06 月<< 2020年07 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>08 月
 

安部自衛権と福島原発汚染流出と人口が減り続ける日本の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  オリンピックが終わったようですね実は全く見なかったのだけど、どんな感じだったのかな、

  むかしは野球もサッカーもオリンピックも見ていましたが、マスコミが信用できなくなったので一切見なくなりました、もうどうなっているか分かりません、


  それはいいのですけど何か起きているかな、ふーむ、安部が集団自衛権といっているね、またいつもの病気か?、

  こいつは馬鹿だから意味不明なことを言う事が多いが、右翼は大体頭がおかしいので困るけど、


  安部がいっているのは集団的自衛権は首相の権利で決めることが出来る、憲法解釈の改正も可能だといっているが、

  しかし集団的自衛権は憲法解釈で修正出来ないので、実質的に憲法改正になるから総理の都合で憲法改正が出来る事になる、


  安部は馬鹿だからそんな事を考えているのだろうが、殆ど意味がないだろうな、

  なぜかといえば法的論拠がないから、じゃあ何故首相には憲法解釈を変える権利があるのか、そんな事どこにも書いていないわけで論拠がない、

  だから安部のやつが解釈で憲法を変えたとしても、憲法で変えた証拠が存在しないので意味がなくなる、


  法律は制度的なものだから何らかの裏づけが要るのだけど、安部がいっている話にはそれが全くない、
 
  何故首相に憲法解釈をする権利があるのか、あったしてそれを保障するシステムがあるのか、それが完全に存在しない、

  だから権力を使って強引に変えたとしても別の人間が首相になれば簡単に戻ってしまう、そう考えるとほぼ意味がない、

  
  そもそも安部の馬鹿が勘違いしているのは集団的自衛権や個別自衛権、もっと言えば自衛隊の存在は解釈によって定まったのではなく、法制度上の理由によって規定されている、


  何度も書いていますけど、個別的自衛権と集団的自衛権は国連の規定であり、自衛隊は憲法9条に反した違法団体であるが、

  個別的自衛権は強制なので自国を守る軍隊である自衛隊は存続でき、任意の集団的自衛権は憲法9条があるので存在しない、


  こういう法制度があって自衛権が決まっていて、解釈によって自衛権を決めることはそもそも出来ない、

  自衛権の変更をするならば憲法9条改正が必要で、憲法改正をしないまま集団的自衛権を行使するのは憲法違反になる、


  つまり安部の馬鹿のやっていることはただの憲法違反であって、それ以外の意味はない、

  憲法は解釈で修正することは出来ないので、集団的自衛権が必要ならば憲法改正をすべきである、

  そして安部の馬鹿が考えているような、権力で強引に憲法を変えれることを認めるならば、権力を握れば誰でも憲法を改正できる事になるので憲法の意味がなくなる、


  分かりやすい例えでいえば、車のスピード違反で罰金を払うときに警察が金が欲しいから罰金額を勝手に上げるようなもので、安部のやっていることはそういう犯罪行為である、

  右翼は頭のおかしい人間が多いが、その最たる安部のようなやつには何も理解できないだろうね、


  次に福島原発で汚染水が漏れたらしい、数億ベクレルの水が100トン以上流出したようだ、

  バルブの閉め忘れではないかといわれているが操作ミスが原因のようだ、


  いまの福島原発はあまり詳しくない人が作業していて、給料も安いし労働環境が悪化してきているので働いている人の質が下がってきている、

  保障も何もないですかわざわざそんな所へ行く人もおらず、被爆も年間で出来る限界がありますから線量の高い福島原発に行きたがる人はいない、

  その結果あまり詳しくない素人が増えて、それを指導する層もいなくなって人材がガタガタになっているようです、


  これから福島原発で起きうるのは人災の可能性が高いと思います、なぜかといえばまず福島原発を修復する計画はデタラメで、まともな計画がないですから上手く行く可能性が低い、

  当然そうなれば時間がたつほど作業は難しくなるので作業員の質が必要になりますけど、

  福島原発でもらえる給料は低いので優秀な人が来なくなっていますから、質の悪い労働者と難しく現実的ない計画が合わされば最悪の結果になるでしょう、


  チェルノブイリの場合は色々あったけど作業員の保障があったし、病気になった時の手当てもあったが日本にはそれがない、

  誰も責任は負わないけど対処をしましょうというのが日本の福島原発ですから、立場の弱い人に問題おしつけ上手く行かなかったらその人たちのせいにする、そういう意味しかない、


  これから福島原発の収束が進めば進むほど、逆に事故や問題は増大し危険になると思う、

  今回はバルブを閉め忘れて汚染水があふれた例だが、原発内部の作業になればもっと大きな問題が発生し、そしてそれは失敗するだろう、


  元々上手く行く計画は立てられていませんから、上手く行かないけどお役所仕事で作った計画しかないので、必ず失敗するだろうし失敗の仕方も悲惨なものになる、

  福島原発はこれから時間が経つほどおかしくなってくると思う、なぜなら具体的な対策がデタラメで、その無茶な要求にこたえられる人材もいないからです、


  後は何かあったかな、そういえば安部のせいで人口が減ったらしいね、24万人減ったと聞くがすごい現象だな、

  2013年の日本の人口は大幅に減り、24万人だから一つの市が消えたようなことがおきた、


  自民党支持者はアベノミクスだといっていたが、何のことはない国民の命を奪うために適当なことをいっていただけである、

  いまの世の中は少子高齢化そして貧困層の増大があるので、それに対する対策をしなければ日本社会は崩壊する、

  というよりは自民党に投票する人間がこれだけいるのだから、崩壊する以外の選択肢はないのだけど、


  日本に必要な政策はその殆どが社会保障政策で、社会保障政策をしない限りこの国は一切良くなりません、

  実際自民党のような新自由主義政党が影響力を持って、日本の経済や社会が良くなった事は一度もないですから、社会保障を軽視する政党が影響力を持っていればこの国は傾きます、

  まあ社会保障はやりすぎれば問題なりますけど、ここまで貧困層が増大している以上対策をしないと社会も経済も潰れるのでしないといけないのだが、

  安部みたいな馬鹿ではね、自民党も同類だしほぼ絶望的ですけど、


  いえるのは日本を変え未来を作るのは社会保障になるでしょう、このまま貧困層が増加すれば日本は終わりですから、何とかすべきなのだけど、

  問題になるのは自民党に投票する層で70代から60くらいの戦後の世代が中心ですが、そういう人たちが自民党に投票する限り日本の人口は減少し衰退が止まることはないでしょう、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR