03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

名護市長選結果と都知事選の問題、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  少し前は寒かったですね雪が降ったりしていたけど、そういえば今年はあまり雪が降らなかったです、最近は異常気象ですからどうなるかと思っていましたが普通でした、

  
  それはともかく何か起きているかな、沖縄の名護市長選挙で反対派が勝ったようだ、それは良かった、

  この選挙は複数の情報があって、賛成派が6割、反対派が4割の得票という話と、反対派がダブルスコアで勝つという話があったが、その中間くらいだったようだ、

  反対派の得票は賛成派よりも2割多かったようで、大差といえば大差なのだけど極端に有利だったわけではない、

  この選挙は危ないといわれていたけど、確かにそうだったようだ、


  で、この選挙の結果を受けて自民党がどうするかだが、自民党はアメリカの支持を受けて日本の支配をする政党だから、アメリカにご機嫌伺いをしたいと思っている、

  特に靖国問題や安部の極端な軍事路線があるので、それをまけてもらおうと色々金を献上しているのだけど、あまり効果がない、

  それで沖縄の基地問題を解決してアピールをしたがっていたのだが、選挙結果を見る限り反対派が多数ですから工事は難しい、

  工事をするためには設備の利用が必要だけど、市が許可しなければ使えないし、

  無理やりやる手もあるが膨大なロスが発生するので難しいだろう、


  自民党はアメリカの歓心を買うのが仕事ですから、今回の選挙には意味がない、選挙結果があっても無視して工事を進めるといっているが、そう上手くいくかどうか、

  特に沖縄の知事選が今年中にあるといわれていて、あの不人気知事ですから当然次は反対派が当選しやすくなるので、知事まで反対になってしまえば工事は不可能になる、


  そもそも辺野古移転の工事自体が無理があるもので、昔よくあった地方のダム工事みたいなものですから、地方の村をダムに沈めて移転してもらうとか、辺野古の基地はそれに近い負担を地元に与えるので無理がある、


  この移転計画は普天間基地の危険性や負担を考えて立てられた計画だけど、普天間基地が危険だとしてもそれをただ単に辺野古に移転するだけでは危険が減るわけではない、

  特にオスプレイを100機駐留させるといっているから、あんなものが100も飛びまくっていたら暮らせない、


  普天間基地移転計画は県外かアメリカ本土へ移転するが筋だったはずで、沖縄の基地負担を別の地域に移したところで負担の軽減になるとは思えないわけですから、話に無理がある、


  自民党は普天間基地の固定化が安全性を脅かす、そのためには辺野古に同規模以上の軍事基地を作って移転すべきだといっているが、その話を納得する人はいないだろう、


  東京とかの関係ない人なら、そうなのかなと思ってくれるかもしれないけど、沖縄の人からすれば「それ基地減ってないだろ!」と思うだろうし、オスプレイが100機も飛ぶようでは安全には暮らせまい、


  日本ではオスプレイが平気で飛んでいるけど、アメリカではオスプレイは非常に危険なヘリだといわれて、飛べるところが制限されているのに、

  それを大量に飛ばす基地を作るので沖縄の基地問題は解決しますといわれても信じようがない、


  最初から設計が狂っているという事で、辺野古に作ろうとしているのは大量のオスプレイが飛ぶ軍事基地で、どうやら本土では危険視されていて練習が出来ないから日本でやろうとしているらしく、辺野古付近はオスプレイの実験場になるようだ、

  普天間基地の危険性は分かるけど、その代わりにオスプレイが飛びまくる巨大な基地を作るのは、さすがに無理がある、


  今回の市長選にしろ、これからあるだろう沖縄の知事選にしろ、普天間基地が危ないからといって、辺野古に似たような基地を作っていいのかが問題で、それを肯定するのは無理である、

  正直こんな話を何故通そうとしているのか分からないが、よっぽど日本政府の中には腐った連中がいて、そいつらが馬鹿な事を考えた結果こうなったのでしょう、


  次に、東京の知事選があるようだ、こっちは話がややこしくなっているようだが、

  まず一本化の話があるね、現状脱原発派とそうでない派の二分した形になっているが、舛添と右翼軍人は原発稼動派で、細川氏と宇都宮氏は脱原発派のようだ、

  そして細川氏と宇都宮氏の一本化の話が出ている、


  一応言っている事は同じだから一本化してもいいのだけど、問題になるのは宇都宮氏で、宇都宮氏は弁護士会のトップだったらしいのだが、実は共産党と関係の深い人物で、実質共産党の代表として立候補している、


  共産党の党員が立候補しているようなものなので、共産党は勝てるわけでもないのにやたらと立候補する政党ですから、

  そうやって組織の生き残りを促しているのかませんけど、今回の都知事選で出ている宇都宮氏は実質共産党の候補者ですから、今までの例と同じく参加する事に意義があると考えているのか、勝つ気がない、


  宇都宮氏を代表している発言として、法案も作られるには何年もかかる、だから今回の選挙もそのためのものであって結果は重要ではないといっている、

  厳密にそういったのかは分からないのだけど、そんな発言をして何をのんきな事をいっているのだと批判を浴びたのだが、


  それが宇都宮氏の性質であり、限界であって、共産党の人だから社会や世の中がどうなろうがいいので、

  言っていることは確かに正しいのだけど、それをどう具体的に成立させるかは全く考えておらず、絵に描いた餅になっている、


  宇都宮氏も別に当選できないわけではなかった、たとえば細川氏が出なくて脱原発候補が一人だけで、自民党の候補が舛添とそのまんまで分裂すれば、相対的に勝てる可能性はあったのだけど、現状そうはなっていないので勝てる可能性はない、


  普通ならそういう場合、自分の考えを政治にどう反映させるかと考えるのだけど、宇都宮氏は共産党の人だから右翼の軍人候補とある意味同じで、自分の主張を社会に訴えかけれれば結果はどうでもいいと考えているらしく、対策をしない、

  ある意味スローガンをいうために立候補した面もあるようで、具体的にどう選挙に勝つのかというビジョンはなく、自分の理念を社会にどう反映させるかの方法論もない、


  まあ今回の選挙で宇都宮氏だけが国民側の候補ならば、有権者の投票先がその分増えますから、それはそれで悪くはないのですけど、

  現状細川氏が出ているので存在する意味がなく、宇都宮氏が立候補した意味がなくなっている、


  これがよくある共産党が政治を引っ張る形だけど、いまの時代右翼は差別主義者であり、左翼は宗教であるから、左翼は排他的な態度を取りやすい、

  それが知事選にも出てるという事で、選挙がどうなるかは分からないが、宇都宮氏の行為は国民にとって不利益に成るでしょう、その分脱原発派の支持は下がるとみていいです、


  後は、じゃあその知事選がどうなるかだが、マスコミの論調だと舛添が有利らしい、

  全く逆の意見もあるので良く分からないのだが、多分投票率によるのだろう、


  何度か書いていますが、今は無党派が多いので投票の動向を読むことが出来ない、

  マスコミは良く世論調査をするけど、そこで出てくる投票の結果は固定的に投票する層、つまり特定の政党支持者の比率を表しているだけで、無党派の人の意見は入れていない、


  その手の調査だと6~70%の人が投票先を決めていないといっている事が多く、つまり過半数は決めていないのに3~40%の人が投票するこうなるといっている、

  そしてその理由としてあるのが低投票率で、マスコミは意図的にそっちに誘導しているのだけど、

  例えば投票率が50%だとして与党が18%くらいの得票をし、野党票が三つくらいに分裂すれば与党が勝てる、


  今の日本の選挙は大体こういう形で、与党の得票は20%弱くらいしかないのだけど野党の票が分裂し、そして低投票率で結果が大きくずれることが多い、

  それは意図的にやっているもので、マスコミは維新の会を作ったりして、野党票が分散しやすいように誘導し、そして投票の結果を上のメカニズムを使って、与党が非常に有利になるように表現し、投票意欲の強くない無党派層を選挙に行かせないようにしている、


  それが今回の都知事選でも同じ手を使っているようで、調査によって全く逆の結果が出るのは、いまは特定の候補に投票する人は少なく、投票行為が不確定なのが普通である、

  そしてそういう人はマスコミに調査を受けたときに、日常的に投票先を決めていませんから、統計上は投票に行かなかった扱いになる、


  マスコミの世論調査は無意識なのかもしれないけど、殆どの人が投票をしなかったらどうなるか?という結果を出す、

  実際マスコミの調査を見ればわかるように、投票先を大体6~70%は決めていないのが普通ですから、つまり6~70%の人は投票に行かないという条件で調べている、


  そしてそういう条件に近づけるのがマスコミの仕事で、連中は権力のために働いているだけですから、多少は国民の声を聞くかも知れませんけど、

  戦前の軍国主義にくっ付いた例を見ても分かるように、マスコミは権力の犬として生きるのが本来の姿ですから、権力にとって都合のいい報道しか最終的にはしない、


  マスコミが何故世論調査をして選挙の結果を大きく騒ぐのかといえば、彼らは民主主義が嫌いで、国民が自立して行動すれば人々はマスコミから自由になってしまい、その分ビジネスチャンスが失われる、


  そして国民のための政治が行われれば、権力にしがみついているマスコミにも不利に成る、

  マスコミといえば普通の仕事をしているわけではなく、例えばテレビの放送権などは本来数兆の金を払って受け取るものなのに、連中はただでそれを使っている、

  新聞も再販制度などがあって普通の企業よりも恩遇され、実質的に多額の金を金をもらっているようなものだ、

  もし民主主義が成り立てば、それは国民の損失だから否定されるわけで、国民が自立して行動する事をマスコミはどんな手を使ってでも防ごうとする、


  だからマスコミが選挙の結果を調査するとき、その結果は低投票率を促し、国民が政治を参加させないためにいっている場合が多いので、あまり気にしないほうがいい、


  マスコミは出来る限り投票率が下がって欲しいんですよ、国民が選挙に行くと彼らは困る、

  そういう前提でマスコミの調査を見たほうがいい、民主主義という点でマスコミと国民の利害は対立している、

  マスコミはどんな手を使っても国民の自立を潰そうとするし、投票所に来るなというアピールをしてくる、

 
  低投票率こそがマスコミの生きる道なので、出来る限り政治がそうなるように誘導する、

  だから選挙の結果はどうなるかは分からない、それが本来の正しい見方で、ある程度差が付くとハッキリしてくる場合はあるけど、今回の都知事選はそうでもない気はする、


  宇都宮氏は共産党の人だから無理だろうけど、舛添と細川氏の関係はまだ分からないと思う、

  宇都宮氏は共産系だから投票率が上がってもあまり増えないが、細川氏は投票率が上がればその分得票も増えるタイプだと思うので、


  マスコミがターゲットにしているのは細川氏ですから、いま浮動票を当てにしている細川氏を叩くために低投票率プロパガンダをしているが、選挙結果云々というのは当てにならないと思う、

  ああいうのは投票率が低い場合の話ですから、マスコミは低投票率化を目指す組織ですので、そういう結果を出していると考えたほうがいいです、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社

関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR