03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

東京知事選とTPP交渉の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)


    どうもこんにちは、


  寒いですね、アメリカでは寒波が来て氷点下50度になっているらしいですが、普通に死にかねない温度です、

  むかし椎名誠さんがソ連にいった話で、氷点下50度では顔を覆っていないと凍傷になるらしいのだけど、アメリカの人は大丈夫ですかね、


  それはともかく何か起きているかな、ふーむ、一応ネタはあるようだが、いま一番大きいのは選挙の話かな、

  特に2月にある東京知事選が話題になっているが、結局舛添は出るようだね、


  舛添といえば人間が腐っていて、こいつは人を見下す事しか出来ない、どうしようもない人間らしいけど、

  自民公明とも自前の候補者を出す事が出来なかったので、舛添を担ぐ事になった、

  舛添は元々自民党議員として当選した事もあり、その後勝手にやめて除名になったようだが、除名にした人間を容認するのも病的だな、

  まあそれだけ自民党も余裕がないということなのだろうか、


  他では細川氏が出るとも言われている、細川氏といえば昔政権交代をした時の首相で、小沢氏と手を組んで新進党を作り、自民党を野党に追い込んだ人物だが、

  その細川氏が出るといわれている、細川氏は元々民主党が出そうとしていた候補で、細川氏はもう歳だから難しいと応えていたのだが、最近はやる気が出ているらしい、

  何でも公演をキャンセルしたり事務所を構えて、選挙の準備を全てそろえ終わっているようで、凄くやる気のようだ、


  だったら民主党の支持で出てもよさそうだったが、細川氏としては詐欺師の小泉の支持を期待しているようで、いわゆる脱原発論で押そうとしている、

  詐欺師の小泉は詐欺師に過ぎないが、マスコミ上のウケはあるので確かに詐欺師の小泉が支持をすれば勝てる可能性はあるだろう、


  元々今回の選挙は自民党にとって悪手で、自前の候補がいないうえに自分らの支持で出していた猪瀬が一年も持たずにやめてしまったから、非常に立場が悪い、

  しかも猪瀬を切ったのは自民党の身の保身にしか見えないから、猪瀬の責任を問う声もあるだろうけど、トカゲの尻尾きりをやった自民党への批判もあるだろう、


  更に猪瀬は石原系の人間であって、東京知事は石原の人気で勝っていただけであり、自民の支持で勝った訳ではないので、石原系の系統が途絶えれば自民党が知事選で有利になる条件が崩れる事になる、


  そしてそういう条件があった上で、自分の所から候補者を出せないから、舛添という自分の党を裏切ったやつを支持しないといけない、

  当然そんなやつだから内部では盛り上がらないだろうし、亀裂は深まり、対立が激しくなる、


  たとえ舛添が当選しても、やつの事だから自民党と反発する事を繰り返すだろう、自民党は舛添支持と決めたけど本心では支持したくないと思っていると見ていい、

  そういう不一致がある以上、自民党が舛添を支持してもそれは不完全な形にしかならない、そう考えると自民党の有利はそれほどはないといえる、


  そしてと知事選の上策として、後から立候補したら有利になるというのがある、

  それはテレビの露出が増えるからであるが、そう考えると細川氏が出れば非常に有利になるだろう、

  現状で見れば、もう少し条件が整えば細川氏の勝利は確定に近い条件まで持っていけると思う、


  その大きな理由は、石原系の弱体化、自民党の失態、自民候補の不在と、ある種の不戦勝のようなところがあって、勝ちやすい環境があるからなのだけど、

  驕る平家ではないが、自民党は非常に有利な立場に着いたので慢心していたのだろう、そこを突かれている側面があるが、


  現状細川氏が出るかどうかは分からない、出たらかなり高い確率で勝てるとは思うが、本人からするともう少し条件がよければと思っているのかもしれない、

  その結論はまだ出ていないので分かりませんが、細川氏が出ればかつ可能性は高いと思う、一応民主党も支持するといっているから、詐欺師の小泉、民主党、小沢氏が支持をすれば、今の自民党ならどうにかできるかもしれない、

  選挙に勝てれば政治の流れは変わるが、どうなるかですかね、

  
  次に、ではこの選挙の意味を考えてみると、この都知事選に細川氏が出るかどうかは分からないが、もし出るならばそこで起こるのは詐欺師の小泉問題が出るだろう、

  詐欺師の小泉といえば、数年にわたって何の意味もない政策を繰り返し、マスコミのパフォーマンスを使って国民を騙し、多額の謝礼をもらったやつですが、


  詐欺師の小泉が細川氏を押すのは、いわゆる脱原発論があるようだ、

  詐欺師はこの頃脱原発という、理念も信念もないやつだから金か利害関係のために動いているだけだろうけど、政治的なポジションとして郵政民営化のネタが尽きたからこのネタを掲げている、


  その流れで細川氏を中心に脱原発アピールをしているようだ、

  選挙がどうなるかは分からないが、もし細川氏が知事選に勝てば詐欺師の小泉の影響力は強くなる、

  やつとしてはそれが狙いなのだろうけど、そういう状態になる事はそれほど悪くはない、


  何故かといえば今回の都知事選は自民党への審判であり、安部政権を認めるかどうかという意味がある、

  (実際は大規模選挙では知名度で決まってしまうので、世論の反映はめったに起きないのだけど、)

  それも含めて知名度で勝てる大規模選挙区で勝つことによって、自民党や安部の支持があるというアピールをする場を作ろうとしていたのだが、

  もしここで負ければ自民党はお終いで、安部の軍国主義もかなり難しくなる、


  そうなれば細川氏を押した詐欺師の小泉は完全に自民党と対立する事になって、自民党の別働隊業が出来なくなる、

  そもそも政治に興味がなく、適当なパフォーマンスで金稼ぎだけをしていた詐欺師の小泉が政治理念をもって行動する可能性はない、

  つまり詐欺師の小泉が脱原発というのは、それなりの実入りを考えた上での行動であって、

  やつはむかし郵政民営化といっていたが、あれもアメリカの指示で何十年も言い続けたわけで、ポジショニングとして言っていただけで実は何も考えていなかった、


  そういうやつだから詐欺師の小泉がいう脱原発とは、それが既得権にとって有利だから言っているだけで、

  国民世論は自然に発達するものですが、それが大きくなって国民の意見になり、それを代表する国民側の人物が出る事を危険視して、既得権が小泉を担いでいるわけだから、

  詐欺師の小泉によって東京知事が自民以外になる事は、連中にとっては非常に強い分裂を生む事になる、


  詐欺師の小泉にとっては、自分の影響力=息子の影響力なので、自分の影響力を拡大して、次の世代の詐欺師を育成し、強い影響力を世代を超えて持ちたいと考えたのだろう、

  その為の脱原発であり、脱原発のリーダーになることが自分の利益になると読んでいたのだろうが、この知事選ではそれが全く逆の形を持っている、


  もし自民党が都知事選を落とせば、自民党は修復不可能なダメージをうける事になる、ただでさえ弱体化しているわけだから最悪崩壊する恐れがある、

  その引き金を詐欺師の小泉が引いたとなれば、その対立は非常に大きなものになるだろう、


  選挙がどうなるかは分からないけど、常識的にいえばやつの復権に繋がる知事選への協力は問題に見えるが、

  その結果知事が自民以外になれば、やつと自民党との対立は致命的になるし、上手く行けば共倒れも可能である、

  そこまで上手く行くかはわかりませんけど、多少風向きが変わってきているのかもしれません、


  後は、TPPについて書いてみましょうか、

  TPPというと忘れ去られた話になっていますが、現状TPPはかなり難しいところにいます、


  どうしてかというと、アメリカとそれ以外の国の考えが違いすぎるので、話がまとまらなくなってきている、

  TPPとはアメリカを中心にした経済圏ですが、アメリカが中心である以上当然アメリカ有利の形を持っている、

  それが最終的な段階に入って露呈してきたので、話がまとまらなくなってきている、


  それともう一つの方向性があって、それが安部の靖国参拝によって話が遅れたというのもあるらしい、

  TPPはアメリカとオセアニア、日本、東南アジアの一部を含む経済圏ですが、そこに韓国や台湾中国なども入りたいといい始めている、 

  本当に入るかどうかは分からないのですが、交渉に参加したいという意見をいっているので、韓国や台湾や中国を含めた協議が必要になっている、


  だが、安部が靖国参拝をしたので、そういう国との交渉は不可能になり、

  更にTPPの会議はアジアで行われることが多いのに、アジア諸国の圧力でそれがやりづらくなっているようだ、


  まあTPPが遅れる事自体は悪くはないのだけど、TPPとはアメリカのアジア交渉であり、その中心には日本がいてアジアと日本の友好がなければTPPは成立しない、

  安部のやつはそんな事を忘れて靖国行っちまったようだけどね、三歩歩いたら全てを忘れていたのだろう、


  うーむ、どうしようもない人間ではあるが、ともかくTPPとはアメリカがアジアに影響力を持ち、それを保持するための制度である、

  日本はその為の尖兵としてアジア間の交渉を行い、わかりやすく言えばTPPのデメリットを一手に引き受ける事によって、交渉をまとめるポジションにいたのだが、


  中国韓国台湾などもTPPに興味を持ち始めていて、そういう国と日本との関係がTPP上では重要になってきている、

  アメリカが日本を批判しているのはこういう意味もあるのだろうね、靖国参拝でTPPが潰れたらどうするんだと、そういうことなのかもしれないが、


  そんなこんなで、TPPはアメリカがアジアで影響力を持つための制度ですから、アジア圏内での交渉が重要な意味を持っている、

  それを日本が引っ掻き回してしまったので、TPP交渉がかなり難しくなってしまった、


  何とかとハサミみたいな話なのだろうけど、自民党や安部政権の反アジア政策によって、TPPの交渉が難しくなっている、

  国民にとってはTPPは無い方がいいので全くかまわないのだが、アメリカは怒り心頭のようだ、


  日本の政治の岐路はTPPによって決まるものも多い、TPPに入れば日本の農業は全滅するといわれているから、そりゃ大事になる、

  それをなぜか安部が歯止めしているようだが、日本はアジアと対立する道を選びましたから、TPPとアジアとの対立の釣り合いがこの国の未来になるでしょう、

日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR