04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  コロナウイルスの問題は一応良くなったらしいが、アベのアホは全く役に立たなかった、医療機関への支援をせず、検査体制すら作れないとかゴミというしかない、

  自民党自体人の役に立つ組織ではなく、無能で全く価値のない組織だが、連中は権力掌握をするのは得意だ、


  今の日本はソ連の末期に似ているという人がいるが、たしかにそういうところは存在している、統計の不正はソ連末期では一般的で、新聞も嘘の報道しかしていなかったと聞く、

  当時の共産党は権力掌握だけを考え、国家の将来を誰も考えていなかった、そういう意味でいえばアベ自民はソ連と似た性質があるのでしょう、


  アホアベの話はいいとして、今起きている問題としては検察の辞任があるようだ、元々検察のNo.2の人が去年辞める予定だったと聞いている、

  法律上定年があって、それに合わせて辞職をする計画が決まっていて、辞めた後の就職先もあったのだが、


  アベのアホが急に辞職をさせないように、無理やり定年を延長したため、異常な事態になっていた、

  アホは法律について詳しくなく、検察の定年を変えられないことを理解していなかった、バカだったから法律を読めなかったのだが、


  低能アベは勝手に定年延長を閣議決定して、それによって法律がおかしいものになった、なぜなら本来違法な行為を閣議決定したのだから、法律を勝手に書き換えた行為をしたため、その後の国会答弁が支離滅裂になった、


  それで急に検察の定年を延ばす法案を出して、異常だといわれて法案はだめになったのだ、検察のNo.2は最終的には辞めた、 

  理由は週刊誌の麻雀賭博の問題だが、芸能人でも時々捕まることがあって、確か昔ドリフターズの人も捕まった覚えがある、

 
  麻雀賭博をしていたのは産経新聞で、アベ犬の腐ったゴミ新聞だが、賭博をして利益を得ていたのだろうか、

  完全にジャーナリズムではないが、日本のマスコミは社会のゴミでしかなく、権力の太鼓持ちをして税金で飯を食う国家の寄生虫である、


  その麻雀賭博をしていたところには、朝日新聞の人間もいたと聞いていて、マスコミが司法権力の走狗であるのが分かった、

  日本は昔から冤罪が多いといわれているが、その理由としてあるのがマスコミとの癒着である、


  日本の新聞はまず警察に行って情報を得ると、そういうところから仕事を始めろといわれていて、結果として警察の子分に近い立場にある、

  確かに事故のなどの情報を得るのは重要だが、警察等の権力に媚びへつらい情報を得る体質がマスコミは強く、権力の広告としての意味しかない、


  過去の冤罪の問題を見てみると、多くはマスコミが犯罪者だと決めつけて、それに司法が追随するケースが多い、

  つまりマスコミと司法は一体化した存在で、人間を裁くための道具としてある日本のマスコミは、司法権の一つのような意味を持っている、


  それが結果として、マスコミが原因の冤罪を発生させていて、連中は冤罪を司法が起こしたといっているが、実際はマスコミが擬似的な司法権を持って特定の人間を叩き、法的な処罰の方向性を決めてしまっているのが原因である、


  本来ならばマスコミは国家権力を距離を取り、ジャーナリズムとして仕事をするべきだが、日本においては権力の走狗でしかなく、報道などという意味は全く無い、

  
  今回の件は検察と産経や朝日などの、いわば全てのメディアが司法をつながって、インチキをしている情報がバレたわけだ、

  普通に考えれば検察のNo.2と賭け事をするなど、違法な行為であるからするはずがない、

  しかし日本のマスコミにはそのような常識がなく、違法な行為を長期間行っていた、これは日本の司法とマスコミが結託して、不正な行為をしていたと見るべきだろう、


  実際今回辞めた奴は、福島の県知事に対して告訴して逮捕したが、不正の事実がなかったと聞いている、

  不正な金をもらったから逮捕したのに、実際には全くそんな事実がなかったため、不正な金を0円もらったという形で、裁判をしてその知事は下手すると処罰された気がする、


  常識的に考えれば0円不正に資金をもらった、県知事への裁判は異常というしかないが、そういう行為を昔からやっていて、ある意味政治的な意味の強い司法権の行使をした人間で、戦前の特高に近い感覚で検察をやっていたのだろう、


  それはつまり自民党やアベの番犬として、仕事を長くしてきた人間で司法権を使って、権力者を擁護して金をもらう、腐ったゴミ行為を繰り返していたわけだ、

  他にもこいつは小沢氏の政治とカネの問題もやっていて、あれは完全に政治的な謀略であったが、アベの犬だったクズが犯罪行為をしたのだろう、


  こうしてみると日本の司法の異常性が強く、法律を使った権力機関でしかないが、日本は未熟な国というしかない、

  以前から書いているけど日本は戦前の国の仕組みが残っていて、その悪影響が国家レベルで見ると出やすくなっている、


  例えば日本の検察はCHQに協力して、権力の走狗として働く立場を得ている、本来ならば戦時中に問題を起こして、責任を問われるはずだった奴らがアメリカに協力して、延命をしたと聞いている、


  アベのクズは軍部の残党として有名だが、日本の軍部の残党はアメリカに忠誠を誓う、売国奴の人間のクズしかいない、

  詐欺師の小泉は完全に売国奴だったが、アベは多少違うところもあるが、同じような仕組みを利用して政治活動をしてる、


  日本は戦争に負けたので、アメリカは日本を間接支配する仕組みを組んでいた、その仕組としてアメリカに忠誠を誓う軍部の残党は、アメリカマンセーという腐ったゴミ思想を持っている

  ついでにいえばアメリカの犬になった検察も、そのような考えを強く持っていて、アベのようなゴミと日本の検察が強く結びついているのは、戦後のアメリカの占領政策の影響もある、


  今回の件はこのような流れの、表層的なところでしかないが、こう考えてみると日本のマスコミも検察と同じように、アメリカに魂を売って売国勢力になったのだろう、

  だから検察と一体化してアメリカにとって邪魔になる連中を叩き、それによって何らかの権力を得ていたのかもしれない、


  最も時代は変わってきているから、日本にとってアメリカはそれほど重要ではなく、アメリカにとっても日本はあまり価値はない、

  そのため歴史的な過程とはちょっと違う、アメリカの占領政策の残滓のようなものになっているが、本質的にはアメリカに魂を売った連中の暴走がここ数十年の日本の政治である、


  あまり関係ない話を書いたけど、賭博をして本来ならば検察のNo.2は逮捕されるべきだが、なぜか全く処罰されなかった、

  本来ならば逮捕されても不思議ではないが、適当な言い訳をして処罰をしていない、

  また今回の件はマスコミが関与しているため、連中が最初に報道をすべきだろう、なぜなら賭博をしている当事者なのだから、


  しかし産経も朝日も全く報道をせず、週刊誌が書くまで事実を社会に伝えなかった、日本のマスコミのやった行為は完全にジャーナリズムに反していて、報道機関の死といっていいレベルの問題だが、そのような考えを持ったメディア関係者はいない、


  日本のテレビなどの異常性としてあるのは、ジャーナリズムを全く理解していない点だ、結局連中は権力にしがみつく文屋でしかなく、社会の役に立つ仕事をする考えが全く無い、

  権力の広告をすれば安定した立場を得られ、自身も権力者として暮らせるだろう、そのような腐った目的がマスコミにはある、


  検察を始末できたのは一つの功績だろう、アベの犬を増やしても社会の役には立たないのだから、その点は悪くないのだけど、

  日本の本質的な問題が露呈していて、更にそれを解決できるような仕組みがない、別の厄介な問題が見えたような気がします、


  次に、テレビは見ていないので分からないが、アベのクズが緊急事態宣言の解除をいい出した、低能のクズのくせに五月蝿いやつだが、アホは黙っていればいいのだが馬鹿だからわからないのだろう、


  緊急事態宣言の解除はわからなくはないが、現在でもある程度は感染者がいるし、ほんの二ヶ月前は感染はかなり少なかった、

  しかしある程度増え始めると止まらなくなるわけで、現状でやめるべきかは怪しいところがある、


  アベのアホが緊急事態宣言をやめる理由としては、人気取りをしたいというのもあるのだろう、自粛をすると批判を浴びてしまうため支持率などが下がってしまう、

  それで無理に緊急事態宣言の解除をしたのだが、どのようになるかわからないところがある、

  例えばアベのアホは海外からくる旅行者に資金を出すらしいが、感染者が潜在的にいる日本に来る人がいるだろうか、


  日本への渡航規制をしている国は100を超えているし、感染症対策を十分にしているとは思われていない、

  PCR検査もほぼ受けられない国では、感染症対策をするのは不可能で、そんな地域に来る外国人がいるか?、


  また日本で流行ったコロナウイルスは、それほど死亡率が高くないと聞いている、ヨーロッパあたりのコロナウイルスは強いタイプで、多くの人の命を奪ってしまった、

  日本やアジアは死亡率が低いタイプだったのか、運良く多くの人が死なずにすんだ、しかし海外から人を受け入れれば、危険なタイプも入ってくるだろう、


  アベのアホは未だに、観光立国ができると考えているが、感染症が広がっている以上観光は数年は無理だろう、

  そんな無駄な行為に一兆円かけているが、低能は救いがないというしかない、

  自民党はバカしかいないカルト宗教団体で、日本が腐った体質のある国だから存在できているが、本質的には人の役に立つものではない、


  緊急事態宣言の解除も深い考えがなく、ただ利益か自分の都合を考えた行だけだろう、コロナウイルスの対策などしていない、


  今回のコロナウイルスは運の要素も結構あって、ラッキーならば被害が殆ど出ない場合もある、

  確かにそういう特徴もあるのだが、偶然に期待する対策にどれだけ効果があるか、日本はアベというアホを生かしたため、長期的に大きなリスクを背負いそうです、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR