01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

中国はイナゴ、アメリカはウイルス、ロシアは氷河、

    どうもこんにちは


  最近暑いですね、そういえばちょっと前に、もうセミが鳴いているのではないか、ということを書いたのですが、どうもあちこちで鳴いているようですね、もしかしてもう夏なのでしょうか、例年はそろそろ梅雨の時期のはずなのに、、、、どうしてしまったのでしょうかね、この星は。 さて、それはいいとして、今日は、中国はイナゴ、アメリカはウイルス、ロシアは氷河、ということでも、少し前になんとなく思いついた言葉なのですが、今の日本は中国、アメリカ、ロシア、その三つの敵に囲まれ、包囲されている状態にある、かといって戦って勝てる敵でもない、つまり包囲されたままどうにかしていかないといけない、そうなると相手の出方、行動の仕方というものを考えないといけない、つまり相手の手を読んでおかないといけない、、、そう考えていて、パッとひらめいたのが、上で書いた、中国はイナゴ、アメリカはウイルス、ロシアは氷河、という言葉なのですけど、まあ何か冗談のような話なのですが、ちょっと書いてみようかと思います。


  それでまず、中国はイナゴから、イナゴですね、中国は、感じとしてそんな気がしないですか?、なんとなく中国というと、餌を求めて動く習性がある、バアーッと、数でくる感じというか、イナゴの大群というのと、中国って感じがそっくりなんですよね、ほんと数で勝負というタイプというか、たとえば、資源がほしい、土地がほしい、富がほしい、そういうことばかり考えて動く習性がある。 しかし、悪意があるかというとそうでもない、なんというか、数が多いからしょうがなくやっている風に見えるというか、生きるためにやっているだけで、たとえば、ユダヤの人みたく、世界資本の支配というのではなく、人数分の食い物がないから、燃料がないから、ほかからとってこようかと、そういう事ばかり考えているように見える。


  中国のここ何十年かの行動を見ると、殆どが資源、土地がらみの抗争が殆どである、ユダヤ人のように資本支配という意識はない、まあ、中国人はまた別ですが、とにかく中国という国は、資源、そして、土地、この二つを求めようとする、それは、国家にとってのえさを求めるのと似ていて、イナゴの集団のように食い荒らそうと動くと思います、ですからポイントとしては、資源や周囲の土地に気をつけること、悪く言うとそれ以外は何も考えておらず、統制のとれていない全体の動きがあるので、このイナゴのような動きさえ何とかできれば、いずれイナゴの集団の最後のように、食い物がなくなって自滅するという風になるような気がします。


  次は、アメリカはウイルスという事でも、アメリカの戦法は、基本的には洗脳である、もしくはプロパガンダである、ということに留意すべきでしょう、つまり、細菌とかウイルスのように、感染する。 その感染は、情報感染のように、人間を洗脳しようとする、たとえば、テロリストが悪とか、そういう宣伝をして情報洗脳をすれば、それを盾に何でもできるので、まずその情報洗脳を重視する、そういう洗脳は、いずれはばれるんですけど、それまで好き勝手して、後は知らないというのが、アメリカのいつものパターンですね。


  対策としては、まず感染者を見分ける事、たとえば今の日本なら、小泉氏、竹中氏のような、感染者、そういう人たちを見分けないといけない、たとえばアメリカはそういう人を作って、それを軸にしてさらにウイルスをばら撒こうとする、感染経路のようなものを作ろうとする、だからアメリカと関係の深い人物については、危険である場合が多い、別に私も共産主義者とかそういうわけではないのですけど、まあ、アメリカのやり口とかは、大体いつも似ているので、洗脳的な動き、というのがアメリカの特徴です、ただ残念ながら、今の日本は完全に感染して、終わりつつありますが。 今の日本の政権はアメリカの作った政権といって良いようなものなので、後はこの国を利用して破壊して潰す、まず今は利用段階ですね、次はたぶんテロリストにわざと日本を攻撃させるか、中国、北朝鮮、ロシア辺りに攻撃させるか、で、破壊してそれを利用して自分の考えを通す、そのあと日本は潰れますが、まあ、彼らはウイルスなので、情や人間性は完全にありません、ほったらかしにするでしょう日本の事は。 とにかくアメリカに対しては、感染を防ぐ事、保菌者を見分ける事、その辺りが軸になりますね。


  最後がロシアですね、ロシアは氷河というは、なんとなくそういうイメージがあるのですけど、こう、物理的のドーンとくるというか、とにかく物理的に直接叩こうとする、そういうイメージがありますね。 ただし現状のロシアは、今の日本に対しては、それほどは、問題ではないと思います。 昔、満州の辺りを取っていたときは、直接接していたので、やられましたが、その時も、とにかくルールも何もない、物理的に叩いてどうにかする事しか考えいないような行動だったので、とにかく近づかないこと、近づいてドーンと叩かれたら、たぶん世界最強だと思うので、近づかなければ何とかなると思います、後は実際の氷河といっしょで、南のほうにはあまりこないので、へたに日本が北に行かない限りは大丈夫だと思います、三つの中では日本にとって今は、問題が小さいと思います。


  全体でいえるのは、中国は、富の吸収ができないと生きていけないので、それを第一に考えて動くという事、だから富の吸収という方向性を眺めておけば大体は分かる、アメリカは昔の植民地時代のままの国なので、聖書と大砲の時代のままで、今は聖書ではなくメディアですが、とにかく洗脳による支配、とそれに続く武力による実効支配と、破壊による利益の吸収がメインなので、ここが一番厄介ですが、言えるのはメディア等を使った洗脳、と、アメリカとつながりの深い人物への警戒、その辺りが鍵になると思います、ロシアについては、基本的に近づかなければ大丈夫だと思いますが、北朝鮮、中国等を後押ししてきた場合は、注意が必要だと思います。

  




    それでは、今日は金曜ですので、次回は金曜になります、ではよい週末を。

関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR