08 月<< 2020年09 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>10 月
 

軍法処刑石破自民とペテンによるインフレの話、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一


    どうもこんにちは、


  なぜか涼しくなりましたね、よく分からないのですがまた異常気象でしょうか、


  さてそれはいいとして何かあるかな、う~む、一応あるようだが、自民党の石破とかいうのがアホなことをいったらしい、

  自民党は馬鹿と能無しのミックスジュースみたいなものなので、ヘドロのような話しか聞く事がありませんが、

  そのヘドロ一匹の石破が問題発言をしたらしい、


  こいつがいったのは、軍事裁判所を作ろうといったらしい、

  正確には軍事会議だったかな、そういう軍人を裁くシステムを作るといっていたのだが、そこでそれに反するやつは全員処刑するといったようだ、

  人殺しの自民党らしい考えだが、気に入らないならみんな殺せばいいじゃない、それが自民党の基本理念であって、連中の趣味は国民を殺すことですが、


  そういう人殺ししか能がない自民党の石破が、軍法裁判所を作ってそれに反するやつは皆殺しといい始めたようだが、この間抜けの言っていることはでたらめらしい、

  ちょっと調べた話をそのまま書いているだけなのだけど、まず今の時代軍法裁判所というのは使われないようだ、元々軍法裁判所は僻地での軍事行動があったため、そこに裁判所を持っていくのが難しいから始まったものらしく、現在の様に移動手段が発達した時代には必要なものではない、


  よく言われる、軍人だから特別な裁判がいるんじゃないか、というものではなくて本来軍法裁判所というのは、僻地に移動する軍隊の裁判が難しいので、現地でやるためにあるだけで普通の裁判が出来るならば必要ではなく、

  現にアメリカなどで殆ど行われておらず、いまの時代には必要がないものらしい、


  この顔面が人殺しみたいな石破が、俺の気に入らない人間はみんな殺してやるといっているのは権力欲でいっているだけで、軍法裁判所の必要性からいっているわけではない、


  更に、軍法裁判所は戦前の戦争の中心にいたもので、自民党の憲法案にも書いてあるが、軍法裁判所を作ると軍人は一般の法律で裁かれる事がなくなり、非常に恣意的な判決が出やすくなる、


  どうしてかというと、軍法裁判所は、検察、裁判官、弁護士の全てが軍人なので、知り合い同士で裁く事が多く、

  実際、戦前は軍部はいろいろな問題を起こしたり、暗殺を繰り返していたが、その罪は全て軍法裁判所で裁かれ、その殆どが無罪になっている、


  つまり軍法裁判所は軍人を裁かないためにあるもので、この制度ができることによって軍人は法的な裁きを一切受ける事がなくなり、それが軍事独裁の最大の原因になった、


  例えば、戦前の軍部は天皇の命令を聞かなければいけなかったが、その処罰をするのがこの軍法裁判所だったので、誰も天皇の命令を聞く事がなく、好き勝手なことをしそこらじゅうで人を殺しまくっていたので、軍部の暴走が止まらなかった、


  岩面が崩壊している石破は、自分の権力欲で軍事裁判所といっているが、戦前あった軍事裁判所は、軍部が政治家を暗殺することを合法化するためにあったもので、もしそんなものを作ればこの馬鹿は岩面が砕けることになるのだが、馬鹿だからそれが理解できないのだろう、

  日頃は軍事詳しいといいながら、そんなことも知らない知能の足りない馬鹿だったようだが、


  ともかくまとめると、

  自民党の馬鹿の石破が、軍法裁判所だといい始め、この裁判所でオレの気に入らない人間は誰でも殺すといい始めた、

  
  基地外自民党らしい発想ではあるが、こいつの言い分によると、戦争をするために反対するやつは殺すといっているようだが、

  実際は軍法裁判所というのは、軍部が政治や社会を支配するために作ったものであり、軍人だけは特別な裁判所を受け、その裁判の裁判官、検察、弁護士が全部軍人なのだから、身内に甘い判決を出すに決まっている、

  そういう図式があったから、戦前軍部がクーデターを繰りかえし多くの政治家や活動家を殺しても一切罪が問われなかったわけで、それをもう一回やろうといっている、


  更にいえば、自民党のいうような一億総軍人化、国民は全員軍人になって戦争で死ねという戦略は、その軍法裁判所を利用すれば、誰でも軍人仕立てたてて、脅したり、殺したり、金を奪ったりできる、

  もしくは軍人が誰かを殺しても、それを軍事活動の一環だといえば無罪になるのだから、国民を軍人に仕立てて殺すこともできるし、軍人が国民を殺して無罪にすることも出来る、非常に危ないものである、


  自民党の石破といえば顔が逝かれている、頭もおかしなゴミであるけど、自民党に投票すれば、やつらは確実に国民を殺しに来るので、自民党に投票するのはやめたほうがいいです、連中に殺されますから、


  次に、インフレのことでも書いてみましょうか、前に書いた覚えもありますがもう一度書いてみると、

  それでインフレの話を書いてみると、いま自民党や安部のアホは、インフレ、インフレといっている、


  日本はずっとデフレでしたから、インフレと聞いてもピンと頃ないので、よく分からないと思いますけど、

  そのインフレというのは、種類が色々あるがいま起きているインフレは、通貨の下落によって起こるものです、


  よくいまの自民党は、金持ち優遇だといわれますが、それが一番現れているのがこのインフレ政策で、

  自民党のインフレ政策は通貨下落を重視し、円を安くすることによって輸入品の物価を上昇させ、それでインフレを起こそうというのが自民党の政策です、


  何の経済性があるのか不明ですが、自民党がやろうとしていることは格差の固定、
  
  金持ちはより金持ちに、貧乏人はより貧乏人に、

  そして貧乏人は戦争で全員殺して金に換えると、それが死すべき自民党の経済政策ですが、


  具体的にどうなっているかというと、自民党のインフレは通貨安を重視したもので、通貨の下落は二つの意味を持ちます、

  起こること自体は一緒なのですけど、一つが輸入品の上昇によって物価が上がります、そしてもうひとつは金融商品も値上がりします、


  いま起きていることは、厳密にはインフレの概念ではないのですけど、通貨安誘導によって起こるインフレは通貨が下落をするので、輸入品は値上がりします、

  これは単純ですね、円の価値が下がる分輸入品が上がる、

  更にインフレが強い国は、将来のインフレを見越して値上がりが起きるので、通貨の下落以上の物価上昇がおきます(外国に値段を吹っかけられる)、

  
  金融商品に対してはちょっと複雑なのですが、通貨の変動は大きく数ヶ月で数十%動くこともありますけど、それに比べると企業価値の変動やゆっくりなので、相対的に差分が発生しやすい、


  例えばとある会社の株式が100円だったとして、その国の通貨が30%安くなれば、安くなったのはあくまで国の信用ですから、企業の信用ではないのでその差分が株式の上昇として表れる、


  日本でいえば、円が安くなれば円の価値はその分なくなるですけど、企業は円とは別の金融資産ですから、円が下がっても企業はそのままになるので、円で株式を買うときはその差分が上昇することになる、


  ただし、別に株が上がったとしても相対的な変化過ぎないので、抜本的に変わることはなく、

  日本の例でいえば、円安で輸出が伸びだといっていたが、それは通貨安によって数値が膨らんでいただけで実際は変わっていない、

  (例えば100億ドル輸出があって円が30%ドルに対して安くなれば、円で見ると130億円の輸出に見えるが実際は変わらない)


  通貨安によるインフレは一種のトリック、もしくは詐欺といっていいもので、最近の報道でも国民の多くが景気が悪化した、経済状況が悪いといっているのに、景気が将来良くなるのではないかと思っているのは、こういう二重性があるからで、


  通貨安は、国の価値の低下ですから、家でいえば地面がいきなり沈んだ様な事で、建物がそのままならそこは相対的に延びるが、

  一般の人はその地面に住んでいるので、下落の煽りをそのまま受けてしまう、

  その結果、経済が一見伸びたように見える(上の例で言う建物)しかし、実際に生きている世界(地面)は沈んでしまうので、国民にとってのメリットは全くない、


  よく考えてみると酷い詐欺だが、これ意図的にやっているね、売国マネタリストのどもが、外国に日本人を売るために、デフレが悪だといっていたことになるのか、


  ともかく、インフレの話で、インフレは色々な種類があるが、いま日本で起きているのは通貨の下落によるインフレで、これは誰かが計画したたちの悪い詐欺だと見ていい、


  このインフレでおきるのは、まず通貨の下落があるので輸入品が値上がりし、国民の生活が苦しくなる、

  円は30%ほど下がりましたから、単純にいえば国民の資産や給料が30%下がった事と同じなので、自分の給料を3割減らしてみたらどうなるか、それがいま起きているインフレの問題である、


  そしてもう一つが、金融の相対的膨張が起きる、金融的にいうと企業と国家は分裂しているので、国家の金融価値が低下(通貨安)しても、企業の価値はそのままなので、

  通貨安による下落分、企業の価値は上昇することになる、


  しかしそれは金融的に上昇するだけで、経済的には上昇しない、例えばいま日本の輸出が伸びだといっているが、実際には減少していて、通貨安によって円の価値が下がったから、円でカウントすると増えているだけで、円安で金融経済が伸びても、実際の経済は良くならない、


  もちろん一部の金持ちとか、株をやっていた人には利益になったのだろうが、殆どの人にはそんなことは無理なので、

  そういう金持ちの演出をしつつ国民を騙すという意味を持っていたが、実際に経済が良くなったという要素は全くない、
 

  通貨安によるインフレはペテンである、

  通貨が安くなれば金融商品は値上がりし、日常品は上昇するのだから、金融的な上昇を見せる事で騙せても、通貨安による経済悪化の問題は隠せない、


  そういうと通貨安で輸出が伸びるのではないと思うでしょうが、通貨安にしたところで輸出は伸びていないし、

  通貨安にすると輸入材の値段が上がるので、輸出はかえって駄目になる、


  そして、このペテンの構図がいやらしいのは、演出上景気が良くなっているように見せれる事で、

  株が上がったりするから、一部の人は利益を多く得られるかもしれないが、円安は経済的利益が全くない政策なので、極端に人を騙すような形になる、

  実際は通貨安インフレは経済悪化でしかないのに、金融が膨張するから景気が回復したと錯覚し、その勘違いが異常な社会を生んでしまう、


  世論調査でも、景気が良くなったといいながら、生活が苦しいと国民は答えている、

  これは安部や自民党のクズどもが、国民を騙すために株価だけを上げて、国民の生活を破壊するようなことをしてからで、

  それを株の報道だけをして、国民の生活を一切報道しなければ、そういう騙された形になる、


  本来インフレで景気が良くなる事はなく、国民の所得が増えて物を買うようになってインフレになるだけで、ただインフレにしただけでは景気は良くならない、

  それをリフレ派の詐欺師どもが、デフレが問題だと騒ぎ立てて、インフレにすれば全て解決と詐欺話を振りまき、

  そのアホな政策の所為で、通貨安になったら国の通貨価値が低下したので、確かに相対的に株価は上がったけど、経済そのものへの良い影響はなく、国民の生活は破綻してしまった、
  

  30%の円安は、言い換えてみれば30%の消費税みたいなものだから、そんな中で人が暮らせるわけがなく、株で儲けた人以外はまともに暮らすことができなくなってくるだろう、


  それで景気回復だなどという安部のアホは、電気の流れる椅子にお座りいただくしかなさそうだが、

  自民やそれに類するゴミどもを始末しない限り国民の生活はなく、いくら働いても飯も食えないような、一億総貧困時代がこれから来るでしょう、



リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



TPP 黒い条約 (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



バブルの死角 日本人が損するカラクリ (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



真説! 小沢一郎謀殺事件
クリエーター情報なし
ビジネス社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR