04 月<< 2020年05 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>06 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  最近はかなり暑くなっていますね、もう30度近い気温で困っていますが、そろそろ夏なのでしょうか、

  ともかく書いてみると、政治的な話としては検察の退職の延長問題があるか、


  不思議とツイッターでも話題になっていたが、実際は去年からこの話は国会では問題視されていて、桜を見る会が騒動になってからはあまり目立たなくなっていた、

  その後コロナが発生したため、国会では全く議論されていなかったが、急にアベの基地外がキーキーいい始めた、


  このクソは、ただの犯罪者だからものを盗めるとわかれば、すぐに犯罪行為に走る人間のゴミなので、コロナ騒動で国民が国会に興味を持っていない時期を見て、無理やり法案を通そうとしたのだろう、


  マスコミもそれに合わせて一切報道していなかったが、ツイッターで多くの人が抗議をして話題になった、

  有名人も反対だと意見をいっていて、今までにない動きがあってびっくりしたが、よほどアベのコロナへの対応に不満を持っているのだろう、


  人間は感情で動く動物だから、理性的な判断は基本的にしない、所詮は猿の群れでしかないため、何らかの工夫をしないと社会は感情論しか成立しないが、

  しかし何らかの感情的な問題がすでにあると、それを火種にして広範囲に燃え広がることがある、

  以前の詐欺師の小泉の体制が潰れたのも、結局ヤツのやっているのは政治ではなく犯罪行為で、多くの人を苦しめていたのが原因だといえる、


  つまり不満という燃料が溜まっていると気づかず、いい気になって騒動を起こしていたので、最終的には崩壊したわけだ、


  アベの基地外がこれからどうなるか分からないが、不思議とこの検察の退職時期の延長問題は興味を持たれている、

  どのような目的でアベがやっているかというと、最近自民党の元法務大臣が買収疑惑で捕まりそうで、そろそろ逮捕されるのではないかといわれている、


  アベのクズは基本的に犯罪者なので、周りも犯罪行為をする人間しかいないため、普通の法治国家ならば逮捕されているだろう、

  しかしこのクズは司法制度にかなり早い段階から手を突っ込でいたので、不正を何度もしていたのに逮捕されなかった、


  昔はドリルでハードディスクを壊したやつがいたが、普通に考えれば証拠隠滅をしていたのに、その点を検察は全く問題視しなかった、

  確かドリルでハードディスクを壊したやつは、パソコンを池に捨てて隠蔽した記憶もあるが、そのような問題にも検察は一切対応していない、


  かなり前から日本の司法の異常性はいわれていて、これは民主党がまだ野党だった頃だが、福岡のあたりにいた国会議員が学歴詐称問題で検察に逮捕か、それに近い圧力を受けて政治家をやめなければいけなくなった、


  しかし実際は詐欺師の小泉も学歴詐称をしていて、イギリスに留学していたといっていたが、現地の風俗店に入り浸っていただけで、勉強は全くしていなかったと聞いている、

  大体からして詐欺師の小泉のようなバカが、大学に行って学べるはずがないわけで、最初から学歴詐称をするためにやっていたのだろう、


  本来なら民主党議員に問題があるならば、詐欺師の小泉に対しても検察が調べるのが公平さだろう、

  しかし民主党議員には厳しい対応をして、詐欺師の小泉に対しては何もしなかった、この時点で日本の司法の腐敗はかなり酷いものだったといえる、


  その後の民主党政権の小沢氏の政治とカネの問題も、結局犯罪性は全く無くて、証拠も証言もなく違法行為もないのに、何故か秘書だった政治家がいきなり逮捕されて、この検察の政治への介入が民主党政権がだめになる原因になった、


  民主党政権の問題というと、マニフェストがなどといわれるが、本質的にあるのは司法が政治に介入して、民主党の分裂工作に協力していた点があって、司法が異常であるというのはかなり前から分かっていた問題だった、


  今回の件は逮捕されそうな元法務大臣が、あからさまな買収行為をしてしまって、秘書の人も自白をして議員は不正をしたと話している、

  本来ならば秘書が逮捕されたとすると、連座制の影響で政治家も逮捕されるか、議員を辞めなければいけなくなる、


  更に犯罪行為をして政治家が捕まってしまうと、大概その選挙区はライバル政党が取ってしまうため、そのあたりの政治的な変化もあるだろう、


  低能アベは、憲法改正をして戦前の軍国主義に戻そうとする、軍部の残党であって人殺しのゴミの子孫である、

  戦前の軍部は面白半分に国民を殺していたが、戦争責任を取るつもりは全く無く、自分の独裁体制を続ける予定だったと聞いている、


  それに怒ったアメリカ側が、当時の軍事関係者の処分をしたのだけど、朝鮮戦争が始まってしまったため、アベのような基地外政治家が軍部の残党として残ってしまった、

  ちなみに詐欺師の小泉も実は軍部の残党で、そういう連中が自民党の中には多くいて、羽化してハエとしてブンブン飛んでいるのが、今の腐った自民党の本性である、


  検察への過剰な介入を考えているのは、自民党議員が誰か逮捕されてしまうと、連鎖的に責任を問われるがあるのだろう、

  今の検察のトップはアベの下僕らしくて、今まで多くの自民党の犯罪を目をつぶって、隠蔽工作にも協力していたと聞いている、


  実際以前の自民党の犯罪行為に対しては、後から別の形で起訴ができないように、制限を加えていたくらいで、不正の隠蔽工作に尽力していたのが、今の検察のトップであり人間のクズであって、司法権を切り売りして金儲けをした一種の売国奴である、


  で、このまま行くと検察のトップが変わってしまうため、そうなれば今までのように犯罪の隠蔽ができない、

  それで定年の延長をして不正を続ける予定なのだが、マフィアに買収された裁判所みたいになっているね、


  全くアベのクズは始末するしかない犯罪者だが、日本は骨の髄まで腐ってしまっているため、このまま行くとより狂った社会へと変わるでしょう、


  次に、コロナウイルスは感染者が減っていて、ある程度自粛の効果が出ているといえる、しかし経済的なダメージは大きく、多分だが元の状態に戻ることはないだろう、

  経済悪化がこれからのテーマになりやすく、何らかの良くなる話は出てこない可能性が高い、


  感染者が減るのは悪いことではないが、抗体検査の結果を見ると大量の感染者が潜在的に存在するため、それをすべてなくせない問題がある、

  自粛をしてある程度減らせたとしても、それは完全にゼロになるわけではないため、自粛をやめればすぐにもとに戻るかもしれない、


  海外でも感染の減少に合わせて、自粛を減らしていくべきではないかという意見があって、実際に行われているのだが、

  自粛をやめると感染者が増えてしまい、どこまで自粛を続けるかが難しいところがある、

  日本の場合は検査自体をほとんどしていないため、本当にどの程度感染者が減っているか、よく分からないところがある、


  大規模な検査をしていればこのくらいと分かるけど、そうではないため実際はそれなりに感染者がいるのに、安全だと判断して自粛をやめてしまう可能性がある、

  自粛をやめれば感染者は増えやすくなる、しかし自粛を止めないと経済的に悪化する、匙加減が難しいところがある、


  コロナウイルスで問われているのは成功ではなく、リスク管理ではないかと思う、どのようなリスクがあると考えて、ダメージコントロールができれば、それなりに人々が暮らせる社会にできるかもしれない、

  
  日本人がコロナウイルスに対して考えているのは、勝つことや成功する結果なのだけど、実際は継続的に感染状態は続くため、少なくとも数年は勝つ可能性はない、

  コロナに勝って日本を良くしようと考えるだろうが、実際は勝つのは不可能でダメージを減らす手段しかない、


  私も正確な情報を知っているわけではないが、自粛をやめるためには完全に感染者がいない状況が望ましい、

  多分だけど日本ではそういう環境ができると考えていて、感染者の全くいない状況を作れると判断している、


  しかし、自粛をすればかなり高い確率で、感染者が増える恐れがあるわけで、自粛をやめるのはある意味不可能である、

  感染が広がった状態では普通の社会は作れない、元の日常に戻るというのは難しい、

  運が良ければそうなる可能性もあるが、海外の例を見るとやはり自粛を止めた途端、急に感染者が増えるようだ、


  自粛をやめる方向性は出ているが、やめれば感染者は出るだろうと考えておく必要がある、自粛をやめることと感染者の増大は同じ意味を持つ、

  だから勝つのではなく引き分け程度にするために、自粛を止めていく方向性とそれによる感染への対策が重要になるでしょう



21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR