03 月<< 2019年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ桜が散る季節になりますが、これから虫が出始めますね、自転車に乗っている時に、虫の大群に突っ込むと良いダメージを受けます、

  それで政治のネタとしてはなにかあるかな、そういえば大阪の補選があるようだ、この話は以前書いたけど、共産党の人が無所属になって出ている、


  以前書いたときは共産党の人が、野党の統一候補で出ているから、それ以外は自民党と維新だけかだと思っていた、

  しかしどうも元民主党系の人がいて、なかなか健闘しているといわれる、


  その選挙区は自民党と、維新と、民主党系の三つ巴の所で、いつも争っていた所だったらしい、

  本来ならば民主党系の人を統一候補にして、選挙をするはずだったのだが、なぜか共産党の人が無所属で出た、


  うーん、なんでだろ?、まあ勝算があるならば別にいいが、現状かなりまずい状態らしい、

  地方選挙だし補選は投票率が低くなるから、話題性が出て投票率が上がったときは、大きな変動が起こるかもしれない、

  だから結果は分からないのだけど、共産党から出た人はかなり不利といえる、


  現状選挙の情勢は維新有利だが、自民党と民主党系もかなり頑張っている、特に民主党系はかなり強く、選挙で勝てる可能性が実は存在する、

  どこからも支援を受けていないので、本来ならばかなりまずいはずだが、地力があるのか頑張っている、


  今回の補選は以前希望の党の頃と似ている、希望の党はレイシスト小池が排除するといって、民主党系の人材を中に入れなかった、

  その結果多くの候補者が行くところがなく、立憲民主党に行った人もいたのだが、無所属で選挙を戦った人もいた、


  無所属になった人は、もし立憲民主党に行ったら刺客を送るといわれていて、それで無所属で戦ったらしい、

  いわば希望の党から容認されていた所があったのだが、一般的なイメージでは孤立無援であったため、逆に人気を得ていた、


  前回の選挙では無所属の候補者が強く、圧倒的な差をつけて勝っている時もあった、

  今回の共産党が無所属で出たのも、そういう流れを想定していたのだろうが、結果はかなり変わってしまった、


  以前の選挙で無所属が強かったのは、孤立無援であるということが、有権者から心配されたからで、その結果多くの得票を得られた、

  しかし今回の共産党系の候補者は、他党の支援を十分に受けているため、孤立無援とはいえない所がある、


  実際複数の党が応援に入っているし、野党の統一候補として活動している、

  そういう形は以前の国政選挙で得られた、無所属候補の強さにはつながらないかもしれない、


  どちらかというと、そのような流れは民主党系の候補者が受けていて、なぜか自民党の候補者よりも有利になった情報もある、

  良くも悪くも日本人は人がいいから、情緒的な扇動に対して非常に弱い、


  以前も立憲民主党が有利になったのは、仲間を見捨てないという浪花節的なもので、実は政策を評価されたわけではない、

  今回も孤立無権になった民主党系候補者は、同情票がかなり入っているらしく、特の自民党の得票を大きく減らしている、


  選挙でどこが勝つかは分からないが、現状可能性があるのは共産党以外だろう、

  もし民主党系が勝てた場合は、結果としてだが共産党系の方がアシストをして、勝たせたという形になる、


  共産党にとっては重要な人材だから、失うのは非常に大きな問題になるが、野党が二人候補者を立てるのは無理があった、

  今回に関しては多分かなり注目されていて、投票率がある程度アップする可能性がある、


  本来ならば維新が勝って無風選挙だったはずだが、運が良ければ民主党系の人が勝てるかもしれない、

  また自民党の候補は民主党系の人に、組織票をかなり食い破られてしまっていて、惨敗する恐れがある、


  以前の統一地方選ではアベのやつは大阪に行かず、わざと負けて維新の復活を目指したようだが、

  それが派手に負けすぎてしまったため、自民党に対する信頼が大きく落ちている、


  結果がどうなるかは分からないが、ポイントになるのは

  まず誰が勝つか、
  
  自民党が負けるとしてどの程度か、

  民主党系は勝てるか、

  共産党の人がどうなるか、

  この四つ巴の話が存在していて、これからの関西の政治の流れを読む、良いデータを得られそうな気がします、


  まあ実際に選挙している人は大変でしょうが、次の話題としては沖縄の問題があるか、

  沖縄の選挙は自民党に逆風が吹いていて、かなりまずい状態にあるといわれる、


  選挙は最終的にどうなるか分からないが、最近も米軍による殺人があったので、そのような点を気にする可能性はある、

  沖縄に関しては野党有利ではあるが、ある程度追い上げもあるらしく注意は必要だ、


  左翼連中は妙に沖縄の選挙は不利だと煽るが、こういう不安を騒ぐ連中は好きではない、

  選挙に気をつけるのは重要だけど、意味もなく不安を煽るから左翼は異常だ、


  今回の選挙は野党有利になりやすいのだから、それをどう支えるかが重要になるはず、

  全ての選挙で常に不安を感じているようでは、まともな政治活動をするのは難しい、


  このあたりが左翼の限界で、不安を煽るしかできない問題点がある、

  勝てる選挙にはきっちり勝つのは大切で、それは不安を煽って対応するものではない、


  そういう所を理解しつつ、沖縄の選挙を客観的に見て、どうするか判断できればよいのだが、

  左翼は客観的であるようで、実はすごい感情論者だから、問題が起こらないと良いなと思います、  


  他の話題としてはネットだけなのだけど、裁判所への批判の話があるか、非常に難しい内容で、殆どの人は意味が分かっていない感じがする、

  発端は性犯罪者に対する処罰がゆるくて、裁判官が無罪判決を何度も出したため、司法制度がおかしいのではという意見が出た、


  その意見自体は別に悪くないが、フェミニストの人たちが感情的に、男が悪魔だと騒ぎ立ててしまい、非常に変な話になってしまった、

  上でも書いたけど、リベラルとか左翼って実はすごい感情論なので、フェミニストも理性的であるようで、実は極端な感情論でもある、


  理性で思考を抑える反動で感情的になる、そんな理由があるのだろうけど、冷静な判断は誰でもできるわけではなく、高い知性がない人だと抑えきれずに暴走する、

  その時は理性的な思考を持って、感情的な行動をしてしまうので、一種のカルト宗教のような形になってしまう、


  自分の問題点を見えないというのが、人の最大の欠点であるが、フェミニズムも思考としては良いが、それを操る人間の能力によっては、感情的な衝動をもとにした、宗教的思想に変わってしまう、


  冷静な判断はそれだけ難しく、特に知的であるほど判断がしづらいため、意味不明な方向に行くケースが多いのだが、


  ともかく、アベの仲間もそうだがああいうレイプ魔、アベレイプ仲間みたいな奴らは、以前検察が権力の圧力を受けて、本来ならば起訴されるはずが、それを隠蔽してごまかしてしまった、


  なぜアベレイプ仲間が捕まらなかったかというと、それはそいつがアベの仲間で、犯罪者同士協力関係があったからだ、

  実際そいつはアベマンセー本を書いていて、基地外カルトの信者向けのゴミ本を作っていた、


  嘘しか書かれていないゴミ本だったらしいが、そういう協力関係があったので、アベレイプ仲間は捕まらずに、性犯罪をした相手に対して、名誉毀損で一億円を超える訴訟をしている、


  クソ犯罪者はアベとそっくりだが、こんな事実一つ伝えないのだから、マスコミは社会のゴミであって、さっさとこの世から消すしか無いわけだが、

  
  ともかく、権力の都合でアベレイプ仲間が捕まらなかったわけだが、それは政治の問題でもあるが、同時に司法が性犯罪者をかばった話になる、

  つまり日本の司法はレイプ魔を称賛している、基地外カルトと言われても仕方のない所がある、

  
  実際に被害が出ているのだから、性犯罪者を擁護している頭のおかしなゴミ、それが日本の司法の本質ではある、


  なんだか長すぎる気がするが、、えーっと、このような下地があってアベレイプ仲間を、司法が擁護した=司法はレイプ魔、という図式ができあがった、

  日本ではアベレイプ仲間の話は報道されないが、海外では大手メディアで伝わっていて、日本は性犯罪者の天国と見られているかもしれない、


  それをやったのはアベだけど、協力したのは司法なのだから、裁判官はレイプ魔と言われても仕方がないところはある、

  実際そうなんだから仕方がない、で、それ以降の話は性犯罪の問題が起きた時に、何故か無罪になるケースが多かった、

  
  法的にいえばそうであるといえるが、倫理的に見れば犯罪といえるものが多い、

  それは司法の問題であるかというと、本質的には政治の問題であるが、裁判官の判断に任せられているところもある、


  つまり、裁判官が性犯罪に甘い人間ならば、それは例えばアベレイプ仲間を容認して、裁かない可能性があるといえる、

  司法の人間支配としての性質は、海外でもよく問われている問題だが、今までの日本では司法は神聖視されていて、そういう話はなかった、


  という所で終わったのだが、続きは次回になります、


21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社



関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR