01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

放射能汚染の拡大と非正規化の拡大、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、


  今日も暑いですね、夏が寒かったらそれはそれで問題ですが、熱すぎる感じもします、


  それはいいとして何か起きているかな、今日はあまりネタがないようだが、そういえば原発から汚染水が洩れていたようなので、そんなことを書いてみると、

  最近福島原発付近の地下から汚染が見つかって、1億ベクレルとかが出ているようだ、


  今まではセシウムがでない場合が多かったが、セシウムが結構出ているのでこれは循環しているものではないだろう、

  多分初期の頃に拡散した汚染が地下水と混ざっているのだろうが、そう考えると汚染水には二つの系等があるのかもしれませんが、


  そして、更に茨城のほうの海で高汚染された魚が見つかって、1000ベクレルを超えていたと聞きました、

  千ベクレルは普通じゃないですよね、魚の汚染は周囲よりは低くでるはずだから、数千ベクレルの水や環境にいた事になるので、高濃度汚染が茨城のほうにあったといえる、


  もしくは、生物濃縮の可能性はあるでしょう、

  茨城や千葉の東側は海洋汚染が強い場所といわれ、海流の関係で福島から出て来る汚染は、海に流れたあと南下する様になっているので、汚染されたものが茨城に来てそれが原因になった可能性がある、

  それは、物質ではなく汚染された生物が南下し、それを食べた魚などが高レベルの汚染をした可能性があるので、福島付近にも生物はいてそれは汚染されたままですから、それを食べて汚染が起きたのか、


  千ベクレルですから、普通の汚染だとは思えないので、汚染された環境で起きたというよりは、汚染された環境そのものが流れてきたという所か、

  何らかの理由で福島付近のプランクトンなり、魚のえさになりそうなものが南に着た可能性があり、

  もっと単純に考えると、福島の汚染された魚が南に来たという可能性もある、

  海は陸と違って移動が簡単ですので、汚染された福島の魚は他の地域に来ることも多いですから、あまり食べないほうがいいのかもしれません、


  次に、もうちょっと汚染について書いてみると、最近段々と汚染が広がっているのか、関東などでも汚染された食品が増えてきた、

  マスコミや自民党は汚染は収束した、被爆問題は起きなくなったと、嘘をついているけど、実際は汚染は広がっているようで、かなりまずいようだ、


  例えば関東の食品でも、数十ベクレルは当たり前になりつつあるようで、全てというわけではないのだが、そういうのが含まれる事が普通にあるようで、関心が下がった所為か汚染されたものが流通しやすくなっている、


  国の基準だと100ベクレルといっているが、研究によれば10ベクレル以上の汚染物を食べていると、被爆が下がらなくなると聞くので、関東辺りで普通に暮らしていると、重症化する恐れもある、


  普通に考えると段々汚染されたものは流通しなくなると考えがちだが、

  実際は汚染されたものがかなり流通しやすくなってきているので、注意をしなければならないのだけど、

  国民の意識が段々下がってきていますから、関東では汚染の問題が拡大する可能性があると思います、


  後は、非正規の人が増えているようですね、40%くらいの人がそうらしいけど、

  非正規は女性の方が多いので、多分女性の非正規が60%くらいで、男性が30%とかそんな感じだろうけど、

  その非正規労働者というのも実は一部の問題で、例えばハローワークなどに行かない人はその中に入っておらず、バイトで生計を立てている人は非正規にも入っていない、


  非正規労働の問題は非常に根が深く、元々は正社員の終身雇用制度が成り立ちづらくなったから、それを穴埋めするために始めたもので、

  一応自由な労働や雇用、自分らしく働ける労働形態とかいってはいたが、

  実態は、正社員の制度を維持するために、同じ仕事をしているのに給料が低い階層を作って、戦後の労働システムを維持しようとしたのが始まりである、


  非正規労働者は多少改善はされているが、基本的に保証がなく、いつクビにされるか分からない立場であり、

  また、失業保険などの保障がない場合が多く、非正規とは言うが実態は日雇いに近い、

  労働経験を積む機会もなければ、将来の保障や、実行事の対処もなく、奴隷に近い立場である、


  自民党や小泉政権はそういう人を増やして、既存の企業の延命と、戦後の労働形態の維持をして、そういう勢力の歓心を買い、既得権の維持を狙っていた、

  そしてその方向性は変わる事がなく、また自民党政権になってそれが強くなりましたから、非正規が急増している、


  非正規そのものは一つの労働形態ではあるが、日本の場合労働者保護をするシステムがなく、労働を契約として保証する制度は事実上ないので、非正規労働という形は成立していない、

  
  海外の場合はそういう労働形態もあるようだが、日本の場合情緒的な社会システムで成り立っているので、付き合いで物事を決めてしまうので、契約を前提とした非正規労働は成立しない状況にある、


  そしてそれができないのにやれというのが、今の自民党の政治で、いかに連中が国民を馬鹿にしているかがわかりますが、自民党は国民は死ぬまで働いて、年金貰う前にあの世に行けと、そういう考えしかない連中ですから、


  自民党の考える理想の労働とは、給料を出来る限り払わないで、保障は徹底的に削り取って、邪魔になったあの世に行ってもらう、そういうことしか考えないので、

  非正規労働の拡大は、奴隷制度の拡大のような意味しかなく、

  いま自民党は限定正社員という、いつでも首に出来る正社員を考えているが、いずれ自民党の支持層以外はこういう制度に組み込まれ、奴隷としての一生が待っているのだろう、


  非正規労働の拡大は自民党政治の本質であるといえる、

  自民党の政治というのは、戦後の既得権と世界観の維持を目的にしているから、そのために誰を犠牲にするかを選ぶのが彼らの仕事である、

  自民党の政治はちょっと引いて見れば分かるが、誰を犠牲にするかというターゲットと、それによる利益を得る勢力との取引、その二つしかしていない、


  今回の選挙でいえば、自民党はブラック企業を応援していますから、ブラック企業を重視して、その権益を得るために限定社員を作ろうとしている、

  限定正社員という、正社員を非正規に置き換える政策を言っているのだから、正社員を犠牲にしてブラック企業の利益を増し、それを自民党の権益にする形を持っている、


  今の日本は底なしの渦に巻き込まれている状態で、正直なところあまり住まない方がいいレベルの国ですから、

  これから日本で生きていこうというのならば、外国語を学び海外に出ることを考えないといけない、


  年をとった人は別にいいのだろうけど、若い人には非正規化による搾取しか人生がないですから、日本に住む意味が全くないので、

  日本は将来性のない国なので、語学もまじめに毎日やればできるものですから、コツコツそういう事を繰り返して、
   
  滅びつつある日本という国に依存しない生き方を考えないと、若い人の未来はまずないと思います、

  
  (書いていて思ったのですが、案外今の日本に住むくらいなら、外国語を勉強して海外に住んだほうが楽な気がしますね、場所によりますが少なくとも外国にはルールがありますから。)


リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



TPP 黒い条約 (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



バブルの死角 日本人が損するカラクリ (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



真説! 小沢一郎謀殺事件
クリエーター情報なし
ビジネス社




関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR