04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  夏と梅雨をかき混ぜたような気候ですが、雨が降ったあとでやたらと熱くなるのは、ジャングルを連想させます、

  それはともかく書いてみると、政治の話題としては検察官の延長問題があるか、不思議と騒動になっているようだ、


  元々この話はアベのアホが、無理やり自分と関係の深い検察官の定年を延長して、権益を得ようとしていたのが発端だった、

  実は検察官の定年延長は以前から議論されていて、それに関する法案もあるのだが今回の件とは全く関係がない、


  マスコミは法案の一つの要素みたいに報じているが、実際は全く関係なくアベが知り合いの検察官の影響力を残したいので、法律を無視して勝手に定年を延長しただけだ、

  その理由として法的に認められているからと答えていたが、調べてみるとそんな事実はなく、違法行為をしているのが分かった、


  これが去年の1月あたりの話だったけど、民主党系の議員が昔の議事録を詳しく調べて、法的に違法であるのを突き止めた、

  その後法務大臣は完全に気が狂ってしまって、支離滅裂な答弁を繰り返す異常事態になったが、全くメディアは報道しなかった、


  今回の件でも法務大臣が国会に出てこないでしょ?、何でかというと過去に支離滅裂な発言をしているから、野党から質問を受けた時に整合性が取れないからだ、

  今の国会では別の大臣が何故か答えていて、そいつは自分は担当でないのでわからないと答弁しているが、意味不明な状態にある、


  本来ならば法務大臣が答えるべきが、アベのアホがその場で適当な答弁をしてしまい、それに法務大臣が意見を合わせたら、過去の答弁との整合性がなくなった、

  結果としてそれ以降法務大臣の説明は成立しなくなり、常に支離滅裂な答弁をする狂った大臣になってしまった、


  さすがカルト自民党、オウム真理教と同じように狂信者と狂人しかいない、まともなことができないから最終的には全員狂った人間になる、

  この問題はアベのアホがその場で適当なことをいわず、法務大臣と事前に打ち合わせをしておけばよかった問題だ、


  しかし低能でアホで馬鹿なアベは、全く知能がなかったので事前の打ち合わせをせず、過去の法務大臣の答弁も確認していなかった、

  結果として法務大臣の発言が、アベのせいで完全に狂ったものになってしまい、まともな議論ができなくなったから、強行採決をしようとしている、


  現状やらないなどという、メディアの報道があるが連中は政府の犬だから、信憑性はゼロだろう、

  金をもらえば平気で嘘をつく人間のクズが、事実を伝えているかはわからない、アベから金をもらっていないなら事実かもしれないが、それをこちら側から確かめる方法はない、


  今の段階だと検察官の延長問題は、一時的には棚上げになるといわれている、いずれまたやろうとしているのだろうが、どうなるかわかない、

  聞いた話ではアベの下僕の検察官トップは、今年の8月には退官するらしく、そうなれば新しい人がトップになるだろう、


  元々法務省では新しい検察のトップを決めていて、その人に変える予定だったと聞いているが、アベが手を突っ込んで無理やりやめさせた、

  このアホは検察官の任期延長は法務省からいわれて、それを認めただけだといっているが、実際は真逆で全てアベが犯人である、


  このクソ犯罪者はホント基地外だなと思うが、一から十まで全部ウソしかいわないわけで、支離滅裂すぎて意味不明である、


  今回の検察官の問題は、本来は公務員の定年延長の一環として、検察官も定年が伸びる予定だった、

  アベはその制度の変化を利用して、自分と関係の近い人間の定年延長を勝手に含めた、

  本来の法案ではなかった内容らしく、急に中身に入れたと聞いているが、最近の自民党議員の逮捕が効いているのだろう、


  広島の自民党議員が逮捕されそうで、そいつに対してアベは1億5千万円ほどの資金援助をして、対立候補だった現職の自民党議員を落としている、

  1億5千万円渡したのはアベの指示だと効いているが、もしこの自民党議員が逮捕されて捕まった場合、関連して資金の出どころも調べられるだろう、


  広島の自民党議員は支援者に金を配って、買収していたと聞いているため、その資金源の調査は行われると見て良い、

  買収疑惑なのだから当然資金源は調べるため、そうなると広島の議員へ資金を渡した自民党も調査対象になる、


  まあ自民党としては資金を渡しただけで、議員が勝手にやったとしたいのだろうけど、資金を探られる過程で別の問題が起こるかもしれない、
 
  例えば1億5千万円はどこから来たのかとか、誰がそのような資金を渡したかについて、詳しく調べられるだろう、


  もしかすると資金を渡した人が、連鎖的に責任を問われる可能性もあるため、数人の自民党議員の逮捕もあるだろう、

  元々この広島の自民党議員の問題は、本来ならばそこにいた現職の議員を勝たせればよかったのに、別のアベの知り合いを無理やりねじ込んで金で買収して勝った問題がある、


  ある意味異常な選挙をしているので、逮捕されそうな議員以外は刑務所に行かなくてすむかもしれないが、選挙をする過程の情報が公開されれば、自民党にとって非常に大きな被害を発生させる可能性が高い、


  いわゆるゴシップ的な問題で、なぜ現職の自民党議員がいるところなのに、無理やりアベの知り合いをねじ込んだのか、当然そこには大きな倫理的な問題があるはず、

  検察が調べれば倫理的な責任は問われ、情報が公開されれば自民党に致命的なダメージになる、


  アベのクズが検察官の任期延長を望むのは、このアホが不正をしていてバレるとまずいからだろう、

  確かに逮捕されそうなのは別の人だけど、主犯がアベだから情報が外部に出るとまずいと考えている、


  例えるならば犯罪組織で自分の部下が捕まりそうで、警察を買収して見逃してもらおうとしている、それが今回の検察の問題だと見て良い、

  結果がどうなるか分からないが、不思議と批判が多い問題なので、自民党には良いダメージになるでしょう、


  次に、今回の件は芸能人が批判していて、それが不思議だなと思いました、

  なぜかというと、実は自民党はマスコミ対策を徹底していて、芸能人の大半はアベや自民党に買収されている、


  最近もジャニーズ事務所の有名タレントが、アベと一緒にネットのメディアに出ていたが、ああいう事務所も自民党の管轄下にあるところで、買収されているためアベマンセーとしか発言できない、


  基本的にテレビに出る芸能人は、自民に買われている奴隷に近いもので、政府批判を言う可能性はない、

  それなのに今回に関しては批判をしていて、なにかの理由があるのと感じる、


  芸能人がアベ批判をする理由としては、コロナ対策の不備が大きいといえるだろう、芸能は不安定な立場の人がが多く、今回のような疫病の問題が起こってしまうと、そういう立場の人は殆ど支援を受けられなくなる、


  実際映像や音楽関係の人が、生活ができないので廃業した例は多い、もしアベのやつがちゃんとした支援をしていれば、そういう人も生活できていただろう、

  しかし支援をほとんどしなかったため、多くの人の人生が破綻してしまった、

  コロナウイスで一番被害を受けたのは、芸能などに関する分野だといえる、多くの人を集めて行う芸能ビジネスは、コロナウイスと相性が悪かった、


  甚大な被害が出たのにアベは支援をせず、好き勝手にしようとしたため恨みを買ったのだろう、

  本来なら買収済みの奴隷が物をいうと考えなかったのだろうが、生活ができなくなれば批判もする、


  それと有名人が政治的な発言をするべきではない、という意見もあるが今は変わってきていると思う、

  以前はテレビや新聞と芸能界という狭い世界のみが、タレントや歌手が生活できる場所だった、


  しかし今はインターネットがあるため、それ以外の分野で活躍するのも可能だ、インターネットで社会的な活動をして、影響力を得られればそれをもとに芸能活動ができる、

  テレビや新聞だけだった頃に比べると、有名人はネットビジネスと相性が良いため、そのような方向性もある程度は成り立っている、


  日本では昔から芸能人は有名税を支払うべきだ、プライバシーを侵害されても我慢しろ、そういう考えがマスコミでは強かった、

  有名税という考えは本質的には間違いだが、現状ではそのような社会貢献もいるように思う、

  海外では著名人が政治的な発言をするのは普通だし、発言をするリスクがあったとしてもいわなければいけない、


  いわば別の意味で有名税を支払って、有名であることを社会還元する義務がある、

  一般の人が何を言っても世の中は変わらないが、有名人がいえば社会は変化する

  芸能人が有名税として政治発言をして、社会に何らかの形で還元をすれば、そういう人々の立場も固いものになる、


  有名人はテレビが作るもの、たしかにそういうところはあるのだが、社会的な視点でいえば有名人は社会的な責任もある、なぜなら社会を変える力があるからだ、

  今までは狭い世界で活動するのが芸能人だったが、今はインターネットの影響で世界は広くなっている、芸能人の生き方も社会性が問われやすいのだろう、


  今回はたまたまコロナの問題があったため、被害を受けやすい芸能人が検察の問題を批判したが、

  本来ならば日頃から政治的な知識を得て、判断ができるようにするべきだろう、


  日本の芸能人は子供のような幼稚さを求められる、大人になるのではなく扱いやすい程度の低い人間でなければいけない、いつの間にかそういう世の中になっていた、

  しかし有名人は社会に生かされているのだから、社会を活かすための活動もするべきだろう、社会との共存が本来の有名人の役割の一つのはずだ、


  日本は多重に歪んだ社会なので、そう簡単に良くなる状況にはないが、有名な人は有名税を支払うべきだ、それは社会に対して自分の力を使い、社会を良くする行動をする、

  国民がそれを認め協力できれば良いのだが、、うーむ、日本のレベルでそれができるかはどうかなという気もします、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR