03 月<< 2019年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
地震関係のリンク、


義援金など、

原子力の現場作業員は使い捨て、

国民の生活が第一

IWJ(ネットの情報サイト)

SEALDs(若い人の団体)


    どうもこんにちは、


  そろそろ春のはずですがまだ寒いですね、桜は咲いていて花見のシーズンですけど、そういえば花見ってずいぶんしていません

  事前に準備しないといけないから、なかなかやる機会がないのでしょうけど、


  今日書くべきネタとしては何があるかな、統一地方選挙が重要になるか、

  まあ正直な所今回の選挙は良く分からない所が多いけど、何らかの意味はあるなと感じます、


  それで書いてみると、まず私が今回の選挙で感じていたのは、自民党が失敗する可能性です、

  選挙前に考えていたのだけど、いま世論調査だと自民党は野党に対して有利だから、調子に乗るんじゃないかと感じていた、

 
  以前から地方選挙を見ていると時々あるのだが、自民党が候補者を立てすぎて自滅する、そんなケースが多くある、

  自民党としては支持率が高いから、地方選挙でも有利になれると判断したのだろうが、票を取り合ってしまって自滅している時がある、


  地方選挙を見てみると、自民党や公明党のような与党と、民主党や共産系の野党と、中立に近い無所属の議員が存在している、

  で、国政では無所属の議員は少ないが、地方だとかなりいて自民党並みの影響力を持っているところもある、


  国政選挙の考え方は、政党支持率が高ければ勝てるだから、そのロジックを地方選挙にも当てはめてしまうが、

  実際は地方選挙は無所属候補者が強いので、自民党が野党に対して有利でも、選挙に勝てるわけではない、


  自民党でも地方選挙で取れる議席は決まっていて、それを広げるのはかなり難しくなっている、

  今回の選挙も自民党が自重していれば、それなりに安定して議席を得られただろう、


  しかし無理に候補者を沢山立ててしまうと、それが原因で落選するのではと予想していた、

  実際鳥取知事選挙などでは自民党の驕りというか、驕慢さが出ている所があったが、

  増長した自民党が実はそんなに有利ではないのに、何からのミスをして失敗するのではと考えていた、


  知事選挙や福岡の選挙では、自民党が分裂選挙を繰り返していて、傲慢に行動していたが、思ったほど自民党が強くなく負けていた、

  市議選などで候補者を出しすぎて負けていたかは、正確な所はわからないのだけど、議席が減っている感じはあった、


  私が最初に考えていたのは、こういう自民党が傲慢になって、間違った判断をして負ける可能性だった、

  ある程度はそうなったのだけど、実際はもっと複雑奇怪な形になっている、


  正直どう書くべきかと思っていますが、まずは北海道の知事選挙についてやってみると、

  北海道知事選挙は冤罪で捕まった石川氏が、知事候補として出馬して残念だが負けてしまった、


  石川氏の話は検察とマスコミの捏造で、多くの人が勘違いしているが、民主党の政権交代を潰したのは、司法とマスコミである、

  小沢氏の政治とカネの問題は実態がなく、証拠もなければ証言も存在していない、唯一あるのは小沢氏の秘書が食事したといわれる、レストランのレシートのみである、


  レストランのレシートしかないのに、あれだけマスコミが騒いだのだから、連中のやったことはインチキというしかない、

  そもそも犯罪として問われたのは、石川氏が収支報告書の記載を少しずらしただけで、その問題しか存在していない、


  不正な金をもらったわけでもなく、公共事業に手を出したのでもない、記載時期が二ヶ月程度ずれていて、それを意図的に石川氏がしていただけだ、

  政治家の収支報告書は家計簿レベルのもので、企業の決算報告書とは違って、厳密なものでなくかなりアバウトである、

  
  それがちょっとずれたくらいで、あれだけ騒いでいたのだから、マスコミと検察が悪意を持って、民主党の政権交代を潰したのは明らかである、

  これが本質的な政権交代の問題なのだけど、日本は狂った国だから大半の方は知ることもないでしょうが

  
  ともかく、今回の選挙は現職の北海道知事が、国政選挙に出るために辞任して、その後継ぎとして自民党の地方議員が出ていた、

  確か市長だったはずだが、いわば現職の引き継ぎをする選挙なので、こういうのはそうそう勝てない、


  選挙で勝つのが難しいのは、政治家が亡くなって息子が跡を継ぐとか、現職が引退して後継者に道を譲るとか、

  そういう引き継ぎをするタイプの選挙は非常に強くて、基本的には勝てない形になる、

  今回も前知事が自民党系の人間で、引退するので引き継ぎをするわけだら、勝つのはかなり難しい、


  北海道知事選挙では、勝てたのではないかという意見もあるが、知事の引き継ぎの選挙で勝つのは大変だ、

  よほど前任者の評判が悪いか、引き継ぐ人がトラブルを起こしているか、もしくは引き継ぐ人が魅力的ではなく、高齢などの問題があるか、何らかの欠点がないと勝てない、


  今回の自民党候補者は、以前中国資本に国内資産を二束三文で売ったとか、合理的な市政にしようとして、コストカットをしまくって生活しづらくなったとか、


  後は貧しい市でトップをやっていたから、市長の給料が安くで250万円で大変だったといっているが、

  実は副収入が500万円程度あったので、トータルで700万円以上の収入を得ていたといわれる、


  平気で嘘をつく人間であるが、そういう部分が知られる機会はなかった、結局問題点がバレず、実はそれなりに収入を得ていて、コストカッターとして悪い噂もあったのに、知事に選んでしまったわけだ、


  とはいえ、前任者からの引き継ぎなのにで、最初はお試しという形で評価されたのかもしれない、

  ただ投票率はかなり低くなっていて、自民党の知事に対する評価が良くないという面はある、

 
  本来ならば新人同士の選挙ならば、投票率が高くなって当然だが、今回は下がってしまった、

  投票日の天気もそれほど悪くなかったから、自民党候補に胡散臭いものを感じていたのかもしれない、


  引き継いだ候補者は最初は試用として、ある程度は市民も容認するだろう、

  ただ二期目辺りからシビアに見られるため、最初だから甘かったともいえる、


  石川氏はそれなりに得票を得られたし、政策も立派なものだったので評価はできる、

  これからどうするかは分からないが、もしやるならば自由党の北海道の比例候補もありだろう、


  最近は政治家のなり手自体がいないので、本人が望むならば国政への道も良いかもしれない、

  知事は難しくても地方議員や、市長あたりならば十分できそうだし、そのようなところも目指すのも悪くない、


  引き継ぎの選挙は勝つのが難しいので、石川氏は今回のことを糧として、次どうするか選択肢を得られた良さがある、

  そういう意味では悪くはないが、この選挙をマスコミが過剰に騒いで、野党たたきに使っている点は問題がある、


  連中にとっては野党を叩きが、アベから金をもらうのが唯一の収入源だから、そんな腐った商売しかできないのだろうが、

  今回の選挙は石川氏にとっては悪くないけど、引き継ぎをそのままやらせてしまった問題点はあるでしょう、


  次に、大阪の選挙があるのか、市長と知事が入れ替わった変なのをやっていたが、結局維新が勝ったようだ、

  何となくそんな気がしていたので、あまり興味は持っていなかったが、序盤は自民党が有利だったはずなのにね、


  最終的には自民党がダブルスコアで負け、大阪の議席もかなり減らされてしまった、

  大阪では自民党はもう壊滅状態で、再起不能になったのではないかといわれる、


  本来ならばもうちょっと頑張りそうだが、何となくアベが手抜きをするように指示して、こうなった感じがしている、

  アベは自民党が大阪市長選で有利だと聞いて、それを批判したといわれている、

  自民党はアベマンセーカルト教団なので、麻原彰晃がオウム支持者に命令するように、こいつの命令は絶対だから忖度して、手を抜いた恐れがある、


  本来ならば、それなりに勝負になっているべきなのに、ダブルスコアというのは異常だ、

  北海党知事選挙も1.5倍位だったのに、大阪の選挙はそれ以上に差が開いている、

  それでいて最初は自民党が有利だったのだから、余程徹底して手を抜いたのだろう、


  アベとしては憲法改正のために、維新党が必要になるから今回勝たせて、勢力の維持をしたかったのだろう、

  しかし自民党が負けすぎてしまって、ものすごく印象が悪くなっている、

  市長選だけならば良いけれど、大阪の市議選でも自民党の候補が壊滅状態で、全く勝負になっていない選挙区も多かった、

  
  こうなると、西日本では自民党は終わったと、そういう考える人も出てきてしまう、

  負け方が悪すぎるわけで、消滅するかのごとく負けているからね、自民党の評判は大きく下がるだろう、


  自民党が意図的に負ければ、アベにとってはメリットがあったかもしれないが、自民党全体にとってはデメリットである、

  連中が選挙に弱いと大きく知られれば、今まで投票に行かなかった人も、自民党を簡単に倒せるならば行こうと考えてしまう、


  低投票率は選挙に行っても無駄だと感じるから起こるので、自民党が勝つというイメージ戦略が原因で、投票に行く人が少なかった、

  マスコミはそうやって民主主義を潰していたわけだが、今回のことで自民党が弱いと思った人が増えてしまった、


  それがどの程度影響を与えるかは分からないが、自民党にとって問題のある選挙だとはいえるでしょう、

21世紀の資本21世紀の資本
(2014/12/09)
トマ・ピケティ

商品詳細を見る



小説 外務省-尖閣問題の正体小説 外務省-尖閣問題の正体
(2014/04/10)
孫崎 享

商品詳細を見る



絶望の裁判所 (講談社現代新書)絶望の裁判所 (講談社現代新書)
(2014/02/19)
瀬木 比呂志

商品詳細を見る






調査報告 チェルノブイリ被害の全貌
クリエーター情報なし
岩波書店






原発ホワイトアウト
クリエーター情報なし
講談社



指揮権発動 検察の正義は失われた
クリエーター情報なし
朝日新聞出版



アメリカに潰された政治家たち
クリエーター情報なし
小学館



終わらない〈占領〉: 対米自立と日米安保見直しを提言する!
クリエーター情報なし
法律文化社



20人の識者がみた「小沢事件」の真実―捜査権力とメディアの共犯関係を問う!
クリエーター情報なし
日本文芸社



失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)
クリエーター情報なし
中央公論社



日本を破壊する5つの罠
クリエーター情報なし
日本文芸社



戦後史の正体 (「戦後再発見」双書)
クリエーター情報なし
創元社


関連記事




 

文字を大きく・小さく

     

    プロフィール

    ryuuguunotukai2

    Author:ryuuguunotukai2
    政治などの記事を書いています、少しでもいい世の中になればと思いつつ全然ならないですね、まったく。

     

    カレンダー


     

    黒ねこ時計 くろック E01

     

    最新の記事(全記事表示付き) *frame*

     

    検索フォーム

     

    カテゴリーメニュー

     

    月別アーカイブ(タブ)

     

    全記事表示リンク

     

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-
     
     

    アマゾンの本、

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    PR

     

    里親探し

     

    PR

     
     
     

    本の紹介、

     

    楽天のお菓子、

     

    お茶とコーヒー、

     

    PR