01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

国家の2重化、

    どうもこんにちは


  最近はまた寒くなってきましたね、去年は確かもうこのごろは、暑かったような気がしますが、なんだかこう、だんだん寒くなったり暖かくなったりではなく、急に寒くなったい暑くなったりというのが、最近の傾向なので、対処が難しいです、どんな服着ればいいんだろなとか、けっこう悩むときがあります。 さて、それはいいとして、今日は、国家の2重化、ということでも、まあ、ずーっと書いていますが、たぶんこの国の国家制度は、おかしくなるだろなと、誰もが内心思っている事だと思いますが、そうなると色々困るわけで、このまま進んでいくとどうしても、国家制度のゆがみ、不安定さと付き合わねばならない、だとしたらどうするか、答えや方法は色々、人それぞれだと思うのですが、全体的にいえるのは、日本という国家制度と、日本人の住む世界、そこがずれていくのではないかな、と思ったのでそういう事でも書いてみようかと。


  国家の2重化というタイトルですが、二層化という感じの方が近いかもしれません、つまり、国家というものが二つの層になる、一つは国家体制としての層、もう一つが、国家体制で人々が生きれなくなり、国家制度と距離をとりつつ、自分の生きる道を探していく日本人、例えば保障等でも、これからはかなりあやしいと思うのですね、そう思っている人はけっこう実はいるのではないかなと思うので、そうなると、自分の人生や生活、資産もありますが、そういうものをだんだん国家制度から切り離していく、そういう動きがいずれ起こってくるのではないかと思うので、それを大きく見てみると、国家が2重化していくような、そんな風にも見えるような気がします。


  それともう一つの意味として、作為的に2重化のようにしたほうがいいのではないか、という気もするのですよ、例えば今この国の限界のようなものを眺めていくと、それは日本という国の限界にぶつかる、限界とは、国の小ささなんですね、日本人は優秀ですし、ポテンシャル的には高いものがあると思います、しかし、それを生かせいるだけの国の大きさがない、何かをしようとしても国家規模の限界とぶつかってしまって、上手くいかないというか、例えるなら、昔あって、今でもあるのかもしれませんが、四角いスイカ、というのがあって、透明な四角い容器にスイカを入れておくと、その容器の形に合わせてスイカが大きくなって、大きくなったら、四角いスイカになる、そんな商品だったような気がしますが、


  いまの日本を見ていると、なんとなくそれに似ているような気がします、日本人が力を振るおうとする、しかし、日本という国家規模の壁がそれを阻む、人口ももう限界だろうし、そろそろいろんなものが、限界として表れてきている、透明なにかの壁のようなものに阻まれ、進めない事が多い、しかし単純な方法ではこの壁は越えれない、なぜなら、国家規模の壁であるので、解消をするには、どこかを攻めて土地でも奪わねばならないが、今の時代にそんな事はできない。 そうなると解消法がなく、このまま悪循環に陥ってしまうが、やはりそういう事を防ぐためにも、日本という国を出るというか、この国の国家規模の限界をこえるためには、ある種日本人は日本という国から距離をとり、前書いたように国家間の立場に立てば、国家規模の制限はなくなるわけですよ、色々面倒もあるとは思いますが、限界にぶつかりつづけるよりは、将来性もあるのではないかなと思います。


  国家の2重化というのは、昔もなにかの例えに使ったような気がしますが、生卵みたいな感じで、黄身の所は、日本の国家体制、日本政府や日本列島で、白身の所は、日本人の住む範囲といいますか、で、黄身の部分は色もついていて、はっきり分かる部分ですが、白身の部分は、どちらかといえば透明ですから、はっきりわからない所でもあります、しかし触ってみればどちらもはっきり分かるものであり、実際としてはどちらも存在するものなわけですね。 それと同じように、はっきりとした国家としては、日本列島の上の国家としてあって、もう一つ、はっきりとは見えないけど、実際には存在する、そういう日本人の存在する範囲としての、国家というもう一つの層の様なものがあれば、日本人は今ぶつかっている限界をこえる事もでき、また、今起きている国家体制のゆがみのようなものからも、ある程度は被害を避けれるかもしれない。


  もちろん、具体的に何かをしていけば、そうでないことも多いとは思います、しかし全体としていえるのは、日本人は日本という国家にこだわりすぎてはいけないのではないかな、という気がします、程度の差は人それぞれであっても、全体の方向性としては、日本人は日本の外にでなければならない所がある、それがどのような形で起こるかは分かりませんが、多分どう生きても何らかの形で、起こるような気がします、ですからそういう方向性を常日頃考えておいた方が、いざというときに対処し易いような、そんな気も最近はします。




    それで、ずいぶん長く書いてきて、話としてもきりがいいので、このブログを、二週間ほど休もうかと思います、まあ、たいした事は書いてはいませんが、全文手書きというのはなかなか苦しいもので、少し休もうかと思います、なので、次回は、二週間後の月曜になります、では、次回まで。




関連記事




  • このエントリーのカテゴリ : 未分類

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR