08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

名護市長選挙と東京知事選挙の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

    どうもこんにちは、


  今日は寒いですね、聞いた話では地球上の寒気が東に流れて、ロシアの空気がアメリカに行っているらしいけど、日本にもそういうのが来るらしいです、


  変な世の中になったものですが、それはともかく何か起きているかな、暫くは選挙があるようだね、一つ目は沖縄の名護市長選挙か、

  沖縄の普天間基地が住宅地の真ん中にあって危ないから、辺野古へ移転させようとしている、

  政府やマスコミはそういっているが嘘で、米軍が日本から撤退する計画があって、その影響で普天間基地を利用する必要がなくなって、基地の返還問題が起きた、


  マスコミは沖縄で起きた少女への暴行事件が元だといっていますが、それは一つのきっかけに過ぎず、大きな理由としては冷戦が終わってアメリカが世界中から軍隊を引き上げている事が要因としてある、

  ですから本来であれば普天間基地はそのまま返還され、米軍はヘリの訓練用に小さなヘリポートを作ってくれといっていたので、そういう施設を作ったらおしまいになるはずだった、


  しかしそうなると沖縄から米軍が撤退し防衛上の問題が発生するので、それをカモフラージュするために日本政府や自衛隊が辺野古に大規模基地を作って、そこに米軍がいるという形を作ろうとした、

  つまり普天間基地問題は日本の自作自演であって、アメリカが問題なのではなく、日本政府が米軍が撤退して防衛問題が露呈する事を隠すために始めたものである、


  こんなので防衛ができるなんてのはおかしい話で、いまは衛星で全部分かってしまう時代だから、軍事力のない基地を作れば防衛になるというのは、何時の話だと思ってしまいますけど、


  ともかく、そういう経緯があって、沖縄の辺野古に使い道のない大規模基地を作る事になった、

  沖縄世論としては基地が削減されると思っていたのに、別のところに似たような基地を作られるのだから、そりゃおかしいという反対活動が起きた、

  
  普天間基地問題は前提の狂いが激しいので、なかなかまともな議論を構築する事が難しいのですけど、

  この基地の問題を一言で言い表せば、基地に依存した生活を良しとするかしないか、その一点になると思う、


  普天間基地の移転が出来なかった理由は、地元経済が基地に依存しすぎて移転できなかったからで、米軍が撤退して基地がなくなれば沖縄の経済構造は大きく変わる、

  それを嫌がった勢力が無理やり頼んで、辺野古に大規模基地を建設させようとしたのだから、基地移転が出来なかった原因は沖縄自身にある、


  理想と現実みたいなもので、沖縄の基地は社会問題であるが利益である、そのどっちをとるかというのが今回の名護市選挙だといって良い、

  そしてその選挙だが、稲嶺氏と末松氏とが出ているようだ、

  稲嶺氏は移設反対で、末松氏は賛成、それがどうなるかだけど、


  正直なところ私は反対した方が良いと思う、どうしてかというと日本は段々平和な国ではなくなりつつある、

  安部は軍国主義者であり、戦前の軍事体制が正しいと考えているやつだ、

  そしてやつの政治目標は日中戦争であり、そうなると沖縄は最前線に成る恐れが高い、


  確かに沖縄の人からすれば経済の話かもしれない、しかし辺野古の基地建設は一時的なものであり、中は空になるのだから継続的な利益ではなく、長期的に見れば損失になる恐れが高い、

  
  更に安部や自民党は中国との戦争で儲けようとしているが、その場合辺野古に大きな基地を作ってしまうと攻撃される恐れがある、

  むかしヨーロッパである都市が城砦化していて、非常に守りやすい構造をもっていたら、周辺諸国がそこを要塞として欲しがって戦争が絶えず、

  とある時期にたまたま軍隊が引いたときに、そこの住民が総出でその防備を破壊した話があるけど、


  沖縄は多分そうなると思う、昔とは違って日本はもう平和国家でもなければ、平和主義の国でもないので、中国と戦争する事だけを目指す偏った国ですから、そういう状況で沖縄の軍事拡張をすれば中国の攻撃目標になってしまう、


  経済は大事だと思う、しかし死んでしまったらそれまでで、中国との戦争が現実味を帯びている現状では、自分の住んでいるところに大規模な基地を作るのは自殺行為だといっていい、

  ここは素直に米軍の撤退を認めて、中国の軍事対象にされないようにする方が妥当だろう、


  もし安部や自民党が本当に中国と争って、そのために沖縄の人々をどんな手を使ってでも助けたい、中国から沖縄の人々を助けるために必要なんだという意味で、基地を作るならばまだましだけど、


  明らかに沖縄に中国の攻撃を集中させるために基地を作って、本土の人間のダメージを減らそうとしているようにしか見えないのだから、安部の考えは戦時中のまんまで沖縄の人々を犠牲にして中国と争おうと考えているから、沖縄に基地を作るのは非常に大きなリスクを背負う事になる、


  いまの世の中において重要なのは時代を読む事で、誰の目にも明らかなのは安部の極端な軍国主義、そして中国との戦争である、

  そしてそれは煎じ詰めれば尖閣諸島問題でしょ?、で、尖閣諸島は沖縄の島なのだから、そこに大規模な基地を作るのは何が目的なのか明白じゃないですかね、

  つまり日中戦争のダメージを沖縄に吸わせるのが目的なのだから、下手に基地を作れば命が危ない、


  経済性は重要かもしれないけど、今の日本は明日にでも戦争をしかねない国ですから、少なくとも中長期的にはそうなる可能性が高いので、そのリスクを負いやすい沖縄の人々は自分の所に降ってくる火の粉の種類を見分けないといけない、


  基地問題のゴタゴタは面倒だ、経済的な要素も色々あるだろう、しかしいま一番大きいのは中国との対立で、その最前線にいる島で大規模な基地建設をしたらどう見られるか考えた方がいい、


  中国からすれば自国を攻めるための基地が辺野古に作られつつある、そう見えてしまうわけだから中国が沖縄を攻撃対象にしてくるのはほぼ確実、

  そしてそれに対する支援を日本政府がするわけがないのだから、リスクを背負わされる割にはメリットはないと思う、


  十年前なら話は違ったかもしれないが、少なくとも経済性云々という話は成立していない、中国との最前線である沖縄に基地を作るのは止めた方が良い、

  そういうリスクの計算をして選挙を見た方が良いでしょう、安部がすぐに潰れるなら良いが、やつが長期的に影響力をもったらひどい目にあうので、


  次に、東京知事選があるようだ、細川氏は出るといっているけど、まだハッキリしないのかな、

  今回の都知事選、個人的には揺らぎがあるなと思っていました、


  まず自民党の候補がいないことで、猪瀬の後継者がいないし、自民党もそう簡単ではないだろうと思っていたので、対立する候補が出れば案外勝てるのではと思っていました、

  多分細川氏を担いだのは小沢氏だと思うけど、小沢氏も似たような視点だったのだと思う、この選挙は案外勝てると、


  後はそれを形にするだけだが、宇都宮氏はなかなか立派な人物らしいけど、左翼の候補者だから、一般的なイメージをしては共産党の泡沫候補と思われるだろうし、実際そういう意味が強い、

  宇都宮氏自身があちこちに支持を取り付けてから立候補すればよかったのだが、そういう活動はしなかったようので、これでは難しいかなと見ていたのだけど、


  舛添が出ないか、出たとしてもそのまんまとセットになって、共倒れの形で出れば可能性はあるかと思っていたのですけど、舛添が単独で出てしまったので宇都宮氏の目はなくなった、


  これで終わりかと思ったら細川氏が出る事になって、随分話が変わってきましたけど、

  細川氏の出馬に対しては、詐欺師の小泉が付いているので、それが問題じゃないかといわれやすい、


  私もそういう意味はあると思っているが、現状で見る限りそれほど問題ではないだろう、

  別に詐欺師の小泉が正しいとはいわないが、安部を潰せるならこんなのでも使うべきだ、こいつ自身の影響力が強くなるわけでないならば大した問題ではない、


  それにこいつの行動はアメリカからの指示だと思うので、安部の極端な右翼化に対する圧力として動かしているのだろうし、その流れそのものはそれほど悪くはない、

  細かくいえば色々あるだろうけど、少なくとも安部の系統でなければ何でもましというのがあるので、詐欺師の小泉のことはひとまず目をつぶっても良いと思う、


  もちろんこいつ自身が何かをし始めたら、それを叩く必要性はあるだろうけど、
  

  ともかく、東京知事選が来月に迫っている、最初は宇都宮氏が出て、自民党の候補者がまごついて、それがどうなるかと見ていたが、舛添で一本化したのでかなり難しくなった、


  そこで細川氏が出て、多分小沢氏の後押しで出たのだろうけど、表面的には詐欺師の小泉と民主党の支持で出ている、

  詐欺師の小泉はどうしようもないやつだが、マスコミ受けはいいのでそういうメリットはあるだろう、

  そして小沢氏と民主党が裏で手を組んで細川氏を押しているようだが、小沢氏の東京のでの影響力はあまりないかもしれないけど、民主党はそこそこあるのでこれである程度票が伸びるだろうね、
 

  後は全体の票分配だろうが、舛添は石原系ではないし、自民党と仲が悪いからそれほどは伸びないと思う、少なくとも猪瀬ほどにはならないだろう、

  宇都宮氏は、細川氏が出た事によって批判票が減るからあまり伸びないかな、

  田母神とかいうのは、伸びたとしても舛添の票を奪うだけなので問題ではない、

  後は細川氏がどのくらいになるかだけど、それなりには伸びるんじゃないかな、


  既得権の本来の計画では、自民党の舛添が有利になって、ついでに右翼の田母神がある程度勝つことによって、軍国主義のアピールをするのが狙いだったのだろうけど、

  細川氏が出る事になってそれが随分色あせた、


  現状ではガチの勝負になると思う、それは細川氏が強いというよりも、舛添の人気がないので、細川氏は十分勝てると思う、

  後はそこまでどうもって行くかだが、マスコミはプロパガンダで嫌がらせをしてくるだろうが、自民党を嫌うアメリカの圧力もあるだろうし、色々な要素があって激しい争いになりそうです、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR