01 月<< 2020年02 月  1234567891011121314151617181920212223242526272829  >>03 月
 

金融緩和はどうなったのか、

地震関係のリンク、


義援金など、

自動車・通行実績情報マップ、

原子力の現場作業員は使い捨て、

沖縄移住情報(移住費用も出るようです)、

国民の生活が第一



    どうもこんにちは、

 
  今日は金融緩和はどうなったのか、ということを書いてみようかと、

  自民党になって日銀が金融緩和をし、株価が上がったので多くの方は自民党の金融緩和に意味があったと思っている、

  しかし実際はどうなのか?、そういう事を書いてみると、


  それで金融緩和に意味はあったのかということで、いままでも日銀は金融緩和をしていたので、別に自民党政権になってから金融緩和し始めたわけではないのですが、いまの日銀は極端な金融緩和をして、それが正しいといっている、


  いまやっているのは、日銀の買取を倍にするようなことをしていて、何でも買って景気回復とやっているのですが、実際にはそんなに効果はない、

  例えば、日銀が金融資産を買うとしても、その殆どは国債などの資産なので、いくら買取をしたとしても市場に資金が流れる事はなく、政府の借金の弁済にしかなっていない、


  いま日銀がやっているのは、国債のほとんどを日銀が買うことによって、一般の銀行が国債を変えないようにし、その分一般の銀行が融資をするだろうという誘導をしているけど、

  しかし実態は、日銀の買取は無理があったらしく、逆に市場に押し返されてしまって、上手く行かなかった、

  更に、その辺りのやり取りが激しかったので、日本の国債は不安定なものだと思われた為、金利が上昇してしまった、


  日銀のやった金融緩和は、一般的なイメージとは違って、経済や社会に金を流したのではなく、国債市場にだけ集中的に資金を流し、その市場を占有することによって、そこから溢れた金が市場に流れる形を考えていた、


  確かにそういう面がなかったわけではない、ただそう流れた資金の多くは海外の債券に流れたらしく、海外の国債金利が下がったりしていたようだが、国内の投資や株式などには資金は流れなかったようだ、


  結局日銀の流した資金は、国債と金融機関の金庫の中に眠っていただけで、市場に流れることはなく、

  国債市場から追い出された金は、海外の国債市場にまた流れたようで、日本経済にプラスになるようなことはなかった、

  そして、国債市場の不安定さが金利の上昇を生んで経済を冷やしてしまったので、経済的に見る限り日銀の政策は失敗したと見るしかない、


  確かに株価の上昇はあったがそれは円安によって、外国人投資家が買っただけだから、経済が上昇したというわけではないし、実体経済に対する影響としては、ただ金利が上がっただけなので殆ど意味がない、


  金融緩和をして金利が上がるのも不思議なものですが、日銀が金融緩和をしてそれによってリフレ派はインフレが誘発され、金利は低下したままだからそれによって経済が良くなるといっていたが、


  実際に起きたのは、通貨安と金利上昇で、通貨安によって株価は上がったかもしれないが、輸入品の高騰によって経済が悪化し、国民の生活も悪化して、金利も上昇する結果になった、


  リフレ論は根本的に間違っている考えだといわれているが、そもそも連中が言うインフレにしたら景気がよくなる理由が分からないし、金融政策とインフレデフレは違うから、どうもいっている事がよく分からないのだけど、


  ともかく、自民党は前の選挙時に大胆な金融緩和と公共事業によって景気を回復するといっていたが、

  公共事業は財政規律を重視するといい始めているから、大幅な増税をセットなので景気回復にはならず、

  後は金融緩和だけになるが、これも失敗していると見ていい、


  確かに円安になって株は上がったが、株が上がっただけで景気が良くなったわけではないし、金融は実体経済とは関係なく動くものだから、金融的な上昇だけではあまり意味がない、


  実体経済の方を見てみると、日銀の金融緩和は市場に資金を流すといっていたが、実際には金融機関の金庫の中に金を積んだだけで、市場に資金が流れることはなく、

  更にインフレ誘導も失敗し、円安によって輸入品の高騰が始まって、経済や消費へのダメージが大きくなった、

  そして日銀は国債市場に手を突っ込んだので、市場が不安定化し、その結果金利が上昇して下がらなくなった、


  日銀の金融緩和で起きた事は、円安と金利の上昇で、円安によって株価は上がりましたが、円安は経済悪化の要因になるので、金融的な膨張は起きたが、実体経済の悪化が起きている、


  そして金利の上昇は完全に失敗で、日銀や財務省が想定していたのは、ゼロ金利でインフレがおき借金などが消えることであったが、

  金利が上昇して、インフレもスダグフレーションのように起きているので、インフレ不景気と金利上昇による不景気が合わさる状態にある、


  リフレ派がいっていた事と全く逆の方向へ進んでいるようだが、経済論の悪い所は上手く行かない可能性を考えないことで、経済学というのは一種の宗教なので、自分が正しく人は間違いだということしかいわない、


  だから一辺倒の経済論を元に政策をすると、そうでない事が起きた場合の対策が全く出来なくなる、

  今の状況でも、金利の上昇によって起きる問題や、円安によって起きる経済悪化に対しては、何の対策も考えていないので、


  日銀が金融緩和をして、それはそれで一つのやり方だという所までは認めてもいいのだが、

  その結果起きることを想定しておらず、起きた問題に対しても対策がないというのは致命的な欠陥だと思う、


  経済論は原発論と良く似ている、どちらもある種の国策だから、根本的に無謬性があって、自分が絶対的に正しいという理屈を組むだけで、それが具体的にどうであるかは全く考えず、問題点を人々に知らせない、


  ここで私が書いた事だって、マスコミなどでは普通はいわないことだし、マスコミがいうのは株価の上昇だけで、正統性をがなり立てる無謬性の上でしか、日本の経済論がいわれることはないのである、


  日銀の問題は、日銀は原発と良く似ていて、経済学者は原子力村の住人みたいなものだから、経済学者は誰かの利益を代弁すべく、特定の正当性を持った理論を組み立てる、

  それは部分的には正しいのだけど、現実的にはかなりずれた部分も多くて、実際にやってみると、いっている事と起きていること間にはかなりのずれがある、


  いま日銀がやっていることはそういうことで、福島原発が安全ですよという意見と、日銀のいう金融緩和で景気が良くなりますよ、というのは同じようなものであり、

  運がよければそうかもしれないけど、潜在的な問題やリスクは常に存在し、そしてそれは誰も知る事がない、

  余程大規模な問題がおきない限りは全て隠蔽され、気づいたときには酷い事が起きているというのが、日本の経済論の殆どであります、


  前も書いたような気がするけど、日本は国家の体をなしていないものであり、原発は爆発したけど何の対策もせず、金のためにもう一度やろうとしているし、

  経済もそうでしょ、日銀の金融緩和は客観的に見るかぎり失敗しているが、そういう指摘はなく、起きている問題に対してもどうすべきかは誰も考えていない、


  日本人はレミングのように集団で駄目になるところがあるけど、日銀の金融緩和が失敗しているのに、それを指摘する声もなければ、問題に対してどうするかも全く考えていないのだから、

  どうにもならなくなった福島原発と、日銀は非常に似たところに存在していると思う、
  

  その危険性ですかね、日銀の金融緩和は円安と金利の上昇を生んだ、本来の想定である市場への資金供給はできず、金融緩和をしても資金は流れなかったようだ、

  確かに円安によって株価が上がり、金融関係者が利益を得ることはできたようだが、円安は経済悪化の要因になるので、段々と日本経済全体がおかしくなりつつある、

  更に、金融緩和をしたのに金利が上昇してしまって、それによる経済悪化が起きている、

 
  いまの日銀は潜在的な爆弾になりつつあると聞いた事がある、上のほうでも書いたけど、日本のは福島原発を見てもらえば分かるように、問題がおきる想定をしないんですね、

  
  だからそれは経済学や経済論でもいえ、いま日銀は極端な金融緩和をしているが、それによって起こる問題に対して何の対策もしてない、

  原発が安全だという神話を信じ込ませるだけで、実際の安全対策はしていなかったように、いまの金融緩和による経済回復も信じ込ませているだけで、実際に起きている弊害には何の対策もしていない、


  自民党がやらせた日銀の金融緩和だが、株が上がって一見うまく行っている様だが、実はほぼ失敗している、

  自民党やリフレ派が考えていた、ゼロ金利でインフレによる経済成長というプランはなく、金利が上昇してインフレはインフレだが悪性のインフレが発生し、インフレと金利上昇で経済が悪化している、


  そしてその問題を指摘する声はなく、また、そうやって起きている問題に対して対策は何もないので、どんどん世の中がおかしくなりつつある、

  このまま行くと、日銀は日本を滅ぼしかねない問題に変貌する恐れがあるが、これも福島原発と同じように、それが本当に爆発するまで誰も気づくことはないでしょう、



リフレはヤバい (ディスカヴァー携書)
クリエーター情報なし
ディスカヴァー・トゥエンティワン



調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店



内部被曝 (扶桑社新書)
クリエーター情報なし
扶桑社



ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)
クリエーター情報なし
文藝春秋



TPP 黒い条約 (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



鳩山由紀夫 孫崎享 植草一秀 「対米従属」という宿痾(しゅくあ)
クリエーター情報なし
飛鳥新社



バブルの死角 日本人が損するカラクリ (集英社新書)
クリエーター情報なし
集英社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



真説! 小沢一郎謀殺事件
クリエーター情報なし
ビジネス社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR