07 月<< 2020年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 

安部靖国参拝問題と今年の経済の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)



    どうもこんにちは、


  あけましておめでとうございます、今年はいい年になるといいですね、

  と書いてみましたが、それがジョークにしか聞こえないのが現在の日本ですけど、


  ともかく何か書いてみると、正月なのであまり大したことは起きていないようだが、では安部の靖国参拝について書いてみますか、

  安部の靖国参拝への批判が続いている、暫くすれば下火になると思っていたのだろうが、そうは行かなかったようだ、


  例えばアメリカは参拝後数時間で非難声明を出したが、それがあまり効果がないと見たのか、もう一度非難する声明を出している、

  中国はロシアなどと手を組んで日本包囲網を構築し始め、インド、ロシア、シンガポールなども日本を批判し始めている、


  安部靖国参拝の問題は、元々尖閣諸島問題を生んだのはアメリカで、日本が敗戦したときにその後周囲の国と仲良く出来ないように、北方領土、竹島、尖閣諸島という、日本の周囲の国と接する島をどこの国の領土でもない形にして、日本を周囲の国と争わせようとした、
  
  韓国とロシアはそれに飛びついたが、中国は慎重だっため尖閣諸島争いには付き合わず、日本の実効支配を認める大幅譲歩をしていた、


  それが鳩山政権がアジア重視政策をしたので、危機感を持ったアメリカが尖閣問題を起こすように細工をしたらしい、

  尖閣問題というと今は大きな話になっていますが、ほんの数年前は中国の船が周囲に出ても日本政府は何もしなかったし、マスコミが報道する事もなかった、

  つまり意図的にそういう騒動を起こして、鳩山氏のやっていたアジアとの友好関係の絆を破壊して、日本と中国が争う形に仕向けたらしい、


  じゃあアメリカは日中間の争いを誘発したのだから、日本の味方かというとそういうわけではない、

  あくまでアメリカは中国が伸びたり、アジアが一体化して欧米諸国の脅威になることを恐れただけで、日本そのものに興味はありませんから、日中間が争って相対的にアジアが衰退する形を望んでいるが、日本と中国が争ってそれに巻き込まれることは望んでいない、

  ある種のマッチポンプで、日中間を争いにかき立てることはするが、争いは否定するスタンスなので、安部の靖国参拝は問題が多いので否定している、


  向こうからすると、日本政府の連中はもうちょっと頭が良くて、北朝鮮の様な上手い外交駆け引きをしてくれると思ったのだろうけど、安部や自民党の連中は馬鹿だったので上手く行かなかった、

  その結果中国との争いになりつつあり、アメリカは両国間に火をつけたが、それを修正する方法が見つからない立場に居る、


  それに対し中国はむかし日本と争って日本人の民族性を知っていますから、こういう場合日本人は止まらないと分かっているので、本格的な戦争が起こりうると考えている、


  そういう意味では中国の方がアメリカよりも日本を良く知っていたわけだけど、

  安部政権の失敗は戦前の軍事体制を賛美し、戦後民主主義を否定して昔の軍国主義にすると公言している事、

  靖国参拝もそうで、単純な右翼的な行動ではなく昔のように戦死者を靖国に入れて、幾ら国民を殺してもかまわないような形にする意図があるので、


  つまり靖国参拝が直接的な軍事脅威になる、日本が軍国主義者になっては平和な国ではなくなる、

  そして戦前の軍事体制が正しく、二次大戦は日本の正義の戦争だったというのならば、正義の戦争をするためにもう一度争いを起こす可能性がある、そんな話を広めたのだと思う、


  中国のスタンスは、過去の経験からして日本人は情念の民族ですから、いったん加熱したら止まらないと考えて、その結果起きる大きな被害を想定しているのだと思う、

  だから中国が国際協調をして、日本包囲網を構築しようとしているのは、そういう日本の異常性を盛んに宣伝しているからだと思う、

  表面的にいっているわけではないが、中国は日本がいずれ暴走して攻めて来ると考えているので、そういう前提で資料を集め周辺国を説得しているのだろう、


  安部の靖国参拝は世界中が批判しているが、大きく分けるとアメリカと中国の違いがあると思う、

  アメリカはEUも含め、連中はアジアの衰退を望んでいて、アジアが一体化して自分らの脅威になることを恐れていて、そのために日本と中国との争いを望んでいた、

  ただ想像以上日本政府が馬鹿だったので、それが直接的な争いになって危ないと考え批判している、


  それに対し中国側は、ロシアインド東南アジアなどを含め、日本が暴走して戦争をしてくると考え周囲の国を説得し、その支持を得ようとしている、

  安部のやったことは、戦前の軍事体制や侵略戦争が正義だといっているわけで、日本と過去に争った国には認められないし、

  靖国神社が戦争のための神社だったのは有名ですから、安部が戦争をするために神社の参拝をしたという話を広めて、支持を増やしているのではないかと思う、


  日中間の抗争は起きるべくして起きたものである、それは日本や中国が考えたのではなく、欧米諸国にとってアジアの発展が邪魔だったから起きた問題で、日本や中国はそういう駒として扱われている面がある、


  日本人が中国と争いたいわけではない、中国人が日本と争いたいわけではない、

  それは尖閣諸島問題が数年前までは何をしても起きなかったのを見れば分かるように、日本でもない中国でもない別の勢力が画策したペテンである、


  ただその火種が広がり、収集が出来なくなったのが現状で、

  世界の放火魔欧米諸国と火をつけられたアジア諸国の対応という図式が日中問題であり、非常に難しい形を持っている、


  安部はアメリカの犬として、そういう連中に忠誠を誓い日本をアメリカに売ったから首相になれたけど、現状はやつが考えているほど単純ではない、

  靖国神社問題の根は深く、振り返ってみれば日本の戦争への反省、戦後平和体制の構築が不十分だったから起きた問題だといえ、


  安部やその一派は本来の自民党ではなく、戦前の軍部の残党勢力が終結した亡霊であり、戦後の平和体制を憎んでいる連中である、

  アメリカにとっては札付きの連中のほうが扱いやすいと思って、そういう連中を日本の主流に乗せたのだろうが、コントロールが出来なくなって難しいところにいる、


  ただ連中にとってはアジアが潰れたほうがありがたいので、日本と中国の争いを観客気分で楽しめるのだろうが、損失がないわけでもないので批判をしている

  そして中国は直接的な被害を受けるので、全面的に対処をしようとしているが、この結果がどうなるかだな、


  可能性があるのは、単純にこのまま争いになってしまう流れで、安部は馬鹿だから何も考えず戦争をするだろう、憲法を無視して軍事侵略をする恐れもあるので、前面的な抗争になる恐れもある、


  もう一つは、この日中間の抗争が欧米諸国にとって直接的な被害になること、例えば在日米軍の被害が拡大しそうになったり、欧米諸国のアジアにおけるビジネスが阻害されそうになるのならば、連中が日本をコントロールして無理やり止めてくる可能性もある、


  安部靖国問題とは、アジア転覆を狙った欧米諸国の日本を使った扇動が過剰化し、手がつけられなくなった問題である、

  煽った欧米諸国にとっても厄介だし、直接的な被害を受けるアジア諸国にとっては迷惑な話である、


  とはいえ止める手段もないので、このままどんどん悪化するだろうけど、後は中国を中心とした周囲の国が日本を包囲して止めるか、この危機を起こした欧米諸国の損失が大きくなって、日本国内に手を突っ込んで安部を潰すか、そのどちらかまで止まらないように思えます、


  次に、新年ですから経済の話でも書いてみますか、あまり長く書かないほうがよさそうですけど、

  今年の経済はダメになるといわれています、どうしてかというと消費税によって景気が悪化するので、安部のやつは公共事業をするといっていますが、全然足りないので急激な悪化があるようです、

  場合によってはマイナス成長といわれていますが、ゼロ成長がマイナスに近いものになりそうです、


  それは消費税もありますけど、社会保障なども大幅に上がって、一般家庭で言えば一か月分くらい負担が増え、

  一ヶ月2~30万で暮らしている人は、その一月分税金が上がるらしい、

  収入が12か月分しかないのに、支出が13か月分になるようなもので、生活の破綻が起こるのではないかといわれています、


  もっと財政出動すればいいのだろうけど、安部は軍国主義者だから戦争に金を使いたいと考えているので、内政に金を使う可能性はありませんから、予算を増やすとしても軍事防衛費でしょう、それは公共事業以上に遠いお金になるので、景気が回復する可能性はないですね、


  一応そういう批判があるので安部は第三の矢というのを出しているが、

  それは小泉改革と同じもので、雇用の流動化、農業の大規模化、後は医療費の大幅削減、その辺りを考えているようだ、


  雇用の流動化は、限定性社員というのをいっている、それは正社員だけど何時でもクビを切れる立場で、

  少し前に肩書きだけ管理職にして、管理職は労働の基準がゆるいので、労働時間を増やしても管理職の場合処罰されづらいので、実際は下っ端のような仕事をさせつつ、肩書きを管理職にして無制限に働かせていたらしい、

  しかも給料も殆ど払っていなかったらしいけど、そういう方向性だろうね、

  正社員という立場だけを作って、給料は低いままで労働時間を無制限に増やすのが狙いだと見ていい、


  農業の大規模化、農業の自由化は、企業の農業参入などの話だろうが、日本の農業はガタガダだから農業つぶしだろう、

  農家は既得権だ、税金の無駄だ、抵抗勢力だと騒いでいる人がいるから、そこらへんに配っている補助金を、企業の農業参入によって企業へ分配をし、そこに天下りをしたり政治家が金をもらう話だろう、


  医療費の自由化もそうだな、少し前に自民党は医者の数を減らして、医療費の削減をしたことがあった、

  つまり医者がいなければ治療もされないだろうと考え、結果医療費が削減されるだろうという政策をしたことがあるのだが、


  ひどい話だけど、そんな感じのことではないかと思う、自民党は新自由主義政党であり安部は軍国主義者ですから、社会保障に金を出すくらいなら軍隊に金を出せと要求するだろう、

  社会保障政策の改革で経済活性とは社会保障を大幅に切って、社会的弱者を切り捨てる事によって、景気回復を図ろうということだと思う、


  医者の数を減らせば医療費が減ると考える政党ですから、連中は心の底では金にならないやつは死んでくれと思っているので、

  社会的弱者、もしくは病気の人は社会保障費がかかる人ですのから、それを切れば負担が減って利益になると考えていると思う、


  つまり自民党が社会保障改革によって経済を良くするというのは、社会的弱者の保障を打ち切って、、

  うーむ、そうか、つまり社会的弱者を切って、企業の医療や社会保障参入を促し、金持ちだけが受けれる社会保障体制を作って、社会保障の政府負担を打ち切るのが狙いかもしれない、


  TPPを先取りするような形で、金持ちだけが受けれる医療の形にして、社会的弱者の保障を減らして、その浮いた分を参入した企業の補助金にして、天下りと政治献金という手じゃないかな、


  こうしてみると社会改革とは全く関係のない利権話にしか見えないのだが、

  まあ、自民党は新自由主義政党ですから、企業の収益が全てで国民の生活などどうでもいいと考えているので、連中が雇用、農業、医療を改革して景気を良くするというのならば、新自由主義的な政策と国民の生活破壊がセットになると見ていい、

  そうする事によって、衰退する日本の中でも役人は天下りをし、政治家は献金で左団扇と、そういう体制を作るのが狙いだろうな、


  だから国民にはメリットはないのだけど、それと増税がセットになってどうなるかだが、

  今年の経済は国民にはメリットはないですね、自民党は国民生活を基本的に考えないので、自民党が与党にいる限り国民の生活が良くなる事はないと思っていいです、


日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR