03 月<< 2020年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

安部TPP関税撤廃と二重の脱原発、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  なぜか暑いですね、冬って暑かったのだなと思うのですけど、このまま行くと夏が寒くなりそうです、


  それはいいとして何か起きているかな、ふーむ、ネタはなくはないが、そうですね、ひとまずはTPPについて書いてみましょうか、

  自民党の安部がTPPの会議にいって、日本がTPPに入ったら農業は完全自由化されるとか、そんな話があったようだ、


  安部のアホがいったわけじゃないが、自民党のやつが5品目の関税維持はあきらめたといったらしい、

  5品目というのは、米などの重要品目について関税の維持を主張していたものだけど、


  自民党は農業保護を絶対的にやるといい、TPPによる関税の撤廃はないといっていたが、

  しかし、アメリカに媚を売って暮らしている連中にとって、アメリカの庇護は絶対条件ですから、身の保身のためならば関税を引き下げるべきだといっている、


  思い出してきましたが、自民党がいっていた五品目とは大きな分類で、その中に500くらいの細かい分類があって、自民党は五品目といっていたが、実際は500くらいのものを保護しなければいけないので、それは事実上出来ないから自民党のいっていることは嘘だという話があったけど、


  その通りになったようで、マスコミは自民党の広報だから、500品目の全保護は出来ないが、それでも守ろうとする自民党は偉いといっているけど、

  実際は初期の頃からいわれていた問題で、自民党が守る五品目というのは嘘であり、たとえば米を守るといっても加工されたものは沢山あるのだから、そういう分野まで守ろうとすれば事実上出来ない、


  だからTPPに反対していた人は、農産物保護なんてできやしないのだから、TPPから撤退するのが正しいといっていたのだけど、国民はそれを理解できなかったので、TPP賛成の自民党を選挙で勝たせてしまった、


  その結果が現在なのだけど、自民党はごく一部の保護だけと勝ち取り、殆どの保護は撤廃することになるだろう、

  外交交渉である以上、相手国にとって有利て自国にとって不利な条件を、向こうの国が出してくるのだから、

  その条件下で、アメリカの庇護を当てにしなければならない自民党では、どんな条件でも飲むしかないのだから、壊滅的な状況に進むことになる、


  マスコミは、農業関係者にとって重要なものは残すといっているが、向こうの国からすればそこが一番のビジネスチャンスなのだから、そんなものを維持できるわけがない、

  そして、維持できるとすれば経済性が殆どなく、誰もやっていないようなごく一部の分野の関税が維持できるだけで、しかもその条件を絶対飲まなければいけないのだから、日本の一次産業壊滅は確定したといえる、

  これから日本の主食は狂牛肉たっぷりのマク○ナルドか、汚染地で取られたガイガー箸で食う、和風セシウム料理になりそうだけど、


  ともかく、安部と自民党の連中がTPPで関税の撤廃を宣言した、いままで農産物の保護をするといっていたが、

  それは最初から無理な話であって、農産物といっても詳しく見れば沢山の種類があるし、そのすべてを保護できるわけがないのだから、最初から出来もしないことをいっていたのだが、


  それがばれて適当な嘘をつき始めた、五品目の保護といっていたが、アレは嘘で実際は500以上の種類に分かれるので、その500の種類のうち農家にとって重要なものを残すといっているけど、


  その重要なものとは、外国から見ればビジネスチャンスが大きなものであり、当然その関税を残すわけがないのだから、日本が関税の維持が出来るとしても、それはごく一部の殆ど利益にならない分野だけであり、重要分野の関税はすべて撤廃されると見ていい、


  更にじゃあそんなTPPから撤退すべきだといっても、アメリカに追随して権勢を維持している自民党が、そのアメリカ主導のTPPに反対できるわけがない、

  更に更に、TPPというのは一回入ってしまうと、その国の権利では離脱が出来ないものなので、TPPに入っている国々の承諾がなければ抜けれない制度ですから、安部政権がTPPに入ってしまえばそれを覆す手段はないのである、


  日本が壊滅的崩壊を迎えるのもそう遠くはなさそうですが、自民党に投票すればこんなことになるというわけです、


  次に、詐欺師の小泉の脱原発について書いてみましょうか、

  TPPの話でちょっと薄れましたが、やつのいった脱原発論は詐欺師は詐欺師ですから、なんの意味もない、


  人を騙すために適当な事をいっているだけだから中身はないのだけど、

  この脱原発論を見ていて、いくつか気づいたことがあります、

  それは何かというと、いまの脱原発は複数の要素があるのだなと思って、


  どういうことかというと福島で原発が爆発して原発論が変わってきたんですね、

  いままでは、原発の安全性を不審に思い、原発は止めるべきだという意見が脱原発論だった、

  しかし今はもう原発が爆発してしまったので、爆発した原発をどうするかが重要になっている、


  今までの脱原発論の問題は、とにかくスローガン主義なんですね、大きな声で何かをいう、相手を悪くいう事を目指す、そういう考えが強くあった、

  それに対し今の脱原発論は、福島原発をどう対処すべきかという、具体的な方法論を問われることが多く、メカニズム的な発想が必要になる、


  詐欺師の小泉が脱原発といって、多くの人が違和感を感じたのは、いつの時代の脱原発論なの?、という感じがあったと思うのだけど、

  それは左翼の人の脱原発論もそうなのだけど、福島のことを見ていないんですよね、福島を素通りして脱原発をいっている、


  いままでの脱原発をいっていた方からすると、いままで言っていた事は正しかった、そしてそれは福島原発で証明されたのだから、それを糧として更に大きな活動をすべきだと考えている、


  しかし実際に起きているのは脱原発論の崩壊で、いままでは事故が起きていなかったから具体的なことは考える必要がなかったけど、これから脱原発を考えるならば被爆の問題や福島原発をどう収束させるか、その考えがないと脱原発にはならない、


  それが国内で脱原発があまり盛り上がらなかった理由でもあるのだろうけど、今までの脱原発は具体性のないスローガンであり、実際にどうするかは考えていなかった、

  そこにある考えは、事故が起きていない原発に対するアプローチであり、福島の事故を考えていない、


  今の脱原発論は、まず福島原発のことを考えなければならず、原発を止めることは二次的なものであり、本質的な問題ではなくなってきている、

  つまり、いままで主流と見られていた脱原発論が存在できなくなって、代わりに福島原発事故を中心にした理論の組み立てが必要とされ、その結果今までの脱原発論は傍流にしかなれなくなった、


  脱原発は二重化されていて、今まで正しいといわれていたものが重要ではなくなっている、

  原発を止めるとか、そういうスローガン的にいっていたことに意味がなくなりつつある、


  詐欺師の小泉や管のやつが脱原発といっていたけど、連中がいっていたのは原発を止めるべきだという意見であり、福島原発をどうするかという意見ではなかった、

  それは左翼勢力もそうで、共産党なども同じようなスタンスに立っており、脱原発は福島原発事故の問題を中心にすべきだといっていたのは、小沢氏の周囲だけだった、


  今の世の中、原発事故があって首都圏ですから非常に大きな問題になりましたけど、じゃあ事故があったから脱原発をすべきだと考えて普通にやると失敗する、

  何故かというと、脱原発は今までも行われていたものだが、そこで行われていたものは事故が起きていない原発を止めろといっていただけで、事故が起きた原発をどうするかは何の議論もなされていなかった、


  そして今は福島事故が問題の中心ですから、脱原発をいうのならばいままでの意見をひとまず脇において、福島原発をどうするかを中心にした意見にしなければいけない、


  しかしそれが出来ない、それは今までの理論とか意見とかがあるからで、福島原発をどうするかを中心にした脱原発論を組むことが出来ない、

  今までの意見だと、日本にある原発を止めるために、福島原発の話をだしに使うだけなので、福島の対策にならない、


  こういうのは率直な意見を言って、議論をすればすぐ出てくるものなのだけど、日本人はそういう事をしないから、いつまでも間違った意見を言い続けなければならない、

  そしてそういう形を組めないのならば、日本の脱原発論は福島市民を見殺しにするようなものにしかなれないと思います、


  (ついでにいうと、なぜ詐欺師の小泉のいう脱原発がインチキであるかもこの点から証明が出来るわけで、

   どういうことかというと、まず福島原発に対して言及していないこと、それと福島原発問題というテクニカルなものに対して、具体的なプランを提示していないこと、

   小沢氏の周囲はそういうプランまで提示していたが、詐欺師の小泉は脱原発が重要だーー!というだけで、それ以上のことは何もいっていなかった、

   つまり原発事故や汚染水の問題があったから、いままでいわれていた脱原発論に影響力があるだろうと思い、それを使っただけということになる、

   それでは意味がないわけで、今の時代の脱原発論は何より福島をどうするかを重視し、それを中心に話を組み立ててそれ以外を論じるべきである、

   そういう図式がないのならば、それは詐欺か意味がないか、そのどっちかになるので、そういう範疇に入っている人間が大きな声でものをいっている場合は、胡散臭いものだと見て間違いないと思います、)

  (ウムム、二つ書いたら終わってしまった、、)
  

日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR