがこの原始性というかな、そういう感じを受けます。 原始的なものは、高い意味は一切もっていない、しかし、低い意味を上手く使う事により、高い意味にとっても脅威になるような、強い力を持つ事ができる、しかし、ウイルスに知能がないように、原始的なものでは、高い意味を持つ事はできない、低く成り立つものは高くはならない、それはどうにもならないものだ。


  そういう存在が、高いところにたつ、立つ事はできる、しかし立つ以上の事はできない、そこまでが限界だから、それ以上はできない、だから小泉政権を見ていても、立つ以上の事はできていない、それ以上は何もしていない。 最終的に下に沈んでしまうんだね、意味の低いものは、高みを望む資格がないんだ、モグラのようにただ穴を掘るだけだ、空をみる事すらできない。


  極端に無能であるという、異常さ、その方向性は、どうあがいても犯罪者的方向性しか進まない、原始的なものは建設的に動く事はできないから、できたとしても破壊くらいだろう、小泉政権もやった事はいくつかの破壊くらいだ、建設的なことは何もしていない、その辺りを見る限り、私の考え方は多分あっているのだろう。 普通の人間が空を眺めるように、普通の能力をもった人が、上を眺めたときにある次元、その辺りに立つ人でなければ、人を救う事はできない、普通の人よりも上に向かえるような、資質、そして努力が必要になる、本来ならそういう人間を、国の中心に据えるべきだろう、そうでなければ、国というものが良くなる事はないからだ。


  私の見たところではですが、小泉氏は、あまりに器の小さな人間であり、大事をなせるような人物ではない、ただ、あまりに小さな人間であるがゆえ、その小ささと、普通の人間との大きさの違いを利用して、錯覚的に自分を大きく見せるのが上手い、それに多くの人が引っかかっているのでしょう、しかし、人としての器の小ささは、犯罪者的な傾向にしかならない、なぜなら、器の小さな人間は、回りを害して自分をのし上げようとし、器が小さければ小さいほどその傾向は強まる、そしてそういう方向性は最終的には、犯罪者にしかなれない。


  まあ、私の書いた考え方も、一つの考え方にすぎませんが、現実的事象と照らし合わせると、結構あっているように思います、私も人がどう生きるかという事に対しては、自由でいいと思います、が、立場や地位につきたければ、自分の資質等もよく考えるべきでしょう、それを考えないのなら、悪く言われるのも仕方のない事だと思います。




    それでは、今日は金曜ですので、次回は月曜になります、では、よい週末を。
    
    

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR