03 月<< 2021年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  政治的な話としては、福島原発の汚染水問題があるか、スガのアホが海に流すといっているが、低能のアホは馬鹿というしかない、

  そもそも漁業関係者反対していたのではないか、海の権利に関しては漁業関係者が持っているし、風評被害の対策はどうするのか、


  以前犬マスコミが汚染水は問題がない、放出して風評を信じる国民が悪なのだと、プロパガンダ番組をやっていたが、

  そのような番組は今回の件の下準備的なもので、人を騙してインチキをする予定だったのだろう、


  確か汚染水は汚れを取り除いて海に捨てる予定ではなかったか、そのための高価な設備も買ったはずなのに、十分な効果を得られていないのは問題だ、

  トリチウムの除去のための設備も作っていた気がするが、なんの対策もせず海に放出するのは最悪というしかない、


  海外メディアでは陸で確保すればよいのではと、日本の対応を批判していた、

  原発の付近は空き地も多いしもう住めないから、土地を買い取ってタンク置き場にすれば、問題を解決できるのではないか、


  原発付近の土地はかなり安くなっているし、もう住む可能性はないのだから多少高めに買い取って、住んでいた人々の生活の支援に充てるのもよいだろう、


  この問題は結局死んだアベもそうだが、自民党が福島原発対策をしていなかったのが、大きな問題だったといえる、

  原発事故は長期間影響を与えるのだから、具体的な対策は常に考えなければいけない、

  なのにクソアベとか何もしなかったから、こういうアホが今起きているも問題を起こしたのだろう、


  単純にいえば何の計画も立てていなかったし、福島原発についても全く考えていなかったから、一番楽な方法は何かということで海への放出になったといえる、

  つまり海に放出する必要があったのではなく、どうでもよい問題だから適当に対応したので、海洋放出に決まったのだろう、


  実際東京電力は新しいタンクを作る計画を立てているし、作るだったら海洋放出をする必要がない、

  それはスガのアホがタンクを作る計画を全く知らず、適当に海に捨てれば良いと判断したからだろう、


  普通に考えると漁業関係者に対立しても、放出するのはなにか理由がありそうだが、スガの低能を前提に原因を考えると、

  こいつバカだから、福島原発の問題などどうでもよいので適当に処理したく、漁業関係者は一体誰なのか理解できなかった、そういう感じだと思う、


  今の自民党は常識で考えではだめで、一番低能でアホなやつが何をするか、そういうレベルで考えないとよく分からない、
 
  だとすると何も考えずに海洋放出を決めただけで、それがどういう意味を持つか理解していないのだろう、


  海外メディアでは大量のタンクを作って、それを何十年も保管すればトリチウムもなくなって、安全に捨てられるようになるといっていた、
    
  確かトリチウムの半減期はそんなに長くなかった気もするので、数十年程度たてば自然に消える可能性はある、


  自民党は社会問題を一切考えない、連中がほしいのは自分の利益だけだ、原発事故は社会問題であるから、連中は一度も考えたことはないだろう、

  適当に対応しても買収したマスコミを使えば、国民世論はいくらでも潰せるわけで、不正し放題の自民党が真面目に政治をする可能性はない、


  原発事故問題もコロナ問題もつながったところがあって、具体的な対策ができないとまともな結果を得られない、

  自民党はコロナ失敗している連中だから、当然原発事故対策も失敗する、

  今回の汚染水問題はマスコミが金をもらって隠蔽するので、多分国民が原因を理解することはないだろう、


  しかし本質的にいえば、対策はいくらでもあるのだから、それをやらないリスクは存在する、

  起こりうるのは国際社会からの批判と、漁業関係者の風評被害の拡大だ、

  どちらも犬マスコミが握りつぶすだろうが、日本や国民にとって損な形になるでしょう、

  
  政治の話題がちょっとないのだけど、子ども庁の話があるか、自民党が急にいいだしたものだが、

  日本の人口を半減させたのは小泉改革がすべての原因だ、非正規雇用の人を数千万人増やして保証を一切しなければ、そりゃ人口が激減するに決まっている、


  今の若い人は団塊の世代の三分の一くらいしかおらず、6割程度人口が減少した状況にある、

  昔の黒死病でも減った人口は三割といわれるのに、その倍も人口を減らす辺り自民党は黒死病よりも危険なバイ菌だといえる、


  そういう子ども減らしを何十年もやった自民党が、子ども庁をやるのはさすがに嘘だというしかない、

  今のデジタル庁という話も、結局国民の個人情報を勝手に悪用するための制度で、そのための設備投資の資金を税金で対応して、関連企業から金をもらうのが目的らしい、


  真正のクソというしかない連中だが、同じ手口だから子ども庁も似たようなものだろう、


  以前から日本の教育に自民党が過剰に介入して、少し前も受験制度を大きく変えて失敗した、

  確かに受験競争の問題はあるけど、自民党は社会を良くする考えは一切ないので、金がほしいから手を出しただけだ、


  実際自民党と関係の深い会社が、受験の仕組みを廃止した後の制度を受注していて、それが元のものよりもものすごく劣化していたので、まともな受験が行えなかったと聞いている、

  つまり受験が金になるから問題を指摘し、破壊してさらに悪化した仕組みを差し込んで国民を不幸にする、昔あった改革詐欺をまたやったわけだ、


  自民党は金が全てであって社会など興味がないから、子ども問題の対策をする可能性はゼロだ、絶対にしない、


  じゃあ何が狙いかといえば、上で書いた受験の話と基本的に同じだろう、

  子供の支援をしている団体を支配して金に変える、そういう狙いがあると見て良い、


  実際幼稚園の団体がアホ森に裏金を渡していたと聞くから、アホ森はオリンピックで失敗したアホだが、利権関係のキングメーカーになっているようだ、

  当然このアホにカネを渡すのは理由があるわけで、渡した金と子ども庁はつながっている可能性が高い、


  自民党のクソ連中がやるのは、社会システムの変革という名の劣化である、新しい品質の悪いゴミを渡されるだけで、大概において元のより良くなる可能性はない、

  つまり子ども庁を作る目的は、子どもに関連する団体を改革だといって潰して、質を徹底的に下げてゴミを国民にプレゼントする予定だろう、


  そういやこのクズ連中は、以前保育士の権利をほぼゼロにして、誰でも子供の世話ができるようにしていた、

  規制緩和といえば聞こえはいいが、実際は劣化した保育環境が生まれただけで、安かろう悪かろうの状況が発生した、


  自民党は人間のクズだから金が全てだ、そういう方向性で見れば連中の判断が分かる、

  善意のない犯罪者のくせになぜ子ども支援などというのか、以前からコイツラは子育て関係に手を突っ込んで破壊している、それを大規模にやりたいだけだろう、


  自民党は消すべき犯罪者に過ぎない、戦後世代はカルト宗教的に信じているけど、人の役に立つ可能性はないので一匹残らず滅ぼすべきでしょう、


  後は、ネタがないの抽象的な話として、右翼と左翼が入れ替わったというもので、

  人間は知識をもとに判断をするため、その知識が現実にあっていないと必ず間違った判断をする、


  判断は正しさを求めるものだと考えがちがだ、実際は間違いを意図的に発生させられる、思考パターンだともいえる、

  つまり特定の判断を相手にさせることによって、意図的に間違った方向性に誘導するのも可能だ、


  昔だと諸葛孔明とかそういう人がやっていたが、今の日本は右翼と左翼が入れ替わっていて、右翼が昔の革マル派に近くなっている、

  連中の考えは非現実的な妄想でしかなく、戦前の軍国主義が正しいなどというのは、完全に時代錯誤だろう、


  なぜなら当時の国際情勢がないのだから、昔やったことをしたところで何もできないだけだ、


  共産革命はそれと似たところがあって、現実的に成り立つものではなく悪くいえば、妄想に近い形に国を変えようとしていた、

  今の右翼はそれとほぼ変わりがなく、いわゆる革マル派とやっていることは全く同じだ、


  こう考えるとちょっとゾワッとするのだけど、私もなんかおかしいなと感じてしまうが、実際に起きているのは右翼の共産革命化だろうな、


  政治的な観点でものを見る時に、今の時代は大半の人が間違った判断をする、だからこんなに狂った社会になってしまったのだけど、

  じゃあその原点にあるのは何か、大きいのは右翼と左翼が入れ替わったのが原因だ、

  
  今の時代の右翼は非現実的な妄想を信じていて、社会を共産革命のように妄想社会に変えようとしている、

  冷戦時の革マル派と全く同じスタンスで、暴力性が高いところなども似ている、本質的にいえば保守や右翼は国を滅ぼそうとしている異常者でしかない、


  実際殺したアベとか自民党は、国を滅ぼすような行為しかしていないわけで、連中のせいで日本はボロボロになった、

  それは冷戦時代で考えれば、共産革命の勢力が国を乗っ取ったのと似ていて、今の自民党はソ連などの共産革命勢力とやっていることは同じだ、


  右翼と左翼が原因は不明だが、冷戦時とは違い入れ替わっているから、日本人がイデオロギーや保守革新的、昭和の政治論で考えると失敗してしまう、

  例えば自民党が低能でアホしかしない、政策が全くできない野党を批判するだけの、無能でバカしかいない異常者の集まりだといって、分かる人がいるだろうか、


  昔の社会党はそれほどではないが、具体的な政策がなくマスコミを使ったポピュリズム政治をして、政府を批判するしか能がない連中だったが、

  今の自民党は昔の社会党とよく似た勢力になっている、連中は政策がわからず野党批判をするだけで、買収したマスコミを使ったポピュリズム政治しかできない、


  これが本質的な政治の問題としてあるが、残念なことに日本人はあまり物を考えないので、このような右翼と左翼の入れ替わりについて、社会が完全に崩壊するまで気づく可能性はないでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR