01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

みずほ自民党問題と汚染水の根本原因と詐欺師の脱原発の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一




    どうもこんにちは、


  最近は寒いです、冬が来たようですが、そういえば秋は来なかったですね、

  暑い夏と寒い冬に挟まれて秋が消えたようですけど、それはともかく何か起きているかな、

  ネタがなくはないが、ひとまずはみずほ銀行の問題を書いてみましょうか、

 
  聞いたところでは、みずほ銀行が暴力団に融資していて、それが問題化している、

  額は2億くらいで230件の問題があったというが、

  ただその多くは自動車のローンで車は100万円くらいしますから、暴力団の車のローンに融資していたのを問題だとマスコミはいっている、

  車のローンに何の違法性があるのか意味不明だが、暴力団員は現金一括払いで車を買わないといけないのか、奇妙な意見ですけど、


  理由としてあるのは自民党の借金だろう、自民党は100億を超える借金があるが、その抵当などはなく、ただ借りしているらしいからね、

  昔はりそな銀行に圧力をかけて金を巻き上げていたけど、今回はみずほ銀行というところか、


  今回のことは全体の構図が怪しい、何か本当に問題があるのならばいいが、暴力団に車のローンをしていただけでは法的な罪はないし、

  そしてそういう形は、イメージダウンを狙うという意味で、昔の総会屋に近い方向性をもっているから、みずほへの恫喝が主たる目的であると見るしかない、


  そしてそうやって脅した上で、何らかの協力か金をせびるのが自民党の狙いようだが、

  そこで上がってくるのが借金問題だろう、いま自民党は与党になったとはいえ、選挙がたびたびあったから、金はないだろうからね、

  そう考えると、みずほから自民党が金を巻き上げようとしているのか、もしくは、何らかの政治的パフォーマンスを計画していて、そのための準備をしている可能性がある、


  情報操作というのは、入り口で悪だと決め付けてイメージを植えつけることによって、その後そのいわれた人が反論できない状況に追い込んでから、袋叩きにして金をむしりとるものなので、


  最初にこういう、悪だというイメージを植えつけることを重視しているならば、それを利用して第二、第三の手を打ってくる可能性がある、

  どうなるかは分かりませんが、何らかのシナリオ上の演出なのか、単純に自民党が金をほしがっているのか、そのどっちかのような気がします、


  次に、福島でまた汚染水が漏れたようだ、安部のアホが思っているようにはならなかったようだな、

  福島の汚染水は、タンクが傾いていて雨水と一緒にあふれたとか、ホースをつないでいなかったのであふれたとか、

  汚染水の除去装置に異物が入っていて止まったとか、そんなことが沢山あるようだ、


  福島の汚染水問題の根本的な原因は計画性のなさだろう、

  これは日本人の民族性かもしれませんけど、問題が起こるという計画を立てないので、問題がおきやすいものに対しては上手く対処が出来ない、


  例えば、こういう風にものを建てたらこういう問題が起こるのではないか、もしくはこういう構造をもっていたらいずれ事故が起きるのではないか、そういう事を考える能力がない、


  そういうと、日本人は物作りの国だから、そういう方面はしっかりしていると思いがちだが、実はそうではない、

  どうしてかというと、これは本音と建前の問題で、日本人は情緒的ですから、体面がもてれば中身はどうでもいいと考える、


  表面的な要素を重視して、中身を考えないところがあるので、ある種のパターンの中であれば、そこで起こる問題も共通化しやすいですから、共通化するということはそれは一種の体面になるので対処をするけど、


  こういう原発事故のようなものの場合、共通化できるところが少なくて、体面といえる部分が少なくなりますから、こういう場合は日本人はまじめにやらなくなる、

  日本人のまじめさというのは、村社会的な抑圧が原因でうまれているので、体面になる共通項はちゃんとするが、

  そういう性質のない今回のような原発事故の場合は、これが完全にひっくり返ってしまって、まともなことを何一つしなくなる、

  日本人がまじめにやるのは、社会的な共通項になるものだけですから、今回のような例外的なものに対しては、ものすごく不真面目な対応をする、


  だから原発事故の汚染水も、汚染水が漏れていない、安全だという共通項は対策をする、

  それがマスコミや安部のいっていた、実体を伴わない安全論であったけど、

  同時に、実際に起きている汚染水問題に対しては非常に想像力を必要とし、誰にでも分かるようにするのが難しいですから、共通項にならない分まじめにやらない、


  日本人は一億総役人の民族ですから、社会一般に理解しやすいものは対処するのだけど、分かりづらければづらいものほど対処をしなくなる、

  そういう国で原発事故が起きると、そこで行われるのは社会一般が理解できる形骸化した安全論と、具体的なプランが全く立てれない異常な実務論になる、


  それが安部のやつが言うコントロールされているという嘘で、それに対し実際に起こるのはあちこちで汚染水が漏れ、汚染水除去装置は毎日のように壊れる、そういう現実である、


  日本人はとにかく共通項を重視するので、例外的な問題への対処が全く出来ないところがある、

  それが一番出ているのがいまの原発問題であろう、原発事故を共通項化すればそこに残るは底の浅い安全論だけになり、

  そして具体的に何かをする場合も想定が表層的だから、問題が起こることを全く考えないまま、どんどんやってしまう、

  いうなれば日本人はみな役人であり、原発事故は日本人にとって管轄外の出来事であるから、それに対する思考や行動が全く出来ない、

  
  外国の場合は、議論をして問題のあぶり出しをするが、日本人は情緒的な表層意見だけを認めるので、深い考えや意見を出すことが出来ないため、例外的な問題にはなにも出来ない、


  日本が破局に向かっていることも、原発事故対策がまともな形を持っていないことも原理的には同じで、日本人は共通項にならないような例外的な発想が出来ず、全体がおかしくなったときには何も出来ないという、そういう所があると思う、


  なんだか話が変な方へ行っていますが、いま騒がれている汚染水の問題は、結局のところそういう事を考える能力がない日本人の問題であろうと思う、

  日本人は例外を考える風習がないから、こういうイレギュラーな問題に対しては、認識することすら出来ないので対策が打てない、


  それは日本の政治全体にもいえるけど、TPPとか自民党の軍国主義とか、そういうのも例外的なものだけど、そういう事を想像する能力、把握するノウハウが全くないから、壊滅的な状況へ進むしか道がない、


  原発事故で見えたのは、日本人の致命的な欠点であり、共通項にならない事は考えない、意見は認めない、想像もしない、という国で例外的なことが起きた場合にどうなるか、そういう一つの形だと思う、


  原発のタンクも、形だけ作っておいてどうなるかは想像していなかった、

  汚染水除去装置も、形だけ作っておいてどうなるかは想像していなかった、

  もっといえば原発自体も、形だけ作っておいてどうなるを想像していなかった、


  そういう問題が積み重なって、汚染水問題という結論になっているけど、私の見たところこれは解決をしない問題だと思う、

  どうしてかというと、多層に過層化された問題があって、その一つ一つを改善しなければいけないが、その一つ一つは社会的共通項に合致するものであるから、一つ変えるたびにすごい反発があって、最後までやりぬくことが出来そうにないから、


  日本の文化は包む文化であり、多層に包まれた社会が安全であるといわれているが、

  問題が起きた場合、それも包んでしまうので、日本人は安全対策として問題を包み隠す体質がある、


  そしていま原発対策をするならば、その一つ一つを開放していかなければならないが、それが出来る人間はいない、

  ということはどんどん悪化するだろうといえる、存在の逆は病であり、日本人の生地に逆の影響を与えるものは疫病になる、

  福島原発はそういうものであって、これからも社会を蝕んでいくことでしょう、


  後は、なんだか複雑なことを書いてしまったので、単純なことを書いてみると、

  聞いた話では詐欺師の小泉が脱原発といっている、まあ上で書いた需要を見越してのビジネス話であろうが、本当に手癖の悪いやつである、


  こいつは詐欺師のゴミだから言っていることに意味はないが、原発問題の対処をすべきだ、原発は廃止すべきだといっているな、

  う~ん、こいつは理念のないやつだから、利益を読んでの判断だろうけど、どの利益を読んだのかな、


  考えてみれば管のアホも脱原発といっていたね、小沢氏もいっていたが、小沢氏はまじめにいっていたのだけど、管はパフォーマンスでいっていたのだろう、

  中身がない人間だからね、そう考えると、管のやつは権力の犬になった、やつが小沢氏をたたいていたのは、金や権力がほしかったからで、程度が低い人間だから小沢氏の能力に嫉妬して、既得権と一緒になって小沢氏を叩いていたが、


  そういう輩が脱原発とっていたのは、特定の権力者の手先として動いていたようにも見えるし、

  もしくは管のやつも詐欺師の小泉と同じポピュリズム政治家であるから、世間の傾向から利益を得ようとしていたので、同じ動きをしていたのかもしれないが、


  ともかく、詐欺師の小泉の脱原発は、パフォーマンスや演出上の意味はあるが、それ以外の意味は全くないと考えていい、

  そういう行動をしている理由は誰かに頼まれたのか、もしくは同類の管直人のようにポピュリズム的な利益を計算してか、どっちかは分からないが何らかの利益のために行動していると見ていい、


  プロパガンダ的な演出は、ストーリー性が重要なので、話の流れがある程度セットで作られ、最終的にそれを裏切って利益にあげる、オレオレ詐欺の長期版みたいなものなので、詐欺師の小泉が動いた後が多分あるのではないか、

  自民党内部で脱原発と、爆発する原発を作った当事者の癖にてきとうな事をいっているやつがいるから、そのあたりの派閥的な意味が強そうだけど、

  
  詐欺師は所詮詐欺師に過ぎないわけで、今回のことも詐欺の一種でしかないだろうが、なぜやつが詐欺をするのか?、その目的は見張っておいたほうがいいと思います、



日本の「労働」はなぜ違法がまかり通るのか? (星海社新書)
クリエーター情報なし
講談社



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ヘイトスピーチとたたかう!――日本版排外主義批判
クリエーター情報なし
岩波書店



原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


福島第一原発収束作業日記: 3.11からの700日間
クリエーター情報なし
株式会社 河出書房新社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR