03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

成立しない解釈憲法とウクライナの春と安倍プルトニウムの話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  昨日は暑かったのに今日は寒いですね、どっちなのかはっきりしてほしいものですが、

  さてそれはいいとしてなにか起きているかな、そういえば安倍の集団自衛権があるね、よくわからない話だけど、

  何がわからないかっていえば、何でそんなことをするのかがわからない、

  
  安倍のやつは自分の知り合いを法制局長につけて、そいつが解釈を変更しすれば憲法改正が可能になるといっている、

  しかし逆にいえば別の首相が別の解釈を認めれば変わってしまうわけで制度としての意味が無い、  


  集団的自衛権とは複数の国で外国を攻める権利ですから、じゃあ安倍が集団自衛権を認めて外国と一緒に戦争をした後、別の総理が集団自衛権を否定したら自衛隊は処罰されることになる、


  法律はルールなのだから一定した意味が必要で、変動があるにしても変動に対する対処が必要だがそれがない、

  この場合安倍のやつが集団的自衛権で戦争を始め、その次の総理がそれを否定したら安倍は犯罪者として処罰される、

  なぜかといえば首相の解釈で法律が決まるならば、解釈が変動するたびにそれ以前の法律を認めた人やそれに従って動いた人々は犯罪者になるからで、そうなるとよく分けのわからないことになる、


  それに憲法解釈は人間が決めることではなく、安倍は仲間がいる法制局の立場に憲法解釈の権利があるといっているが、憲法解釈を決めれる立場など存在しない、

  憲法というのは普通の文章に見えるけど、あれは専門家が作った特別な文章でどのように解釈するかは決まっていて変えることはできない、

  安倍の馬鹿が勘違いしているようだが、憲法の解釈を変えることはできないので、憲法の意味を変えたければ憲法改正をするしかない、


  安倍とかその周囲のやつが勘違いしているのは、憲法の解釈なんてのは最初からできないもので、法制局にも憲法解釈を決める権利はない、

  法制局がやっているのは決まっている憲法解釈を説明しているだけだから、変える権利はどこにもない、


  この話の根本的間違いは憲法をどのように解釈するかは専門家が憲法を解読することによって決まるのであって、解釈によって憲法の意味を変えれるわけではない、

  安倍のやつが期待している法制局にも憲法解釈を変える権限はなく、連中がやっているのは憲法を専門的にどう説明するかを行っているに過ぎない、


  まあそこに安倍の仲間の素人を放り込んで、専門知識がないから出鱈目なことができる考えているようだが、そもそも憲法を解釈で変えることが不可能な現実は変わらないだろう、

  もしくは強引に変えた場合は、その後修正をする段階で処罰の対象になる、なぜかをいえば権限もないのに好き勝手やったからだ、


  何度もいうが憲法解釈とは人為的にできるものではなく、どのように解釈するかは決まっている、

  だから誰にも変えることはできない、もしくは変えたとしてその前後の整合性を取ることができないので、変えた人物は犯罪者として処罰されなければならない、

  そうなれば安倍やその仲間には犯罪者として罰を与える事になるけど、それを嬉々としてやっている連中は頭がオカシイのか?、


  うーむ、よくわからない話なのだけど、言えるの憲法解釈はどうするか決まっているものなので変える権限は誰にもない、

  例えば英語の文章を翻訳して解釈しても意味は一緒ですから、解釈をした所で意味が変わる事はなく、憲法解釈を変えても意味が変わることはない、

  それを強引にやった場合はあとで解釈が元に戻ってしまうのだから、自分勝手に始めた憲法解釈で起きた問題は、後に修正され関わった人物は処罰される、

  
  それだけじゃないかと思うけど、意味がわからないのだが安倍やその周囲のバカ連中は誰一人として憲法の制度を知らないってことなのですかね、


  次は、ウクライナの内乱が続いているようだ、あそこはEU側とロシア側で国がわかれていて、

  前回はEU側が大統領をしていたが、今回はロシア側が大統領をしていて、それを気に入らなかったEU側の勢力が内乱を起こし政治転覆を行った、

  結果ウクライナの大統領はロシアに亡命し、残った勢力が勝手に大統領を名乗っている、


  私はウクライナは偏った独裁政権と聞いていたので、その大統領が悪いことをしていたのかと思ったのですが、

  見てみると前回は対立候補が当選していて、別に偏ったことをしているわけではない、


  そしてロシア側の人が大統領になった時に、対立候補者が逮捕されたので独裁が強いのかと思ったのですけど、どうやらそのEU側の候補者は汚職をしていてそれで捕まっただけだから違法というわけでもない、


  そう考えると何で内乱が起きたのかと思うが、詳しく見てみるとウクライナではネトウヨみたいのが増えて、右翼の原理主義者が増大していた、

  安倍みたいな基地外がいっぱいいたらしく、そういう連中が欧米諸国の支援を受けて蜂起し、それに対して対応していた勢力が穏便に済ませようとして逆に潰れたらしい、


  見てみると別に独裁でもないし、民主主義が機能してなかったわけでもない、

  それにウクライナで暴動を起こした勢力は武装しており、一般の市民ではなく右翼思想の強い原理主義者が銃撃をしていたのだから暴動を起こした方がおかしいといえる、


  この図式はよくあったアラブの春スタイルで、アラブの春はその国にイスラム原理主義者を混ぜ込んで、彼らを武装させて蜂起しそれを攻撃した政府軍を市民への攻撃だと盛んにプロパガンダして、結果世論を動かし政府の転覆を狙うやり口である、


  図式がそっくりなんだね、前も書きましたがグローバル化はナショナリズムの高揚という副作用を生むので、どこの国でも右翼化が進む傾向がある、

  例えば北欧でも右翼化が進み、アメリカやヨーロッパも右翼の影響が強くなっているが、

  その右翼を火種にして国を爆発させるのがテロとの闘いやアラブの春日本で言えば安倍のやつで、その系統の一つがウクライナで起きたのだろう、

  
  これがどうなるかだけど、ロシアは国境付近に15万の兵力を集結させつつあるようだ、

  もともとロシア軍はウクライナの領土を利用していることが多いので、軍事的圧力はかかるだろう、

  米ロは突発的な騒動が起きないように配慮をしているが、地理的にはロシアプーチンが有利かな、


  欧米諸国はロシアを攻撃している、ロシアがいなければ好き勝手できるからなんとか潰したいと思っている、

  そのためにソチ・オリンピックでテロを仕掛けたり、ウクライナで騒動を起こしているのだろうけど、地理的にいえばアウェイだから逆にやられる可能性も高い、


  その辺りがどうなるかですかね、欧米諸国のウクライナへの干渉は入口を作ることはできるが出口を作ることはできない、

  そして出口はロシアにしか作れないので時間がたつほどロシア有利になる、その過程でどんな手が出てくるかではないかと思います、


  後はプルトニウムの話があるね、アメリカが日本にプルトニウムを返せといってきている、安倍が核戦争をする恐れが高いので妥当な判断だろう、

  安倍といえば核戦争バンザイの殺戮家で頭のおかしいやつだ、こいつは昔から核兵器を持つべきだといっているし、

  どんどん撃つべきだともいっている、それがどんな結果を生むのか理解できないほど馬鹿なのだろう、


  そんな安倍みたいのが大きな顔をしているので、アメリカは日本が危険な国になったと感じ日本に預けているプルトニウムの回収をした、

  その量は数百キロくらいかな、原爆50発分くらいのようだが研究用に日本に渡していたというけど、何でそんなに必要だったのだろうね、


  それと原発から出る数十トンのプルトニウムも危ないといわれ始め、それの監視もしなければいけないと国際社会が行動し始めている、

  まるで北朝鮮のようだが、日本の国際的信用はほぼゼロなのだろう、


  まあ安倍じゃしょうがないけど、ともかくアメリカが日本に預けておいたプルトニウムを取り返そうとしている、

  それは原爆用のものだが、それ以外にも原発から出たプルトニウムが膨大な量あるので危険だといわれ始めている、


  原発から出るプルトニウムは兵器転用が難しいので、それほど危険ではないといわれているが、日本だからそうも行かなくなっているようだ、

  信用があればその分お得だけど、信用がなければその分損をする、日本人は自民党に投票し安倍みたいのを生んでしまったが、

  その結果失った信用によって色々負担が出てきているようです、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR