09 月<< 2019年10 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>11 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  今日も政治の話を書くと、最近気になったのは子供を親が殺して、それが問題になっていた、

  殺した親は別に悪意があるのではなく、以前は夫婦で暮らしていたらしいが、

  それがその夫婦の親が亡くなってから、生活が上手く行かなくなって、借金を苦に一家心中をしようとして、子供だけを殺してしまったようだ、


  昔なら自業自得的な意味もあるだろうが、今の世の中だと社会的な責任の問題だといえる、

  戦後の頃は安定した雇用があったし、ちょっとした仕事でも十分な収入を得られて、


  お茶くみみたいな仕事をしている程度でも、数十万円の収入を得られていたくらいだから、お金を得るのが今よりもかなり簡単だった、


  しかし現在は働いても安定した雇用はないし、マスコミは雇用が改善したというのだけど、好条件の仕事は殆どないらしい、

  例えば大企業の事務の仕事は全くなくて、そのような形で働けるのは難しいようだ、


  以前聞いた話では、就活で沢山自殺者が出ているみたいな、そんな情報を得たときもあった、

  数百人か千人くらいが自殺したという、情報をネットで見たのだけど、一年でその程度死ぬならば大きな問題だといえる、


  具体的にどうなのか、私が確かめたわけではないけど、マスコミがいう好景気というのはほとんどなく、大半は条件の悪い仕事だけで、十分な収入を得られる仕事はかなり少ないと聞く、


  今回子供を殺してしまった人も、良い条件の仕事が見つからなかったから、不安定な労働環境が原因で、子供を殺してしまったわけだけど、

  借金があったといってもギャンブルではなさそうだし、単純に生活費が足りなかったのが原因だろう、


  ちゃんとした労働環境が日本にあれば、その子供も死なずにすんだわけだ、


  日本の労働問題は茶化す意見もあって、日本はこんなに貧しくで労働環境が悪いといわれるが、

  実際に子供を殺すほど悪くなっているわけで、もう一線を越えているのではないかと感じる、


  また他の点でも今回の話は、日本独特の異常性が現れていて、それは社会保障が機能していない点だ、

  海外では働いていなくても十分な収入を得られて、子育てなどの支援も受けられる場合が多い、


  しかし日本だと働かない人間は死ねというのが、この国の文化だから、働かざる者食うべからず、そして餓死しろというのが日本の伝統である、

 
  まあ腐った伝統であるが、本来ならばこの人も生活保護などを受けて、子育てを続ける方法もあっただろう、

  しかし日本では、生活保護を受けるのが非常に難しく、権利を持つ人でも役所で拒否される場合が多い、


  弁護士あたりを通すと対応しやすいので、共産党に相談すればなんとかなるらしいが、

  ともかく一般的に生活保護を受けるのは難しく、嫌がらせなども多いので簡単には利用できない、


  海外では一般的に使われているし、ヨーロッパでは人口の一割程度が同じような制度を使っていると聞く、

  生活を保護するのは国を傾けないための措置で、国家にとってもメリットがある方法なのだから、国民が積極的に利用するのは正しい、

 
  しかし今回の件に関しては多分だが、当事者が病気や怪我をしていなかったか、年齢が若かったので仕事ができるだろうと、認められなかったのではないかと思う、

  実際に手続きをしたか分からないが、日本の生活保護は病気や怪我をしていないとだめで、生活が苦しいだけでは支援を受けられない場合がある、


  本来ならば受けられるのだけど、役所が法律を無視して拒否をするので、その子供を殺した親が利用できなかった可能性は高い、


  マスコミもこの件には責任があって、連中は役所と手を組んでいるゴミ連中だから、生活保護を受けている人はこの世から消せと、そういう感じの番組をよくやっている、


  連中の不正報道で一番大きかったのは、生活保護を受けている人がインチキをしているという話だ、

  テレビでも生活保護を受けている人は、全員不正受給だとでもいうような偏った報道をしていたが、実際はそんな事実はない、


  不正受給をしていた人もいたらしいが、1000人に一人くらいの比率だから、常識的に見えて多いとはいえない、

  しかしマスコミはその一人が一般的な受給者であると、報道して生活保護を受けているのは犯罪者だと決めつけた、


  こういうところは私が以前書いたマスコミの異常性で、社会的にどうであるか自分で決めようとする、

  生活保護が悪であるか判断させるのではなく、そういう人たちを悪だと決めつけて叩こうとする、しかもいっている内容が全部デタラメという異常性もある、


  労働環境が悪化したら、本来ならば社会保障がその受け皿になるはず、

  しかし日本は社会保障の仕組みが基本的にないので、労働環境が悪化すると生活できない社会ができあがってしまう、


  そういうと全て自己責任ではという人もいるが、自己責任というのを続けていたら、日本人が大きく減ってしまったわけでしょ、立場の悪い人に自己責任だといってしまうと、その人はこの世から消えてしまう、


  つまり自己責任というのはお前は死ねといっているのと一緒で、極めて残酷な行為なのだが、日本人はそういう点も分かっていないのだろう、


  生活ができず親が子を殺すというのは、色々なセーフティーネットが完全に壊れてしまい、国民の生活という点でいえば日本がすでに崩壊している話だと思う、

  とはいえ日本人はそういう社会になったとしても、夢幻を追い続けて日本素晴らしいといいつつ、そこらじゅうで一家心中が起こる貧しい国に変わるでしょう、


  次に、かんぽの話があるか、詐欺師の小泉の問題だね、

  昔郵政民営化という詐欺行為が行われて、アホの小泉がくだらないプロパガンダをした、


  このアホは実は政治について全く分かっておらず、郵政民営化がどういう意味を持つか理解していなかった、

  そんなバカなと思うでしょうが、ほんとにそうだったわけで、結局何の意味があるのかよく分からなかった、


  当時郵便局は国営企業だったが、それを公社という形に変えていたのだが、実はこの公社の段階で民営化はほぼ終わっていた、

  公社というのは民間企業と同じ仕事ができる立場だったから、民営化をしなければいけない理由は特になく、詐欺師の小泉がやっていた行為はでたらめだった、


  このアホは分かっていて人を騙していたので、私は詐欺師と呼んでいるのだが、民営化した後は郵便事業が赤字になって潰れかかった、

  その後、何故か民営化で分割したはずだったのに、全てを統合する話が出てもとに近い状態に戻った、


  で、今起きているのはかんぽで不正をして、利用者から金を巻き上げた話がある、

  マスコミは組織的な問題であって、昔かある郵便局の体質が生んだのだと報道していたが、その可能性はないだろう、


  もし昔からある組織的な体質が原因なら、以前からそのような問題が起きていなければいけない、

  しかし私の知る限りかんぽの不正というのは、あまり聞いた覚えがなく起きたのは最近ではないか、


  マスコミによると、無理なノルマが原因で行ったといっているが、だとするならば経営者が悪いと見るべきだろう、

  つまり無理な経営計画が原因で、かんぽの不正が起きたのならば、経営者の責任を問うのが当然だ、


  それがマスコミは末端の職員の問題だけを指摘して、職員が個人でやったかのように報道していた、

  もしくは組織的な体質が昔からあるといっていたが、常識的に考えればトップの不正と見るしかない、

 
  元々郵政民営化かの原因としてあるのは、官民払い下げという問題で、昔もあったらしいのだけど、

  日本政府の資産を民間企業に売り渡して、それによる利益を政治家が得るという話がある、

  
  郵便局が公社のままだとそれができないので、詐欺師の小泉は民営化をしたのだという説が当時はあった、


  それで今回の件も民営化の問題といってよく、トップが無理な計画を立てたのが原因らしいが、

  郵便局のトップがNHKに脅しをかけていて、自分は間違っていないと暴力団みたいに圧力を加えたらしい、


  この問題はマスコミ自身の体質もある、なぜかというと郵政民営化を推し進めたのはマスコミで、もし民営化が間違っているという結論が出ると、マスコミがやった報道が間違っていたという結果が出てしまう、


  だから今回のような郵便局の問題が起きたとしても、その本質的な原因は一切報道しない、

  常識的に考えれば過剰なノルマが原因で起きた問題ならば、民営化といって外部から入ったトップが、現状を知らずに無理な計画を立てたのが原因と見るべきだ、


  それを報道するのがマスコミの仕事だが、結局そういうととはしないで職員や、古い国営時代の郵便局の体質が原因だという、

  しかし明らかにトップが原因なのだから、民営化の失敗が起こしたかんぽトラブル、それが常識的な判断だろう、


  この問題はマスコミに政治や社会に影響をもたせてはいけない、そいう問題なのだと思う、

  かんぽトラブルを引き起こしたのは根本的にはマスコミだからね、連中が郵政民営化のペテンを、詐欺師の小泉と一緒にやったことにすべての原因がある、


  日本の問題はすべてマスコミが生み出していると考えていい、かんぽの問題も根本的には郵政民営化や詐欺師の小泉を支援したテレビや新聞が悪い、

  民営化してどうなるかではなく、民営化すればバラ色な未来が来ると、国民を騙した連中の責任は重い、


  しかし日本人はマスコミを神のように信じているから、物の本質に気づくこともなく、死ぬまで色々なものをむしり取られて生きるのでしょう、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR