04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 

崩壊する福島原発とシリア化学兵器の話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一


     どうもこんにちは、


  相変わらず暑いですね、前よりはましな感じがしますけど、まだまだ暑いです、


  さてそれはいいとして何か起きているかな、ふ~む、ネタがないわけではないが、では、今日は福島で起きている汚染水漏れを書いてみると、

  福島原発の汚染水を入れているタンクから水漏れが起きているようだ、もともと耐久性はあまりないといわれていたので、そうなっても不思議ではないけど、


  なんでもタンクのどこかから水が漏れて、それが地中に行ったり海に流れたりしているらしい、

  福島原発の収束作業は予算が足りないらしく、足りない人員、安い設備と、安全性を軽視しているのでいつおかしくなっても不思議ではない、


  現にあちこち壊れてきているが、福島原発では汚染水がどんどん溜まっていって、それを貯めるタンクがなくなりつつあるといい、海に捨てるしかないといっていたが、

  それも結局予算の関係だろう、安いタンクで保持しているくらいだから、タンクを買うお金がなくなってきているのでしょう、

  新しくタンクを用意するなら整地をしないといけないし、配管もやり直さないといけないので予算がかかるし、ずっと続けれるわけではないので海に捨てようとしているのだと思う、


  ただそういう海に捨てる計画以前に、すでに海に流れていますから、全体の構図がおかしいわけで、海に捨てないといけない汚染水問題と、海に垂れ流されている汚染水問題は同じものだと思う、


  言ってみれば予算がないからそうなっているわけで、今の福島原発の計画は非常に金のかかる計画で、無理が多いんですね、

  今の収束作業は原子炉を修復して、水棺にして核燃料を取り出すものだが、

  そうすると半稼動のような形にしておかないと核燃料が取り出せませんから、非常に負担の多い作業になりやすい、


  いま起きている汚染水問題は計画の無理が出ているといえ、たぶん金のかかる案を役人が立てたのでしょう、連中は予算が取れれば中身はいいと思っているやつらなので、

  だから簡単に収束できるのではなく、時間がかかる形を目指し、予算の拡大を狙って、

  更に、責任を取らないですむような、福島原発はスリーマイルタイプのものであり、核燃料の取出しが可能な簡易事故であると、そういう形にしようとしたのだと思う、


  それが結果的に、事故の甚大さと政府の認識の甘さが合わさって、やっていることがあべこべになっている、

  政府は事故はたいしたものではないとしたい、けど予算はたくさんとって私的に流用したいと考えているが、

  実際はかなり危険な事故が起きていて、予算が大量に必要であり、その為には効率の良い資金の使い方が問われる、


  そのミスマッチが汚染水問題であり、一番収束が難しい方法で、出来る限り役人の懐には金が入って、現場の作業には金を使わないですむという、無駄な公共事業方式で解決しようとしたら、汚染水が大量にあふれ始めたということなのだろう、


  福島原発に対する正しい対処法は、まず事故の問題が極めて大きいので、その被害が最小になる計画を立て、

  その上で現場に大量の資金を回し、早期の収束を図るのが正しい判断であった、


  それが現状だと、どう考えても不可能な計画と、現状維持すら難しい低い予算で、現場が崩壊しつつあるわけで、このまま行けば福島原発は二度目の災害を発生させるだろう、


  いま福島で起きている問題は、戦前の軍部と同じ問題が起きている、

  まず全体像が描けておらず、そしてその考えが根本的に間違っていること、

  戦前も戦後も内向きであるところは同じで、内部的な事情で問題の解決を図ろうとしているので、それが具体的なプランになることがない、


  福島原発の場合、事故をどう利権構造に変えるかということは徹底的にするのだが、具体的にどう収束させるかは全く考えていない、

  そして、利権構造への資金提供はふんだんにするのに、現場の収束作業へは全く金を出さない、


  放射能瓦礫の運搬作業の金があるなら、福島原発のタンクの安全性に使うほうが正しかったが、

  実際は何の意味もない瓦礫の運搬作業に何千億という金を使って、汚染水のタンクは金にならないから安物を使っていたら壊れ始めた、


  日本的村社会、組織主義の限界が見えているようだが、福島の原発事故が起きて、それを具体的にどうするかは誰一人として考えていない、

  日本政府を見渡しても、たぶん誰一人として考えている人はいないと思う、

  それが村社会組織主義の弊害で、自分の村から一歩外に出た世界のことなど誰も考えないので、福島原発のことを考えている人は一人もいない、


  戦前日本は戦争に負けたが、それは敵が強かった面もあるけど、多くは日本側の自滅の問題、村社会的な閉鎖性が判断を狂わせた面がある、

  そして同じ民族が同じ問題を抱え、今度は戦争ではないけど、原発事故という大規模な問題が生まれたときに、また同じことをしてしまう、


  今回は戦争ではないから、いずれ解決するものではないので、この福島原発の問題は壊滅的なレベルまで進むと思います、
 

  次に、シリアで騒動が起きているようだ、なんでも化学兵器を使ったといわれている、

  どうせイスラエルが使ったのだろうけど、表面的にはシリア軍が使ったといわれている、


  シリアの内乱は欧米諸国の衰退、リーマンショック以降の落ち込みをカバーするべく、アラブ諸国やアフリカへ侵略し国益を確保しようとした彼らの思惑から始まっている、


  シリアの問題は、市民とシリア政府の戦いだといわれていたが、実際は欧米諸国が訓練したイスラム兵士が、シリア国民にまぎれて内乱を起こし、それを国民との戦い見せているだけなのだけど、


  そのシリアの問題で、現状で見る限りシリア政府のほうが軍事的優位があって、反政府勢力は劣勢であり、外国による介入を期待している面がある、


  似た例のリビアの場合、あの国では国内の反政府勢力では政府軍に全く歯が立たず、欧米諸国の軍隊によって勝つことが出来た、

  飛行禁止区域を設けて、リビア政府に反抗する市民を守るといっていたが、実際はリビア中で空爆を繰り返し、市民を大量虐殺して恫喝し、

  陸戦はその殆どをカタール軍が行い、欧米の空軍と、アラブの地上軍、それとアルカイダのような原理主義者の物盗りで、政治転覆を行っていた、


  シリアで欧米諸国がやりたいのも同じような形で、欧米諸国による空爆とトルコ陸軍と後はアルカイダなどの原理主義者で、シリアを潰したいと考えていると思う、

  ただ中国とロシアが否定的なので外国軍の侵略が出来ず、外国人の傭兵を中心にした反政府勢力は劣勢にある、
 

  そういう状況下で化学兵器、一説ではサリンといわれているが、それを政府軍が使うかどうかですね、

  前も書いた覚えがありますが、化学兵器は特定のエリアや人が集中しているところを攻撃する場合は非常に効果があるが、


  現状では、政府軍は集団で行動しているが、反政府勢力はゲリラ活動をしているので、化学兵器の効果が薄い、

  どこに反政府勢力がいるかわからないので、化学兵器を使う理由がない、


  住民もろとも皆殺しという手もあるけど、シリアは政府軍だからそういうことはしないと思う、そもそも反政府勢力はその殆どが外国人なので、特定の部族や住民が反抗しているわけではないので、住民を攻撃する理由が政府にはない、


  シリア政府軍は、国内で特定の地域を支配している外国人傭兵グループと戦っているのであり、特定の民族や都市の住民と戦っているわけではないので、

  ある範囲を攻撃する兵器は使いづらく、化学兵器を使う可能性は低いと思う、


  それが逆に反政府勢力だとその可能性が上がって、上でも書いたように反政府勢力の多くは外国の傭兵なので、シリアに家族がいたり生活をしていたりするわけではないので、戦略的に化学兵器を使う可能性が高い、


  更に、政府軍はある程度まとまって動いていますから、化学兵器の攻撃対象にしやすい面がある、

  そてに、反政府勢力は劣勢ですし、外国の軍隊を呼び込みたい事情もある、そう考えるとシリアで化学兵器を使ったのは、反政府勢力だと考えていい、


  そういうと反政府勢力がそんな物を作れるのかと考えますが、サリンを使ったとして、サリンはオウム真理教でも作れましたから、そんなに難しくはないので作ること自体は可能でしょう、

  それにアラブ諸国は反政府勢力を支持していますので、そのあたりが作った物を渡した可能性もある、


  シリアでサリンが使われたといわれている、それは政府軍がやったとマスコミは言うが、現状だと反政府勢力がやった可能性が高い、

  なぜなら、シリア軍は優位であり、またシリア軍は特定の地域民族を攻撃しているのではなく、外国の金で動いている傭兵団と戦っているのであるから、自国民を攻撃する兵器を使う可能性は低い、


  逆に反政府勢力は、その多くはシリア人ではないですから、シリア人を殺してもなんとも思わないでしょうし、

  更に、戦争が劣勢で、化学兵器を使えば外国の軍隊が助けてくれるかもしれないのだから、彼らが使った可能性が高い、


  ネタはあれと一緒ですよ、昔のフセイン政権の大量破壊兵器と同じで、ありもしない問題を起こして利用してやろうと欧米ユダヤが考えただけで、まともな意味を持った物ではない、


  マスコミの報道は人をだます事と同議ですから、マスコミがシリア政府の化学兵器と報道したら、そうやって騙そうとしている犯人を考えるのが、正しい判断であると思います、


リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



TPP 黒い条約 (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



真説! 小沢一郎謀殺事件
クリエーター情報なし
ビジネス社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR